【社内ニート】パワハラ・いじめです!辛いの我慢せず〇〇で変える!

※本ページはプロモーションが含まれています

仕事の悩み 環境

【社内ニート】パワハラ・いじめです!辛いの我慢せず〇〇で変える!

仕事を渡されず完全に社内ニート状態だ・・・
今回はそんなお悩みを解決します。

 

<この記事を書いている人>

◆ 転職エージェント歴16年&自身も5回の転職を経験。

◆ 転職系の企業メディアの監修・コラム寄稿も実績あり。

ブログ村、FC2ブログランク「転職」カテゴリ1位継続中。

Twitterアカウントはこちら

 

今回の記事では、近年増加している望まぬ「社内ニート状態」。

今増加する背景とすぐにとるべきシンプルな3つのステップを解説します。

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、無能な上司に貴重な時間を奪われず、成長できる環境に身を置くことができます。

 

ランキング
【2024年最新】第二新卒・短期離職向け転職エージェント15選+α
【2024年最新】第二新卒・短期離職向け転職エージェント15選+α
ランキング
【2024年最新】総合力オススメ転職エージェント13選+α
【2024年最新】総合力オススメ転職エージェント13選+α

 

こんな方にオススメ

  • 仕事を振られず会社でやることがない
  • 何を聞いても流されて毎日が過ぎるのが遅く辛い
  • まるで自分が居ないかのようで必要とされていない

 

【社内ニート】パワハラ・いじめです!辛いの我慢せず〇〇で変える!

【社内ニート】パワハラ・いじめです!辛いの我慢せず〇〇で変える!

社内ニートはれっきとしたパワハラ行為

  • 理由もわからず仕事が与えられない。
  • やることを聞いても流され放置される。
  • 出社しても仕事がなく時間が過ぎるのが長い。

今あなたはこんな悩みに陥っていませんか?

この状態を今、世間では「社内ニート」と言う言葉を使っています。

 

注意

現在、望まないのに「社内ニート状態」にされている人が増加しています。

 

私は日々、仕事や転職についての悩みを解決するためのリサーチを行っています。

その中で、相談サイトへのこの種類の投稿を目にしました。

 

社内ニート状態に苦しむ相談1

社内ニート状態に苦しむ相談2

出典Yahoo!知恵袋

 

恐る恐るSNSで「社内ニート」でキーワードを検索するとかなりの数が出てきたのに驚きました。

下記はその本の一部です。

 

下記では休職して転職は決まるのか?活動していいのか?について解説していますので合わせてご参照くださいね。

参考記事
【休職中】転職決まった?活動していいの?心配事をなくして前向きに
【休職中】転職決まった?活動していいの?心配事をなくして前向きに

 

社内ニート状態で若さを無駄にしてはいけない

結論から言います。

ポイント

これは明確なパワハラ・モラハラで小学生レベルのいじめです。

そこにいてもあなたの成長に1ミリも役に立ちません。

すぐにでも転職で環境を変えることをお勧めします。

 

上司や先輩がマネジメントが下手とかいうレベルじゃありません。

部下・後輩の指導も仕事なのに完全な「職務放棄」でしかありません。

 

なのに悲しいことの前述の相談やSNSのように「社内ニート状態」というのが増加している現実があります。

 

なぜこのようなことが増えているのか?

次の項目で、その背景について解説します。

check>>ブラック企業排除の求人でホワイト転職を【第二新卒エージェントneo】

 

参考

直接的な言動でのパワハラや気分屋上司に悩む方は下記も合わせてご参照くださいね。

参考記事
【気分屋の上司】パワハラ・機嫌に振り回される!実践的な付き合い方
【気分屋の上司】パワハラ・機嫌に振り回される!実践的な付き合い方

 

社内ニートはパワハラです。今社内ニートが増えている背景

社内ニートはパワハラです。今社内ニートが増えている背景

社内ニートのほとんどが本人に非がないもの

そもそもニートという言葉はいつから出てきたのでしょうか?

