" />
営業 無駄

仕事の悩み 環境

営業は電話も訪問も無駄!【昭和臭チェック】〇〇が令和のスタイル!

毎日テレアポばっかりで疲れてきた・・・
何回営業に行けば契約取れるんだ・・・
今回はそんなお悩みを解決します。

(2021年10月14日 追記・再編)

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

今回の記事では、いまだに電話営業や訪問営業をしている会社の「危険性」。

そして、これから「目指すべき営業手法」とそれを探す方法を解説します。

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、昭和的な匂いのする仕事から逃れて、令和の営業スタイルを身につけられます。

 

 

こんな方にオススメ

  • 今いる会社が古臭い社風
  • 今だにテレアポ・訪問件数を見ている
  • 自社の商品・サービスに魅力を感じない

 

 

営業は電話も訪問も無駄!【昭和臭チェック】〇〇が令和のスタイル!

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

  • 営業職として働いててアポがなかなか取れない。
  • 何度訪問して売り込んでも興味を持ってもらえない。

そんな悩みを抱えている方は多いでしょう。

 

 

  • これまでの20年の社会人経験
  • 現在フリーでネットビジネスをしている状況

ここからから見ると・・・

注意

電話でアポをとって、何回も訪問・売り込みをする「製品・サービス」を扱ってる企業。

ここは、言い方悪いですが先が見えています。

 

その時間、交通費を考えるとコスパが悪すぎます。

 

 

訪問をするとしても「種まき」は1度だけ。

その種がいつかわからないけど花開く、つまり相手からの反響が得られる。

そうでなければ心が疲弊するだけです。

 

それでもコスパはやはり悪いです。

成長している企業は全く違うやり方をしています。

 

 

注意

あなたが今所属している会社の「営業スタイル」。

ここが、とにかく「1日に何件は訪問」という方針でやっている会社だとしたら。

今の顧客を失ったら経営が傾く可能性があります。

 

 

私自身20代に在籍していた会社は、私が転職で去っただいぶ後ですが、売り上げの6割を占めていた顧客が他社に安い価格で取られ消滅しました。

こういうことのないよう転職活動では、扱っている製品・サービスのインパクトが、世の中でどのくらい必要とされるものなのか❓

 

これも大切ですが、それ以前に・・・

ポイント

どんな営業戦略・手法をとっているのか❓

 

ここを見極める事が、特に営業職の転職では必須と言えます。

 

なぜ戦略や手法を知ることが必須なのか❓

知っておくべきその理由を次の項目で解説していきますね。

 

 

check>>【爆速転職】面接確約だけを集めた「書類選考なし求人」専門のサポート

 

 

電話営業・訪問営業がもはや無駄でしかない理由

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

これは私が最後に卒リーマンの準備として、隠れ蓑として在籍していた会社の話です。

ここは

  • 週間の訪問件数
  • 目標への達成率

ここを出している会社でした。

 

毎日アポインターがとったアポに行く。

そこで何かしらの見込みを立てて、社内の労務管理システムで「見込みフラグ」を作成する。

こんなとてもコスパの悪い営業手法をずーっと取り続けていました。

 

 

  • 毎日新規でどこかしらに訪問するという手法が昭和的なこと
  • 労務管理システムが煩雑で見込みフラグを立てる作業に時間かかる

さらにその件数で判断すると言った的外れな方針をとっていました。

 

注意

こんな中で正直、社内の誰も本当のことなど書いていなかったと思います。

 

要はうるさく言われないように見栄えだけよくしている状態でした。

 

 

卒リーマン準備をしたい私にとっては、ずっと外にいられるので好都合でした。

しかし、これを普通に何年もやっていくなんてめっちゃコスパが悪すぎると思っていました。

 

理想は営業は1回の種まきのみ。

ぶっちゃけそれすらコロナでリモートが浸透した今、する必要はないです。

 

1回目で無理に買ってもらおうとすると、相手はシャッターを下ろしてしまう

 

何回も足しげく通って、信頼関係を構築して、買ってもらうのも素晴らしいが、それは反響のあった中から高い精度での「見込み客」のみ。

 

注意

スケジュールに訪問がたくさん入っている事が優秀と思っている会社は危険です。

 

会社が求めるのは「結果」であって、訪問回数を増やしても「結果」につながらなければ「結果が出ない事」があなたの評価になってしまう。

また、働く側も「訪問にさえ行っていればいい」となる危険性があります。

 

これでは「社内に向けた作業」と化してしまい成果が出るわけもありません。

 

 

あなたが今いる会社が「次の項目」に該当していたら・・・

ポイント

あなたの労働力はとても無駄に使われています。

 

 

もっと世に必要とされ、売ってくれと言ってもらえるような「これからの時代の戦略」をとっている会社へ転身すべきです。

 

 

関連記事

転職 何社 応募 内定
転職で何社応募?内定?【間違ってます】いくつの〇〇を見るかが命

 

 

まだ無駄な営業電話してる?あなたの会社の「昭和臭」チェック方法

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

危険度チェック

  1. 営業自ら電話営業をする
  2. 月に2回以上同じところへの訪問
  3. 製品・サービスへの問い合わせがない

 

順に説明しますね。

 

