" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

転職・仕事の悩み

【体験談】信頼の崩壊!エージェントがサポート諦める求職者の実例!

エージェントが態度変えるって聞くけどどんな時・・・❓

 

エージェントが対応しなくなるのは何された時・・・❓

 

 

今回はそんなお悩みを解決します。

 

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から

主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを

持った支援サービスをご紹介しています😉

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生

ための情報発信もしています👍

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届け

していますので参考にして頂けたらと思います😃

人気ブログランキング&ブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています👍

 

 

今回の記事では、私のエージェント経験で

サポートするのをやめた求職者のNGな事例

これについて実体験から解説していきます。

 

 

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、何が信頼関係を壊すのか❓

これがわかり仕事でもプライベートでも大切にすることができます。

 

 

この記事の内容

  • 【体験談】信頼の崩壊!エージェントがサポート諦める求職者の実例!
  • エージェントが求職者のサポートをやめてしまうワケ
  • 実体験からサポートを諦めた実例集
  • お互いの信頼関係を大切にすれば仕事も人生もうまくいく!

 

 

【体験談】信頼の崩壊!エージェントがサポート諦める求職者の実例!

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

転職活動でエージェントを利用したことの

ある方ならエージェントの対応について

何かを感じたと言うことがあったかと思います。

 

エージェントも人間なので気分にムラがあって

中にはそれを仕事に出してしまう人もいます。

 

「自分の気持ち」を表面に出してしまうのは

はっきり言って「質の低いエージェント」です。

 

しかし中には別の理由で冷たくなったり、

連絡を返さないと言うこともあるんです。

 

それは

注意

求職者の方との「信頼関係の崩壊」です。

 

 

求職者の方の「ある言動」が引き金になって

「本気度」に疑いを持ってしまう。

こうなるとあまりいい方向に進まないんですよね。。。。

 

どうして信頼関係が壊れると対応に

変化が出ちゃうのか❓

 

また取り戻せばいいのでは❓

と思うかもしれません。

 

次の項目ではその理由について

解説しますので一緒に見ていきましょう。

 

関連記事>>>【まっすぐ】エージェントに嘘を?正直な心が引き寄せる希望の未来!

 

 

エージェントが求職者のサポートをやめてしまうワケ

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

エージェントも自分のミッションとして

求職者の方の【成功転職】に向けて

しかも複数の方を同時にサポートするわけで

結構ハードな職業です。

 

それを支えているのが

「お互いの信頼関係」なんですね。

 

 

一般的にも言われることですけど

注意

信頼関係は構築するのは大変だが、

壊れるときは一瞬。

 

 

仕事だけに限らず友達関係でも

そうじゃないですか❓

 

あれだけ仲が良くていつも一緒にいたのに

あるきっかけでその後疎遠になったとか。

 

 

私の話で恐縮ですが、学生時代に信頼していた

友人がいていつも一緒に行動して買い物行って

「兄弟みたいだね」なんて周りから言われて

ましたけどそんな仲だったからこそ好きな

女の子の相談とかしてたんですね。

 

そしたらそれを知らないところで

意中の本人に喋ってたんです❗️

 

それだけならまだしも、その情報を利用して

その子に言い寄ってたんです。

最悪ですよね😡

 

それを知った時、悲しいと言うか怒りというか

もうよくわからない感情になりました。

 

その後、そいつとは全く話さないどころか

向こうが私を避けるようになりました。

若かったですね( ̄▽ ̄;)

 

かなり後になって結婚式の招待状が来たときは

「どう言う神経してるんだ❓」と思いました(笑)

 

 

長くなりましたが、せっかく積み上げた

信頼関係も絶対に続くとは限りません。

 

やはり相手の期待を裏切るような行為だったり、

約束を守らないなど

注意

相手に大きな「不利益」と「嫌悪感」を与えてしまったら

その関係は簡単に終わってしまいます。

 

エージェントは特にビジネスなわけで、

その辺りかなり慎重に言葉選んで接しています。

 

それでも「これはダメでしょ・・・」

サポートを打ち切るシーンが私にもありました。

 

今回はそんな私が「サポートを諦めたパターン」

これをご紹介しつつ解説します。

 

もし当てはまる節があったら

ちょっと注意かもしれません。

 

関連記事>>>【T-F-Hの法則】転職エージェントの評判は調べるだけ無駄な話。

 

 

実体験からサポートを諦めた実例集

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

エージェントが呆れるパターン

  1. 意思決定を他人に委ねる
  2. 第三者がいる約束を破る
  3. 腰を据えて働く気がない(特に派遣の場合)

 

順に解説しますね。

 

1.意思決定を他人に委ねる

転職活動をされる方は

皆さん立派な大人です。

 

エージェントの利用も自身で決めたと

こちらサイドは普通に考えます。

 

そして選考も進み無事に評価も高く

内定を得られてそれをご本人に伝えた時。

 

もちろん即答せずとも「回答期限」があるので

そこまで比較検討することはできます。

 

しかしこの回答をされてしまうと

その後のサポートに支障が出ます。

注意

  • 妻に止められていて・・・
  • 親がそこはやめとけって言っていて・・・

 

俗に言う「嫁ブロック」「親ブロック」

と言われるアレです。

 

いやいや、転職するのあなたですよね?

