" />
転職活動がバレる原因

悩み 転職の悩み 転職活動

【7つの原因】転職活動がバレる人。知らずに出てる違和感をチェック

転職活動してるけど会社にバレないかな・・・
言わなきゃバレないんじゃないの・・・❓
今回はそんなお悩みを解決します。

(2021年9月16日 追記・再編)

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

今回の記事では、会社には内緒で転職活動していても、バレちゃう人の「無意識のうちにやってしまう行動」についてお伝えします。

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、その原因を理解することで、会社にバレることなく転職活動ができます。

また無理をすることなく内定を勝ち取ることができます。

 

 

こんな方にオススメ

  • 会社に内緒で転職活動をしている
  • 転職活動を今の会社に知られたくない
  • 転職活動してるけど絶対に転職するとは考えていない

 

 

【7つの原因】転職活動がバレる人。知らずに出てる違和感をチェック

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

在職中に転職活動をする方は、内定を得るまで会社には内緒で進めている人がほとんどです。

会社にオープンに話して転職活動してるとしたら、ちょっと特殊な状況ですよね❓

 

 

本人は転職活動していることが会社にバレないと思っていても・・・

転職あるあるです

バレちゃう人が「やっちゃいがちな特徴」があります。

 

 

バレる原理は

自分が言って人づてに広まる

周りが感じて噂がたつ

この2パターンがほとんどです。

 

 

仕事をしながら転職活動をしている方の心理って「本業しながら頑張ってるオレ(ワタシ)すげー」と言うのが無意識に働きます。

それが外に出た時に「違和感」として相手に伝わってしまうんですね。

 

 

ポイント

結論、その原因を知って「逆のことを意識する」ことをすればOKです。

 

まずは「違和感」を出しちゃう原因と行動を知りましょう。

 

関連記事

転職への罪悪感
転職することに罪悪感【誰の人生ですか?】雑念消す3つのマインド

 

 

転職活動がバレる大きな原因。気持ちの変化が生む「違和感」。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

「いつも違う」と言う違和感。

それって一体どんなものでしょうか❓

 

他人は自分が気にするほど自分のことなんて見ていません。

人間だけが持つ「無意識の自意識」がそう思わせてしまうんですね。

 

 

ただ、普段は他人に興味がなくても・・・

注意

いつも一緒に仕事をしていると、「変化」には敏感に気づくものと思ってください。

 

 

どこかで気にしているからなのでしょう。

ライバル心だったり❓恋心だったり❓

いろんなパターンがあると思います。

 

 

参考

私自身が過去に、仕事以外に会社に内緒で国家資格取得の勉強をしていた時、ある女性社員から「夜も別の仕事してるのかと思った」と言われたことがありました(笑)

 

会社で参考書なんか出したこともなく、誰にも言っていないのに、疲れとか表情で「違和感」を覚えたそうです。

表情・口調・態度・テンションなど自分で無意識でも出てしまうことを認識しておきましょう。

 

 

注意

一度「違和感」と認識されると人間心理として、「事実を知りたい」と言う欲求に変わります。

決して軽く考えずに、『違和感はバレる大きな入り口』と考えておきましょう。

 

 

次の項目では、転職活動がバレるひとの「7つの原因」を具体的に解説します。

1つでも当てはまっていたら危険なので、この機会に見つめ直していきましょう。

 

関連記事

kazutomo-nagasawa.com/alt
転職に失敗する人の理由【3つの不足】見直さないとループにハマる。

 

 

転職活動が会社にバレる人の7つの原因。無意識に出る違和感の具体例

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

転職で少し進展があったりすると人は、心に「余裕・ゆとり・安心」が生まれます。

そこで油断となって言動に出ちゃうんですね。

 

ここではバレちゃう人が出してしまう「行動」「違和感」の具体例をお伝えします。

 

