" />
年収交渉 注意

悩み 転職の悩み 面接

オファー面談での年収交渉【3つの注意点】給与で首を絞めかねない

転職活動で年収もアップさせたいな・・・
でも交渉したら相手の印象悪くしそう・・・
今回はそんなお悩みを解決します。

(2021年10月24日 追記・再編)

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

今回の記事では、転職活動で年収交渉をしてアップしたいという方へ。

給与・年収交渉をする際に気をつけなければならない点を解説します。

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、自社と他社の「設定の違い」が理解できます。

そしてそれがハードルをあげることを防いであなたを結果的に救います。

 

こんな方にオススメ

  • 年収アップを目指して転職活動をしている
  • 内定を得た後の年収交渉のやり方を知りたい
  • 年収交渉をする場合に注意点があれば知りたい

 

 

オファー面談での年収交渉【3つの注意点】給与で首を絞めかねない

kazutomo-nagasawa.com/alt

転職活動をしていて

  • 「今の年収は絶対に下げたくない」
  • 「年収下がる転職は意味がない」

そう思って年収交渉を考えている方も多いと思います。

 

SNSでも「年収アップを目指して」転職を考える人はとても多いです。

 

 

どちらも気持ちはすごくわかります。

 

 

そもそも年収の交渉をすることはできるのか❓

 

ポイント

結論、できますが「注意」が必要です。

 

具体的な注意点は3番目の項目で解説します。

 

 

この注意点を押さえないと・・・

注意

例え交渉に成功しても、入社後に自分の首を締めることになります。

 

転職活動で年収をあげるということは、簡単に聞こえて実は「とても難しいこと」なのです。

加えて転職での「年収アップ=キャリアアップ」と考える人も多いですが、イコールにならないのも現実です。

 

それは下記の記事で詳しく解説・改善策を買いていますので合わせてお目通しくださいね。

参考記事

転職でのキャリア&年収アップ
転職でのキャリア&年収アップ【イコールじゃない】先に材料を示そう

 

 

参考に、厚生労働省が調査した「転職による賃金増減」での平成27年のデータを見てみましょう。

 

転職で賃金が・・・増加した変わらない減少した
20〜24歳43.6%26.7%24.0%
25〜29歳47.1%20.5%31.5%
30〜34歳44.4%22.2%32.9%
35〜39歳43.3%22.2%33.1%
40〜44歳43.7%21.8%33.0%
45〜49歳36.2%23.7%39.3%

※100%未満部は「不明」回答

 

次に「増加した」「減少した」と答えた人の増減の割合別をみてみましょう。

 

増加した減少した
3割以上増加1割以上  3割未満 1割未満3割以上増加1割以上  割未満 1割未満
20〜24歳7.5%19.4%16.7%2.5%12.8%8.7%
25〜29歳8.2%22.9%16.1%6.3%15.5%9.7%
30〜34歳9.4%20.9%14.2%6.2%17.4%9.3%
35〜39歳8.4%18.6%16.3%9.4%15.6%8.1%
40〜44歳10.0%20.2%13.5%7.9%16.7%8.5%
45〜49歳9.6%17.5%9.0%10.8%17.4%11.2%

※合計100%未満部は「不明」回答

出典平成27年転職者実態調査の概況|厚生労働省|直前の勤め先及び現在の勤め先の状況(表13)

 

 

ここには

  • エージェントによる交渉
  • 個人での交渉
  • 交渉なし

の全てが含まれます。

 

年収が増加した転職者は・・・

だいたい・・・

「30%台後半〜40%台前半」で5割未満です。

3割以上の増加は最大で1割程度。

上がっても1割から3割の間が一番多くなっています。

 

転職で年収が減少した方の数値も24%から39%の割合でありますので、しっかりと把握しておくと良いでしょう。

「少なからずの変動はある」ということが言えます。

 

 

どうしても年収アップの転職を狙うのであれば・・・

ポイント

交渉も含めて「転職分野のプロ」である転職エージェントに任せることをお勧めします。

 

それだけ「年収アップの転職」とは本来難しいものなんです。

 

なぜ「年収アップの転職」が難しいのか❓

次の項目では、ここについて解説しますね。

 

