" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

転職・仕事の悩み

マネジメント経験アピールの正解は?面接で伝える際の重点ポイント。

マネジメント経験を面接でアピールするにはどうすればいい・・・❓

 

指導経験を差別化できる方法ってないかな・・・❓

 

今回はそんなお悩みを解決します。

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から、主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届けしていますので参考にして頂けたらと思います。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

 

今回の記事では、よく耳にする「マネジメント」について、次世代に求められる姿とアピールすべき方法を心理学を応用して解説します。

 

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、部下・後輩への正しい接し方を理解することができどの会社でも均一なマネジメントができるようになります。

 

 

この記事の内容

  • マネジメント経験アピールの正解は?面接で伝える際の重点ポイント。
  • マネジメントは「内容」を伝えてこそ意味が生まれる
  • アサーティブ・コミュニケーションを身につける効果的方法
  • マネジメントから何を学んだか?アピール点がわかれば心の鐘を鳴らせる

 

 

マネジメント経験アピールの正解は?面接で伝える際の重点ポイント。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

転職活動で経験をアピールする際に「マネジメントスキル」。

これをアピールする人は多いです。

 

経験があったらほぼ100%してるんじゃないでしょうか❓

 

 

でも「マネジメント」ってすごく「曖昧な言葉」ですよね❓

教えること❓

メンターとしてつくこと❓

 

 

社歴が長くなって単に後輩がたくさんいた事。

これは明らかに違いますね。

 

でも多くの人が面接でアピールするのは

注意

自分より後輩=マネジメント人数とカウントしがち。

そーゆーことじゃないんだよ❗️と突っ込みたいところは抑えて。

 

これは間違っているのと、そもそもの話「マネジメント経験あります❗️」。

これは誰もがアピールすることなので、面接官には1ミリも響かないって言っていいです。

 

差別化したいのなら

ポイント

  • マネジメントで自分が教わった(得た)こと。
  • マネジメントとは❓自分なりの持論。

ここが相手に伝わるように説明できれば最強です。

 

過去、私が面接官をしてて、これをアピールしてきた人はたった1人だけでした。

 

だから今でも覚えています。

めっちゃ心の鐘なりまくりましたから❗️

 

 

なぜ単にマネジメント経験や人数をアピールするだけではいけないのか❓

 

次の項目で解説しますので一緒にみていきましょう❗️

 

関連記事>>あなたは大丈夫?尊敬したくなる上司・先輩になる7つのポイント

 

 

マネジメントは「内容」を伝えてこそ意味が生まれる

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

「マネジメント経験あり」とだけアピールしても、無意味な理由としては、前述の通り人数だとか経験だけ伝えても

注意

肝心な中身「スキル」が全く伝わらないからです。

 

もっとストレートに言っちゃうと・・・

経験があることだけを伝えても「でしょーねー、その年齢なら」としかならないからです。

 

新しい環境でマネジメント層に転職するなら、なおさらその具体例がないと同じようにできる保証なんてどこにもないですよね❓

 

マネジメントスキルで相手の心の鐘を鳴らすのは

ポイント

  • 後輩からでも「学んだこと」を自信を持って話せる。
  • 「周りを立てる」ことで自分を引き立たせることです。

 

 

周りを落として自分をあげるのは最低の方法なので、やっている人がいたら付き合いをやめてOKです。

 

心理学の中にも【マネージメントトレーニング】というものがあります。

指導する立場になれば時にきついことも言わなきゃいけない。

相手はあなたを批判的に見るかもしれません。

 

でも最終的には相手の気持ちが上向き⤴︎になっていないとダメですね❓

 

相手からの「批判」に対して、常にマネジメントトレーニングを心がける。

 

これは「すれ違い」を避けるコミュニケーションにも繋がって信頼関係が強くなるんですよ❗️

ポイント

専門用語で【アサーション】というものです。

応用したものが【アサーティブ・コミュニケーション】と呼ばれています。

 

 

アサーションは1950年代に生まれた

カウンセリング用語で自己表現が苦手な

人が一方的ではなく自分の意見や要求を

適切に伝えるための表現方法を指します。

今では人事・労務用語として用いられます。

 

 

 

 

この【アサーティブ・コミュニケーション】を取るために、それをアピールできるものにするためにはどうすればいいのか❓

次の項目で詳しく解説しますので、是非あなたの経験に当てはめてみてください。

 

関連記事>>年下の上司に指示されるのがムカつく?珍しくなくなった事への対処

 

 

アサーティブ・コミュニケーションを身につける効果的方法

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

アサーティブコミニュケーション体得方法

  1. 自分の「感情の種類」をしっかり伝える
  2. 相手からの批判は受け止めてあげる
  3. 過去に批判された時を参考にする

 

順に解説していきますね。

 

1.自分の「感情の種類」をしっかり伝える

これは最近問題にもなった「誹謗中傷」にも言えることなのですが、相手に攻撃批判されたら受け入れられないのが人ですよね❓

 

こうなってしまうと

注意

その批判が「正しくても」相手は聞けなくなってしまいます。

 

わかってくれるはずと思った人が、わかってないかった時に負の感情が湧いてぶつけちゃったりします。

 

