" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

転職・仕事の悩み

面接で良い印象を与えようと起きるミスマッチ!持つべきマインドを解説。

なかなか面接に受からせてもらえない・・・

 

今日も面接で手応えがなかった・・・

 

今回はそんなお悩みを解決します。

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から

主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを

持った支援サービスをご紹介しています😉

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生

ための情報発信もしています👍

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届け

していますので参考にして頂けたらと思います😃

人気ブログランキング&ブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています👍

 

 

今回の記事では、面接に「受かりたい」ために自分を偽って

しまう人間心理が大きなミスマッチを引き起こす要因だと

いうことと心も楽になるマインドを解説します。

 

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、無駄な力が抜けて無理せず

自分らしく面接の挑むことができ最適な環境を得られます。

 

 

この記事の内容

  • 面接で良い印象を与えようと起きるミスマッチ!持つべきマインドを解説。
  • 面接を「受ける」と考えては置けないワケ
  • 気持ちがスッと楽になる「イーブンマインド」の作り方
  • 「ありのまま」のあなたと共鳴する企業が幸せへの架け橋

 

 

面接で良い印象を与えようと起きるミスマッチ!持つべきマインドを解説。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

転職活動で面接に臨む時「面接を受ける」と言う感情で当日を迎えていませんか❓

 

注意

「その考え」があなたの良さを「半減」させます。

 

え❗️❓そうなの❓と思ったあなた。

残念ながらそうなんです。。

 

結論、

ポイント

「ありのままのあなた」がベストなんです。

 

え❗️❓そうなの❓と思ったあなた。

はい❗️そのままでいいのです。

 

もちろんオフィシャルな場ですから、最低限の言葉遣いとか礼儀は忘れちゃダメですよ❓

 

でもテストではなく「ディスカッション」の感覚を持てるように気持ちを持っていくことが、お互いを知る「納得できる面接」になるんです。

 

 

なぜ「面接を受ける」と言う考えが良さを半減させ、ありのままがいいのか❓

次の項目で解説しますので一緒にみていきましょう。

 

関連記事>>【即断】こんな面接は途中で打ち切れ!時間ロスを介するポイント!

 

 

面接を「受ける」と考えては置けないワケ

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

このブログでも何度も言ってますように、面接は「お互いを見極める場」でもあります。

 

注意

しかし大半の方は面接の場での無意識の「優位性」を感じてしまう心理が働きます。

 

なので「相手先企業の情報」をどれだけ得られるか❓

ここにフォーカスしないと「力関係」で考えてしまい、ただ印象を良くしようと当たり障りのない回答をして終わってしまいます。

 

これって非常にもったいないです。

 

この後で紹介する考え方、行動をすることで

ポイント

気持ちが楽になるのはもちろんですが、相手に前向きな印象を持たせることができます。

 

もったいぶらずに早速いきましょうね。

 

関連記事>>【勘違い】面接官は「聞いてる」のではなく「見ている」と言う事実!

 

 

気持ちがスッと楽になる「イーブンマインド」の作り方

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

イーブンマインドの作り方

  1. 募集要項でわからないことをとことん聞く
  2. 人生をかけた大勝負ではない
  3. 面接官は「ありのままがみたい」

 

順に説明しますね。

 

1.募集要項でわからないことをとことん聞く

面接を終えて仮にご縁がなかったとしても、「得られた情報」は同業界で他の企業を受ける場合に大きな武器になるはずです。

 

そして肝になるのが「あなたからの質問」です。

ポイント

質問の内容が濃ければ濃いほど、先方の印象に残ります。

 

「聞きたいことたくさんあるんですが・・・」と前置きをして2、3個用意して、雰囲気で深掘りして話をさせましょう。

 

ポイント

人間は「自分の知ってる話」を人に話すのが大好きです。

 

 

要はインパクトのある回答でガツーン❗️よりも、すごく興味を持って「質問してくれる」方が志望度の高さを示すことができるわけです。

興味を示すのは「志望動機」よりも「あなたの質問」であることを念頭に置いておいてください。

 