「違和感」出ちゃう7つのポイント

  1. そもそも社内の人に話しちゃってる
  2. そもそも会社で転職サイト見てる
  3. エージェントからの電話を仕事中に出てしまう
  4. 服装がいつもと大きく違う
  5. 直前の有給申請や体調不良の欠勤・早退が増加
  6. 態度に大きな変化
  7. 不自然なアポが増えた

 

順に説明しますね。

 

1.そもそも社内の人に話しちゃってる

これはアウトです。

違和感以前の問題です。

 

きっとこの人なら大丈夫と信頼して話したのかもしれませんが・・・

注意

世の中に「絶対」はあり得ません。

プライベートに付き合いがない、会社だけの仲ならなおさらです。

 

横への伝わりがそのうち縦の上司の耳に入ることは時間の問題だと認識しましょう。

会社がそれを聞いたら、まだ決まってないのに辞めなきゃいけない雰囲気になる恐れもあります。

 

誰かと共有したいと思ってもそこは社内ではなく、社外の、仕事に関係のない人にしましょう。

 

それくらい転職活動は今後の人生を左右する大切なイベントです。

 

 

2.そもそも会社で転職サイト見てる

これもアウトです。

違和感しかないですね。

 

どんなに見えないようにしていても、熱心に見ている時に後ろを通った人が見て誰かに言う可能性大です。

 

注意

会社の就業時間内に、会社から貸与されたもので転職活動。

これを「背信行為」と言われたら言い返せません。

 

転職活動は勤務時間外に、自宅か集中できる別の場所でやりましょう。

 

あなたへの信頼がなくなるでしょうし、責任問題に発展することも考えられるので要注意です。

 

 

3.エージェントからの電話を仕事中に出てしまう

普段から携帯電話でのやりとりが多い営業職ならわかります。

しかし、内勤の人が携帯への着信を急いで出て部屋を出て行ったら「完全に違和感」しかないですね。

 

元エージェント目線で言えば1回で出ていただけるのはありがたいのです。

でも、仕事中なのはわかっているので出なければ

  • 留守番電話にメッセージを残す
  • 後でメールで用件を伝える

などして後でかけ直します。

 

ポイント

その時に出られなかったからといって損をすることはないので安心してくださいね。

 

落ち着いて周囲の目のないところで改めて話すようにしましょう。

 

 

4.服装がいつもと大きく違う

モロに面接ですと行っているようなものですね。

普段からスーツじゃない人がガッツリスーツで出社してきたら「完全違和感」でしかないです。

 

もしかして営業と同行で大手の取引先にいくエンジニア職だったとしても、周りからは転職面接が選択肢に入っています。

 

ポイント

今は銀行などの金融系や証券系を除いては面接時のスタイリングには寛容です。

 

なので安心して面接がある日は「当日は普段のスタイルでラフですが」と伝えれば了承してくれますのでご安心ください。

それでもスーツ着用を要求してくる会社は行かない方がいいかもしれません。

 

 

5.直前の有給申請や体調不良での欠勤・早退が増加

これまで無遅刻・無欠勤だった場合はまず心配されますが、有給申請が多発すると転職活動を疑われる「違和感」になります。

 

そこから噂が立って・・・

注意

違和感が「疑惑」に変わります。

 

人は他人のことを詮索するのが大好きです。

目を付けられないように注意してくださいね。

 

本当にちょっとしたことから「違和感」って生まれてしまうんですよ。

 

 

6.態度に大きな変化

どうせ転職するからと

  • 仕事をしない
  • 態度がデカくなった
  • 反抗的になった

などがいい例です。

 

それまでの仕事ぶりからの振れ幅が大きいほど「違和感」も大きくなります。

 

転職活動をしている間はクールにいつも通り、もしくはちょっと頑張ってるくらいの方がちょうどいい感じを保つポイントです。

めちゃくちゃに頑張り出したら、それはそれで「どうしたどうした❓」と「違和感」になりますから(笑)

 

 

7.不自然なアポが増えた

これは営業職のように外勤が多い職種にある「違和感」ですね。

  • 外勤に行ったまま帰ってこない。
  • アポのはずが直前でキャンセルになっていた
  • アポイント後の必要な報告がない

 

