" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

転職・仕事の悩み

【要確認】同案件を複数エージェントから提案された時の確認法を暴露

紹介してもらったこの求人は誰にでも提案してないかな・・・❓

 

この求人他のエージェントも提案してきたけど・・・❗️

 

今回はそんなお悩みを解決します。

 

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から

主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを

持った支援サービスをご紹介しています😉

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生

ための情報発信もしています👍

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届け

していますので参考にして頂けたらと思います😃

人気ブログランキング&ブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています👍

 

 

今回の記事では、エージェントを複数利用していて

同じ案件を提案されたというあなたへ。

どこから応募すべきか、それを見極める方法を

解説します。

 

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、エージェントの熟知度が

わかってその後の活動においても頼もしいパートナーになります。

 

 

この記事の内容

  • 【要確認】同案件を複数エージェントから提案された時の確認法を暴露
  • 応募すべきエージェントを選ぶポイント
  • 熟知度を確認する【ファミリアリティ・チェック】
  • 適正なエージェントを判別できればその先の人生は明るく拓ける!

 

 

【要確認】同案件を複数エージェントから提案された時の確認法を暴露

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

たまにエージェントを複数利用していると

同じ案件を違うエージェントから提案される

ことがあります。

 

これは結構「エージェントあるある」なんですね。

 

他社エージェントと同じ求人を持っていることは

しょっちゅう発生するのですが、これは

ナゼ?

エージェントを使って採用しようという企業は

「複数のエージェント」を必ずと言っていいほど

利用するからです。

 

人材紹介とは「成功報酬」ですので採用が決定しない

限りエージェントへの支払いは一切発生しません。

 

なので同じ案件で複数社から提案されても枠が一人なら

最終的に選考でどこかのエージェントから採用して

報酬の支払いも予定通り一人分なのです。

 

採用費で足が出ることがないような仕組みになっています。

 

 

前置きが長くなりましたが同じ求人案件を

複数のエージェントから提案された場合に

どのエージェントから応募するのがいいか❓

 

ポイント

実はこれを確認する方法があります。

 

複数のエージェントから同じ案件に同時応募は

できない、厳密にいうと先に応募した方が優先して

しまうので、

ポイント

ある目的を持って行う「判定法」と考えてください。

 

関連記事>>>【競合意識】エージェントは複数利用が鉄則。3〜5社で競わせよう!

 

 

応募すべきエージェントを選ぶポイント

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

エージェント企業規模によっては一人の

エージェントが多業界を横断的に取り扱って

いることがあります。

 

注意

その場合はあなたに提案している「案件の詳細」や

「会社の雰囲気」まで理解できていないことがあるんです。

 

その業界を専門的に扱っているエージェントでも

取引の深さが案件の熟知度に差として出てきます。

 

 

内容をよくわかってるのと、ふわっとしかわかっていない

エージェントだったらどちらから応募したいですか?

 

その後のサポートや相談のことを考えたら前者ですよね❓

 

ポイント

複数エージェントから同じ案件を提示されたら

「内容を熟知している方」から応募しましょう

 

では熟知しているかどうか❓を確認するために

どんなことをすればいいでしょうか❓

 

次の項目では、それを確かめるための

具体的な方法についてお伝えしますね。

 

今後こういう状況があったらこの記事を見返して

都度確認してよくわかっていると思うエージェント

から応募しましょう。

 

関連記事>>>【ダメだこりゃ】必見!NGエージェントの典型的パターンTOP3!

