" />
【転職】仕事量と給料が見合わない!動くかどうかの3つの判断方法!

仕事の悩み 環境

【転職】仕事量と給料が見合わない!動くかどうかの3つの判断方法!

仕事量に給料が見合わないよな・・・
もっと給料いいところに転職しようかな・・・
今回はそんなお悩みを解決します。

 

<この記事を書いている人>

◆ 転職エージェント歴16年&自身も5回の転職を経験。

◆ 転職、うつ、エージェント経験から読む方の転職・人生を豊かにします。

◆ 転職系の企業メディアの監修・コラム寄稿も実績あり。

ブログ村、FC2ブログランク「転職」カテゴリ1位継続中。

Twitterアカウントはこちら

 

今回の記事では、仕事量と給料額が見合わず転職しようか迷う方へ。

行動する前のチェックポイントと必要事項をお伝えします。

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、社会の大海原で情報迷子にならず「納得」の転職ができます。

 

ランキング
【2023年最新】総合力オススメ転職エージェント13選+α<迷う時間を無くす>
【2023年最新】総合力オススメ転職エージェント13選+α<迷う時間を無くす>
ランキング
【2023年最新】第二新卒・早期離職専門転職エージェント15選+α
【2023年最新】第二新卒・早期離職専門転職エージェント15選+α

 

こんな方にオススメ

  • 仕事量が多い割に給料が少ない
  • 仕事が増えても給料は一向に上がらない
  • 同じ仕事量でもっと給料の良いところに転職したい

 

【転職】仕事量と給料が見合わない!動くかどうかの3つの判断方法!

【転職】仕事量と給料が見合わない!動くかどうかの3つの判断方法!

仕事量と給料の格差が表立って取り上げられることは少ない

結構な仕事量を毎日頑張ってるのに給料が見合わない。

そう感じて、積み重なった結果として「転職」を考える人は少なくありません。

 

特に言われるのが

  • 介護士や保育士などの福祉職
  • 医療現場などで働く専門職

この職種での待遇改善が国会でも話題になるなどしています。

 

しかし医療・福祉系の職種以外では各企業に任されているのが現状。

仕事と責任ばかりが増えて給料が上がらない!

そんな声も多く聞かれます。

 

 

給料が見合わないからと無計画に動くのは危険

仕事と給料が見合わないと思う人の多くはチャンスがあれば転職しようと考えていると思います。

 

ただし・・・

何も考えずに行動に移すのは危険です。

  • 転職すれば良いのか?
  • 給料が上がれば済むのか?

と言ったら実際はそうではないはず。

 

そこに絡む

「人間関係」

「評価方法」

「福利厚生」

などくっついてくるこれらの問題。

 

ここにも目を向けておかないと「負のループ」に入りかねません。

 

ポイント

そのために今のうちにしておいて欲しい「3つのチェックポイント」があります。

そのポイントをお伝えします。

 

一体何をチェックしておけばいいのか?

なぜ今からチェックしておく必要があるのか?

 

次の項目でそこを解説しますね。

 

関連記事
【仕事】幸福度の高い仕事の条件。年収とは無関係な3つのポイント
【仕事】幸福度の高い仕事の条件。年収とは無関係な3つのポイント

check>>的確なアドバイザー+給料25万円以上の厳選求人【キャリアスタート】 

 

仕事と給料が見合話ないと動く前に「チェック」すべき理由

仕事と給料が見合話ないと動く前に「チェック」すべき理由

給料を上げる転職の「意味」を知る必要性

これは誰にでもあり得ますが、数年同じ会社で働くと「外の世界」が見えづらくなります。

特に新卒で入った会社なら他を全く知らない、見聞きした程度の状態です。

 

そのためにこれからお伝えするチェックポイントで「あること」を確認します。

 

それは・・・

あなたの「転職に対する覚悟」です。

ちょっとカタい言い方ですけど要するに今の考えが転職に向かうべきものかどうか?

ここを確認するのが狙いです。

 

転職サイトでの求人検索は、表面の情報だけで同じ状況に陥るかもしれません。

メモ

転職サイトは企業がお金を出した「広告」を掲載したものです。

そこには当然良いことしか書いていないんです。

 

あなた自身を客観的に見て「求める給料額」が得られるかどうか?

 

ここを転職エージェントサポートに登録だけしておいてエージェントにヒアリングしてもらうのも手です。

すぐの転職でなくても、情報だけ得ることができますし、いざというときにすぐ応募に進めます。

 

給料に見合う「経験」かプロに見てもらう

エージェントが持つ「情報」

これで「外の世界の状況を事前に知っておく」ことで不要な行動が抑えられます。

 

同時に「今の不満が転職で解消されるか?」もわかります。

 

本当に必要な情報を得ること

  • 他社の相場
  • 他社の社風
  • 福利厚生の良さ
  • 実際に働く人の声

etc...

これらの情報をエージェントは持っているので行動に出る前に「判断材料」として持っておくことを強くお勧めします。

 

この次の項目でお伝えする「チェックポイント」で意思を確認。

エージェントが持つ「非公開な情報」での客観的な自分の価値を確認。

 

これを活用すれば「比較」ができて、行動に移す際の「決断材料」になります。

 

関連記事
【転職】給料で仕事を選ぶのはNG!仕事を選ぶ基準「絶対的3要素」
【転職】給料で仕事を選ぶのはNG!仕事を選ぶ基準「絶対的3要素」

check>>多くの面接で多くの社風から選ぶ【書類選考なし求人】専門サポート 

 

仕事と給料を見合わせるための行動前に「3つのチェック」

仕事と給料を見合わせるための行動前に「3つのチェック」

行動に移す「判断材料」を揃える

  1. 自社で「希望額を得る人の仕事」ができるか?
  2. 他社で「その額の仕事」ができそうか?
  3. 「今より高い質」を求められてもやれるか?

