" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

仕事・転職

【同一労働同一賃金】意味ある?格差解消される?予測トラブルを解説

同一労働同一賃金って何が変わるの❓

 

自分の給料に影響が出ちゃうのかな❓

 

今回はそんなお悩みを解決します。

 

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から

主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを

持った支援サービスをご紹介しています😉

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生

ための情報発信もしています👍

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届け

していますので参考にして頂けたらと思います😃

人気ブログランキング&ブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています👍

 

今回の記事では、大企業で2020年4月に始まった

「同一労働同一賃金」、来年には中小企業でも始まります。

この制度の無責任さと予測される事態について解説します。

 

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、根本的な解消策って

そこじゃないということが分かり仕事の本質が見えます。

 

 

この記事の内容

  • 【同一労働同一賃金】意味ある?格差解消される?予測トラブルを解説
  • この制度では「根本的な解消」にならないワケ
  • 上澄みの解決を目的にした制度の予測できるトラブル
  • 問題解決できるのはやはり「民」。誰もが働きやすくするために

 

 

【同一労働同一賃金】意味ある?格差解消される?予測トラブルを解説

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

今年2020年4月から大企業を対象に

「同一労働同一賃金」

これがスタートしました。

 

そもそもこの制度どういったものなのか❓

概要は下記の通りです。

制度の概要

正規雇用・非正規雇用問わず同一の業務に

対しては同一の賃金を支払う制度。

 

これによって

「正規・非正規の賃金格差を解消」

していこうという目的の制度です。

 

 

来年2021年4月からは中小企業にも

対象を拡大して全面的に導入されます。

 

中小企業の厚労省の定義は

以下の通りです。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

資本金が3億円を超える企業では導入が

始まりましたがコロナのニュースも

あってか今のところ何かトラブルに

なった話は聞こえてきてはいませんね❓

 

しかし私としては派遣のエージェントも

してきた経験から正規・非正規の格差が

制度一つで埋まるとは考え難いというのが本音です🤔

 

その辺りの理由を次の項目で解説

しますので一緒に見ていきましょう😉

 

関連記事>>>【衝撃】給料が上がらない理由。労働量はなく〇〇をあげることが必須

 

 

この制度では「根本的な解消」にならないワケ

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

この制度って元々は

「雇用形態による賃金格差の解消」

これを持って

ポイント

どんな雇用形態でも不合理な賃金に

ならないように選択のしやすい環境に。

これを目的に作られましたが・・・

 

企業で働いている方ならきっと

皆さん疑問に感じる部分多いん

じゃないでしょうか❓

 

ちなみに2018年現在での

正規職員とそれ以外の賃金格差の

一覧が下記の通りです。

 

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

2013年ごろは2倍の差が

あった賃金もこれを見るとも

1.5倍くらいにまで縮まって

きてはいます。

 

 

必ずしも非正規ながら正規社員と

同じ業務をしている人ばかりとは

限らない部分はあります。

 

あるもののこれだけの差をいきなり

どちらかに合わせるとなると結構な

ハードルがありそうですよね❓

 

 

まだ表立って問題は出ていませんが

今後予想ができてしまう問題点

次に上げていきたいと思います。

 

あなたは率直にどんなことが

問題に感じましたか❓

 

関連記事>>>【マジ?】〇〇する人は年収400万円以上高い!取り入れるべき習慣

 

 

上澄みの解決を目的にした制度の予測できるトラブル

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

導入によって起こりそうなトラブル

  1. 「賃金のベースダウン」も可能になる
  2. 正規社員になるメリットの減退
  3. 従業員間の不信感、調和の乱れ

 

順に説明しますね。

 

 

1.「賃金のベースダウン」も可能になる

正規社員と同じ業務をこなしている

非正規雇用の方には大きくメリットです。

 

でも正規社員にとっては非正規が

同じ仕事をしていればそちらに

合わせられるという

 

注意

「賃金のベースダウン」も可能になるわけです。

要するに業務効率の悪い正規社員の

給与を下げる口実になるということです。

 

 

