" />
転職エージェント経由 直接連絡

悩み 転職の悩み 転職活動

転職エージェント経由の企業【直接連絡がきた】ルール無視の危険な匂い

転職エージェント経由の面接後、直接企業から電話がきたけど・・・❓
エージェントには内緒で採用したいって言われけどさ・・・
今回はそんなお悩みを解決します。

(2021年7月9日追記)

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

今回の記事では、実際の相談サイトに寄せられたエージェント経由で応募した企業の行動。

あなたがこのケースにハマった時にとって欲しい行動、そしてそんな企業が危険な理由を解説します。

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、入社前に企業の本質を知る事ができ、時間を無駄にせず「信頼を貯蓄」していく事ができます。

 

こんな方にオススメ

  • 転職エージェント経由で面接後に企業から直接連絡を受けた
  • 過去に転職エージェント経由で不採用だった企業からコンタクトがあった
  • 転職エージェント経由で受けたのに企業から直接採用したいという連絡があった

 

 

転職エージェント経由の企業【直接連絡がきた】ルール無視の危険な匂い

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

転職エージェントを利用して転職活動をすると

  • 書類選考への応募
  • 面接日程のセッティングや同行
  • 事前の面接対策
  • 応募のための書類の添削

など多くのサポート無料で受ける事ができます。

 

今あなたはエージェントを利用していますか❓

 

私はアパレルや医療、福祉の業界で合計16年エージェントとして従事していました。

その経験から転職をされる方には「知り得ない情報」をたくさん持っているエージェントをぜひ活用して納得の転職を果たして欲しいと思います。

 

 

当サイトでも業種別や職種別に特化したサポート総合力の強いところと共に紹介しています。

まだの方は是非3社から5社くらいに登録して同時進行してたくさんの案件と情報を得てくださいね。

おすすめ記事

オススメ 転職エージェント
総合力でオススメ転職エージェント12選+α【人生を激変させる】
業界別・職種別・その他おすすめ転職エージェント
業界別・職種別・その他おすすめ転職エージェント!【まとめ記事集】

 

 

そんな中、先日Yahoo知恵袋の相談でこんな内容を目にしました。

 

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

エージェント経由で応募した企業の面接。

終わった後に履歴書に記載の携帯番号企業から直接電話がかかってきて直接採用をしたいとの申し出があったと。

 

 

注意

悲しいことにエージェントの知らないところでこのようなことは行われているのが現状です。

もちろんこのような企業はごく稀ですが。

 

SNS上でも同じような事例が見られます。

 

 

 

これには次の項目で詳しく解説しますが企業側にも言い分というか理由があります。

 

もしあなたがこの相談者の方の立場になったら・・・

ポイント

いくら志望度が高くても「絶対に入らない」ことをオススメします。

必ず担当しているエージェントに「事実を連絡」してください。

 

その結果、あなたはその企業に入社することはなくなるでしょう。

でもそれでよかったんです。

 

これも後の項目でポイント解説します。

 

 

人材紹介事業は

  1. 「転職エージェント」と「求職者の方」
  2. 「エージェント企業」と「クライアント企業」
  3. 「求職者の方」と「クライアント企業」

それぞれの「信頼関係」で成り立っています。

 

特に「エージェント企業」と「クライアント企業」契約書を交わしていて報酬に関しても、ここに明記されてお互いの社判(会社のハンコ)を押しています。

 

<エージェントサポートの流れ>

その信頼関係の中でエージェントは

  • お金をかけて良い人材を見つけて
  • その人を見極めて企業へ紹介して
  • 入社に至れば採用企業から報酬を受ける

こういう流れで転職を決めています。

 

 

契約の中で進めている以上・・・

注意

『求職者の方に直接連絡する』ことはこの契約に違反しているわけです。

 

採用する企業が求職者であるあなたに直接連絡をして良いのは内定を出して、あなたがそれを承諾する意思を確認した後です。

 

 