1.営業自ら電話営業をする

コロナの影響でこれだけテレワークが推進される中で、いまだに営業が自ら新規開拓の電話営業をしている会社。

私もエージェント時代に広告代理店からの営業電話を何回も受けましたが全て断っていました。

 

エージェントも「広告掲載にお金を払う時代」は終わっています。

 

一般企業は別ですが、エージェントはスカウトツールを使ってダイレクトに求職者へアプローチできる時代です。

それを知ってかしらずか電話営業で広告掲載を勧めてくる。

相手先の仕事を理解してないんだなぁーと感じていました。

 

注意

電話営業は「相手の時間」を奪う行為です。

 

もちろん話術の巧みな人はいますが、それでもアポ獲得率は10%程度です。

 

 

ポイント

これから必要なのは「マーケティング戦略」です。

 

1社1社にアプローチしていたのでは、いつまで経っても売れませんし知ってもらうことすらできません。

 

  • PPC(クリック課金型広告)
  • 動画広告(動画コンテンツに組み込まれる広告)
  • リスティング広告(検索連動型広告:クリック課金)

 

こう言った広告戦略などのプッシュ型メディアを駆使している事が必須条件と言っても過言ではありません。

メモ

※HPなどは訪問者を呼び込む「プル型メディア」です

 

あなたの会社が毎日何十件もの営業電話をしている会社ならば。

そんなことをしなくても売れる喜びを感じられる企業はたくさんあって、これからのスタンダードになります。

 

 

2.月に2回以上同じところへの訪問

初回訪問をして感触が良かったところへは月内にもう1度訪問をする。

このやり方をしている企業も危険度が高いです。

 

注意

その「好感触」はあなたの主観的なものであって、相手からすると「訪問への礼儀」かもしれません。

 

そうだった場合、また来た❗️と見込みから一気に失注というダブルショックをあなたが受けかねません。

 

感触を確かめるには「メール」で十分です。

感触が確かだったなら必ずその旨の返答がきます。

 

ポイント

返答までの時間をあなたは「他のこと」に費やせるわけです。

 

携帯もメールもなかった時代の成功例を、いまだに引きずっている会社は意外と多いものです。

繰り返しになりますが、これからはマーケティングが学べる会社に転職することをお勧めします。

 

 

3.製品・サービスへの問い合わせがない

あなたの会社に製品やサービスへの電話やHPお問い合わせフォームへの問い合わせがない。

これも危険です。

 

広告を打っておらずただ「待っているだけ」のHPである可能性が高いです。

 

世の中には何百万社という会社があります。

その中であなたの会社を見つけて、製品に興味を持つなんてはっきり言って天文学的数字です。

 

リスティング広告を打ってHPへの誘導をしていたとしても、それで問い合わせがないのは単に製品に魅力がないためです。

 

 

ポイント

マーケティングは

  • 戦略立案
  • アクセス解析
  • 属性調査
  • 分析・改善

を行います。

そうして最適な顧客層を割り出し効率的な営業戦術に移ります。

 

  • 闇雲に電話営業をすること
  • とにかく訪問をということ

 

これは相手の忙しい中の貴重な時間を奪い嫌われる行為に、今後はもっともっとなっていきます。

なので営業職であるならば「効率」を考えた行動ができる会社へ移ることをお勧めします。

 

転職エージェントで「マーケティング」で提示してもらってください。

これから必須となるスキルが身に付く会社が山ほど出てきます。

 

check

<うまくエージェントを操ろう>

リクルートエージェント:保有求人・非公開求人ともに業界No.1

パソナキャリア:ユーザーが選ぶ『満足度調査』直近3年連続No.1

doda:中小エージェントとも提携、その求人は無限大

ReWorks(リワークス):「フルリモート」求人特化型転職支援サイト

オススメ 転職エージェント
総合力でオススメ転職エージェント12選+α【人生を激変させる】
第二新卒 転職エージェント
第二新卒の転職を専門サポート!新卒退職からの支援サイト厳選紹介

 

 

営業電話も訪問も無駄!マーケティングを制するものが市場を制する

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

これからの営業手法は何が主流となるのか❓

確かに昭和、平成の序盤までは電話が主流でした。

 

しかしこれからの時代は・・・

ポイント

ネットを活用した「デジタルマーケティング」です。

 

ITの知識がないからと避けているとあっという間に「古き良き」なんて言われてしまいかねません。

 

常に最新の戦略を吸収して、あなたが新しい戦略を開拓する時代です。

 

私も当サイトの露出を増やすためにいわばマーケティングを行っています。

「このサイトみてください」なんて個人宅に電話なんてかけても無意味ですもんね❓

 

注意

「会社の固定電話」はそのうちなくなるかもしれません。

 

これからマーケティングを学んで実践できるようになったらもっともっと

  • 時間を有効活用できて
  • 効率的な仕事できて
  • 家族や大切な人との時間も増やす

そんな事が実現できるでしょう。

 

私も古臭いやり方で苦労してきた一人です。

だからこそあなたには現代の手法を取り入れて、時代に必要とされる人材になってほしいなと願っています。

 

この機会にあなたがこれからの営業の姿を捉え、適する場所を見つけて、活躍する姿を心から応援しています。

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたことを【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

「仕事の悩み」記事一覧へ

 

 

-仕事の悩み, 環境
-, , ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.