調べてみると1990年代にイギリスから「ニート」と言う言葉が発生し広がったんです。

 

ニートとは

ニートというのは「Not in Education,Employment or Training」の頭文字をとったものです。

教育、労働、雇用の訓練を受けていない者という意味を持っています。

 

日本では主に、18歳から34歳までの勤労意欲なく働いていない人を指します。

何でこの年代に限っているのかは不明ですが、大枠はそういう定義になっています。

 

< 社内ニートの定義 >

  • 会社に雇用されているのに
  • 社内で仕事を全く与えられず
  • 時間を持て余してしまう状態

これが「社内ニート状態」と呼ばれています。

 

この言葉には二面性があり、自ら進んでなる・なりたい人もいるようですが、今回は望んでいないのにそのような状況におかれた方へ贈ります。

社内ニートを望む方もそれが「数年単位」で続くこと、その結果年齢だけ重ねて何も残らないことを考えてもらえたらと思います。

 

このような状況になる背景には・・・

注意

  • コロナ禍で業績が落ちた
  • あなたのミスや何かを根に持っている
  • 単なる上司の性格的なものや好き嫌い

こう言った内容があり「本人自身に非がない」ケースばかりです。

 

社内で孤立状態にさせて精神的苦痛を与える行為は立派なモラルハラスメントです。

労働基準監督署に通告すれば一発アウトな内容です。

 

社内ニートを作る会社に成長の機会はない

こんな状況におかれ、それに慣れてしまったら成長は止まってしまいます。

そんな環境はすぐに変えないとあなたのやる気も下がり、離れられなくなります。

こんな状態にして心が痛まない人間の元にいてもあなたのためになりません。

貢献も不要です。

 

前述のような労基署にいうのも手段ではありますが、辞める会社のことにあなたの時間を使うのは無駄です。

ポイント

その状況を逆手にとって転職活動をしましょう。

そうすれば早ければ1ヶ月で新しい環境へ移ることも可能です。

 

動き出すなら1つでも年齢が若い方がいいので、今すぐがベストです。

次の項目であなたがすべきシンプルな3つの流れを解説します。

check>>時間短縮で面接。多くの社風を見極める【書類選考なし求人】専門サポート  

 

参考

最近はこのような一見そうなのかわからない「サイレントパワハラ」が増えています。

詳しくは下記記事をご参照ください。

参考記事
【サイレントパワハラ】上司に精神を追い詰められる。本人は気づかない
【サイレントパワハラ】上司に精神を追い詰められる。本人は気づかない

 

社内ニート=パワハラから転職!成長できる環境への脱出

社内ニート=パワハラから転職!成長できる環境への脱出

すぐにこのプロセスを!

  1. プロへのサポート依頼と現状ヒアリングをする
  2. 現状を踏まえた「成長できる環境」を一緒に選ぶ
  3. 希望する会社から内定を得て退職を伝える

 

順に解説しますね。

 

1.プロへのサポート依頼と現状ヒアリングをする

プロへのサポート依頼と現状ヒアリング

今まさにこの状態で辛い思いをされている方は、精神的な苦痛で正常な判断ができないことも考えられます。

その状態で一人で転職活動をする事はさらにあなたを心的に追い詰める環境を掴んでしまいかねません。

 

ポイント

転職は将来に影響する大事な「ライフイベント」です。

その道のプロに協力を依頼しましょう。

 

私も長く携わり多くの方をサポートしてきた「転職エージェントサポート」です。

存在はご存知かもしれませんが、エージェントは多くの「非公開求人」「企業の内部情報」を持っています。

メモ

「求人サイト」は企業がお金を出した「広告」です。

リアルな内部情報はそこには書かれないので、広告を手段にしない採用をしている企業をエージェントに教えてもらってください。

今はリモートでもヒアリングを行なっています。

 

同じようなところに当たらないためにも、「情報」を駆使して成長できる環境を見つけましょう。

無料登録してエージェントとの「ヒアリング」を行ってください。

check>>事前に会社の内部情報を教えてもらおう【厳選エージェント13選+α】

check>>新卒時の情報不足を取り戻す【第二新卒エージェント15選+α】

 

< 転職は情報戦 >

doda:中小エージェントとも提携、その求人は無限大

マイナビエージェント :対応スピード・求人カスタマイズともに業界No.1

第二新卒エージェントneo:ブラック徹底排除&一人10時間のサポート

 

