" />

転職・仕事の悩み

【本当か?】年齢も経験も不問の求人!実は裏に潜む真の条件を暴露!

たまに「年齢も経験も不問」って求人、あれ本当❓

 

スキルも年も関係ないなら誰でもいいってこと❓

 

今回はそんなお悩みを解決します。

 

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から

主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを

持った支援サービスをご紹介しています😉

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生

ための情報発信もしています👍

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届け

していますので参考にして頂けたらと思います😃

人気ブログランキング&ブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています👍

 

今回の記事では、「年齢も経験も不問」という

求人案件の裏に「真の条件」が潜んでた実話。

エージェント時代の経験から暴露します。

 

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、正しく疑う目を

養うことができて時短活動と成功転職を実現できます。

 

 

この記事の内容

  • 【本当か?】年齢も経験も不問の求人!実は裏に潜む真の条件を暴露!
  • 「年齢も経験も不問」の求人には注意な理由
  • 実際にあった!裏に潜む「真の条件」の実話!
  • 「正しく疑う目」であなたの貴重な時間を有効活用できる!

 

 

【本当か?】年齢も経験も不問の求人!実は裏に潜む真の条件を暴露!

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

エージェントから送られてくる案件

その中にたまに見かける

ポイント

「年齢 経験 不問」という求人

 

「これって誰でもいいってこと❓」

そう思ったことありませんか❓

 

結論から言うと

注意

応募の窓口は広げておいて

エージェント側での選別を

クライアントから依頼された

求人の可能性が高いです。

 

通常の転職サイトに掲載された

求人ならその文字の通りかも

しれませんがエージェント経由の

案件の場合は意味が変わってきます。

 

 

選別するならなぜ

そんな書き方をするのか❓

 

私がエージェント時代に実際にあった

クライアントの裏の思惑を公開します。

 

まず「そもそもその表記の意図」

ここを解説しますね。

 

関連記事>>>元エージェントおすすめエージェント

 

 

「年齢も経験も不問」の求人には注意な理由

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

この表記の求人は間口が広く

誰でもOKと見えますが

 

 

注意

素直に条件を書いたら誰も応募を

してこないかもしれないポスト。

 

このケースは結構多かったですね。

 

 

だから間口は広げて応募意思の

母数を増やしてエージェントで

「本当の基準を満たすか」

ここの作業をさせるわけです。

 

なのでスカウトメールにも

「本当の基準は掲載しないで」

と指示してくるんです😲

 

私はこのやり方は求職者の方に

とって期待から失望に落とす

やり方だなと感じていました。

 

なので予め「本当の基準」で検索を

して合致する人にだけスカウトメール

を送っていました。

 

 

ポイント

そのほうが双方にとって

時間短縮できるからです。

 

ですのでもしもエージェントから

「経験も年齢も不問です」と言う

案件が送られてきたらこう確認して

ください

 

確認すること

  • 「全て不問とのことですが選考基準はどこで見るのでしょうか?」
  • 「学歴、転職回数、英語力など指定はありませんか?」

 

本当はあるのに「特にない」と答える。

 

そんなエージェントは

「嘘をついている可能性」

があるのでその後の付き合い

を考え直せます。

 

 

注意ポイント

絶対に不問なことがないとは

言い切れないので必ず応じる

前にメールで確認してください。

 

業務内容の難易度との

整合性があるか❓

 

ここが一番の「見極めポイント」です。

 

次の項目では、実際にあった

裏に潜んでいた「真の基準」

 

この例をいくつかご紹介します。

 

関連記事>>>【ダメだこりゃ】NGエージェントの典型的パターンTOP3

 

 

実際にあった!裏に潜む「真の条件」の実話!