 

check>>ハイクラス・500万円以上の転職なら【JACリクルートメント】 

 

 

年収交渉で給与アップさせることに注意が必要な理由。

kazutomo-nagasawa.com/alt

年収アップの転職が本来難しい理由。

それには下記の2つの要因があります。

 

<年収アップ2つの必須要素>

年収アップを納得させるための「根拠」

その年収で貢献できる「イメージ」を与える

 

 

年収アップを納得させるための「根拠」

同じ職種でも企業によって「賃金テーブル」というものがあります。

在籍年数や役職などで「等級・号俸」が設定されていることがほとんどです。

 

特に異業種への未経験での転職となれば「金額の相場自体」が変わります。

 

ポイント

本来ならばアップを希望するのにあなたが提供できる「それなりの材料(根拠)」が必要です。

 

ただ単に

  • 「今の年収は欲しい」
  • 「年収アップしたい」

だけでは「年収に固執している」と相手の心象を悪くする恐れがあるからです。

 

これだけのことができるから求めている、という明確な材料がまず必要です。

 

その年収で貢献できる「イメージ」を与える
  • 「これまでのキャリア」
  • 候補先企業での業務」

この2つ間に「マッチする部分」を見つけて、貢献できることを「具体的にイメージさせる」ことが必要になります。

 

それがなければ前項と同じように・・・

注意

まだ働いていないのに、仕事内容(義務)より待遇面(権利)を主張しているという印象を与えかねません。

 

面接先企業の業務に「経験を絡めて説明する」という高い技術が求められます。

 

ーー

 

これを知らずにこちら都合での年収交渉をすると・・・

注意

例え成功しても、転職先では「前職より上のポジションの仕事」を求められる可能性も大きくなります。

 

求人情報や転職エージェントからの「相場感の聞き出し」

この必要な情報収集をした上で、後述する「適切なタイミング」での交渉が重要です。

 

転職エージェントは最初から相場の違いなどを熟知して、あなたの活かせるポイントをまとめて上手に企業側に伝えてくれます。

確実に年収アップを狙うのであれば是非活用してください。

 

まだ活動前、交渉段階の前であってエージェントを利用していないのであれば、情報量・サポート歴から下記エージェントは交渉術に長けています。

 

<確実な年収アップ実現なら>

リクルートエージェント:保有求人・非公開求人ともに業界No.1

JACリクルートメント:対応力No.1、若年からハイクラスまで充実

doda:中小エージェントとも提携、その求人は無限大

 

 

その上で次の項目では、「自分で」年収交渉をする際の注意点を解説します。

 

合わせて読みたい

 

 

年収交渉をする際の注意点(単独での転職活動編)

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

自分でハードルを上げないために

  1. 「内定後」の交渉は基本的にしない
  2. 候補先の会社の「賃金テーブル上の自分」を知る
  3. 下限は譲りたくない気持ちは「ちらつかせる程度」に

 

順に解説しますね。

 

1.「内定後」の交渉は基本的にしない

内定が出るまでの選考過程で「希望年収額」は聞かれているはずです。

聞かれていない場合は、

  • 書類に記載の「希望金額」を参考に進んでいる
  • 求人に書かれている「募集要項」通りに進んでいる

という前提にになります。

 

内定が出るとあなたを雇用する条件が書かれた「雇用条件明示書」という書類が出されます。

出されずに承諾するかどうかを迫られた場合は、後でトラブルになるきっかけになるので、必ず書面で提示してもらってください。

 

そしてその書類は、全ての選考の内容を検討した上で出されるもので正式な書類です。

 

注意

これが出された後で記載の年収に対して交渉を行うのは基本NGと考えてください。

 

つき返すということは相手方に正式書類を再発行させるという行為です。

例えうまくあげることができたとしても印象はよくありません。

 

ポイント

交渉は「内定通知からオファー面談実施までの間の1回」がベストです。

オファー面談の場で通知書を受けた後だと「ゴネている」という印象になります。

 

入社後の自分のハードルを自分であげることになり苦しむ原因になることがあります。

そこだけに執着しないで「総合的な判断」を忘れないでください。

 

 

