" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

転職・仕事の悩み

エージェントにブラックリスト入りされる?該当してしまう実例紹介。

エージェントは「業者」だから別に返信する必要ない・・・❓
たくさん登録していいとこだけ連絡取ればいいのかな・・・

 

今回はそんなお悩みを解決します。

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届けしていますので参考にして頂けたらと思います。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

今回の記事では、長年のエージェント経験から、エージェント側にも「ブラックリスト的なもの」が存在することと具体的実例を解説します。

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、どんなことがエージェントに「危機感」を抱かせるかがわかり「転職」もビジネスと同様に考えることができます。

 

 

この記事の内容

  • エージェントにブラックリスト入りされる?該当してしまう実例紹介。
  • エージェントが顧客である求職者をブラックリスト入りするワケ
  • エージェントが求職者をブラックリストに入れてしまう実例
  • 転職活動も「エージェントとあなた」の交流。把握できたあなたの未来は明るい!

 

 

エージェントにブラックリスト入りされる?該当してしまう実例紹介。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

今では大小合わせて数多くの人材企業が乱立しています。

その中でまずはどこに登録するか迷うことがあるでしょう。

そしてどのエージェントを使うか使わないかを迷うでしょう。

 

転職は「情報戦」であって、エージェントが持っている非公開の情報ピンポイントに合致する求人を得るために当サイトは利用を推進しています。

参考記事

【あなたの人生が激変!】
総合力でのオススメ転職エージェント10選【あなたの人生が激変!】
kazutomo-nagasawa.com/alt
業界別・職種別・その他おすすめ転職エージェント!【まとめ記事集】

 

エージェントは個人情報の保護の観点から情報管理は徹底してます。

そこに各社それぞれに進捗状況を共有したりするデータベースソフトを使っています。

 

注意

対応が荒い、言葉が汚い、罵声を浴びせるなど、人としての最低限ができてないとブラックリスト入りしてしまいます。

そこから先はそのエージェントは対応してくれなくなります。

 

 

実際に「ブラックリスト」というリストががあるわけではなく、各社使用しているデータベースソフト内に

注意

その理由とともに「掘り起こし禁止」など、社内の他のエージェントも触れないよう「共有」がされてしまうんです。

 

そうなるとそのエージェント企業は、よっぽどのことがない限り対応しなくなるんです。

 

エージェントの仕事は求職者あってのビジネスなのになぜこのようなことがあるのか?

次の項目で解説しますので一緒に見ていきましょう

 

関連記事

kazutomo-nagasawa.com/alt
転職エージェントが合わない。3つのステップですぐ交代を申請しよう。

 

 

エージェントが顧客である求職者をブラックリスト入りするワケ

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

先日の記事で「クリティカル・コンタクト」という、ファーストコンタクトでエージェントに緊張感を感じさせるテクニックを紹介しました。

参考記事

kazutomo-nagasawa.com/alt
エージェントに良い案件をもらうには?エージェントが緊張感持つ裏技。

 

これはあくまで「エージェントが雑な対応をするのを防止するためのもの」であって、決してあなたがエージェントにイニシアティブを取る目的ではないということをご理解ください。

 

その記事の注意点にも書いたようにエージェントを「仲介業者」と考えて、マウントを取るような態度を求職者がとってしまったら、

注意

エージェントはその人をクライアントに紹介することが、逆に自社の信頼を失いかねないという意識が働きます。

 

要は最初のコンタクトは「お互いを見極める場」でもあるわけです。

そこを間違って認識しないように気をつけてください。

 

関連記事

kazutomo-nagasawa.com/alt
転職エージェントの賢い使い方。大手&それ以外のいいとこ取りを。

 

 

エージェントが求職者をブラックリストに入れてしまう実例

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

ここでは私がエージェント時代に実際に経験した例

交えてどんな人がブラックリスト化されるのかの実例

解説していきます。

 

ブラックリストになる実例

  1. 〇〇しろよという乱暴な態度
  2. 何でも他責にする態度
  3. エージェントに対しての感情的暴言
  4. 嘘の職歴やその他の情報を意図的に隠す
  5. ヒアリングや面接に連絡なく出ない・来ない
  6. その他常識の範囲を逸脱した行為

 

順に解説しますね。

 

1.〇〇しろよという乱暴な態度

これはビジネスとしては合っているのですが、そもそも乱暴な口調で対応する人にはエージェントも警戒心を抱きます。

 

普段は温厚に対応していたとしても、本質にそう言った面を持っていると認識します。

注意

エージェントとの面談は「0次面接」と思って、通常のビジネス対応を心がけましょう。

 

よくあるタイプが

  • それが仕事なんだからいいのを紹介しろよ
  • 案件これしかないなんて使えねーな
  • よくこれで商売やってんな

などおおよそビジネス会話と言えない内容です。

 

エージェントはこの瞬間スイッチがオフになりますので、やりとりの温度は測りながら進めましょう。

 

 

2.何でも他責にする態度

当たり前の話ですがサポートをしても

ポイント

選考を受けるのはあなたです。

 

そこでの評価が選考結果として出るわけなのですが、中にはお見送りの原因をエージェントに全て押し付けて責任とれというような態度の方も中にはいます。

 

