" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

転職・仕事の悩み

面接がすぐ終わった【不採用か?】面接時間はそれが「あなたへの興味」

面接の時間10分で終わった・・・ダメなのかな・・・
せっかく時間かけて面接に行ったのに、その時間より短いって・・・
今回はそんなお悩みを解決します。

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届けしていますので参考にして頂けたらと思います。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

今回の記事では、相談サイトでもよく目にする「面接の所要時間」について。

これが意味するところ、あなたが持つべき「軸」について解説します。

 

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、心を乱されることなく素早く気持ちを切り替えることができます。

 

 

 

面接がすぐ終わった【不採用か?】面接時間はそれが「あなたへの興味」

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

転職活動で頑張って作った応募書類。

それが選考を通過して面接に呼ばれたら嬉しいですよね。

 

当日までいろいろ研究や対策を重ねて面接に臨むと思います。

なのに行ってみたら5分、10分で終わってしまった!?

 

そんな声が相談サイトやSNSでみられます。

 

 

 

  • 「興味がなかったのか」
  • 「どうしたらよかったのか」

そんな風に悩んでいる様子を見てとても胸が痛みます。

 

しかし結論は残酷ですが・・・

それは・・・

面接の時間は「あなたへの興味」を測るものです。

 

大手企業やメガバンクなどでの新卒の一括採用ならば、面接官は1日に多くの方と合わなければなりません。

そのため短い時間で終わらせるということは確かにあります。

 

しかし「中途採用」となると・・・

  • 自社の求める人材像のマッチ度
  • 求める業務スキルの習熟度

など「慎重に見極める部分」が多くなるので自然と面接時間は新卒の就活より長くなります。

 

 

でも❗️聞いてください❗️

そこに気持ちを乱される必要はありません。

 

落ち込む必要なしです!

あなたがその会社まで行くのに「かけた時間」。

これよりも短い面接時間の会社はこちらから見切ってOKです。

 

次の項目でその理由について解説します。

 

関連記事

kazutomo-nagasawa.com/alt
こんな面接は途中で帰る!打ち切ってでも時間ロスを回避するポイント。

 

 

面接がすぐ終わるような会社をこちらから見切る理由。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

私も面接官の立場で数百名もの方の面接を経験したことがあるのでよくわかるんです。

 

中途採用の面接ですぐ終わらせること・・・

会社として・・・

わざわざ来社してくれた客に対して失礼すぎます。

キレられてもおかしくないでしょう。

 

来社してくれる応募者の方は貴重な「往復の交通費」と「会社までの時間」を割いてくれています。

そこに「感謝」が表せないような会社は、入社しても幸せになれる確率は低いです。

帰りの見送りなども来訪者への礼儀なので、感謝の気持ちを持っているかどうかをここで見ることもできます。

 

 

もしも面接をあっという間に終わらせ見送りなどの礼儀もない会社だったら・・・

運が良かった!

そんな失礼な会社だと事前にわかって良かったと切り替えましょう。

変な会社に捕まらず「セーフ」だったんです。

 

これは活動において大きな収穫と言えるでしょう。

もし知らずに入っていたら・・・。考えるだけで恐ろしい。。

もう1度転職活動をする必要が出たかもしれません。

 

 

なぜだろう❓

しかし、なぜ呼んでおいて短時間で終わらせるのか❓

理由がある場合もあるんです。

 

 

どちらにしてもダメなんですけどね。。。

理由を知っておくだけで気持ちの切り替えが早くなります。

 

次の項目で、どんな「ケース」があるのか❓

ここの例をエージェント時代に色々な採用担当と接した経験から紹介します。

 

関連記事

kazutomo-nagasawa.com/alt
転職活動の面接の手応え。結論:その手応えは全くアテになりません。

 

 

面接がすぐ終わってしまうことに「理由」があるケース。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

どれもNGですが・・・

  1. すでに採用する人が決定していた
  2. 企業規模が大きく面接の母数が多い
  3. 人事担当の体調不良
  4. あなたに理由があるケース

 

順に解説しますね。

 

1.すでに採用する人が決定していた

あなたの面接が終盤に組まれていた場合に可能性があるケースです。

 

あなたのせいではない

先に選考が進んでいた中で、採用する人が決まった

採用枠の人数が埋まってしまったというケースです。

 

そのため、その後の面接は消化する形をとっている。

こんな失礼なことはないです。

 

「縁」とはいつどこで繋がるかわかりません。

今回はたまたまご縁がなかったけれど、

  • その会社の取引先に入社
  • 同業他社で規模の大きい所に入社

など、直接・間接的に関わることもあるかもしれない。

 

 

ポイント

人事は「企業の顔」です。

雑な対応は「会社が雑」と見られることを覚悟しなければダメです。

 

その人事が通常通りの面接をしていたら「採用者が入れ替わっていた」かもしれない。

そのチャンスをみすみす逃したわけです。

 

面接に呼んだ全ての人に同じ対応ができなければ人事失格ですね。

 

 

2.企業規模が大きく面接の母数が多い

このケースは必ずしも「短時間=不採用」に繋がらないケースです。

 

あなたが応募した会社が大手だった場合に考えられるケースです。

  • 人気があって応募も多い
  • なおかつ採用人数の枠も多い

こんな場合です。

 

待ってみるのもアリ?