 

 

熟知度を確認する【ファミリアリティ・チェック】

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

この方法は私が勝手に

【ファミリアリティ・チェック】と呼んでいます。

直訳すると「熟知度の確認」という意味です。

 

 

熟知度を探るポイント

  1. 求人内容を深掘りして質問する
  2. そのエージェント経由での入社人数を聞く
  3. その会社を推すポイントを聞く

 

順に解説しますね。

 

1.求人内容を深掘りして質問する

これは多くの求人を扱っている大手エージェント

だと「詳細」まで押さえていないことが多々あります。

 

注意

ただそれがそのままそのエージェントの

質に直結するとも言い切れません。

 

答えられないことより答えられるエージェント

その中でも提案力やその後のサポート力にも

長けていると言えます。

 

ポイント

あなたが知りたい、でも求人票には載っていない部分を

答えられるエージェントの提案する案件には安心して応募して良いです。

 

 

2.そのエージェント経由での入社人数を聞く

提案してきた案件の企業にそのエージェントが

これまで何名入社を決めてそのうち何名が

1年以内に退職しているか❓

 

ポイント

つまり

  • 実績があるのかどうか❓
  • 退職率(定着率)はどうか❓

ここを確認しましょう。

 

新規開拓で取引することが始まったばかりの

ホヤホヤ案件なこともありますがエージェントを

利用する企業は大体複数社使っています。

 

できれば実績があるところの方がデータが

あるので安心ですよね❓

 

あまりにもデータがありすぎるのも

注意

「エージェントにとって決めやすい案件」

という可能性が高いので注意が必要です。

 

 

3.その会社を推すポイントを聞く

これは派遣のエージェントをしていた時に

エージェントである私が派遣先の方から

よく聞かれていました。

 

派遣は雇用元は派遣する側の企業なので面接

(とは法的に呼べないので「顔合わせ」と呼びます)

に同席ができます。

 

 

対して、職業紹介は雇用元は採用先の企業に

なるので基本面接に同席できないことがほとんどです。

 

 

提案してもらった求人企業に

自分を推すポイントがどこなのか❓

これを聞いてみてください。

 

ポイントは

ポイント

  • 企業の魅力
  • 事業内容とあなたのキャリア整合性
  • あなたの希望とのマッチ度
  • 目指せる将来のキャリアビジョン

この4つです。

 

質問責めにするとエージェントも疑念を

抱いてしまいますのでアンケートに

ならないように注意してくださいね。

 

 

関連記事>>>【空想】理想の求人なんかない!それを「〇〇力」に変えたら最強説!

 

 

適正なエージェントを判別できればその先の人生は明るく拓ける!

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

ここまで解説した方法で質問をするとエージェントは

きっと「わからない」とは言えないでしょう。

 

言葉に詰まりながらもなんとか答えようとします。

 

その違和感に気付いて熟知しているエージェントから応募

することが転職活動のルーティン化することができれば

ポイント

入社までの道のりでも的確で具体的な

アドバイスが受けられます。

 

結果、あなたとエージェントの信頼関係も

どんどん強くなっていきます。

 

 

私も入社が決まった方とは遠方で無理な場合を

除いては会社の経費でお祝いの食事を開催していました。

 

その後も「どうですか❓」とフォローの連絡をこまめにしたり、

最新の内部情報を教えて頂いたりと情報をブラッシュアップ

することができました。

 

そして信頼関係から知り合いで転職したい方を

直でご紹介頂けたりとエージェントにとっても

メリットはとても大きいものでした。

 

 

あなたもこの【ファミリアリティ・チェック】

これを駆使して頼もしいブレーンと強力な

パートナーシップを築いていってくださいね❗️

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ

働けるような転職先に出会えたことを

【成功転職】と勝手に呼んでいます。

 

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️👍

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

【 追記:転職をお考えの方へ 】

転職は「情報戦」です。

一人では知り得ない情報をエージェントは

たくさん持っています。

 

非公開求人や企業の内部情報などたくさんの「情報」

判断材料に加えて成功するて転職を実現しましょうね!

 

元プロエージェントが研究したおすすめをした

比較記事を下記に贈ります。

 

あなたの未来が輝くためにも「今」を思いっきり

有効活用してくださいね!

 

 

おすすめ記事>>>【まとめ記事集】職種別・業界別・その他。おすすめエージェント

 

 

「仕事・転職」記事一覧へ

 

 

-転職・仕事の悩み
-

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.