エージェントはお見送りであっても、その理由を必ず聞きます。

ポイント

「他責傾向」のある方は、面接でほぼその傾向を見抜かれています。

 

勧めてきたからと言って100%選考通過する保証はありません。

 

「あなた自身が転職するための活動」であることを忘れての「他責な言動」は、全てのエージェント共通で評価を下げてしまうポイントになりますので注意が必要です。

 

 

3.エージェントに対しての感情的暴言

求人案件は季節によってもその数や採用枠が変動します。

 

各クライアント企業も年間計画に沿って決めているので

  • 季節的タイミング
  • 転職回数(募集時に回数制限)
  • 必須要件を満たしていない

など様々なことが要因で、いますぐに提案できる案件がない時があります。

 

それをお伝えしても暴言を吐かれて「金もらってるくせに」など感情的にめちゃくちゃ言われることもありました。

 

ポイント

エージェントが(個人の給与ではなく)紹介報酬を得るのは「求職者の入社が確定した時」です。

サポート自体は無料で行っています。

 

お金の問題はここでは全く関係なく、いますぐにはなくても普通ならば出てくれば、データベースがありますから必ず提案します。

 

注意

「今この瞬間」にこだわって信頼関係を築けないと、転職したとしても先々が読めない人でトラブルを起こすのでははないかという評価になります。

 

本当に気に障る言動がエージェント側にあったのなら、エージェント企業への担当交代を申し入れましょう。

 

 

4.嘘の職歴やその他の情報を意図的に隠す

これは当然のことですが、エージェントは登録された経歴や、ヒアリングで確認した経歴をもとにクライアント企業へ推薦状を作成した上で推薦を行います。

 

ヒアリングの段階で登録情報になかった情報が出てきたり、嘘をついていることがわかった場合は

注意

クライアント企業への紹介が信頼を失うことが考えられるためできなくなります。

特に推薦後にクライアント側でわかった場合などは完全にアウトです。

 

外資系の企業などは、現職または直近に在籍していた企業の上司などに確認する「リファレンスチェック」を行うことが当たり前に行われます。

参考記事

6281

 

これまでの経歴は自信を持って包み隠さず全て伝えましょう。

 

 

5.ヒアリングや面接に連絡なく出ない・来ない

ビジネスは全て「約束(契約含む)」で成り立っています。

会社に入ればそれぞれの就業規則がありますし、ある一定のルールに沿って働きますよね❓

 

そのルールを破れば当然信頼に関わってきます。

 

約束した時間と場所に連絡なく現れない。

注意

これはエージェントの時間を奪う行為です。

そしてクライアント企業の、準備や面接に空けた時間をも奪うことになります。

 

これをすると急病や事故なら別ですが、そうでない場合は一発アウトだと思ってください。

やむを得ない事情がある場合は、どんな形でもいいのでエージェントに連絡するのがビジネスマナーですね。

 

 

6.その他常識の範囲を逸脱した行為

例えば真夜中で電話をいきなり直接かける。

客観的に意味がわからない連続した長文のメールなど

注意

相手の都合を考えない自分本意な行動も避けましょう。

 

過去に会社の問い合わせメールに、読むのに15分以上かかる意味不明のメールを毎日届ける人がいました。

 

注意

こう言った相手の「時間を奪う行為」は双方ともに気をつけなければなりません。

 

なぜなら、それがそのまま仕事面でも出てしまうかもという疑念を抱くことになるからです。

全ての言動は「仕事をする上で」というふうに見ていることを念頭においた対応を心がけてください。

 

 

関連記事

kazutomo-nagasawa.com/alt
エージェントに特別感を与える心理術。最優先させる4大テクニック。

 

 

 

転職活動も「エージェントとあなた」の交流。把握できたあなたの未来は明るい!

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

エージェントは就業・転職のサポート機関ではありますが、AIではなく人間が行っています。

そのためこのブログでも心理学行動経済学を応用した記事も書いています。

関連記事>>心理学応用記事

関連記事>>行動経済学応用記事

 

 

通常はエージェントが求職者の方の心理を察するものですが、あなたがエージェント心理を把握できたらもっと良い関係が築けます。

 

良い信頼関係が築ければ、その後も連絡を取り合って再度転職をするときには、あなたをよく知っているからこそのスキルアップのお手伝いをしてくれます。

 

ポイント

そうするとあなたの人生は、一人で転職活動をするよりももっと豊かなものになっていきます。

 

今後もあなたがエージェントの良い活用法を把握して、色々な角度からあなたの人生が豊かになるお手伝いをしていきます

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたことを【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

【 追記:転職をお考えの方へ 】

転職は「情報戦」です。

一人では知り得ない情報をエージェントはたくさん持っています。

 

非公開求人や企業の内部情報などたくさんの「情報」を判断材料に加えて成功するて転職を実現しましょうね!

 

元プロエージェントが研究したおすすめをした

比較記事を下記に贈ります。

 

あなたの未来が輝くためにも「今」を思いっきり有効活用してくださいね!

 

 

「仕事・転職」記事一覧へ

 

 

-転職・仕事の悩み
-,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.