" />
Kazutomo-nagasawa.com/alt

仕事・転職

【ケアレスミス】で落ち込む心。自信に変える3つのマインドチェンジ法

仕事でケアレスミスが多い・・・何度も同じ間違いをして落ち込む

 

今回はそんなお悩み解決します。

 

注意不足が原因で起こる「ケアレスミス」。英語ではcareless mistake。

誰もが1度は経験しているはずです。まだの人もこれから起こす可能性があります。

 

 

そして、そのミスに落ち込んでしまい、時に恐怖を感じて踏み出せなくなってしまうなど、

与える影響はケアレスという言葉ほど軽くありませんよね。

今回はケアレスミスを克服する方法についてお贈りします。

 

この記事の内容

  • ケアレスミスが起きてしまったら
  • 何を持って「ケアレス」だったのか
  • ミスを恐れないための思考

 

心配しなくてもそのケアレスミスは会社を潰しません。

心配しないで。会社はびくともしませんから!

心配しないで。会社はびくともしませんから!

ケアレスの度合いがどんな影響をもたらしたのか?

あなたが落ち込んでいるその「ケアレスミス」で会社は何か金銭的な損害を被ったでしょうか?

おそらくないはずです。

 

 

仕事をする上でケアレスミスは想定の範囲内です。

その都度落ち込まなくても全然大丈夫。

ベテランだってミスはします。ベテランのミスほどその影響は大きくなるもの。

 

ポイント

今のうちにたくさん経験することも「成功への近道」だったりします。

エジソンも1万回の失敗を「成功しないという方法がわかった成功だ」と言っています。

失敗しなければその場は良くても人生を失敗します。

 

 

ケアレスミスはそもそも会社を揺るがしたりしない

あなたのケアレスミスで会社もゆるがなければ、会社の外にいる人はそのことさえ知りません。

必要以上に責任を感じてしまっている状態です。

 

その気持ちがあれば、この後を読まずともきっとあなたは同じ場面で経験として活かせるはずです。

でも詳しくは後で説明しますが、

メモ


ケアレスというものを払拭するための思考があります。

 

それを身につければ、例えミスをしたとしても前向きに捉えることができるようになり、

歩みを止めることなく仕事に取り組むことができるでしょう。

 

 

なぜ「ケアレスミス」だと気づいたのか?

Kazutomo-nagasawa.com/alt

ケアレスミスで落ち込む人の9割は「確認不足」

私も何度も経験しました「ケアレスミス」。そのほとんどが「最後の確認不足」です。

例えば納品物に関して

ポイント

  • 最終チェックが甘かった
  • クライアントとのやりとりを記録していなかった
  • 周囲との報告・連絡・相談を怠った

などです。

 

 

一連の流れを振り返って「普通あそこで確認するのに何でしなかったんだー」

と起こったことを延々と嘆いてしまう。

 

その思考が取り組むことへ二の足を踏んでしまう要因になります。

 

 

あなたの「自意識」が過敏に反応するから落ち込む

前項でも書きましたが、あなたの「ケアレスミス」が会社に多大な損害を与えるものだったでしょうか?

そうではないはずです。

 

しかし完璧を求めるが故に

ポイント

あなたの「自意識」が過敏に反応するので「落ち込む」という負の方向にベクトルが向いてしまうのです。

 

完璧を求めるのは悪いことではなく、むしろ良いことです。

しかしながら人間は不完全です。きっと永遠に完璧な存在にはならないでしょう。

 

 

そう大きく捉えるとあなたの「完璧」は世の中の完璧とは異なるもの。

言い方は悪いですが「自己満足」になってしまいます。

 

その仕事が完璧だったかどうかを判断するのは相手方です。

起こってしまったことを嘆くより、それに対して誠実に対応することに神経を全集中しましょう。

真摯に対応することでクレームだったとしても顧客に変えることも可能です。

ケアレスミスでの落ち込む気持ちを前向きに変える思考法

Kazutomo-nagasawa.com/alt

1.「ケアレスミス」と認識している時点で9割克服している

そもそもの話ですが「ケアレスミス」は大きなミスではありません。

そして自分で「ケアレスミスだった」と思っている時点で改善方向に向かっているんです。

 

後ほんのちょっとだけ気をつけていればよかった程度のミスに、

気持ちを落ち込む方向に持っていかれるなんてもったいないと思いませんか?