 

順に解説しますね。

 

1.自社で「希望額を得る人の仕事」ができるか?

自社で「希望額を得る人の仕事」ができるか?

まずは今の会社でのチェックです。

あなたが「欲しいと思う金額の給料」をもらっている、もらっていそうな社内の人を思い浮かべてください。

 

比べてみましょう

あなたは、その人と同じ「質」の仕事ができそうですか?

 

給料額はオープンになっていないと思うので憶測になりますが、ここは最低限クリアしておくべきところですね。

もし「できる」と思えるのであれば選択肢は増えます。

 

今の会社で・・・

ポイント

「求める額の仕事をできること」を仕事でアピール。

評価の時期や面談をする機会があった時にその旨を伝えることです。

 

その対象の人も給料が見合っていないと感じるのであれば、その会社自体の給料ベースが低いかもしれません。

その時は転職の方向に動いてもいいですね。

 

まずは「同じ会社内での比較」があなたの「覚悟」を図るポイントになります。

検証してからでも遅くはありません。

 

2.他社で「その額の仕事」ができそうか?

他社で「その額の仕事」ができそうか?

次に「他社に行った時のイメージ」です。

 

募集要項に「欲しい給料額」の求人があって・・・

給料は「労働の対価」

そこで必要とされるスキルが身についていますか?

そこで業務内容を果たし貢献する自信はありますか?

 

ここはイメージなので実際やってみないとわからない点ですよね。

 

その時に・・・

ポイント

「転職エージェント」という存在にそこの仕事の「難易度」。

これを是非聞いてみてください。

 

もしかしたら「現職と同じ規模の会社からその会社への転職者」がいるかもしれません。

その場合、その人は今もがんばれているか?

 

メモ

私もエージェント時代、過去に紹介入社した方の情報をサポートする方にお伝えしていたので、そこは遠慮なく聞いて頂いてOKです。

 

他社での傾向がわかります。

実際に応募する行動に移った時にも、「傾向と対策」が十分に練れるのはメリットですね。

 

3.「今より高い質」を求められてもやれるか?

「今より高い質」を求められてもやれるか?

ここはシビアに「お金の話」です。

給料が上がるということは「責任が増える」ことを意味します。

 

給料の上がり方には2種類あります。

< 2種類の昇給 >

入学方式:先に昇給して、その仕事をしてもらう方式。

卒業方式:仕事のレベルアップに合わせて、給料が追いついてくる方式。

 

もし転職先が先に高い給料を出す「入学方式」だったと想定して、

ポイント

今より高い質、実績を求められてもできますか?

給料と責任が同時に上がってもやれそうですか?

 

おそらくですが、今時点の仕事と給料が見合わない。

こう考えている方は「卒業方式」の給料形態の会社にいます。

会社が「入学方式」をとっているなら先に上がっているはずです。

 

つまり・・・

ポイント

あなたの考えと、今の会社の考えが「噛み合っていない」。

そういう可能性も十分考えられますね。

 

昇給の基準を上司にざっくばらんに聞いてみるのも判断材料になるかもしれませんね。

年齢を重ねて選択肢が狭まる前に確認してみるのをオススメします。

 

ーー

3つのポイントであなたの「覚悟」をチェックしました。

ここからは「行動」に移すかどうかの「情報収集」です。

 

転職とは「情報戦」で、いかに集めて「納得」して入社するかなんです。

納得のない転職は全て「妥協」になりますので、有益な情報を得ていきましょう。

check>>仕事と給料のバランスとれた環境を【厳選エージェント13選+α】

check>>新卒時の情報不足を取り返す【第二新卒エージェント14選+α】

 

< 隠れた情報と冷静な判断 >

マイナビエージェント :対応スピード・求人カスタマイズともに業界No.1

パソナキャリア:ユーザーが選ぶ『満足度調査』直近3年連続No.1

doda:中小エージェントとも提携、その求人は無限大

 

仕事と給料が見合うには分析を。エージェント積極利用で確認を。

仕事と給料が見合うには分析を。エージェント積極利用で確認を。

  1. 自分を客観的に振り返る
  2. 外の世界の「表に出ない情報」の収集

この2つの大事さが理解していただけたと思います。

 

注意

この2つのない行動は「地図を持たずに航海に出る」のと同じです。

情報迷子に陥りやすいので「判断できる情報」を集めてくださいね。

 

それらが得られればどんな結末が待っているかというと・・・

< 振り返り+情報収集=??? >

人気で殺到するような非公開求人を知れる

書類作成や面接対策を企業担当に合わせてできる

候補先企業の内情について熟知しているプロからの助言

聞きづらいことを代わりに交渉してくれる

転職後もサポートしてくれる

すべてのサービスが無料

ミスマッチのない転職

 

まだ細かく書けばありますが、ざっとでもこれだけの価値があります。

今は「7割の人が転職する時代」です。

 

2019年には実に過去最多の351万人が転職したデータが厚労省統計局が発表しています。

コロナ前の状況でこの数字です。

 

ポイント

これからは「掴みにいく転職」が多くなると予測されます。

 

あなたも希望を掴むため、頼もしいパートナーと共に、人生が良い方向に行くことを心から応援しています。

 

 

ランキング
【2023年最新】総合力オススメ転職エージェント13選+α<迷う時間を無くす>
【2023年最新】総合力オススメ転職エージェント13選+α<迷う時間を無くす>
ランキング
【2023年最新】第二新卒・早期離職専門転職エージェント15選+α
【2023年最新】第二新卒・早期離職専門転職エージェント15選+α

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています!

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

「仕事の悩み」記事一覧へ

 

 

 

-仕事の悩み, 環境
-, , ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.