" />
Kazutomo-nagasawa.com/alt

生き方

ステータスなのか?負債なのか?大人の「三種の神器」とは一体何?

今回の記事は「人生」について。

 

小さい頃は、大人になったら自然と

「子供がいて」

「車があって」

「家を買ってる」

 

そんなものだと思っていました。

まだ未婚の方でもこんな風に思ったことのある方多いのではないでしょうか?

 

私もずっとそれが「大人のステータス」なんだと思っていました。

 

あなたは家庭を持ってからのプランありますか?

そしていまそのとおりに人生進めていますか?

 

サラリーマンの平均収入が上がらない昨今。

「お金に悩んで結婚なんて考えられない」なんて思っていませんか?

 

注意ポイント

その考え危険です。

 

私は結婚こそしましたが、子供の頃に描いていた、いわゆる【 三種の神器 】

  • 子供
  • 持ち家

 

何一つありません。でも幸せです。

 

人間「ステータス」を求めがちですけど幸せってそこじゃない。

 

そんな内容をお伝えしたいと思います。

 

 

 

ステータスだったのは過去の事。「本質は負債」の現実

Kazutomo-nagasawa.com/alt

三種の神器を持っていることは当たり前ではない時代

親世代の昭和の時代は、サラリーマンは「一国一城の主」と

言ったようにマイホームを手に入れることがステータスでした。

 

そして休日は子供と家族で車でのお出かけなんて風景が当たり前の時代でした。

 

子供ながらに自分も大人になったらそれらを持っているもの

だろうと思っていましたが現実には1つも持っていません。

 

 

というより、子供は別としてあえて持たなかったと言ったほうがいいですね。

注意ポイント

現代ではステータスを持つより負債を抱える事の危険の方が大きいと感じます。

 

不安定な雇用状況や景気動向もあって、ローンなどの長期負債を

抱えることに国民全体が慎重になっているように思いますね。

 

 

特に「持ち家は資産になるから」と思うかもしれませんが、

ポイント

「資産」とはプラスのキャッシュフローを生み出すもの

であり、ローンという支出を伴うのは「負債」なんです。

 

例えば不動産を買って、人に貸して「家賃収入」が入り続けるものを「資産」と呼びます。

 

 

高度経済成長期や所得倍増計画の政策の中を働いてきた親世代とは

決定的に経済的な環境が変化しているので、違ったところに幸せを

追求していくのが令和の時代なんですね。

 

 

令和はステータスを求める時代ではない

例えば30歳で家を購入して35年のローンを組んだら、払い終えるのは65歳ですよ!?

 

車についてもカーリースやサブスクで所有するスタイルも出てきて

 

ポイント

必ずしも購入しなければいけないわけではなく選択肢が増えています。

 

もはや「ステータス」という言葉を追いかけて働いている

サラリーマンは私の知っている限り周囲にはいないと思います。

 

 

幸せの形は人それぞれ。幸せを感じる対象もそれぞれに違いますね。

あなたはあなたが望む「あなただけの幸せ」を追求していけばいいんです。

 

 

子供、家、車。大人になったらなきゃいけないの?

Kazutomo-nagasawa.com/alt

【危険!】虚栄心がステータスを「負債」にする

昭和と比べて物価も地価もべらぼうに上がっているこの時代に虚栄心で

「昭和のステータス」を手にすることは今では「負債を抱える」ことです。

 

 

結局はその負債を返済するために働き続けることを余儀なくされてしまいます。

 

 

前述の通り、

「資産」はプラスの収入を生み出すものであって、家を買ってローンを払い終えても

収入を産まなければ「資産にはならない」ということなんですよね。

 

同世代が家や車を買ったと聞いて、焦ってしまう気持ちが

あるかもしれませんが全く気にする必要はありません。

 

 

もしあなたも車を持つことに幸せを感じるならば別ですが、

そうでない場合は、無形のもの例えば知識や経験に投資して幸せを感じて、

それを自分の「財産」にするのも素敵だと思います。

 

 

理想を追い求めローンにがんじがらめに

もし私も親世代のステータスに執着していたら今頃は卒リーマン!なんて言ってられず、

会社にしがみついて働くことを選んでいたかもしれません。

  • 何のために働くのか?
  • どうやって働くのか?
  • 稼いだお金をどう使うのか?

