" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

悩み 転職の悩み 転職活動

休職中に転職活動をして大丈夫?【問題なし】心配事をなくす活動方法

休職中だけどもう復職する気ないし転職活動しても大丈夫かな・・・
休職中の転職活動って違法じゃないのかな・・・
今回はそんなお悩みを解決します。

(2021年7月9日追記)

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

今回の記事では、相談サイトにも多く寄せられる「休職期間中の転職活動」について。

心配なことを解決して失敗しない転職をする内容を贈ります。

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、あなたの心配は問題なくオープンにすることで得られるメリットが理解できます。

 

 

<こんな方にオススメ>

現在休職中で転職活動をしてもいいのか迷っている

休職中の仕事に復職しても絵tん職活動をすることを考えている

転職活動に時間が取れず辛くて休職して転職活動すべきか悩んでいる

 

 

休職中に転職活動をして大丈夫?【問題なし】心配事をなくす活動方法

kazutomo-nagasawa.com/alt

パワハラやモラハラその他の理由で心身が疲れてしまって休職状態に入ってしまう。

現代では悲しいことにこのケースは多くなっています。

 

  • 心身ともに疲れ切って休職中
  • 回復したとしても復職する意思はない
  • 休職中に転職活動をするのは違法ではないか❓

そんな状況に悩む方が多く見られます。

 

 

まず心配になるのが以下のことでしょう。

休職中に転職活動をしても法的に大丈夫なのか❓

休職中であることは言わなければならないのか❓

休職中であることがバレることはないのか❓

 

順に結論をお伝えしますね。

 

休職中に転職活動をしても大丈夫なのか?

これは憲法の「職業選択の自由」によって保障されていますので大丈夫です。

この「自由」は退職を選ぶ自由も含まれます。

例え就業規則に禁止の内容が書かれていても、憲法を上回る効力の法律や規則はありません。

メモ

※ただし休職制度は「復職前提」のものなのでSNSなどで転職活動しているなど発信して会社にバレるとトラブルになる可能性があるので注意しましょう。

 

 

休職中であることは言わなければならないのか?

休職中であることを伝える「義務」があるかというと「No」です。

ただし、

  • 休職歴があるかどうか
  • 体調面で不安はないか

などと聞かれて「ない」と嘘をいうと「詐称」になりますが、聞かれないことに答えなくても問題はありません。

 

 

休職中であることがバレることはないのか?

面接などの選考過程では、こちらが言わなければ相手にはわかりません。

しかし、休職期間が長い場合に「入社後の各種手続き」でバレる場合はあります。

 

<休職がわかるもの>

  • 源泉徴収票:昨年の支給額が極端に低いなどでわかる場合があります。
  • 住民税手続き:昨年の収入から決まるため、源泉徴収票と同じ理由です。
  • 傷病手当金の申請:健康保険から支払われ、上限が1年6ヶ月のため再度申請した場合に「残りの期間」でわかる場合があります。

 

 

こう見ると聞かれないので言わなかったとしてもバレる可能性はあると言えます。

しかしそれで必ず内定取り消し解雇になるかというと、その可能性は0ではないですが、限りなく低いです。

 

でも安心してください。

ポイント

まず、あなたは何一つ悪くありません。

心身崩壊の前に「行動」したのですから。

 

まずその「行動」に対してあなた自身を褒めるべきです。

よくがんばりましたね❗️

 

そして会社側にとっても「復職する意思がない」のであれば、休職中に転職活動で次の仕事を見つけ「休職期間」を短くした方がメリットがあります。

両者の立場に分けると下記のような形です。

 

<両者のメリット>

  • あなた:転職活動の時間が取れて休職期間の賃金も保証される(会社規定により違いあり)
  • 会社側:休職期間に支払う賃金の負担が軽減され採用計画が立てられる

 

何よりもまずはあなたが健康になることが優先です。

焦らずにいきましょうね。

 

 

まずは休職中に転職活動はしても大丈夫ということが分かりました。

その上で私自身もうつ状態になったことが原因で転職活動をした経験から・・・

ポイント

休職中である(またはその期間があった)ことは「オープンに」話した方が何かとメリットがあります。

 

できれば隠したいという思いがあるかもしれません。

なぜオープンにしたほうがいいのか❓

 

次の項目でそこをお伝えしますね。

 

関連記事

kazutomo-nagasawa.com/alt
怖い・心配で行動ができない。超シンプルな「1つずつ」の考え方。

 

 

休職中であることを転職活動でオープンにした方が良い理由

kazutomo-nagasawa.com/alt

まず「休職」の意味合いについてです。

休職制度というのは「復職することを前提」として療養するためのものです。

 

その期間中に転職活動をするわけなので、言わずにバレた場合

  • 現職にバレたらよくない気持ちにさせる
  • 面接先にバレたら不信感を抱かせる

といったことが起きかねません。

なので休職中の転職活動はできる限りスピーディーに行うのも会社の負担を軽くすることにつながります。

 