 

何度もしてしまって周囲の目が冷たくなっていると感じても、

それは前述の「自意識が過敏になっているから」です。

ポイント

認識で9割+確認1割で克服できるのが「ケアレスミス」です。

 

ケアレスミスほど後々、成長した時に後輩へのエピソードとして話せる美味しいネタはありません。

むしろ後輩たちへ伝えてあげるためにも書き残しておくくらいの気持ちを持ってOKです。

 

2.落ち込むベクトルを変える思考

ケアレスミスを何度かしてしまって落ち込んでいるあなたは、

周囲に気を配ることのできる「優しい心の持ち主」です。

 

そうでない人は何も感じず、他の人がどう思っていようが関係なく普通に仕事をしています。

それが良いとは言いませんが、それでも成り立っちゃうのが「組織での仕事」なんです。

 

ポイント

あなたが深刻に思っているほど周囲はいつまでも覚えていたりしません。

 

あなたが前向きになるには、その事を自分の中に持っておくことです。

仕事ができる先輩だって新人の頃にはたくさんの失敗を重ねてきて今があるはずです。

 

精神科医の斎藤茂太さんがおっしゃっていたように

ポイント

「人生で失敗のないものは人生を失敗する」

まさにその通りだと思います。

 

 

失敗を恐れて行動を控えていたら確かに失敗はしないかもしれません。

しかし逆に成功することもないでしょう。

 

あなたが失敗だと思うことをカバーするために先輩や上司がいます。

露骨に冷たい態度を取るような先輩や上司なら、その人の性格に難ありだと私は考えます。

 

なので、「仕事は失敗して覚えるもの」くらいの心のゆとりを持って取り組みましょう。

結果を焦るあまりスピードだけを重視することが一番ケアレスミスを発生させやすいので、

じっくりと高級料理を噛みしめるように進めましょう。

 

 

3.ケアレスミスを改善する「エアマネジメント」

この方法は高校時代、苦手だった世界史の授業の話なのですが、

○○朝何とかっていうのが何個も出てきてとてもじゃないけど覚えられない。。。

 

その中で暗記をして学年で唯一の100点満点をとった方法で、その後の仕事でもミスをした時に

これを行って「自分の体に覚えさせた」方法です。

受験勉強にも使うなら「エア授業」、恋愛で使うなら「エアコミュニケーション」、仕事を覚えるなら「エアマネジメント」という手法です。

あなたに実際に部下や後輩がいてもいなくても、いると仮定して今回のミスを参考に

この仕事の正しい進め方をその「エア部下・後輩」に指導してあげてください。

 

人がいるところでやると変な目で見られちゃうので(笑)、一人の空間でやると効果的です。

ポイント

人は覚えたことをアウトプットして初めて自分のものとして体に、頭に染み込ませます。

是非今回の「ケアレスミス」が起きた仕事についてエアマネジメントを行って自分にすり込んでください。

これは苦手科目で100点をとったのでかなりお勧めの方法です。

 

ケアレスミスのアウトプットでスムーズに仕事が進み自信に満ちた毎日が待っている

Kazutomo-nagasawa.com/alt
前項のたった3つの思考と具体的な解消方法を実践して頂けたら、

あなたの日常からケアレスミスは減っていき、例え起こったとしても上記を繰り返すことで

同じ内容でミスすることはなくなると断言できます。

 

 

ミスなく仕事ができるようになるとどんな生活が待っているでしょうか?

  • あなたを頼ってみんなが相談にきます。
  • あなたに頼めば安心と仕事を任せてくれます。
  • 評価が上がりあなたの価値が高まります。
  • 収入が上がり人生が豊かになります
  • その全てがあなたの自信につながります。

もうケアレスミスで悩んで落ち込むあなたはいません。

その時にはかつてのあなたのようにケアレスミスをして落ち込む後輩・部下がいるかもしれません。

 

ほら、もうエアマネジメントではなく「本当のマネジメント」をする立場です。

自分が苦労してきた経験を話してあげて、上記の方法を伝えてあげてください。

 

それだけでも気持ちがホッとするはずです。

頼れる先輩ですね。

 

そんな人には自然と人が集まってきます。

あなたの笑顔が周りの人をも幸せにできる日は遠くありません。

 

「仕事・転職」記事一覧へ

 

 

【この記事を読んだあなたへのおすすめ1冊】

「精神科医Tomyが教える 1秒で不安が吹き飛ぶ言葉」

著者:精神科医Tomy

価格:1,158円(kindle電子版)、1,430円(ソフトカバー版)

とにかくTomyさんの本の中でのキャラがとても親近感を持ちやすく、それでいてわかりやすい言葉で伝えてくるので

スーッと心が軽くなっていくのを実感できるおすすめの1冊です。是非読んで欲しいです♪

-仕事・転職
-, , , ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.