適度な緊張はむしろOK!それが相手に好印象を与える!

人生
スポンサーリンク

今日も1日頑張りましょう。

さて、今日はコミュニケーションにおいてどうしても緊張してしまうのが悩み!

というあなたに『緊張というものは全然しても良いものなんだ』ということをお伝えしたいと思います。

緊張は重要なスパイス!

 

スポンサーリンク

適度な緊張はむしろOK!それが相手に好印象を与える!

Kazutomo-nagasawa.com/alt

商談や面接、そしてデートの場面ではどうしても緊張してしまうものですよね。

これはいろんな要因があります。多くは失敗したくない、成功させなきゃという思いから生まれると思います。

 

 

しかしながら何が「成功の要因」になるかはその時その時で違ったりします。

ちょっとした言い間違いが笑いを生むこともあれば、完璧に答えたつもりが棒読みになってしまったり。

 

 

私がエージェントの頃、紹介企業の面接に臨む求職者の方には

「緊張はしてください、隠さなくてOKです」

と伝えていました。隠したってそういった場面では緊張してしまうもの。

 

 

逆に変に面接慣れしている方が自信過剰と映り、感じ悪く取られてしまったりすることもあります。

自己紹介の最後に笑顔で「緊張してます」というくらいでOKなんです。

 

 

もちろん何も喋れないほどの緊張はほぐす必要がありますが、適度な緊張は一生懸命さが伝わり、ここが大切な場であるという思いが伝わります。

ですので、緊張しいだというあなたはそのままで良いのです。

 

 

緊張の時間が終わった後の解放感を楽しんでください。恋愛の場面では解放感はおかしいですけどね(笑)

 

緊張は「あなたが謙虚である」ことの証

Kazutomo-nagasawa.com/alt

緊張するのはそこが大切な場面であるとあなたが思っているからと書かせていただきました。

 

 

そしてその場面であなたは相手を想いやり、失礼のないようにと色々なところに気を巡らせると思います。

それはあなたが人の気持ちを慮る謙虚で優しい人だからです。

これからもその優しさは持ち続けてくださいね。

 

 

念のため書いておきますと、緊張しない人が謙虚じゃないということではないですからね(笑)

やはり回数をこなしていくと人間どうしても慣れてきます。

 

 

そんな時も初心は忘れずいたいものです。緊張しながら想いやりを持って謙虚に対応している人には敵わないですから!

それくらい適度な緊張は好印象を与えることができます。

 

 

きっとこれからも商談や面接、デートでは緊張されることと思いますが、どうか「緊張して良いんだ」ということを忘れないでその緊張感で相手を思いやってくださいね。

 

永遠に慣れることがないからこそ毎日が新鮮!

 

ここまで書いてからいうのもなんなんですけど、私もとても緊張します。いや本当です!それだけ一生懸命に取り組んでいる自負があります。

 

緊張する自分を理解してあげることでそれを力に変えるように努力しております。

 

今では緊張をコントロールと言って良いのかわかりませんが、力に変えることができるようになってきたと思っています。

でもやっぱり終わった後「ぷはぁーーーっ!」ってなります(笑)

 

 

この緊張から解放された瞬間のなんでしょう

「やってやった感」最高ですね。

それがあるから頑張れると思っています。

 

 

淡々と仕事をこなしたり、スマートに振る舞ったりするのも確かに素敵なのですが、やっぱり緊張して丁寧な対応の人は好印象をもたれます。

 

あなたの緊張もきっと多くの人に好印象を与えています。

 

ですので自信を持って笑顔を添えて相手の笑顔も引き出していってください。同じ緊張しいの人間としていつも応援しています。

 

 

慣れることがないから毎日が新鮮!明日もあなたにとって新鮮な1日が待っています。

あなたも同じく新鮮な気持ちで、初心を忘れることなくあなたらしく接してください。

 

 

その謙虚さ・一生懸命さが結果を運んできます。そのことを忘れず一期一会を大切に過ごしてくださいね。

Kazutomo

コメント

タイトルとURLをコピーしました