求職者の方が直接採用の話に乗って協力したらエージェントはこの事実を知ることはできません

そんな信頼をベースにした「紳士協定」と言えるものです。

 

そして万が一求職者の方が入社して、仮に思っていたところと違っていても、もうエージェントは手助けすることはできません。

というか入社したことすら知らない状態なので。

 

このケースで多く見られるのが「聞いていた待遇と大きく違った」と早期退職をしてしまうことです。

 

 

次の項目では、クライアント(あなたに直接連絡をしてきた)企業がこの行動に出る背景と理由について解説します。

ここにはあなたとは関係のない、企業間の契約に関係があるんです。

 

関連記事

転職エージェント 勝手に応募
【3つの防止策】転職エージェントが勝手に応募?急かすタイプに超有効

 

 

転職エージェントを通さず面接企業が「直接連絡」を応募者へする背景

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

エージェントのサポートサービスは求職者の方は登録から入社した後も費用は一切発生しない「無料サービス」として受ける事ができます。

 

なぜ「全てが無料」なのかというとその報酬体系にあります。

企業はエージェントから紹介を受けた人を採用すると・・・

ポイント

その方の初年度の年収の「30%」をエージェント企業に報酬として支払います。

これでエージェント企業はまかなっているわけです。

 

つまり

  • 年収400万円の人なら報酬は120万円
  • 年収500万円の人なら報酬は150万円
  • 年収1000万円の人なら報酬は300万円

と言った感じです。

 

 

面接を受けた求職者の方に直接連絡をしてくる理由は・・・

注意

エージェント企業にこの「報酬」を支払いたくないからです。

 

 

こういう企業は、エージェントには「不採用」と伝え本人と水面下で直接連絡をとって入社させる。

おそらくあなただけでなく他にもこうして採用をしていると思われます。

 

 

 

でも、エージェント企業もスカウトシステムや登録者管理システム、その他システムの利用料(大手なら開発費が大きくかかります)やエージェントの給与もコストとして毎月かかっています。

 

つまり1人の人を採用に至らせるまでに相応のコストをかけているのもまた現状なんですね。

 

 

企業側も自社で採用しようと思ったら広告掲載費や管理システム費、人事労務費など自社で負担するところ、エージェント企業を使う事でコストカットができます。

 

企業にもエージェントにもお互いメリットのある関係なんです。

 

そして募集条件にマッチした人を紹介する。

こうした「信頼関係」で成り立っています。

 

 

もし、あなたが入りたい志望度が高い企業が冒頭の相談者さんの内容のような事をしたら・・・

注意

契約で約束した内容を守れない企業ということになり、平気でそれをする企業があなたを守ってくれるとは思えません。

 

 

転職活動が長引くことを恐れてついつい話に乗ると、後で1番のしっぺ返しを食らうことになるのは求職者の方なんです。

 

 

 

なぜ❓そしてどんな❓事が起こりうるのか。

こういう「ズル」をする会社がどんな状態か。

次の項目でポイント解説していきますね。

 

関連記事

希望をエージェントにどう伝えたら良い
希望をエージェントにどう伝えたら良い?ありのまま伝える事が重要。

 

 

転職エージェントを経由せず「直接採用したい」というのはこんな企業

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

こんな会社である可能性が高い❗️

  1. 個人情報をずさんに扱っている
  2. コンプライアンス(法令遵守)が守られない
  3. 経営状態の悪さを隠している

 

順に解説しますね。

 

1.個人情報がずさんに扱われている

まず履歴書に書いてあるからと直接連絡をする。

これが既に個人情報保護法23条に違反しているんです。

出典:e-Gov 法令検索

 

エージェント企業もクライアント企業も、選考のための個人情報の提供を「あなたの許可」を得てしています。

 

注意

直接かけてきた時点であなたの許可を得ずにあなたの個人情報を「目的外」で利用していることになります。

個人情報をずさんに扱っている企業は危険です。

 

