" />
週休2日の嘘

求人 転職の悩み 転職サイト

週休2日の嘘はあり?【年間休日に注目して】多くの休日の確実な入手法

週休2日制の会社なのに土曜出勤じゃん・・・
週休2日って毎週土日休みじゃないの・・・❓
今回はそんなお悩みを解決します。

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

今回の記事では、週休2日の会社なのに週1日しか休みがない。

「週休」の間違えやすいポイントとたくさんの休みを得る方法を解説します。

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、過酷な労働環境になることは絶対ありません。

それどころか仕事とプライベートを両立して人生を楽しく過ごすことができます。

 

 

<こんな方にオススメ>

今の会社が週休2日と嘘をついている

週休2日と完全週休2日の違いを知りたい

休みが全然ないのでしっかり休める会社に転職したい

 

 

週休2日の嘘はあり?【年間休日に注目して】多くの休日の確実な入手法

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

転職活動をするにあたって

  • 土日休みの会社がいい
  • カレンダー通りに休める会社がいい

多くの方がこう思っているはずです。

 

休みは多い方がいいですもんね。

しかし、新しい職場を選ぶときにはこの「休日」の表記については色々と注意しないと後悔が待っています。

 

 

週休2日制は「毎週2日の休み」を約束していない。

多くの人がここの認識を間違えているか、完全週休2日制との違いを理解していないために入社後、

週休2日じゃないじゃん❗️

このような状態になります。

 

ここで大きなポイントとなるのが・・・

ポイント

「週休2日制」=毎週2日休みではないということです。

 

 

労働基準法第35条1項、2項の「休日」の項目では休日は以下のように決められています。

 

<労働基準法35条「休日」>

  1. 使用者は労働者に対して毎週少なくとも1回の休みを与えなければならない。
  2. 前項の規定は、4週間の間に4日以上の休日を与える使用者については適用しない。

出典e-GOV法令提供システム

 

法律では最低「4週4休」であれば違法ではないんですね。

 

 

転職をすでに経験されている方はご存知の方も多いかもしれません。

しかし

  • 初めて転職をする方
  • 完全週休2日制の会社にしかいたことがない方

こういった方が確認をせずに転職をして、入ってから気づくというケースも少なくありません。

 

 

完全週休2日制と週休2日制の違いを確実に把握

ここで「週休2日制」「完全週休2日制」に内容と違いを確認しましょう。

 

<週休2日制とは>

1ヶ月の間に、2日間の休日がある週が1回でもあれば良いことを指します。

つまり第1週が土日休みであれば、第2週から第4週は日曜のみでも違法ではありません。

 

<完全週休2日制とは>

年間を通して毎週2日間の休日があることを指します。

毎週土日が休みの会社を選ぶなら完全週休2日制を選ぶことが大前提です。

 

 

完全週休2日制でもまだ確認する部分があります。

 

注意ポイント

祝日がある場合は土曜出勤をさせても違法ではないこと。

業種によっては必ずしも土日ではなくシフト制で2日間のところもあること。

 

このことから「カレンダー通りの休み」を希望する場合は・・・

ポイント

「完全週休2日制」で、なおかつ「土日祝休」の表記があること。

これを必ず確認をすることを徹底しましょう。

 

 

次の項目では、休日に関する間違った認識が起こりやすい理由と背景について説明します。

 

kazutomo-nagasawa.com/alt
転職先の人間関係が不安【超カンタン】事前に知る方法を公開します。

 

 

週休2日制が嘘だと感じてしまう理由とその背景

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

週休2日の内容をわかりやすくするために、私たちが普段から使っている

「平日」「休日」「休暇」

この3つについてその定義をおさらいしてみます。

 

平日・休日・休暇の違いを確認

あまり意味について深く考えたことがないかもしれないこの3つの意味を再度確認しましょう。

 

<3つの定義>

平日:普通の日。日祝祭日以外の日。最近は土曜日も除くことがある。

休日:休みの日、または日曜日や国家の定めた国民の祝日

休暇:会社などで日曜・祝日以外で欠勤扱いにならない休み

出典コトバンク

 

ここで何かに気付きませんか❓

 

平日に「最近は土曜を除くことがある」という表記。

そして休日に「土曜日」の文字がない。

 

そうなんです。

ここが認識を間違うポイント

土曜日は原則として「休日」に含まれていないんです。

 

もちろん会社が休日に定めていれば別ですが

  • 「週休2日制」での日曜のみの休み
  • 「完全週休2日制」での祝日の代わりの土曜出勤

これが違法にならないのはこのためなんです。

 

 

土曜日が休日だと思い込んでしまう背景

40代の私の時代では土曜も学校がありましたが今では土曜日はお休みですよね。

その流れで「土曜日=休日」という認識が出来上がっている背景があるんです。

 

 

もう1つ。

ポイント

カレンダーで土曜日が「青色」で日にちが書かれている。

これも「土曜日=休日」の考えになる原因にもなっています。

 

 

カレンダーで土曜を青色で印刷するようになったのは1972年の「オイルショック」が関係しています。

コスト節約のために「土曜を休業」にする会社が増え1974年から青色で印刷し始めたことに起源があります。

 

これを境に「週休2日制」が少しずつ増えていきました。

 

<週休2日への以降の流れ>

  • 一般企業:1972年以降に順次移行
  • 国家公務員:1992年に完全移行
  • 公立学校:2002年に完全移行

出典こよみの学校

 

 

このような背景からも土曜日=休日という認識が出来上がった。

そしてそれが週休2日について混乱する原因になってしまった訳です。

 

 

  • 土曜日が「休日ではない」こと。
  • 「週休2日」は月に1回でもあれば表記できること

この2つに気をつけて転職先を選ぶ必要があることがわかりました。

 

