" />
転職最大手リクルートのCM【本気を出してきた】テレビCMが多い背景

おすすめ転職エージェント 総合

転職最大手リクルートのCM【本気を出してきた】テレビCMが多い背景

いつになったら転職活動できるんだ・・・
転職サイトが多くて何を利用したらいいの・・・?
今回はそんなお悩みを解決します。

(2022年3月16日 追記・更新)

 

<この記事を書いている人>

◆ 転職エージェント歴16年&自身も5回の転職を経験。

◆ 転職、うつ、エージェント経験から読む方の転職・人生を豊かにします。

◆ 転職系の企業メディアへのコラム寄稿依頼も頂いています。

ブログ村「転職」カテゴリ1位、当サイトから転職エージェント登録多数あり。

 

今回の記事では、転職最大手の「リクルート」が見せた本気の動き

これが一体何を意味するのか、これをどう受け取るべきかを解説します。

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、今がどんな時期であるかがわかります。

そして今動かなかったらチャンスを逃すことを意味することを知ることができます。

 

オススメ記事
【2022年最新】総合力オススメ転職エージェント13選+α【迷う時間を無くす】
【2022年最新】総合力オススメ転職エージェント13選+α【迷う時間を無くす】

 

こんな方にオススメ

  • 最近転職のCMが多いのが気になる
  • 転職活動でどこをつくべきか悩んでいる
  • 転職サイトのCMが多くなった理由を知りたい

 

転職最大手リクルートのCM【本気を出してきた】テレビCMが多い背景

転職最大手リクルートのCM【本気を出してきた】テレビCMが多い背景

  • 求人はいつ増えるのか
  • いつから転職活動を始めるべきか
  • 転職活動はどこに相談すれば良いのか

こんな風に悩んでいませんか?

 

私自身も長きにわたり転職エージェントをしていました。

私も経験したことのない「コロナショック」は転職にも大きな影響を与えましたね。

でも最近、転職関連のテレビCMが多くなっていることにお気づきでしょうか?

 

転職支援最大手のリクルートが中途採用に「本気」で動き出す

「新型コロナウィルス」は私たちの生活様式をも一変させました。

特に

  • 飲食業
  • 宿泊業
  • 航空業

などは大きなダメージを受け、景気が下向く中で転職に動く意欲にも低下しました。

 

しかし第2波が終わった後、すでに有効求人倍率も増加に転じていたんです。

そしてこの記事を最初に書いた時点で転職市場に影響を与えるだろう大きな動きが出ました。

 

ポイント

転職支援最大手の「リクルート」が各ブランドのCMを一挙リニューアル放送

皆さんも一度は目にしたことと思います。

 

長いこと転職市場を見てきた私にとって「最大手の本気」が見えます。

と同時に2021年、リクルートと事業会社7社が統合して「新生株式会社リクルート」として新たなスタートを切っています。

 

この記事ではリクルートの「本気度合い」が示すこと。

  • 求人はどんどん増えている点
  • コロナ対策を万全にした求人募集
  • 今、転職に動くことが理想の環境を掴む点

これらに注目しながら転職支援No.1の「リクルート」の転職支援ブランドを再度見てみます。

 

転職最大手リクルートの「本気」の中途採用強化CM

転職最大手リクルートの「本気」の中途採用強化CM

この項目では一新して放映中のCMとともに、リクルートの各ブランドの力の入れ方を見ていきます。

 

 

リクナビNEXT

公式サイトhttps://next.rikunabi.com/
CMキャラクター広瀬すずさん、鈴木福さん、遠藤憲一、夏木マリさん
掲載求人数52,542件(2021年12月15日現在)
専用アプリあり(ダウンロードはこちら
サービス開始時期2001年(当時はリクルートナビキャリア)

リクナビNEXTは3万件以上の求人が掲載された「転職求人サイト」です。

エージェントサポートと違い基本は自分での検索、応募をします。

 

そのほかのオプションで「企業からのスカウト」、「登録情報に合わせた求人メール」など充実した活動をサポートします。

>>新しい【 リクナビNEXT 】公式サイトを見てみる 

 

 

リクナビNEXTの新CM

【 宣言篇 】

 

【 オファーをくれた篇 】

 

【 会社を見る篇 】

 

