" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

転職・仕事の悩み

【ギブ&テイク】頼まれごと断れず損してる?認めさせる5つのポイント

私って善意を利用されてるだけな気がする・・・

 

お人好しが損するなんて不公平だ・・・❗️

 

 

今回はそんなお悩みを解決します。

 

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から

主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを

持った支援サービスをご紹介しています😉

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生

ための情報発信もしています👍

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届け

していますので参考にして頂けたらと思います😃

人気ブログランキング&ブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています👍

 

 

今回の記事では、人からの頼まれごとを断れずに引き受けるけど

一向に評価されない!という方へ。

その優しさの有効な使い方を知って人生の幸福度を上げる方法

解説します。

 

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、立ち回り方を知ることができて

人間関係をみ出すことなく仕事の満足度、人生の幸福度をアップ

させることができます。

 

 

 

この記事の内容

  • 【ギブ&テイク】頼まれごとを断れず損してる?認めさせる5つのポイント
  • 世の中の人間のタイプを知ることで無駄を省いて効率アップ
  • ギブ&テイクの関係と仕事・人生へ影響する5つのポイント
  • 正しい「give」を知って仕事の満足度と人生の幸福度が向上!

 

 

【ギブ&テイク】頼まれごとを断れず損してる?認めさせる5つのポイント

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

この記事では、アダム・グラント著

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

を参考に与える人が成功するために知っておくべき大切なことを

仕事の場面や人生の場面で役立つ形に応用してお届けします。

 

 

頼みやすいからと人からどんどん仕事を頼まれて

何でも引き受けてキャパオーバーになってしまっていませんか❓

 

結論から言うと、

注意

あなたのgive精神は素晴らしいですが、

使い方を間違えてしまっています。

 

正しい「give=与えること」方法を知ることで仕事に対する

満足度が上がってそれに伴って人生の幸福度を上げることができます。

 

 

頑張っているのに

  • 評価されない
  • 損している気がする
  • 本当は断りたい

そんな方に「変わる為の5つのポイント」をお伝えします。

 

 

では、なぜ「正しいgiveを知る」ことが仕事の満足度と

人生の幸福度のアップに繋がるのか?

そもそも「正しいgive」って何❓

 

その理由と根拠を一緒にみていきましょう。

 

関連記事>>>【真似る】迷って決められない!転職で決断の早い人の3つの特徴!

 

 

世の中の人間のタイプを知ることで無駄を省いて効率アップ

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

あなたが仕事を引き受けることで相手に

感謝を与えていると思っていることは

注意

実は「搾取されている」んです。

 

 

giveにも

  • 成功するgive
  • 失敗するgive

この2パターンが存在します。

 

その内容は後の項目で詳しく説明しますが、

ここを間違えてしまっていることが他のタイプの人に

うまく使われるような図式になっています。

 

 

この世に存在する「3つのパターンの人間」

「成功するgive」を理解することであなたの行動は

確実に変わります。

 

次の項目では、具体的にその内容について解説します。

 

関連記事>>>【仕事の幸福度】年収の高さは関係しない。高めてくれる3つの共通点

 

 

 

ギブ&テイクの関係と仕事・人生へ影響する5つのポイント

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

この項目では、あなたの「give」が正しく使われて、

なおかつあなたが損することなく成功する為の

考え方、行動について解説します。

 

5つの成功ポイント

  1. この世に存在する3つのタイプ
  2. 3つのタイプの幸福度ランクと特徴
  3. 成功ギバーになるためには
  4. テイカーの見分け方
  5. 人は全て持っている

 

 

順に解説しますね。

 

 

1.この世に存在する3つのタイプ

この世には下記のタイプが存在します。

  • ギバー(giver)
  • テイカー(taker)
  • マッチャー(matcher)

ギブ&テイクと言う言葉で上の2つはわかると思いますが

「マッチャー」って何でしょう❓

 

ギバーは「与えるもの」、テイカーは「受け取るもの」。

これに対しマッチャーはこの2つを「調整するもの」

時にギバーに、時にテイカーにと使い分けをする人を指します。

 

これを割合にしたらどのタイプが一番多いと思いますか?