ポイント

自分の感情が「怒り」なのか「愛情」なのかを、しっかり伝えないと相手がわからなくなりますので、ここをしっかり伝えてあげてください。

 

叱責ではなく「激励」だということが伝われば、相手のモチベーションアップに着地させることができます。

 

 

2.相手からの批判は受け止めてあげる

相手からの「批判の意見を受け止める」ことができないと、自分の意見も「聞いてもらえない」。

そんな状態になります。

 

【アサーション】の本来の目的。

「言いたい事を言うの本質」。

ここからそれた状態になてしまうんですね。

 

 

注意

ガマンせすに言ったほうがいいんです。

でないと、いつか爆発してしまいます。

 

カップルに置き換えたらお互い好きだったら乗り越えられます。

仕事関係でも、お互い信頼してあげられれば、その批判的意見も意味合いを考えるゆとりができます。

 

注意

恋愛なら新婚、付き合いたての時ほど、この関係を作ったほうがいいわけです。

年月が経ってからだと他に刺激を求めてしまう傾向になるので要注意です。

 

仕事でも早い段階でこれを基本スタイルに持っておくと、相手のことを考えつつ自分の意見や要求を「正しい感情」で伝えることができます。

 

 

3.過去に批判された時を参考にする

いきなり批判を受け止めるのも難しいことですね❓

この方法は

ポイント

心理学で【リアライゼーション・トレーニング】と言います。

※リアライズ(realize)=悟る、はっきり理解する

 

過去に攻撃・批判された事を思い出します。

特に大事だと思っていた人からのものが良いです。

 

その処理方法ステップとして

「相手のその発言が正確にどういう意味」か頭の中で質問する

頭の中でストーリーを展開してみます。

そして相手が発した言葉が「どういう感情」「どういう意味」かこれを「追体験」するテクニックです。

 

 

発言の中に賛成できるところがないか?一理ある部分を探す

例えば、約束していた食事が何回も仕事でダメになり、相手にブチ切れられるとします。

⬇️

「あんたなんてサイテー❗️」と言われた時、本当に毎回そうだと思ってる❓と「頭の中」で聞いてみます。

⬇️

でも今回守ってないのは事実 ➡️ 楽しみにしてたのに悲しい気持ちが怒りになっちゃって悪いことしたなと思う。

⬇️

ここに相手の感じている気持ちに「一理ある」ことを見つけます。

瞬間的な感情にとらわれずに冷静になるためのステップです。

 

 

賛成できるポイントを踏まえ意見の一致&不一致を探す

楽しみにしていたのは双方に一致している。

⬇️

でも仕事を優先しないといけない「自分の悲しみ」と、約束を守られなかった「相手の悲しみ」とが不一致

⬇️

再度「一致した楽しみ」へ次にどういう風に楽しい時間を過ごそうかと持っていくプロセスです。

 

 

 

このように前提として注意をしなければならないのは

注意

相手の言葉に、瞬時に感情的に反応してはいけないということです。

 

【リアライゼーション・トレーニング】

これを通じて感情を理解し、

【アサーティブ・コミュニケーション】

これで相手を思いやった上の「言わなきゃならないこと」を伝える。

 

この2つのフィルターを通すことができれば、あなたは優秀なマネージャーになることができます。

 

関連記事>>怒りの感情をコントロールする「アンガーマネジメント」で穏やかに。

 

 

マネジメントから何を学んだか?アピール点がわかれば心の鐘を鳴らせる

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

マネージメント経験で「教えたこと」ではなく「身に付けた・学んだこと」を伝える差別化。

 

実際のマネージメントの場面で相手を思いやった伝え方の【アサーティブ・コミュニケーション】。

批判を受け止め理解する【リアライゼーション・トレーニング】。

 

この3つのことを念頭に置いて、後輩の方と接すると

  • あなた自身のもう一段成長
  • コミュニケーション能力の向上
  • 批判に対する対応能力の向上

これらが自然に実現します。

 

これからの時代のマネジメント層。

求められる形もどんどん形が変わっていきます。

 

その変化にあなたが柔軟に対応ができれば、あなたの周りには自然と人が集まり信頼をおいてもらえる存在になることができるでしょう。

 

そんな次世代のマネジメント力を身につけて、転職活動で面接官の心の鐘を鳴らしまくってくださいね。

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたこと【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト・ランキング村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

3つクリックいただけたら嬉しいです。

サイドバー上部にも設置しています。

 

 

【 追記:転職をお考えの方へ 】

転職は「情報戦」です。

一人では知り得ない情報をエージェントはたくさん持っています。

 

非公開求人や企業の内部情報などたくさんの「情報」を判断材料に加えて成功するて転職を実現しましょうね❗️

 

元プロエージェントが研究したおすすめをした

比較記事を下記に贈ります。

 

あなたの未来が輝くためにも「今」を思いっきり有効活用してくださいね❗️

 

おすすめ記事>>登録必須エージェント紹介・比較記事

関連記事>>【まとめ記事集】職種別・業界別・その他おすすめエージェント!

 

 

「仕事・転職」記事一覧へ

 

 

-転職・仕事の悩み
-, ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.