" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

転職・仕事の悩み

転職する人の割合ってどのくらい?全労働者の「7割」が転職を経験。

今ってどのくらいの割合の人が転職してるのかな・・・❓
転職はしないほうがいいと思ってたけど最近違う気もする・・・
今回はそんなお悩みを解決します。

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届けしていますので参考にして頂けたらと思います。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

 

今回の記事では、現実としてどのくらいの人が転職をしているのか?

現状から見える「持つべき思考」について解説します。

 

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、転職が当たり前の時代であることが分かります。

そして、不測の事態にも柔軟に対応できる「準備」が調います。

 

 

転職する人の割合ってどのくらい?全労働者の「7割」が転職を経験。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

2020年から発生し世界中に広まった新型コロナウイルスは、日本全体の「働き方」を大きく変化させました。

元々テレワークを導入していた企業、コロナを機に導入した企業。

その動きはさまざまです。

 

そんな中、転職に対して

  • 動いている人
  • 動こうと思っている人
  • 動こうか考えている人
  • 今後に備えようと考えている人

など、それぞれに考えていると思います。

 

転職は「自分ごと」ではあるけれど、世間では一体どのくらいの人が転職を経験しているのか。

そう思ったことはありませんか❓

 

驚くことに、

ポイント

18歳〜64歳までの全労働者のうち、転職を経験した人は7割を超えています。

 

 

また、「転職率」は2019年度は5.2%と、4%台で横ばいだった2018年までと比べ上がっているんです。

 

転職率とは?

全労働者数に対して、実際に転職をした人の割合を指します。

(転職者 ÷ 全労働人口)✖️100=転職率

 

 

2019年はまだコロナも発生していません。

それなのに、リーマンショック時の2009年、320万人だった転職者数を超えて、351万人が転職を実行して過去最多となりました。

 

関連記事

kazutomo-nagasawa.com/alt
転職は当たり前の時代【リスクよりメリットを】殻を破り続けるために

 

 

ここには、この先の時代を生きるためのヒントが隠されています。

それは次の次の項目で詳しく解説するとして、次の項目では転職する人が増加している背景について解説しますね。

 

 

転職する人の割合が増えてきている背景。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

転職する人が多くなった最大のきっかけとなったのは「終身雇用の崩壊」ですね。

 

世界的な大企業が、終身雇用が厳しいことから、

  • 社員の副業を解禁
  • 企業を守るために「早期退職」を募集

働く側としては不安な事ばかりですよね❓

 

注意

それだけ定年まで企業が、安定して「雇用を約束」するのが難しくなってきていることがわかります。

 

そこにコロナが発生して、大企業でも傾いたり倒産したりが現実として起こったことから、同じところで働き続けることに不安を感じる人が多くなったというのが現実です。

 

私はすでに10年前に、急に会社と仕事が目の前からなくなることを経験しました。

そこから10年かかって辿り着いたのは次の具体策の項目の「4番目」です。

 

 

参考

転職に対してネガティブに考える日本ですが、海外では「ポジション獲得」や「給与ベースのアップ」を狙って転職をするのがスタンダードです。

 

この海外と日本の「転職」に対する姿勢の違いを踏まえて、あなたはこの先どんな行動を取りますか❓

 

急には決められないですよね。

でも、持っておくべき思考を押さえて養っておくだけで、いざというときの動き方が変わってきます。

 

 

具体的に持っておくべき思考とは一体なんでしょう❓

次の項目で詳しく解説しますね。

 

関連記事

kazutomo-nagasawa.com/alt
転職活動で重要なのは非公開な情報。会社の内部情報まで知る方法。

 

 

転職する人の割合が増えている時代に持つべき4つの思考

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

「現状認識」と「未来思考」

  1. 転職は「当たり前の時代」という認識
  2. 1つの視点の「危険性」への認識
  3. 「情報源」を持って常にアップデートする意識
  4. サラリーマン脳から「独立脳」への切替意識

 

順に解説しますね。

 

1.転職は「当たり前の時代」という認識

冒頭で出たデータの通り、すでに7割の人が転職を経験している時代です。

新卒から同じ会社で定年まで働く人の方が少なくなるのは今後も続くでしょう。

 

ポイント

転職は「当たり前の時代」だという認識を持っておくこと。

これがいざと言う時に「初動」を早めます。

 

下記の記事でも詳しく説明しています。

参考記事

kazutomo-nagasawa.com/alt
転職は当たり前の時代【リスクよりメリットを】殻を破り続けるために

 

 

海外の「ジョブ型雇用」への変化、という言葉を耳にされたことがあるかもしれません。

日本は「メンバーシップ型雇用」と言って、在籍期間が長ければ自動的に昇進・昇給がありました。

人に対して「仕事」を充てていたわけです。

 

それが今、外資系企業のように「ポジション」と「職責」をハッキリさせて、仕事に対して「人」を充てる。

社内にいなければ下から上げるのではなく、外部から採用すると言う雇用形態です。

 

 

そうなると、長くいても役職が上がっていく、これまでのスタイルはなくなっていきます。

これには「人材の流動性が高まる」メリットがあるので、今後進められていくでしょう。

 

雇用=安定じゃなくなったという意識が、あなた自身を救います。

 

 

2.1つの視点の「危険性」への認識

これは以前の記事でも書きましたが、昭和の時代まで美徳とされた「1つの会社で勤め上げる」こと。

 

注意

これが逆に「リスクになり得る」と言う意識を持ちましょう。

 

同じ業種・職種でも、会社が変われば導入しているシステムも違えば、貸与されるPCのスペックも違います。

 

年齢を重ねての転職、そして今のテレワーク導入でミドル以上の世代の中に、ITについていけない人がいることも浮き彫りになりました。

 

ポイント

このように「他で使い物にならない人」にならない事が重要です。

 

そのためには、今まで身につけたもの、そして違う環境で身につけることを「掛け算」して、もっとレベルアップした仕事ができるようになることが必須です。

 

転職も「同業界・同職種」のいわゆる「横スライド」ではなく・・・

今後の転職はココを重視!

