" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

転職・仕事の悩み

第一志望に期待しすぎは転職活動の妨げ。機械的にこなすのがベスト!

第一志望の企業に受からなかったどうしよう・・・

 

第一志望の企業の落ちたもうどうしたらいいかわからない・・・

 

今回はそんなお悩みを解決します。

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届けしていますので参考にして頂けたらと思います。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

 

今回の記事では、転職活動でどうしても入りたい❗️

そんな「第一志望」への過度な期待。

その危険性と持っておくべきなおすすめの考え方。

これを解説します。

 

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、期待に心を揺さぶられず

見つめるべきポイントを理解することができます。

 

 

この記事の内容

  • 第一志望の過度な期待は転職活動を妨げる。
  • 第一志望に過度な期待が視野を狭めてしまう理由
  • 良い意味で「機械的」に活動するための3つのポイント
  • 転職活動は機械的に。成功転職後は人間的に。切り分けの思考は気づきの宝庫。

 

 

第一志望の過度な期待は転職活動を妨げる。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

日常生活でも期待が大きければ大きいほどそれが叶わなかった時に気分的なダメージって大きくなりますよね❓

 

同様に「予定は未定」と言うように、実現まではどんなハプニングや変更があるかわからないものです。

 

 

先日Twitterでこんなツイートをしました。

 

 

注意

転職活動をする上で「第一志望」の企業に大きな期待をすると希望通りに行かなかった時に気分を乱されます。

そしてモチベーションを乱されてその後の活動のスピードにも大きく影響します。

 

 

私もうつに陥っていた頃、第一志望の企業を絞っていて2次選考で落ちたことがありました。

もうここからどうしたらいいんだ❗️と余計に悪化したのを今でも良く覚えています。

 

その時の活動では結局、事前には全く知らなかった企業で、その後の恩人と呼べる人と出会いエージェント人生が期せずしてスタートし今の自分の土台を作りました。

 

 

このことからもお伝えしたいと思うのは

ポイント

日頃の仕事「選考」は切り分けて考える。

良い意味で「機械的」にこなしていくこと。

これが「心のゆとり」を保つのに大事だということです。

 

そうして数をある程度こなしていく中で

  • 新たに気がつくこと
  • 見直すべきこと

そういったものを見つけることが重要です。

 

盲目的に「第一志望」の企業が最高なんだと信じてしまう心は広い視野での活動の妨げになります。

 

 

次の項目では「第一志望」に過度な期待をすることがなぜ良いことではないのか❓について解説しますね。

 

関連記事>>【集団時間差応募法】転職での不採用にモチベーション落とさない裏技!

 

 

第一志望に過度な期待が視野を狭めてしまう理由

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

前述した過去の自分もそうでしたが第一志望に定めた企業には

注意

知名度、企業規模、待遇面などに目が行っていて「自分の中でのイメージ」が勝手に膨らんでいる状態です。

 

このケース、かなり多くの方に当てはまると思います。

 

しかし当サイトでよく出る言葉「転職の向こう側」

つまりその企業で「実際の仕事をしているイメージ」。

ここが抜け落ちており、それが志望動機やアピール面で必要な準備を不足させちゃうんです😢

 

 

そのイメージ、空想に近いものが大きければ大きいほど

注意

  • 入社したとしても「ギャップ」が大きく早期退職につながりやすい。
  • 選考で通らなかった時の精神的ダメージが大きい

といったことに繋がる確率が高くなります。

 

次の項目ではモチベーションを左右されない良い意味での「機械的」に活動するためのポイントを解説します。

 

関連記事>>【誰でもできちゃう】面接での重い空気。回答後の「+1」で変える!