エージェントも企業に応募する際は必ず本人意思の確認、これを行ってOKを貰わなければ勝手に企業へ紹介できません。

 

メモ

もしも「エージェント」があなたの許可を得ずに「勝手に応募」していたらそれも法律違反です。

その際は下記の記事に事前の防止策を解説していますので是非行ってくださいね。

関連記事

転職エージェント 勝手に応募
【3つの防止策】転職エージェントが勝手に応募?急かすタイプに超有効

 

 

2.コンプライアンス(法令遵守)が守られない

もし仕事で取引先と契約を交わしてその内容を破ったらどうなるでしょう❓

 

  • 相手方からは信用を失い
  • 当然に契約を解除されて
  • 下手したら損害賠償を請求される

そんなことになるかもしれません。

 

注意

そんな危ないことを平気でやってしまう企業はコンプライアンス(法令遵守)にかなり疑問があります。

 

甘い誘いに乗って入ったら・・・

労働基準法を無視した働かせ方をしたり

パワハラやモラハラなどが普通に横行している

そんな可能性もあります。

 

 

エージェント企業が頂く「報酬」は、それだけの金額を支払って採用したのだから長く働いて欲しい。

大切に育てよう、そういうための「抑止力」にもなっているんですね。

 

 

3.経営状態の悪さを隠している

契約で定めたエージェント企業への「報酬」。

 

注意

もしかすると払いたくないのではなく「払えない」経営状態な可能性も考えられます。

 

ほとんどのクライアント企業がしっかりと契約内容通りに支払いを行っています。

その中で、直接求職者の方に連絡するほどのリスクをとってまでするのは「普通の行動」ではありません。

 

その企業の年商がどれほどのものかはわかりませんが、ケチってリスクを取る代償はあまりに大きいものになるでしょう。

 

 

同じように本業でも信頼を失うことを平気でしてきて、経営状態があまり良くないことも大いに考えられます。

 

 

ここまでに解説したいずれかに該当する企業であれば遅かれ早かれあなたは「失敗した❗️」と思うでしょう。

 

しかしその時は既に後の祭りです。

エージェントに相談しても乗ってもらえません。

注意

あなたが話に乗ってしまった時点でエージェントを共同で騙してしまい、エージェントは入社したことそれ自体知らないわけですから。

 

ですので誘いがあった時点で必ず担当エージェントへの報告・連絡・相談はしておくことを強くオススメします。

全ては「信頼」のもとに進めるのが正解です。

 

 

check>>これからエージェントと組むなら「書類選考なし求人」専門のサポート

 

 

何事もルール違反は許してはダメ。ダメな会社を事前に知れてラッキー!

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

前項、特に3つ目の最後にあるようにいかにエージェントは「あなた」と「クライアント企業」を信頼しているかがお分かり頂けると思います。

 

ポイント

そんな信頼関係で成り立っている社会で「ルール違反」をすると結局は自身に返ってきます。

 

もしこんなケースに遭遇したら「簡単にルール違反する会社を事前に知れてラッキー❗️」

そう前向きに捉えましょう。

 

入ってしまって後悔することに比べたらとても小さいことです。

 

 

まぁ、そんな企業を求職者の方に紹介してしまったエージェントにも非がないとは言い切れないですけど。

でも報告してあげることでその企業とは取引はしないでしょう。

 

あなたの報告が「一つの信頼を守る」形になります。

同時に「あなたへの信頼感」も爆上がりします。

 

仕事をしていくこと、人間関係、恋愛、人生。

全てにおいて「信頼関係」はベースになるもの。

 

ポイント

「信頼貯蓄」

これをたくさん積み上げる素敵な人になってください。

 

そしてあなたの周囲に人が集まり素晴らしい環境が作られていくことを心から応援しています。

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたことを【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

 

「転職活動」記事一覧へ

 

 

 

-悩み, 転職の悩み, 転職活動
-, , , ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.