【 第二弾:迷えるって素敵篇 】

 

リクナビNEXTの「本気」ポイント

将来の見通しがわからなくなったこの時代に「職業の選択は自分がする」というイメージに広瀬すずさんを起用。

会社の創業年数と同じ年齢の

  • 鈴木福さん(もう「くん」は合わない大人ですね)
  • 遠藤憲一さん
  • 夏木マリさん

を起用。

 

企業からのオファー、求職者が企業を見極められるという

ポイント

「求職者主導の転職」を打ち出しています。

 

転職サイトはエージェントサービスと違い、自分で検索して応募というイメージも強いですが

  • 企業からの直接オファーをもらう
  • 求職者が企業を知ることができる情報量

ここを前面に出して「自発的転職」を表現していますね。

 

動く転職活動を新しい「リクナビNEXT」への登録から始めてみましょう。

>>新しい【 リクナビNEXT 】の登録はこちら 

 

リクルートエージェント

公式サイトhttps://www.r-agent.com/
CMキャラクター高橋一生さん、柳楽優弥さん
掲載求人数非公開求人件数:10万件以上(2021年12月15日現在)
専用アプリあり(ダウンロードはこちら
サービス開始時期2003年

 

すでに20年近くのエージェントサポートをするサービス。

転職サイトとの大きな違いは、あなたのキャリア・希望をヒアリングし・・・

ポイント

10万件以上の非公開求人から「あなたのため」の求人をピックアップします。

 

自分では気づかなかった可能性を見つけるヒントがここにあります。

在職中の転職活動では「求人ピックアップ」「面接対策」「条件交渉」など多くを頼ることができます

>>新しい【 リクルートエージェント 】公式サイトを見てみる 

 

リクルートエージェントの新CM

【 第一弾:その男たち篇 】

 

【 第一弾:お仕事篇 】

 

【 第二弾:顔に出ちゃう篇 】

 

【第二弾:立ちあがっちゃう篇】

 

【第三弾:見つかります篇】

 

【第三弾:幅広い可能性から篇】

 

リクルートエージェントの「本気」ポイント

こちらは今注目の高橋一生さんと柳楽優弥さんがエージェントコンビとして登場。

クールなタイプと明るいタイプが対照的で、人間味あふれるクスッとなるCMがいいですね。

ポイント

  • 「非公開求人10万件以上」
  • 「気軽な相談からOK」

を前面に打ち出していますね。

 

中にはエージェントは人によって対応が違うなど抵抗感を持つ方もいるでしょう。

以前、合わないエージェントに当たった場合の「交代の依頼方法」を記事にしました。

 

転職エージェントは「利用=必ず転職」ではありません。

ポイント

情報収集や転職活動のわからないことを相談するパートナーです。

 

私もエージェント時代は毎日が情報収集と求職者の方への伝達の繰り返しでもありました。

 

非公開求人は

人気で応募が殺到するのを防ぐ

企業内外に応募をまだオープンにできない

転職サイトの「広告」に頼らない熱意ある採用

これらを目的にしているので、非公開求人を提案されたら「あなたは特別」ということです。

 

プラスして「企業のリアルな内部情報」を常日頃の訪問で収集しています。

  • 社風、離職率、キャリアアップの実例などを事前に知り
  • 求人ピックアップや書類添削、応募、面接対策などを任せて
  • ミスマッチのない転職ができる。

それがエージェントサポートの大きな魅力です。

 

本気を出した最大手の他を圧倒する「全て無料」のエージェントサポート。

本気の転職に利用しない手はありませんね。

業界に特化したエージェントならこちらの記事をご参照ください。

 

詳しくは公式HPまで。

>>新しい【 リクルートエージェント 】無料サポートはこちら 

 

リクルートスタッフィング

公式サイトhttps://www.r-staffing.co.jp/
CMキャラクター黒木華さん
掲載求人数79,431件(2021年12月15日現在)
専用アプリなし(PC・スマホ各サイトで対応)
サービス開始時期1996年(アウトソーシング業開始)

 

 