 

 

良い意味で「機械的」に活動するための3つのポイント

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

心のゆとりを大事にした活動のために

  1. 第1志望を絞らない
  2. 活動中の出会いに期待する
  3. 企業のカルチャーを見る

 

順に説明しますね。

 

1.第1志望を絞らない

まずは第一志望を特定の企業に絞らないことです。

 

もしここいいなと思う企業を見つけてしまったなら

ポイント

その企業の競合の会社も調べて応募する。

それだけでも複数に志望度が分散します。

 

1つに賭けるのは人生を左右する転職活動では結構リスクを伴うことになっちゃうので注意してくださいね。

 

 

2.活動中の出会いに期待する

これは私の経験談から言えることですが面接の場で出会う人。

特にあなたの直接の上司になるかもしれない人

 

こことの出会いに期待するほうが視野が大幅に広がります。

 

ポイント

何をしたいか❓も大事ですが「誰と働きたいか❓」

これもその後のあなたのモチベーションを大きく上げてくれるものです。

 

思いもしなかった成長を遂げるきっかけになるかもしれない人との出会い。

 

どうか知名度や企業規模に惑わされずに見つける視野を持ち続けてくださいね。

 

 

3.企業のカルチャーを見る

これはすでに面接での「必須事項」ですね。

 

面接担当者や、聞こえてくる音や声。

そこから読み取れる「会社のカルチャー(社風)」

 

ここを面接で耳と目を利かせて感じ取ることができたらあなたは相当な面接巧者になれます😉

目の前にいる面接担当者はあくまで「窓口」です。

 

ポイント

毎日を過ごすことになるかもしれないその会社があなたにとって感じのいい空間かどうか❓

これは「転職の向こう側」に大きく影響します。

 

 

 

転職活動中はどうしても「自分を客観的に見る」ことって難しいものです。

 

一人で活動していては得られない

「非公開な情報・求人」「会社内部の情報」

これを転職エージェントは持っています。

 

正しい判断をしたいと願うのであればこういった情報をたくさん得て

  • 「比較検討の材料」
  • 「判断の材料」

をたくさん持っておくことが「成功転職」と呼べる結果を引き寄せます。

 

何も費用は掛からないのでうまく頼って「情報戦」である転職活動を制してください👍

>>【まとめ記事集】職種別・業界別・その他ハンデ特化。おすすめエージェント

 

 

転職活動は機械的に。成功転職後は人間的に。切り分けの思考は気づきの宝庫。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

特に初めての転職活動では1つずつ応募しては結果を待つ。

そんな方法で進めて時間が結構かかってしまったので内定が出たところで手を打つ。

 

そんな転職で失敗してしまいます。

初転職の失敗はほとんどがこのパターンです。

 

 

ポイント

転職活動の時間はある意味「人生で貴重なインタビュータイム」です。

 

1回の応募で多くの企業にアプローチをかけ

  • 通過しなかったら「あっそ」くらいの気持ち。
  • 通過したら「さすが見る目あるねー」という考え。

そうやって「機械的」に切り分けていくのがベストです。

 

そして面接に進んだら前の項目をもう一度見直して表面上ではわからない部分を見極めていきましょう😉

 

 

たくさんの企業と出会って、その後のあなたを大きく変える。

そんな出会いがあることを心から応援しています。

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたことを【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

 

【 追記:転職をお考えの方へ 】

転職は「情報戦」です。

一人では知り得ない情報をエージェントはたくさん持っています。

 

非公開求人や企業の内部情報などたくさんの「情報」を判断材料に加えて成功するて転職を実現しましょうね❗️

 

元プロエージェントが研究したおすすめをした

比較記事を下記に贈ります。

 

あなたの未来が輝くためにも「今」を思いっきり有効活用してくださいね❗️

 

おすすめ記事>>登録必須エージェント紹介・比較記事

関連記事>>【まとめ記事集】職種別・業界別・その他おすすめエージェント!

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

3つクリック投票いただけたら嬉しいです。

サイドバーのトップにも設置しています。

 

 

「仕事・転職」記事一覧へ

 

 

 

-転職・仕事の悩み
-,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.