 

それを多くの選択肢から選べる時代に私たちは生きています。

 

これを利用しない手はないですよね!

ローンを返済するために働く選択肢を選ぶ必要なんてなしです。

 

 

ステータスは自分たちが創るもの

Kazutomo-nagasawa.com/alt

1.親世代と違うステータスを創り出そう

せっかくこんな選択肢の多い時代を生きることができてるのですから

親世代とは違ったところに幸せを創り出してください!

 

 

インターネットを通じて世界中の情報が得られることもありますが、

もっと世界に飛び出して知見を広げる機会を持って欲しいと思います。

 

 

そして、そこで得た知識を持って得た収入をまた知識に投資してどんどん増やしていきましょう。

同時に金銭的資産も増えますし、増やすための知識が身についています。

 

私たちの親世代の「子供・車・家」と言ったステータスを超えて

この時代だからこその選択肢へチャレンジしたいですね!

 

 

2.1人の大切な人を守れればいい

また働き方も多様化しています。

 

会社組織に依存しない働き方、自分の能力を活かしての起業、

そして以前の下記記事でもご紹介した通り、労働対価型から価値提供型へと変貌を遂げていきます。

関連記事>>>サラリーマンを卒業したい!どうやって?その先はどうなるの?

 

 

そんな「個の稼ぎ方」が成立する時代。

自分の身に何があろうと、あなたの大切な人を守ること。

それこそがステータスなんじゃないかとも思っています。

 

まぁ私たち夫婦には子供がいないので、

必然的に守るべきは奥さんになってるのもありますけどね(笑)

 

 

3.子供がいないから幸せなこともあるよ

前述の通り、私たち夫婦には子供がおりません。

何度も体外受精まで試みたのですが色々な事情があり諦めざるを得ませんでした。

 

でももし今私に子供がいたら卒リーマンという

選択肢は取れなかったかもしれません。

 

お子さんがいれば楽しいことも嬉しいこともたくさんあります。

反面、大変なことやご苦労も多いとお察しします。

 

結果的に我が家は夫婦だけですが、

この環境を思いっきり活用してやろうと決めたんです。

 

 

あなたも守るものや抱えるものがあるかもしれません。

それでも嘆くことなく、その環境をうまく活用して

あなたの幸せを追求していきましょう!

 

 

過去の理想から解放!世界があなたの可能性

Kazutomo-nagasawa.com/alt

そうして「昭和のステータス」という過去の理想から

解放された思考を持つことができればそこかしこにある情報や

選択肢から新しい世界の扉を開くことができます。

 

 

自由な生き方が選べる時代のなかであなたはどんな生き方を選びますか?

人生誰でも平等に1度きりですからね。

 

後悔のない人生を送ることが最高の幸せです。

 

やりたいことにどんどんチャレンジして「人生の財産」

たくさんたくさん作っていきましょう。

 

 

そう思えば無駄に過ごしている暇があるほど人生長くありません。

 

たった1度の人生をあなたらしく輝かせてくださいね!

 

 

「生き方」記事一覧へ

 

 

 

【この記事を読んだあなたにオススメの1冊】

『手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由に生きる50の方法』

著者:ミニマリストしぶ

価格:1,188円(Kindle版)、1,320円(ソフトカバー)

月間100万PVの超人気ブロガーが送る「人生を本当に豊かにするための手ぶらのすすめ」。

見栄を捨てなければ自由はない。

そう投げかける内容はステータス社会に一石を投じる、

またあなたの人生の見方を変えるオススメの1冊です♪

-生き方
-, , , , , , ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.