" />
転職で第一志望に落ちた

悩み 転職の悩み 転職活動

転職で第一志望に落ちた【期待しすぎは危険】活動中の出会いこそ大切

第一志望の企業に受からなかったどうしよう・・・
第一志望の企業の落ちた❗️どうしたらいいの・・・
今回はそんなお悩みを解決します。

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

今回の記事では、転職活動でどうしても入りたい❗️

そんな「第一志望」への過度な期待。

その危険性と持っておくべきなおすすめの考え方。

これを解説します。

 

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、第一志望の不採用に心を揺さぶられず見つめるべきポイントを理解できます。

そして「本当に望むこと」を見つけて叶える会社に出会うことができます。

 

こんな方にオススメ

  • 第一志望の企業にどうしても入りたい
  • 第一志望に不採用になって先が見えない
  • 第一志望の企業以外に興味を感じていない
  • 第一志望の企業に期待してるけどその反面怖い

 

 

転職で第一志望に落ちた【期待しすぎは危険】活動中の出会いこそ大切

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

日常生活でも期待が大きければ大きいほどそれが叶わなかった時に気分的なダメージって大きくなりますよね❓

それこそ他の会社に落ちるよりも「これまでの経験を全否定された」気持ちになるでしょう。

 

私も過去に誰もが知るハイブランドに応募して、面接も2次まで進んだことがありました。

そこでそのブランドのネクタイを18,000円(❗️)出して買い、当日身につけて、新しいサービスの提案書まで提出しました。

 

しかしネクタイにも提案書にも触れられることもなく結果は不採用。

途方に暮れたことを今でも覚えています。

 

まさに「予定は未定」

第一志望の企業に採用される可能性は誰にもわからないものです。

 

むしろその企業を第一志望にしていない人が採用されたりするのが現実です。

熱意は大切だけど、そこがポイントではないという教訓を得たいい経験でもありました。

 

 

話は変わり、先日Twitterでこんなツイートをしました。

 

前述の経験からも・・・

活動全体に悪影響

転職活動をする上で第一志望の企業に『大きな期待』をすると希望通りに行かなかった時に気分を乱されます。

そしてモチベーションを乱されて『その後の活動のスピード』にも大きく影響します。

このことを伝えたかったのです。

 

 

前述の不採用の後、再度1から始めた活動で結局、

  • 事前には全く知らなかった企業で
  • その後の恩人と呼べる人と出会い
  • 転職エージェント人生が期せずしてスタート

そうして今の自分の土台を作りました。

 

 

この強烈な経験からもお伝えしたいと思うのは・・・

ポイント

  • 第一志望を最初に決めない、期待をしない
  • 活動をする中で第一志望を見つける気持ち

これが「心のゆとり」を保つのに大事だということです。

 

そうして数をある程度こなしていく中で

  • 新たに気がつくこと
  • 見直すべきこと

そういったものを見つけることが重要です。

 

盲目的に「第一志望」の企業が最高なんだと信じてしまう心は広い視野での活動の妨げになります。

 

 

次の項目では「第一志望」に過度な期待をすることがなぜ良いことではないのか❓について解説しますね。

 

関連記事

kazutomo-nagasawa.com/alt
転職に期待と希望を持ちすぎない【必見】憧れへの転職を成功させる!

 

 

転職で第一志望に落ちた!過度な期待が視野を狭めてしまう理由

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

前述した過去の自分もそうでしたが第一志望に定めた企業には・・・

自分だけがイメージを膨らませている

知名度、企業規模、待遇面などに目が行っていて「自分の中でのイメージ」が勝手に膨らんでいる状態です。

 

このケース、かなり多くの方に当てはまると思います。

 

しかし当サイトでよく出る言葉「転職の向こう側」

つまりその企業で「実際の仕事をしているイメージ」。

ここが抜け落ちており、それが志望動機やアピール面で必要な準備を不足させちゃうんです。

 

 

そのイメージ、空想に近いものが大きければ大きいほど・・・

本当は違った!

  • 入社したとしても「ギャップ」が大きく早期退職につながりやすい。
  • 選考で通らなかった時の精神的ダメージが大きい

といったことに繋がる確率が高くなります。

 

簡単に言うと自分のイメージがあるように、相手企業にもイメージする人材像がある。

相手企業の求める人材像に自分がマッチしていないのに「期待が先行」していることが原因になるわけですね。

 

 

次の項目では志望度でモチベーションを左右されないための『3つのポイント』を解説します。

 

 

check>>第一志望のショックも爆速回復!「書類選考なし求人専門」のサポート

 

 

転職で第一志望に期待しすぎず「活動の中で出会う」ための3つのポイント

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

転職活動は「宝探し」

  1. 第1志望を絞らない
  2. 活動中の出会いに期待する
  3. 企業のカルチャーを見る

 

順に説明しますね。

 

1.第1志望を絞らない

まずは第一志望を特定の企業に絞らないことです。

特にまだ応募もしていない段階で「入りたい企業があった」と言うツイートも多く目にします。

この時点で「期待」を持つと過去の私のようにメンタルにダメージを受けかねません。

 

もしここいいなと思う企業を見つけてしまったなら・・・

周辺も調査!