身につけたスキルを活用しての「縦ステップ」の転職が給与のベースアップ、新たに学ぶ意識が生まれます。

 

「世界一勉強しない日本の社会人」と、これ以上言わせないよう、学びの姿勢は持ち続けることが大事です。

 

 

3.「情報源」を持って常にアップデートする意識

転職経験のある方も、ない方も転職活動を制するのに必要なものって何かわかりますか❓

 

ポイント

転職は「情報戦」です。

いかに「非公開な情報」を事前に得るかで8割は決まります。

 

転職サイトを見ても、そこに掲載されているのは「3割程度の情報」。

そして求人詳細や企業HPには「魅力」しか書かれていません。

 

 

転職活動で本当に知りたいのは

  • 会社のカルチャー(社風)
  • 人間関係

などの「環境面」のはずです。

 

そこが整っていて初めて業務に集中できる体制が整うわけですからね。

 

ポイント

それらの情報を持っているのが「転職エージェント」です。

私も16年間従事していました。

 

全体の7割を占める「非公開求人」

訪問と面談で得た「生きた内部情報」

 

 

エージェントサポートは完全無料なので、登録して「かかりつけエージェント」を見つけ、常に情報を「アップデート」する。

これがタイミング、行動、決断に欠かせない要素です。

 

実は日頃からこうした情報収集をしているビジネスマンは「2割以下」と言われています。

逆にしていれば上位20%に入れることになります。

 

<リアルな情報を>

リクルートエージェント:保有求人・非公開求人ともに業界No.1

パソナキャリア:ユーザーが選ぶ『満足度調査』直近3年連続No.1

doda:中小エージェントとも提携、その求人は無限大

 

 

いくつかのエージェントに複数登録して「より多くの情報を得る仕組み」を作っておきましょう。

 

 

 

4.サラリーマン脳から「独立脳」への切替意識

これは私の体験談ですが、2010年に当時いた会社の社長の投資失敗で給与が遅れ、その後出なくなりました。

やりがい持ってやっていた仕事が急に目の前から消えたんですね。

 

生活が立ち行かなくなるので、辞めざるを得ず、そこから先何をしたらいいか見えなくなりました。

結局は別の会社でエージェントをしたわけですが、

 

ポイント

この経験から「いつかは自分で自分と家族を守る」と言う思考に切り替わりました。

 

そして2020年に会社員という働き方を卒業。

今は個人で仕事をしています。

 

 

コロナの終息も見えない。

終身雇用も崩壊している。

 

そんな中でいつまでも雇用されていることでの安心感、「サラリーマン脳」でいることはリスクでしかなくなりました。

 

別に「脱サラ」して事業を立ち上げて・・・とかでなくてもいいんです。

今の時代、ネットを駆使して「キャッシュポイント」を作ることはいくらでもできます。

 

ポイント

万が一の時に備えた「独立脳」を養っておくことはとても重要です。

 

会社に依存せず自力で稼ぐ力を勉強しておくことをお勧めします。

参考までに私が「卒リーマン(サラリーマンからの卒業)」をした方法を下記に贈ります。

 

あなたの経験や知識を「欲している人」へ価値として提供していくことでも収入源を作ることは可能です。

また、学び続けることが自然とできるので、時代を読んだり、柔軟に対応する力も身に付きます。

 

関連記事

kazutomo-nagasawa.com/alt
ワードプレスブログの作り方【完全版】IT素人の私もブロガーになれた。

 

 

転職する人の割合が増える中で「持つべき思考」があなたの未来を輝かせる。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

企業に雇用されて日々働いていると、外の様子はなかなか見えないものです。

私も2010年の出来事があるまでそうでした。

 

しかし、一旦外に目を向けるともう「転職するのが当たり前」で、しない人の方が少なくなっているんですよね。

今は転職する気持ちがなくても、いつ「せざるを得ない状況」になるか分かりません。

 

ポイント

前項の4つの思考を持っておけば、そんな時にも慌てることなく「目的」を見つけ進んでいくことができます。

 

私の経験も踏まえて、あなたが事前に認識を深めて準備して正しい行動と決断ができれば幸いです。

 

特に転職エージェントを長くしていましたから、その情報量は是非活用することを強くお勧めします。

「自分でも気づかなかった自分」を教えてくれます。

 

この先、どんな不測の事態が起きようともブレることなく、大切な人を笑顔で居続けさせられることを心から応援しています。

 

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたことを【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

 

【 追記:転職をお考えの方へ 】

転職は「情報戦」です。

一人では知り得ない情報をエージェントはたくさん持っています。

 

非公開求人や企業の内部情報などたくさんの「情報」を判断材料に加えて成功するて転職を実現しましょうね❗️

あなたの未来が輝くためにも「今」を思いっきり有効活用してくださいね❗️

 

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

3つクリック投票いただけたら嬉しいです。

サイドバーのトップにも設置しています。

 

 

「仕事・転職」記事一覧へ

 

 

 

-転職・仕事の悩み
-,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.