2.現状を踏まえた「成長できる環境」を一緒に選ぶ

現状を踏まえた「成長できる環境」を一緒に選ぶ

今の環境はとても正常と呼べるものではありません。

管理職の性格に問題があるとしか思えません。

注意

管理職次第で定着率が変わり、長期的に見て会社は衰退します。

 

あなたがどれだけの事を身につけているかで、

  • 教育、指導がしっかりしている体制
  • 自由な裁量で社員の自発性に任せる体制

そう言った「社風(カルチャー)」を重視しましょう。

 

今のあなたの気持ちを素直にエージェントに伝えれば、それを汲み取って今後の成長が見込める求人を提示してくれるでしょう。

もちろんそこにあなたの希望も伝えていきましょう。

 

この「エージェントと一緒に選ぶ」という作業。

これは・・・

ポイント

今まで仕事を望みながら振られなかったあなたにとって、メンタルを回復することにも繋がります。

 

どんどん意見交換して、多くの会社と面接を通して出会ってください。

相性は必ず面接の場で表れるので、見逃さないようにしてくださいね。

 

3.希望する会社から内定を得て退職を伝える

希望する会社から内定を得て退職を伝える

働きながらの単独での転職活動では、自分で求人を探すため早くても内定まで3ヶ月かかるのがスタンダードです。

しかし、エージェントを利用することで・・・

ポイント

  • 良い環境の求人提案
  • 応募書類の作成と添削
  • 面接日程を代わりに調整
  • 事前の面接の傾向と対策
  • 内定後の雇用条件の交渉

ここまで全てあなたの代わりに行ってくれます。

 

働きながらでも最短1ヶ月での内定も獲得できます。

そうして希望するところから、希望通りの条件で内定が得られたら現職に退職届を叩きつけてやりましょう

法律上は退職届に書く「退職日」は最短2週間後の日付でいいので、引継ぎすることがなければ最短で記載しましょう。

 

ポイント

振り返る必要はありません。

引き留められても表面上です。

 

今までのうっぷんを次の環境で思い切り晴らして成長しましょうね!

< 転職は情報戦 >

doda:中小エージェントとも提携、その求人は無限大

マイナビエージェント :対応スピード・求人カスタマイズともに業界No.1

第二新卒エージェントneo:ブラック徹底排除&一人10時間のサポート

 

社内ニートのパワハラ環境から転職。尊敬できる人の元で活躍!

社内ニートのパワハラ環境から転職。尊敬できる人の元で活躍!

この「社内ニート状態」が増加する背景には・・・

注意

会社の

  • 管理職の「教育」不足
  • 管理職の「能力」不足

があります。

 

管理職という名前なら、社員一人ひとりに目を配り、心を配り、道標となるポジションです。

残念なことに世の多くの管理職は、その責任を「権力と勘違いしている人」が多いんです。

 

部下は上司を選べません。

会社が気づかなければ優秀な人材がどんどん辞めてしまうでしょう。

 

そんな会社、上司にあなたという優秀な人の貴重な「人生の時間」を奪われるなんてもったいないですよね?

 

エージェントと相談しながら、「尊敬できる人」の元で仕事の能力と共に「人間性」も磨いて、部下から信頼される上司になってくださいね。

そんな姿に成長されるのを心から願っています。

 

参考

落ち込む心を穏やかにして仕事をするための5つの考えを下記で解説しています。

合わせてご参照くださいね。

参考記事
【5つの考え】心穏やかに過ごせる仕事へ。うつやHSPも個性です。
【5つの考え】心穏やかに過ごせる仕事へ。うつやHSPも個性です。

 

 

ランキング
【2024年最新】第二新卒・短期離職向け転職エージェント15選+α
【2024年最新】第二新卒・短期離職向け転職エージェント15選+α
ランキング
【2024年最新】総合力オススメ転職エージェント13選+α
【2024年最新】総合力オススメ転職エージェント13選+α

 

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を継続しています!

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

就職・アルバイトランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

「仕事の悩み」記事一覧へ

 

 

 

 

 

-仕事の悩み, 環境
-, ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.