ただし・・・

休職するに至った原因が現職にあるなら現職には転職活動をしていることは伝える必要はないです。

 

 

転職先が無事に決まった後、退職することをしっかり伝えればOKです。

 

原因となった会社にはできれば関わりたくないという時は「退職代行サービス」を利用する方法もあります。

『最後の手段』として持っておきましょう。

 

会わずに即日退職が可能です

【退職代行ガーディアン】:業界最強の退職代行サービス

退職代行サービスの【 NEXT 】:LINEで簡単申し込み可能

女性の退職代行【 わたしNEXT 】:女性専門の退職代行サービス

では次に「オープンに話すべき理由」についてをメリットとして、考えられる相手方の対応をデメリットとしてお伝えします。

 

オープンに話すメリット

あなたの状態を理解してくれる会社と出会う

状態を考慮した配属、業務を提供してくれる

あなたが「誠実である」と伝えることができる

 

あなたの状態を理解してくれる会社と出会う

あらかじめ休職中であること、その背景を伝えることで敬遠する会社もあるかもしれません。

しかし、その中でもあなたの状態やその背景を理解してくれる会社に出会うでしょう。

 

ポイント

そこはあなたにとって「改善を勝ち取った環境」です。

 

入社後も隠す必要や後ろめたい気持ちも持たずに働くことができます。

隠すことがストレスになってしまうなんてバカバカしいですもんね。

 

 

状態を考慮した配属、業務を提供してくれる

これは次のポイントにも関連しますが、正直に内容を話したことで理解を得られる。

そしてあなたの状態に合わせた無理のない配属先と仕事内容を考慮してくれることです。

 

ポイント

こんな社員思いの会社だって世の中にはたくさんあるんです。

 

オープンに話して敬遠する会社は元から入らなくてよかったところだと思いましょう。

 

 

あなたが「誠実である」と伝えることができる

聞かれてから言うのと自分から言うのとでは印象はだいぶ変わります。

もしあなたがもう仕事をしても大丈夫なくらいに回復しているなら

 

ポイント

あなたが「誠実な人」だと言うことが伝わり大事にしてもらえます。

 

誠実で真面目だからこそ今の状態になった事が言葉にしなくても伝わります。

 

次にデメリットを解説します。

 

オープンに話すデメリット

健康面を不安視される

任せる仕事の範囲を迷わせる

 

健康面を不安視される

オープンに伝えることで、特にうつ病などメンタル系は今ではだいぶ認知されています。

でも中にはまだ再発を不安視する人事もいるのも事実です。

 

注意ポイント

前述の通り、そういった会社は「あなたが再発してしまう不安」があるものと思いましょう。

 

入るべき会社は他にあることがわかったことを「成果」にしましょう。

 

 

任せる仕事の範囲を迷わせる

仕事内容にもよりますが、どこまで任せて良いのかを相手方が迷うケースも見られます。

もし考慮の必要がなければ「今は業務には問題ない」と伝えましょう。

 

考慮が必要な場合も伝えてください。

最初に無理してしまうと後でそのツケが回ってきます。

 

今では「専門的にサポートする機関」がありますので、気持ちを楽にオープンに活動しましょう。

 

身体的な悩みを専門サポート

【atGPジョブトレ うつ症状コース】:うつ病OKの求人のみを扱う転職サポート

【dodaチャレンジ】:全ての心身ハンデの転職をサポート

 

こんな頼もしい専門サポートがあるんです。

ぜひ有効活用してください。

 

 

次の項目では、休職中に転職活動をする際に焦って見落としてしまいがちなポイント

ここについて解説します。

同じような環境を選ばないように必ず押さえてくださいね。

 

 

関連記事

転職 期限
転職は期限を決める【達成方法教えます】やることが明確になればOK

 

 

休職中の転職活動をする上で押さえるべきポイント

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

休職中の転職活動のポイント

  1. 一人で活動しない
  2. 会社の内部情報を得る
  3. 伝えづらいことは全て任せる

 

順に説明しますね。

 

1.一人で活動しない

休職中に転職活動をするときは不安がつきまといます。

ここで注意して欲しいのは・・・

ポイント

決して一人で活動せず「プロ」の助言を得てください。

 

焦って同じような環境を掴むと転職ループに陥ります。

  • あなたが休職に至った背景
  • その間思ったこと
  • 次の職場に望むこと

 

ここをしっかりとプロの転職エージェントに共有してください。

あなたに合った環境で働ける会社求人を提案してくれます。

 

わたし自身が長く転職エージェントとして多くの方をサポートしてきました。

自分では気づかない情報や可能性を見つけるのも重要な仕事です。

 

失敗しない、転職した「向こう側」が晴れやかな気持ちで働ける。

良きパートナーとしてタッグを組んで臨んでください。

 

情報量とサポートの質でお勧めするエージェントを下記に贈ります。

まずは1つ2つくらい登録して状況を共有してくださいね。

 