リクルートスタッフィングとリクナビ派遣はよく混同されますが違いは以下の通りです。

求人案件派遣元
リクルートスタッフィングリクルートスタッフィングが提案リクルートスタッフィング
リクナビ派遣 自分で検索可能求人を持っている他の派遣会社

このように他社の案件含めて探せるポータルサイトとしての役割を「リクナビ派遣」がしている形です。

 

リクルートスタッフィングの新CM

【 オンライン登録篇 】

 

【 オンライン研修篇 】

 

【 テレワーク篇 】

 

リクルートスタッフィングの「本気」ポイント

ナチュラルな雰囲気の女優、黒木華さんを起用。

黒木さんが「自分らしい生活」を楽しみながら仕事をしているCM。

 

企業でもテレワークの浸透が進み

ポイント

「働き方の多様化」を前面に打ち出しています。

正社員だけでなく派遣という形態、そこには不安を持つ方もいると思います。

 

しかし今ではいきなり正社員ではなく「派遣」という働き方。

これで会社を見極めて正社員になるかを決める「入口」として利用することも1つの選択肢です。

 

多様化した働き方を利用して「派遣」という形で企業を見極める目を養ってみてはいかがでしょうか。

正社員としての活躍が結果的に早まる可能性を秘めています。

>>新しい【 リクルートスタッフィング 】への登録はこちら

 

リクルートダイレクトスカウト

公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/
CMキャラクター松坂桃李さん
掲載求人数105,088件(2021年12月15日現在)
旧名称CARRER CARVER(キャリアカーバー)

 

リクルートダイレクトスカウトの新CM

【 登場篇:高めたキャリアでver.】

 

【 登場篇:挑戦するチャンスver.】

 

【白い世界篇:自分の技術をver】

 

【白い世界篇:事業の成長にver】

 

リクルートダイレクトスカウトの本気度

2021年にハイクラス専門の転職サービス「キャリアカーバー」から名称を変更。

  • 年収600万円以上の求人専門
  • 3,000名以上のヘッドハンター
  • 登録後は企業からも直接スカウトがくる

これらのサポートが無料で受けられます。

 

サービス名の変更とともに新たなCMの放送もスタートしました。

ポイント

「可能性を見つけ、自分を高める」ことが前面に打ち出されています。

 

「スカウト」というダイレクトなアプローチが主流となった今。

最大手のリクルートがサービス名につけたことの意味はとても大きいと感じています。

 

「探す」のではなく「アプローチを受ける」スタイルへの転職活動の変化。

ぜひあなたも自分の可能性を見つけ出してください。

>>【リクルートダイレクトスカウト】公式HP 

 

転職最大手が今「本気」になる背景を知って人生を激変しよう

転職最大手が今「本気」になる背景を知って人生を激変しよう

すでに転職市場で最大手のポジションを取っているリクルートがなぜ今「本気」の強化を行うのか?

 

そこには

ウィズコロナに対応した企業の増加

古い体質の企業から脱したい転職希望者

新規求人企業の増加

この3つのタイミングがバッチリ合ったからです。

 

転職市場も流動的なので、常に景気に合わせて変化します。

メモ

最大手が各ブランドの新CMを一斉に流すのは、私がエージェント時代にも見たことがありません。

 

それだけここがチャンスと捉えているわけですね。

 

コロナで転職を踏みとどまっていたあなたは、

最大手の本気を見てもまだ留まりますか?

単独で「ライフイベント」の転職をしますか?

失敗のリスクを最小限にすることをスルーしますか?

 

 

チャンスはものすごいスピードであなたの目の前を通り過ぎて行きます。

 

ポイント

そのチャンスを掴むかどうかは「日頃の準備」です。

準備を整えたら行動にでましょう。

 

その「行動」が次の選択肢、つまり新しい道を切り拓きます。

人類が経験したことのないピンチを経験した。

ポイント

その後に「経験したことのないチャンス」がやってきます。

 

あなたがこのチャンスを追い風に理想の環境を掴むことを心から応援しています。

 

check>>本気の【リクナビNEXT】公式HP

check>>本気の【リクルートエージェント】公式HP

check>>本気の【リクルートスタッフィング】公式HP

check>>本気の【リクルートダイレクトスカウト】公式HP 

 

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています!

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

「おすすめ転職エージェント」記事一覧へ

 

 

 

 

-おすすめ転職エージェント, 総合
-, , , , , ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.