2.候補先の会社の「賃金テーブル上の自分」を知る

選考過程で希望年収の話になった時、一方的に自分の欲しい額を伝えるのではなく・・・

ポイント

現職ではこれくらいでしたが、御社の賃金テーブル上はいかがでしょうか❓

そう聴いてみてください。

 

まず現状の自分が「候補先企業で適切な金額なのか❓」

これを確かめる聞き方をすると相手に対して好印象を与えます。

 

交渉は相手と「意見を合わせる」ことが最終着地点です。

 

最終的に合致せず断るにしても、その場で相手企業の規定を知っておく。

このことで、今後の活動での企業規模感での給与相場を把握することができます。

 

今の企業での給与額が高すぎるのか、そうでないのかが把握できます。

 

 

3.譲りたくない気持ちは「ちらつかせる程度」に

どうしても現職の年収をキープしたいのであれば、下限の金額を決めておきます。

その上で、今回の転職ではそれを「参考」にしていることを伝えましょう。

 

なぜなら・・・

絶対条件にすることで合わなければ「その金額が出せるかどうか」だけで合否判断が出てしまうのを避けるためです。

 

 

ただし、前述の通り企業によって同じ仕事でも賃金テーブルは違います。

 

ポイント

  • 自分がこれまでやってきたこと(過去)
  • 現在身に付いているスキル・資格(現在)
  • それを持って候補先に貢献できること(未来)

これらを明確な根拠にして納得させる「材料」を示すことに注力しましょう。

 

企業がそこに「投資価値あり」と判断すればあなたの納得する金額が提示されるはずです。

 

 

それを下回るということは、

  • その企業ではその額ではもっと上のポジションの仕事をする必要がある
  • その会社での同じ年収の人にスキル的に達していない

そういう判断ということです。

 

 

これが何社も続くようであれば、現職が通常の賃金テーブルではない可能性が高いです。

 

一見、現職が良い企業に思えますが・・・

注意

他社より高い賃金テーブルの中で長く働くと「減額の転職しかできなくなる」ということです。

 

 

それも1つ年齢を重ねるごとに評価は変わっていきますので、シビアな判断を求められます。

もしも交渉、貢献ポイントをうまく伝える自信がない場合は遠慮せずエージェントを頼ってください。

 

私も16年の間で多くの給与交渉をしてきました。

 

 

下記にこれまで当サイトで紹介した推奨エージェントのまとめを贈ります。

プロの交渉力から学べることも多いと思いますので、ぜひ無料で使い倒してくださいね。

 

check>>あなたの希望と適性をマッチさせる高い交渉術【厳選エージェント12+α】

 

 

年収交渉には「材料」と「注意」が必要。売り込む術は何にでも応用できる。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

販売職でも営業職でも何かを販売する時、契約を取る時には

  • 「買う価値(メリット)」
  • 「得られる利益(ベネフィット)」

これらをお客様に説明をすると思います。

 

 

年収交渉も原理は同じで、商品が「あなた自身」になるということです。

自分の辿ってきたキャリアを過去〜現在〜未来で棚卸しして伝える術を身につければ、そのスキルはどこでも通用します。

 

ポイント

いかに相手方に「未来に続くストーリー」をハッキリとイメージさせられるかが勝負です。

 

過去・現在・未来でのストーリーの作り方について、下記記事で詳細に解説しています。

ぜひ一緒にお目通しくださいね。

参考記事

職務経歴書の書き方で差別化
職務経歴書の書き方で差別化【3つのポイント】過去・現在・未来で整理

 

 

エージェントを利用される方は、年収アップを果たした時にはエージェントに「その方法」を聞き出してください。

自分では知り得なかったアピールポイントを得ることができて、違った角度からの物の見方ができるようになります。

 

結果として・・・

金銭面ばかりを前面に出さずに「スキルを材料にした交渉」ができるように必ずなります。

 

私自身もエージェントという仕事を通して、書面の段階である程度その方のアピール方法が浮かぶまでに鍛錬されました。

 

あなたが自身の魅力を存分にプレゼンし、希望の転職が叶うことを心から応援しています。

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたことを【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

 

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

 

「面接」記事一覧へ

 

 

 

-悩み, 転職の悩み, 面接
-, ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.