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

裏に潜む「真の選考基準」

  1. MARCH以上の学歴
  2. 転職回数制限
  3. TOEICの点数

 

順に説明しますね。

 

1.MARCH以上の学歴

私が現役時代にこういった集め方を

するクライアントはそれを一覧表に

して送ってきました。

 

そこには「学歴」の項目があって

注意

MARCH、関関同立以上の学歴

 

と明記してありました。

 

中には大学院で修士または博士

過程を修了した者というものも❗️

 

理由としては「今後の勉強では

カバーできない根本的な思考能力」

であると。

 

は❓と思ったのが正直なとこです。

 

 

学歴が高い=思考能力が高い

この考えを持った人事でした。

 

メモ

ちなみにこの企業の人事も

元転職エージェントでした。

エリート意識がやたら高い系でした。

 

学歴クリアしてもそのポジションに

魅力がなければ意味ないのになと

私は感じていました。

 

転職に「学歴」を言ってくる

企業は私的にあまり環境的に

おすすめしません。

 

 

2.転職回数制限

この「転職回数」を制限するのは

一つには「すぐやめられたら困る」

これはわかります。

 

 

注意

20代と40代の「転職経験1回」

ここには大きな「経験の差」があります。

と同時に「プライド形成の差」がある

のも事実です。

 

つまりそれだけじゃ測れないと

言うのが現状ですよね❓

 

 

言い換えたら

ポイント

これまでの経験を活かしつつも素直に

新しいことに取り組めて誰からも教えを

こうことができる人

 

と言うことになります。

 

 

かなりレベル高いですよね。。。

 

エージェントは電話面談などの時に

その方の性格的な部分もある程度

みています。

 

しかし実際の仕事の時と面談とでは

100%合致するかといえばNOです。

 

転職は「回数」ではなくそれによって

「どう成長してきてないを持ったか?」

 

そこが大事な部分です。

 

 

アメリカでは平均転職回数15回

経験社数16社と言うデータが

ありますから少しずれていますね、

 

 

3.TOEICの点数

もうこれを隠されると

エージェントとしても選別の

手間が半端ないわけですよ。

 

しかも日常的に英語を使用する

のならまだしもそうでもない。

 

要は・・・

注意

一つのことを集中的に勉強して

それなりの結果を出したかが

わかりやすいから

 

という理由でした。。。

なんじゃそりゃ❓

 

英語使わないなら

他のことでもいいのではないか❓

 

マネジメント経験だったり

役職経験者などでも良くね❓

 

 

ちょっと愚痴っぽくなりました😅

 

「完成された人間」

を求めるのではなく

ポイント

「一緒に成長していける人」

ここに投資する。

 

そうでなければ能力高い人が

ミスマッチを起こしかねません。

 

 

こう言った「自己満足型」

選考基準を言ってくる企業も

あるということを知っておくと

いいかも知れません。

 

関連記事>>>【プチジョブ】離職後の資金難も安心!スキマ時間をお金に変える術!

 

 

「正しく疑う目」であなたの貴重な時間を有効活用できる!

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

こう言った企業は稀ではありますが

「年齢 経験 不問」

 

このキーワードには裏があることを

知っておくだけで活動への時間配分が

大きく変わります。

 

「とにかく頭数が欲しい」

というケースもあるでしょう。

 

そういったことをエージェント

経由の活動なら事前に確認する。

 

転職サイトからの直接応募なら

質問欄などに記載しておく。

 

ポイント

あなたの貴重な時間を有効に

使うことが何より大切です。

 

表面上のキーワードに惑わされず

本質を知る方法をとって「情報」

をしっかりキャッチしてくださいね😉

 

いくつかのエージェントに登録して

セカンド・サードオピニオンを

受けて材料を増やしましょう👍

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ

働けるような転職先に出会えたことを

【成功転職】と勝手に呼んでいます。

 

あなたの【成功転職】を心から応援しています!

 

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️👍

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

4つクリック投票いただけたら嬉しいです🎶

サイドバーのトップにも設置しています😃

 

 

 

【 追記:転職をお考えの方へ 】

転職は「情報戦」です。

一人では知り得ない情報をエージェントは

たくさん持っています。

 

非公開求人や企業の内部情報などたくさんの「情報」

判断材料に加えて成功するて転職を実現しましょうね!

 

元プロエージェントが研究したおすすめをした

比較記事を下記に贈ります。

 

あなたの未来が輝くためにも「今」を思いっきり

有効活用してくださいね!

 

おすすめ記事>>>登録必須エージェント紹介・比較記事

 

 

「仕事・転職」記事一覧へ

 

 

-転職・仕事の悩み
-

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.