その企業の競合の会社も調べて応募しましょう。

それだけでも複数に志望度が分散して、多くの「社風」を見ることができます。

 

1つに賭けるのは人生を左右する転職活動では結構リスクを伴うことになっちゃうので注意してくださいね。

 

 

2.活動中の出会いに期待する

これは私の経験談から言えることですが面接の場で出会う人。

特にあなたの直接の上司になるかもしれない人

 

こことの出会いに期待するほうが視野が大幅に広がります。

 

ポイント

何をしたいか❓も大事ですが「誰と働きたいか❓」

これもその後のあなたのモチベーションを大きく上げてくれるものです。

 

思いもしなかった成長を遂げるきっかけになるかもしれない人との出会い。

それを「自分のやりたいこと」に気が行ってしまって見失ってしまいます。

 

経験のかけ算

「自分ができること」を企業に提供して貢献する気持ちが大切なことを忘れないでください。

 

どうか知名度や企業規模に惑わされずに見つける視野を持ち続けてくださいね。

 

 

3.企業のカルチャーを見る

これはすでに面接での「必須事項」ですね。

 

私はツイートでも転職のポイントは内定の数でも活動期間の短さでもなく・・・

ポイント

どれだけの会社と会って「社風に触れたか?」が大事だと伝え続けています。

 

 

実際の面接の場での面接担当者や、社内からもれ聞こえてくる音や声。

そこから読み取れる「会社のカルチャー(社風)」

 

ここを面接で耳と目を利かせて感じ取ることができたらあなたは相当な面接巧者になれます。

目の前にいる面接担当者はあくまで「窓口」です。

 

内定がゴールじゃない

毎日を過ごすことになるかもしれないその会社があなたにとって感じのいい空間かどうか❓

これは「転職の向こう側」に大きく影響します。

 

 

 

転職活動中はやっているつもりでも「自分を客観的に見る」ことって難しいものです。

 

一人で活動していては得られない

「非公開な求人」

「会社内部の情報」

これを転職エージェントは持っています。

 

正しい判断をしたいと願うのであればこういった情報をたくさん得て

  • 「比較検討の材料」
  • 「決断するための材料」

これをたくさん持っておくことが「成功転職」と呼べる結果を引き寄せます。

 

何も費用は掛からないのでうまく頼って「情報戦」である転職活動を制してください。

 

下記に「軸」にすべき総合力の強いエージェントを3つ贈ります。

その下にランキングした10選の分析記事を置いておきますね。

 

<表に出ない情報を得る>

リクルートエージェント:保有求人・非公開求人ともに業界No.1

パソナキャリア:ユーザーが選ぶ『満足度調査』直近3年連続No.1

doda:中小エージェントとも提携、その求人は無限大

 

 

関連記事>>非公開求人の中から新たな「第一志望」に出会う【厳選エージェント12選+α】

 

 

転職で第一志望は絞らない。多くの出会いが理想を作り人生を豊かにする。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

特に初めての転職活動では1つずつ応募しては結果を待つ。

そんな方法で進めて時間が結構かかってしまったので内定が出たところで手を打つ。

 

そんな転職で失敗してしまいます。

初転職の失敗はほとんどがこのパターンで、私自身も初めての転職がバッチリ当てはまっていました。

 

 

他の世界を知りたい

転職活動の時間はある意味「人生で貴重なインタビュータイム」です。

 

1回の応募で多くの企業にアプローチをかけつつ、でも大きな期待を持たず

  • 通過しなかったら「あっそ」くらいの気持ち。
  • 通過したら「さすが見る目あるねー」という考え。

そうやって「機械的」に切り分けていくくらいがメンタルにも優しい転職活動ができます。

 

そして面接に進んだら前の項目をもう一度見直して表面上ではわからない部分を見極めていきましょう。

 

 

たくさんの企業と出会って、その後のあなたを大きく変える。

そんな出会いがあることを心から応援しています。

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたことを【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

3つクリック投票いただけたら嬉しいです。

サイドバーのトップにも設置しています。

 

 

「転職活動」記事一覧へ

 

 

 

-悩み, 転職の悩み, 転職活動
-, ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.