 

ポイント

実は一番多いのは「マッチャー」で56%もいます。

 

次いでギバーが25%テイカーが一番少なく19%です。

ちょっと意外ですね。

 

 

私はてっきりテイカーが一番多いと思っていました。

と言うのも、人は与えるより先に受けてから返すことを考える

そう思ったからです。

 

そのテイカーが一番少ないのには驚きました。

あなたの予想は当たっていましたか❓

 

この中でも、これからの時代成功するのは「ギバー」であると

GIVE & TAKE」では説いています。

 

これって古くはローマ帝国時代のローマ5賢帝の最後の皇帝

マルクス=アウレリウス=アントニウスも同じ内容のことを

言っていたというから驚きですね❗️

 

それくらい普遍的な形なんですね。

まずはこの3つの存在を知りましょう。

 

 

2.3つのタイプの幸福度ランクと特徴

では、この3つのタイプで幸福度をランキング化したら

どうなると思いますか?

 

最下位は「ギバー」です。

え❓これからの時代成功するのに❓

と思ったかもしれませんが

ここで言うギバーは

注意

「失敗ギバー」と言われるタイプの人です。

 

このタイプのギバーの方は「搾取されるタイプのギバー」です。

冒頭で投げかけた「何でも引き受けてしまう❓」と言うタイプのあなたです。

 

与えているようで実はあなたの「時間」という

貴重なものを「搾取」されているんです。

 

まずはこのことに気づきましょう。それがスタートです。

 

 

続いて3位は「テイカー」です。え❓4位まであるの❓

そう思ったかもしれません。

最下位はギバーで、1位もまたギバーなんですが

そこは後で説明しますね。

 

テイカーとは・・・

テイカーは「これ俺がやっておくよ」と言いながら

手柄までとっていくタイプです。

 

会社内に部下の仕事を成約ギリギリのところで取ってしまう、

そんなタイプの上司っていますよね❓

 

経営者でも「あれやっといて」「これやっといて」と

丸投げして功績は自分が持っていく。

 

注意

このタイプは最初は良くても待っているのは「失脚」です。

 

 

これには2位の「マッチャー」の性質に関係があります。

マッチャーは受けた恩は返したい、与えた恩は返されたい

そんなタイプです。

 

なので、テイカーの振る舞いを見て「制裁を与えたい」という

特徴を持っています。

マッチャーの性質は「目には目を、歯には歯を」というものです。

怖いですね。。。

 

 

残る1位は「成功ギバー」です。

次項でその定義と、なる為の方法をお伝えします。

 

 

3.成功ギバーになるためには

「成功ギバー」には下記の3つの特性があります。

◆ 達成型 ◆

➡️ 助けることができたという達成感があって、

自分にもメリットがあるそんな人へgiveを行う。

 

◆ 計画型 ◆

➡️毎日助けるのではなくまとめてする。時間を区切る

(年間100時間ルール)

ヘルパーズハイが気分を高揚させる(年100時間〜800時間まで)

 

◆ 自主的 ◆

➡️ 助けたい人を選んでいる。断ることができる。

 

失敗ギバーが頼まれて受け身的に助けるのに対して成功ギバーは

自分から、そして助ける相手を選んでいます。

 

このことから

注意

ギバーは「ボロ勝ち」するか「ボロ負け」するかのどちらか

に大別されます。

 

 

あなたが成功ギバーになるためには、まず「断る」ことです。

それは「いやで断る」ということではなく期限的に無理だったり

毎日受けたりすることを断ることです。

 

その上で助けるのを週に1日もしくは2日程度に抑えて

自分のやるべきことに集中すること。

 

そうして自分に余裕を作り、自分から助けようと思う人に声をかける。

そう、今まではこの順番が逆でさらに立て続けで選ぶことも

できなかったわけです。

 

 

これが理解できたら、まずは断るものは断って

自分に余裕を作ることからスタートしましょう。

 

 

4.テイカーの見分け方

成功ギバーが組織を作る時、どのような編成が好ましいでしょうか?