非正規に合わせるにしても中間を

取るにしても正規社員は同じ仕事で

給料が下がるだけです。

 

かといって非正規雇用の給与を

正規に合わせたら企業のコストが

大幅に膨らみますよね❓

 

まずこの壁をどうするのか❓

 

この時に問題となりそうなのが

注意

非正規に対しての説得行為。

つまり正規に少しだけ業務を上乗せして

差をつけることで「同業務」から外す。

 

これではイタチごっこですね💧

 

どこを基準にするのかは企業に

委ねているようですからきっと

問題は出てきそうです。

 

今大企業での問題点を洗い出して

来年の全面導入につなげてほしい

強くそう思います。

 

 

2.正規社員になるメリットの減退

この制度が導入されることで企業は

有能な非正規を正規社員に迎えたり

「離職を防ぐ手立て」になりますよね。

 

しかし一方で

注意

従業員側は正規社員として働くことに

メリットを感じる要素がなくなる。

こんなことになりかねないのではと

心配になります。

 

 

特に転職市場はコロナ禍においても

総求人数は変わっておらず囲い込みの

メリットにならないのでは❓と

思ってしまいます。

 

関連記事>>>【アフターコロナ】転職は情報戦!収束後まで見据えていますべきことは?

 

 

 

同じ業務でもっと条件のいい会社で

正規社員として働こうと考える人が

増加するのでは❓と予測しています。

 

非正規社員が正規社員になりたいと

思うようなものを企業により一層

求められそうな予感です。

 

 

3.従業員間の不信感、調和の乱れ

これまで明かな差があった賃金が

同じになることで正規社員側から

不満や不信感が出そうな気がします。

 

その結果

注意

パワハラやその他の嫌がらせが

増加してしまう懸念

ここが心配されます。

 

制度はシンプルなことを言っていますが

実際に働いていて影響を受けるのは

「人」です。

 

気持ちに何らかの変化があることは

容易に予測ができますよね❓

 

注意

そうした時に従業員同士で疑心暗鬼に

なってしまって離職率が上がって

しまっては何の意味もありません。

 

メリットとしてみるなら

「競争力が高まること」

が考えられますがこれは心理の

変化が良い方向へ働けばの話です。

 

関連記事>>>【〇〇テンション】気分屋上司を気にせず集中できる独自法を大暴露!

 

 

問題解決できるのはやはり「民」。誰もが働きやすくするために

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

企業内での問題は人が働くことで

小さなことから大きなことへ

変わっていきます。

 

その度に出される国の制度や措置は

「最終的に表面化した部分」を解決

しようとするものがほとんどなのが

現状です。つまり「上澄部分」です。

 

 

注意

だから根底にある「人の気持ち」まで

納得させられる施策とまでいかない。

 

ここに官民の大きな溝があります。

 

そこを分かった上で今回の制度を

活用して従業員の気持ちを納得させる

施策が打てる、そんな企業が

  • 今後優秀な人材の流出を防いで
  • 社員のモチベーションを上げて
  • 生産性の向上につなげることができる

 

これが実現できるかは

「トップの腕の見せ所」

とも言えますね❗️

 

働く人がどんな事情があっても

雇用形態でなくその能力で評価

されるよう、

 

そしてその上で1億総活躍

実現されることを願うばかりです。

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ

働けるような転職先に出会えたことを

【成功転職】と勝手に呼んでいます。

 

あなたの【成功転職】を心から応援しています!

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️👍

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

4つクリックいただけたら嬉しいです🎶

サイドバーのトップにも設置しています😃

 

 

【 追記:転職をお考えの方へ 】

転職は「情報戦」です。

一人では知り得ない情報をエージェントは

たくさん持っています。

 

非公開求人や企業の内部情報などたくさんの「情報」

判断材料に加えて成功するて転職を実現しましょうね!

 

元プロエージェントが研究したおすすめをした

比較記事を下記に贈ります。

 

あなたの未来が輝くためにも「今」を思いっきり

有効活用してくださいね!

 

人気記事>>>登録必須エージェント紹介・比較記事

 

 

「仕事・転職」記事一覧へ

 

 

-仕事・転職
-

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.