 

2.人生をかけた大勝負ではない

転職活動は人生に「影響を与える」ことはあっても、人生が終わったり命を奪われるわけでもなく、その企業に入れなかったことで終わるようなことはありません。

 

ポイント

安心してください。

あなたの人生は変わらず続いていきます。

 

 

転職はよく恋愛に例えられますが、興味のなかった異性にある瞬間、突然意識し出して頭から離れない。

そんなこともあるわけです。

 

数をこなすと言ったら表現よくないですが

ポイント

シンプルに出会いの母数を増やしたら確率は確かに上がります。

 

あなたも彼氏・彼女が欲しくて夜な夜な合コンに行ってたなんてことありませんか❓

 

関連記事>>【集団時間差応募法】転職で不採用にモチベーション落とさない裏技

 

 

3.面接官は「ありのままがみたい」

これも恋愛に通じますが

注意

「作り込んだ姿」や「準備した回答」は、百戦錬磨の面接官はすでに見飽きています。

 

しかもその場で作った自分で内定を得ても、それをこの先ずっと続けないとならない状況を自分で作ることになってしまいます。

合否については相性もありますから、よくない結果だからあなたが否定されるわけではないので安心してくださいね。

 

過去、私がエージェントとしてサポートした方はMR(医療情報提供者)、つまり「製薬会社の営業さん」だったんですがこんなことがありました。

 

面接でも評価はよくドクターにも気に入られそうと評価されたにもかかわらず不採用だったんです。

その理由が

注意

「うちの会社っぽくないよな」

 

「はぁぁぁぁぁぁぁ❓❓❓❓❓」

と社内で大声で叫んだことを覚えています。

 

 

でも社風的に合わなければ、本人にとってもためにならないと言う判断だったようです。

 

そんなことも面接では起こるんです。

 

そう考えたら

ポイント

せっかくのあなたの良さを抑えてまで「受かるために作ること」のデメリットの方が大きいんです。

 

ありのままのあなたを「欲しい❗️」と思ってくれるそんな企業と出会うことが転職活動の目的だと考えることが重要です。

 

関連記事>>【採用を知ろう】転職活動の面接は印象で決まると言うのは完全ウソ!

 

 

「ありのまま」のあなたと共鳴する企業が幸せへの架け橋

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

面接の緊張の9割が「うまく話せるか」と言うことは皆さん分かってはいると思います。

前項の考えを持って臨むことができれば、「偽った自分」を作らずとも、あなたの自然な笑顔が出て自然な魅力が出てありのままの自分を自信を持って出すことができます

 

「ありのまま」を連発して某映画みたいになってますが(笑)

 

ポイント

「あなた」という人はこの世に2人といません。

 

その個性がバシッとハマる企業は必ずあります。

内定欲しさに自分を偽って自分の首を絞めてしまわないようにイーブンマインドで臨みましょう

 

 

そこで働く方もあなたとの相性がハマるはずです。

面接官はあなただけでなく社内の人間関係までも考えて採用を決めています。

 

緊張はしても自分という歴史を偽って作らず、あなたのいいところを存分に出す貴重な時間を楽しんで使いましょう❗️

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたことを【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

3つクリック投票いただけたら嬉しいです。

サイドバーのトップにも設置しています。

 

 

【 追記:転職をお考えの方へ 】

転職は「情報戦」です。

一人では知り得ない情報をエージェントはたくさん持っています。

 

非公開求人や企業の内部情報などたくさんの「情報」を判断材料に加えて成功するて転職を実現しましょうね!

 

元プロエージェントが研究したおすすめをした

比較記事を下記に贈ります。

 

あなたの未来が輝くためにも「今」を思いっきり有効活用してくださいね!

 

おすすめ記事>>登録必須エージェント紹介・比較記事

関連記事>>【まとめ記事集】職種別・業界別・その他おすすめエージェント!

 

 

「仕事・転職」記事一覧へ

 

 

-転職・仕事の悩み
-,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.