こう言ったことを上司は敏感に察知します。

 

ポイント

欧米だと成果さえ出していれば、仕事の仕方は個人に任せる風潮です。

しかし、日本は今も監視社会的な会社が多いので気をつけるべきところです。

 

 

バレるのをハラハラするくらいなら、就業時間後に面接も設定するのがいいでしょう。

 

不自然なアポが増加して成果に結びついていないと、そのうち追求される可能性がありますので気をつけましょう。

 

関連記事

kazutomo-nagasawa.com/alt
転職活動は在職中?退職後?【それぞれのメリット&デメリット解説】

 

 

転職活動が会社にバレたことが原因で起こりうること

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

自分ではうまく隠していたつもりでも、上記のような「違和感」から会社にバレてしまったら❓

 

会社とはシビアです。

引き留めはするとしても・・・

注意

辞めると決まった人間に対しては冷たいものです。

 

 

転職活動は「職業選択の自由」ですから悪いことじゃないですよね。

でも会社にも就業規則がありますから、それを破って会社にバレると下記のような状況になる恐れがあります、

 

考えられる状況としては

  • 周囲がよそよそしくなる
  • 仕事を振られない or 大量に振られる
  • 直接的な叱責が多くなる
  • 査定への影響(長引いた時に賞与に影響)
  • 周囲から疎外される
  • 転職しないのに辞める方向になる

 

 

ビジネスもそうですが、会社も「信頼」で成り立っています。

(一部は権力支配的なところもありますが)。

 

その信頼を破ってしまうとこのような状況になってしまうかもしれません。

 

注意

それであなたが転職先が見つからなかったら、現職もいづらいと言う最悪の状況になる恐れもあります。

これは一番開けないといけない状況です。

 

だからこそ「違和感」を出さずに、会社ではいつも通りか少しプラスの努力をすることをオススメします。

 

関連記事

面接日程の調整ができない
面接日程の調整ができない【時間を生み出す】web面接3つのメリット

 

 

転職活動でバレる原因を理解 ⇨ 納得の内定をゲットすればあなたの勝ち!

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

ここまで会社にバレちゃう人の原因・特徴についてお伝えしてきました。

もう一度冒頭に戻り原因を理解するよう意識づけましょう。

 

「違和感」出さないポイント

  • 社内の人には転職活動のことを話さない
  • 会社内で転職サイトを見たりしない
  • エージェントの電話は折り返しでOK
  • 服装はいつも通りを面接先に了承を得る
  • 有給申請はゆとりを持って調整
  • 態度や言動を変えないでいつも通り
  • 面接はできるだけ有給日は休日または終業後

 

無事に会社にバレることなく転職活動を進めて、納得する内定を勝ち取り、いざ現職に退職を伝えた時に「全然気づかなかったよ」と言わせたらそれが正解です。

 

ポイント

現職にも迷惑をかけず惜しまれながら卒業して、その関係も持続させる。

これが理想の退職・転職の仕方です。

 

 

これができれば新しい環境でもオンオフの切り替えができて、自分自身で働きやすい環境を作ることができる人になるでしょう。

辛い状況になると、どうしても近い人に話したくなりますが、転職活動は大変な労力を要します。

 

皆同じ気持ちで頑張っていると思ってグッと話したい気持ちを堪えましょう。

 

 

バレる原因をしっかり掴んで「スマートな転職活動だった」と思われるような進め方で成功転職を勝ち取ることを心から応援しています、

 

 

おすすめ記事

オススメ 転職エージェント
総合力でオススメ転職エージェント12選+α【人生を激変させる】
業界別・職種別・その他おすすめ転職エージェント
業界別・職種別・その他おすすめ転職エージェント!【まとめ記事集】

 

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

「転職活動」記事一覧へ

 

 

 

-悩み, 転職の悩み, 転職活動
-, , ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.