頼るべきエージェント

リクルートエージェント:保有求人・非公開求人ともに業界No.1

JACリクルートメント:対応力No.1、若年からハイクラスまで充実

doda:中小エージェントとも提携、その求人は無限大

 

 

2.会社の内部情報を得る

前のポイントで「プロ=転職エージェント」に頼ってという理由。

それはパートナーを得ると言うだけでなく・・・

ポイント

非公開な「企業の内部情報」を持っているからです。

 

転職の際、給与や残業、休日休暇などの条件に目が行きがちです。

でもあなたが本当に望むのは

  • 「働きやすい」
  • 「自分に会う社風」

ではないですか❓

 

転職エージェントは営業なので訪問してそういった「内部情報」を常に得ています。

わたしも現役時は、

  • 担当から直接聞く内容 
  • 社内の社員の表情
  • 聞こえてくる声

その他にも色んなことを情報としてまとめてサポートする方へお伝えしていました。

 

現職で休職に至ってしまった同じことを繰り返して欲しくありません。

 

求人サイト上にある「表面上の情報」ではなく・・・

ポイント

公開されていない情報にこそ「本質」が隠れています。

 

正しく冷静に判断する材料として、これらの情報は遠慮なくエージェントに聞いてくださいね。

 

 

3.伝えづらいことは全て任せる

転職エージェントを通して応募をする事にはメリットがあります。

エージェントが「推薦文」と言うものを添えてあなたの推しポイントをアピールしてくれます。

 

ポイント

そこに休職に至った背景をうまく記述してくれます。

 

大体800文字から1000文字くらいの中で

  • アピールポイント
  • 希望条件
  • 勤務開始可能な時期

を書きます。

 

 

そしてこの「推薦文」。

ポイント

応募後にお願いすればメールで送ってもらえます。

 

  • あなたのどこをアピールしてくれたのか❓
  • 休職中であることをどう表現したのか❓

これが見えるので面接時の参考になります。

 

必ずもらうと良いでしょう。

 

 

そして休職に至ったあなたは今も心に傷を負っているかもしれません。

伝えたいと思うことが伝えられず、理解されないままということは避けたいですね。

 

そんな時も・・・

ポイント

エージェントはあなたに代わって「交渉」をしてくれます。

 

  • 面接日程の調整
  • 面接前の対策
  • 面接後の企業へのプッシュ
  • 内定後の条件交渉

こういった自分では言いづらいことはプロに任せてしまいましょう。

 

全て一人で背負い込むことはありません。

こうしたことを転職エージェントサポートでは「全て無料」で行っています。

 

報酬は企業からいただくので利用される方には一切費用はかかりません。

ですから遠慮なくどんどん使ってください。

 

エージェントもそこにあなたへの「存在意義」を感じます。

 

  • こうしてパートナーを得て
  • 本質的な情報を得て
  • 任せられることは任せて

気力体力を使う転職活動もタッグで乗り切っていきましょうね。

 

 

関連記事

kazutomo-nagasawa.com/alt
来年になったら転職したい?【何が変わる?】365日無駄にするだけ

 

 

休職中でも転職活動はOK。オープンにすることは人生にとっても重要なこと

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

休職中の転職活動は多くの方が悩んでいる問題でもあります。

  • 「休職中」に活動すべきか
  • 「復職後」に活動すべきか
  • 「退職後」に活動すべきか

 

復職後は転職活動の時間も取れず、ストレスが大きくなってまた体調を崩す危険があります。

退職後の転職活動は離職期間が短いうちにと、さらに精神的に追い詰める結果になります。

 

「休職中」と「退職後」は今まで忙しく働いていたのが急に時間ができてしまうことで「考える時間が急に発生」する状態になります。

そうすると働いていない自分を責めたりネガティブなことが頭をよぎったりします。

 

しかし「休職中」はまだ会社に在籍している状態ですので・・・

ポイント

あなたが「休職中」の転職活動を考えているのは大正解です。

 

在職中であり、時間も取れる状態。

前述しましたが「あなたの心身の健康が第一」です。

 

その中で休職中であることを隠すストレスやバレるかもというストレス。

こういったものを心配せずにスムーズな活動をバックアップできれば幸いです。

 

ポイント

普段からオープンに伝えること。

 

これは人生の上でも大切なことです。

その「オープンマインド」があなたの周囲に自然と人が集まり、信頼関係が作れる環境を育てて行きます。

 

あなたが心身ともに健康で、働きやすい環境と出会い、なんの心配もなく働けることを心から応援しています。

 

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたことを【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

おすすめ記事

総合力 オススメ転職エージェント
総合力でのオススメ転職エージェント12選【あなたの人生が激変!】
kazutomo-nagasawa.com/alt
業界別・職種別・その他おすすめ転職エージェント!【まとめ記事集】

 

 

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

3つクリック投票いただけたら嬉しいです。

サイドバーのトップにも設置しています。

 

 

 

「転職活動」記事一覧へ

 

 

-悩み, 転職の悩み, 転職活動
-, , , ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.