1次選考の時間を短縮するというケースです。

 

それだったら「リモート面接」でいいですよね❓

わざわざ身なりを整えて来社させる必要はありません。

 

しかし、逆に短縮しながら

  • 「社風に合うか❓」
  • 「印象はどうか❓」

などで見ている可能性もあるので、絶対に不採用かというと、そうでもないのがこのケースです。

 

 

大手だった場合は結果を待って検討するのもありです。

もちろん、対応が雑だった場合は大手であろうと「あなたが選ぶべき」です。

 

でもリモート、オンラインでいいですよね。。。

 

 

3.人事担当の体調不良

これは私がエージェント時代、訪問した会社の採用担当で実際にあったケースです。

その担当はその日、体調を崩していました。

私も事前にアポをとって、前日にはメールで翌日伺う旨の連絡をしています。

 

その上で訪問したら・・・

え?今言います?

今日はちょっと体調が悪いので手短かでお願いします。と言われました。

 

それだったら前もって言ってもらえれば日程を変えたり、オンラインにしたり、対応できたのに。。。

それよりも相手に移してしまうかもしれない。とは思わなかったのか❓

かなり時間を無駄にした気分でした。

 

 

ポイント

面接担当は1人ではないはずです。

体調が悪そうな面接官が雑に対応したら見切りましょう。

この対応は「話にならない」ケースです。

 

 

人材業界で長く働いていると、いろんな人を見ます。

こういった「企業の顔」であることすら認識できていない採用担当は悲しいことに多いのも事実です。

 

そのためにこういう情報を得て、正しい選択をするのに役立てていただけたらと思います。

 

エージェントはこういうところを見逃さず、求職者の方には提案しません。

そういった「生きた情報」を得ることが「成功する転職」を決める秘訣です。

 

そのために多くの情報を得てくださいね。

登録推奨のエージェント紹介記事を下記に贈ります。

参考記事

【あなたの人生が激変!】
総合力でのオススメ転職エージェント10選【あなたの人生が激変!】

 

 

4.あなたに理由があるケース

せっかく面接する側が時間を十分に取っていても、あなたと少し接して「これはダメだ」と短時間で切り上げられるケースもあります。

私が面接官として経験したそのトップ3は以下のケースです。

 

<あなた側が理由で面接がすぐ終わるケーストップ3>

  • 身だしなみに清潔感がない
  • 基本的な挨拶や礼儀ができない
  • 提出された応募書類が汚れている

 

身だしなみに清潔感がない

癖毛ではなく明かな寝グセや、スーツならあまりにもだらしないスタイル。

私がいた業界は人前に出る仕事が多かったので、最初の印象で明らかに清潔感に欠ける場合は面接はすぐ終わらせることも多くありました。

 

出かける前に鏡で自分を見て身だしなみは最低限整えておいてください。

 

基本的な挨拶や礼儀ができない

面接官はできるだけその人が分かるようにカジュアルな雰囲気を作るよう心がけています。

しかし最初の挨拶ができない、初対面のお客様を想定した時に失礼に当たると判断した時は面接もすぐ終わらせることがありました。

 

ここの部分は最初の会社でしっかりと身についていることが中途の転職では求められますので、面接の時間内と帰宅の道中は気をつけていきましょう。

 

提出された応募書類が汚れている

これも私が面接官の時に実際にあったケースです。

明らかにコーヒーをこぼしたであろう書類をそのまま提出した方が何名かいました。

 

応募書類は正式な書面で、取引先との関係でいえば「提案書」「企画書」と同等のもの。

それをそのまま取引先に提出できるでしょうか?

また個人情報なので企業側も慎重な扱いを求められます。

 

そういった「重要書類」という意識がないと管理能力を疑われますのでクリアファイルなどに入れて整った形で提出してください。

 

 

面接がすぐ終わっても「お互い」が見極める場。「選ぶ立場」になって明るい未来を。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

前の項目で面接が短時間で終わってしまう可能性を解説しました。

でも、どんな理由であれ、来社してくれた方が気分を害するような対応は企業としてNGです。

 

今一度、「面接」がどういうものかを確認しましょう。

 

ポイント

面接とは、対面やオンラインでお互いに「見極める」場です。

一方的に評価をつける場ではありません。

 

人気漫画「鬼滅の刃」に登場する冨岡義勇も言っていましたね。

「生殺与奪権を人に握らせるな」と。

 

どうしても転職活動では、企業側が立場が強いと思われがちですが違います。

自分の人生ですから、自分が決めていいんです。

 

ポイント

その「軸」を持って、人事という企業の顔をよく見て、自分が身をおくべき会社かを見極めてください。

 

 

「あなたが選んだ会社」で、あなたが毎日をイキイキと働くことを心から応援しています。

 

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたことを【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

 

【 追記:転職をお考えの方へ 】

転職は「情報戦」です。

一人では知り得ない情報をエージェントはたくさん持っています。

 

非公開求人や企業の内部情報などたくさんの「情報」を判断材料に加えて成功するて転職を実現しましょうね❗️

 

元プロエージェントが研究したおすすめをした

比較記事を下記に贈ります。

 

あなたの未来が輝くためにも「今」を思いっきり有効活用してくださいね❗️

 

おすすめ記事

【あなたの人生が激変!】
総合力でのオススメ転職エージェント10選【あなたの人生が激変!】
kazutomo-nagasawa.com/alt
業界別・職種別・その他おすすめ転職エージェント!【まとめ記事集】

 

 

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

3つクリック投票いただけたら嬉しいです。

サイドバーのトップにも設置しています。

 

 

 

「転職・仕事」記事一覧へ

 

 

-転職・仕事の悩み
-, , ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.