 

次の項目では、

  • 私の転職エージェントとしての経験
  • 私自身の5回の転職の経験

ここから、カレンダー通りの休日とその他の休日が多い会社を選ぶための方法を教えます。

 

kazutomo-nagasawa.com/alt
休みも仕事が頭から離れない【答えは出ない】概念を変える3つの思考

 

 

週休2日の嘘を気にせず休みの多い会社を見つける方法

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

ポイントをずらす

  1. 「年間休日」に注目する
  2. 転職エージェントを利用し確認する

 

順に解説しますね。

 

1.年間休日に注目

休みをしっかり取れるとことと考えると「週休」に目が行きがちです。

もっと大きな視点からみてみましょう。

 

「ポイントずらし」

その方法は・・・

ポイント

待遇面の欄にある「年間休日」に注目してください。

 

以前、Twitterのフォロワーさんに「年間休日105日って少ないですか❓」と相談を受けたことがありました。

ここでわかりやすい例をあげます。

 

<年間休日105日の実情>

  • 1年間は52週
  • 毎週土日休みとして「52週✖️週2日」=年間休日104日
  • 年間休日105日ということは土日以外に休みが1日しかない

 

あなたはこれをどう思いますか❓

 

ゴールデンウィーク、夏休み、冬休み、年末年始休み。

これらがないことになり超絶ブラックです。

 

メモ

私の新卒企業は販売職で実質月3日〜5日の休み、夏に4日連続休み、8月は月10日休み、年末年始も仕事。

実質年間休日は60日ほどでした。

 

 

もし待遇面に書いてなければ絶対に確認することをオススメします。

濁す会社は危ないですね。

 

ポイント

年間休日は「120日以上」が「完全週休2日制+土日祝休み」と合わせての1つのラインです。

 

基本休日と祝日別の基準

いわゆる祝日と呼ぶ「国民の祝日」は1年で16日間です。

 

メモ

2020年と2021年はオリンピックもあり少しイレギュラーでした。

 

 

<多いパターンの一例>

  • 1年52週✖️土日(104日)
  • 年間の国民の休日(16日)
  • ゴールデンウイーク(5日)
  • 夏季・冬季休暇(合計4日)
  • 年末年始休暇(6日)

これで年間休日135日です。

 

夏季・冬季休暇は有給と合わせて取るので各1日ずつという会社もありますが・・・

ポイント

年間休日は「130日」あればしっかり休みを取る会社と言えます。

 

 

2.転職エージェントを利用し確認する

休みの多い会社への転職を実現するもう一つの方法は・・・

ポイント

転職エージェントを利用し確実に確認をしてもらうことです。

 

私も16年間エージェントをしていて求人票に書かれていない時は必ず企業に「前年実績」を確認していました。

 

エージェントは「転職希望の方の疑問をなくす」ことも仕事です。

なので確認をお願いすれば、曖昧にせず必ず回答をもらってくれるので聞いてくださいね。

 

 

自分で確認するのももちろん良いのですが注意点として・・・

注意

働く前から「休日」「給料」「福利厚生」のことばかり聞くのは相手の印象を落とす可能性があります。

 

「権利と義務」の観点から

  • 仕事内容に関する質問を「義務について」
  • 待遇面に関する質問を「権利について」

とすると、面接では「義務について」の質問をしたほうが意欲のアピールになります。

 

でも「権利について」も聞きたいですよね❓

 

ポイント

そこをエージェントに任せるという「分業制」を取るのが上手な確認方法です。

 

 

エージェントは求人の紹介や面接のサポートだけが仕事ではありません。

こういった「交渉」にも非常に優れています。

 

まだエージェントサポートに登録してないという方は無料ですのでいくつか登録して合うエージェントを見つけてくださいね。

 

<疑問の払拭はプロにお任せ>

リクルートエージェント:保有求人・非公開求人ともに業界No.1

JACリクルートメント:対応力No.1、若年からハイクラスまで充実

doda:中小エージェントとも提携、その求人は無限大

総合力 オススメ転職エージェント
総合力でのオススメ転職エージェント12選【あなたの人生が激変!】

 

 

週休2日が嘘?という疑問。正しく晴らしてワークライフバランスの取れた人生に!

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

以前の記事では「求人サイトの内容を信じるな」と書きました。

いい求人の見つけ方
いい求人の見つけ方【検索しない転職】求人サイトの内容は信じるな

 

注意

自分で検索できる求人サイトは企業がお金を出した「広告」です。

 

 

私自身が16年のエージェント人生で何千人という方をサポートしました。

そのことからエージェント利用を勧める大きなポイントは・・・

ポイント

エージェントだけが持つ

  • 全体の7割にもなる「非公開求人」
  • 絶対に表に書かれない「企業の内部情報」

 

これらを得るか得ないかで「転職した向こう側の人生」が大きく変わります。

 

 

調査では転職活動でエージェントを利用する人はわずか18%です。

残り82%の「情報弱者」のまま安易な転職をせず「人生を豊かにする転職」を実現してください。

 

 

当サイトでもオススメする転職エージェントサポートを利用したあなたの人生が長く輝き続けることを心から応援しています。

 

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたことを【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

 

【 追記:転職をお考えの方へ 】

転職は「情報戦」です。

一人では知り得ない情報をエージェントはたくさん持っています。

 

非公開求人や企業の内部情報などたくさんの「情報」を判断材料に加えて成功するて転職を実現しましょうね❗️

あなたの未来が輝くためにも「今」を思いっきり有効活用してくださいね❗️

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

3つクリック投票いただけたら嬉しいです。

サイドバーのトップにも設置しています。

 

 

「転職サイト」記事一覧へ

 

 

 

-求人, 転職の悩み, 転職サイト
-, , , , ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.