 

例1:成功ギバーを集める

しかし25%しかいないギバーの中のさらに成功ギバーを

見つけるとなるとこれは相当な労力で現実的とは言えません。

 

例2:テイカーを排除(回避)する

これが現実的な方法です。

しかし、なぜテイカーを排除しなければならないんでしょうか❓

 

◆ テイカーを排除(回避)する理由 ◆

理由は、テイカーはgiveを全部吸い取り、組織の中でgiveすることを

ネガティブなものにしてしまう性質を持つからです。

要するに

注意

giveの効果を消してしまうんです。

 

多くのギバーがいるかどうかよりも、

一人のテイカーがいることの方が大きな危険なんです。

 

◆ テイカーを見分けるには? ◆

中には人当たりの良いテイカーもいて

一見ではわからない場合があります。

 

この場合見分ける為の「レック判別」というものがあります。

レックとはオスがメスに求愛する行動のことを指します。

 

方法①:写真で見分ける

経営者ならパンフレットで使われる

自分の写真、SNSならアイコン写真です。

「自己顕示欲」が強いテイカーはここに自分を前面出しします。

 

方法②:言葉遣いで見分ける

テイカーは「私(英語なら「I」)」の一人称で話をする傾向があります。

対してギバーは「私たち(英語なら「We」)」で話をします。

こう言ったところにもテイカー傾向というものは表れます。

 

方法③:有効な質問がある

「あなたが影響を与えた人物は❓」と質問をします。

ギバーの場合、自分よりも下の人を上げますが

テイカーは自分よりも格上の人を出します。

ここも見分けるポイントです。

 

 

5.人は全て持っている

ここまで成功ギバーとテイカーについて

多くの割合で書きましたが、ここで注目なのが、

ポイント

人は本来この3つのパターンを

全て内に持っているという事実です。

 

 

え❓全部❓と思いますよね❓

環境などの要因でそれが顕在化してギバーになったり

テイカーになったりするわけです。

 

もしかしたらこの記事を読んでいただいている方で

「自分はテイカーに当てはまるかも」と感じる

方もいるかもしれません。でも安心してください。

 

テイカーが悪者みたいな見え方ですが、

もう1つのポイントとして

ポイント

タイプを変えることもできる

ということなんです。

 

 

著者のアダム・グラントは「行動で変われる」

信念や動機は後からついてくると書いています。

 

ポイント

まずは行動から変えること。

 

アダム・グラントはGoogle社やIBM社、ゴールドマンサックス社など

世界的大企業の戦略コンサルティングをしてきた人物です。

 

その言葉には含蓄があります。

理由を求めず、成功ギバーになるならば

今どのタイプであろうと

「行動を変える」これにつきます。

 

 

ポイント

その真理は「持たざる者に与える」ことです。

 

なのでこれを間違えて「持つものに取り入る」ことに使うと

戦略的テイカーという「テイカーの最上位」になりかねません。

 

自分より弱い立場、未熟な人たちへ見返りを求めることなく

与えていってください。

それが成功ギバーへの1歩です。

 

 

正しい「give」を知って仕事の満足度と人生の幸福度が向上!

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

今回の記事では特に前項の「具体策」のボリュームに注力しました。

 

せっかく優しい心で人助けをしているのに、

それた評価されないなんて悔しいし悲しいですもんね❓

 

助け方を少し変える、考え方を少し変えるだけで

こんなにも大きな違いが出ることが分かって頂けたと思います。

 

これを実践すれば、無理をする必要も誰かのご機嫌をうかがう

必要もなく自分の仕事を優先しながらゆとりの部分で人助け

できるようになります。

 

そうすれば自然に周囲からの評価も上がって満足度がアップ、

そして人生の幸福度もアップしていきます。

 

ポイント

結局は「軸」をしっかり持ってgiveしていくということですね。

 

この記事にたどり着いた「心優しきあなた」のgiveが多くの人を

幸せにして、同時にあなた自身も幸せにしますように。

 

心から応援しています!

 

著書が気になった方にはぜひオススメします。

check>>>GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

 

【 職場の上司が強烈テイカーだったら読んでください 】

必読>>>登録必須の転職エージェント紹介・比較記事

関連記事>>>【まとめ記事集】職種別・業界別・その他おすすめエージェント!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

「仕事:転職」記事一覧へ

 

 

 

 

-転職・仕事の悩み
-

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.