 

 

そしてこちらも応募をする際に

本人の確認なしにはできないので

意思確認をした時は奥様や親御さんの

ことは何も言わなかったはずです。

 

 

メモ

本人が応募に同意したと言うことは社内で

システム上記録して全員に共有をしています。

 

 

なのに内定を得てからこの回答が出ると・・・。

かと言って奥様や親御さんと

エージェントが直接話すわけでもないし。。。

 

本当困ります。

多くは「何が引っかかっているのか」も不明瞭です。

 

 

自分の意思で決められないと例え入社したとして

馴染めなかったりミスをしたことも他人のせいにしてしまう

注意

「他責傾向の人」とエージェントは

クレームを恐れて警戒します。

 

周囲の声を聞くことは悪いことでは

ないですが承諾が必要な人がいるなら

先に伝えておくのがベターです。

 

それでもエージェントは「え❓」

となると思いますが( ̄▽ ̄;)

 

 

しっかりと自分の意思で決定すること。

基本的なことですがこういう事例も

あるのでご注意くださいね。

 

 

2.第三者がいる約束を破る

具体的に言うと

注意

  • 面接の約束日時に連絡なく現れない
  • 一度出した回答を後になって覆す
  • 回答期日を過ぎても連絡がない
  • こちらの確認に無反応

こう言った内容です。

 

約束した面接に連絡なく来ない。

これはもう論外ですね。

 

行きたくないとか、行けなくなったのなら

一報入れてもらえたら日程変更や辞退の連絡も

入れられますけど、その連絡すらないと、

  • アテンドするエージェントは待ちぼうけ
  • 面接企業には準備や当日の時間を無駄に奪う

そう言った行為になります。

 

 

上記全てに当てはまりますが、

注意

身勝手な理由で相手のそこまでの

時間を無駄にさせる行為

 

これはその後冷たくなったり連絡に

反応してもらえなくても文句は言えません。

 

と言うか、上記をした人はその後連絡も

してこないことがほとんどです。

 

 

以前の記事にも書きましたが、

こう言ったことをしてしまうと

そう言う名前のものはないですが

「ブラックリスト入り」します。

 

エージェント企業の管理システム上で

「接触禁止」とか「掘り起こし禁止」

烙印を押されてしまいます。

 

エージェントもクライアント企業との

信用商売なので一度信頼を損なった

求職者の方を推薦することはないと思って

間違い無いでしょう。

 

何か事情があっていけない場合は

必ずエージェントへ連絡を入れてください。

 

関連記事>>>【要注意】エージェント側にも存在するリスト!該当する実例を解説!

 

 

3.腰を据えて働く気がない(特に派遣の場合)

これは派遣就業の方に当てはまる

ことなのですが、紹介と比べて

派遣は入職へのハードルはかなり低いです。

 

と言うのも派遣法で「面接」が禁じられているので

履歴書も必要なく「エントリーシート」

エージェントが作成してそれをもとに

「顔合わせ」と言う形で判断するんですね。

 

 

派遣は「スキルを提供する」と言うものなのと

私が介護や福祉、アパレルなど慢性的に人手不足

業界に派遣していたこともあり経験があれば

働き始めることはそんなに難しくありません。

 

そして大体2ヶ月か3ヶ月の有期契約で

「更新」するかまたは「直接雇用」で

移籍するかを決めるわけです。

 

 

私は派遣で長く走らせるのではなく、

ある程度慣れたら直接雇用で正社員か

パートで働くことを勧めて実現してきました。

 

しかし中には最初の契約期間の満了とともに

注意

「更新しない」→「次の派遣先を紹介してほしい」

これを繰り返す方が非常に多かったです。

 

なぜか❓

単純に「派遣の時給が高いから」と言う理由です。

ここが派遣の良いところでもあり悪いところ

でもあると思います。

 

結局、派遣先にまだそんなに貢献していないのに

次の派遣先へ。

 

 

これを繰り返すとエージェントの

作業量も増えますし何よりか介護施設や

ショップを利用する方へのホスピタリティの

低下につながって派遣先に迷惑をかけます。

 

本人は高い時給で働いている方が

身入りがいいと言う理由ですが、

注意

そのうち紹介できる先が

なくなることまで考えていません。

 

そうして不況になると「派遣切り」と言う

現象が起こって一気に働く先がなくなる危険性が

あることを伝えてもそうなるまでわからないと言う

ケースが多かったですね。

 

 

注意ポイント

リスクをとってまで目先の時給を取るか❓

安定的に長期でホスピタリティを提供するか❓

 

ここの意識の差が大きかったように思います。

「自己的」か「利他的」かの違いです。

 

最終的に2ヶ月程度で数カ所を派遣で廻り

こちらも紹介することを諦めたケースは派遣では

非常に多かったです。

 

 

コロナの影響で派遣切りがまた発生しました。

いつ起きるかわからない非正規雇用の継続。

 

派遣は「正社員への入り口」と捉えて

就業することをお勧めします。

 

 

関連記事>>>【一本道を作ろう】転職するか迷う。転職先でのミスマッチ感を確認!

 

 

お互いの信頼関係を大切にすれば仕事も人生もうまくいく!

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

ここまで私が現役の頃の実例を紹介しました。

エージェントは求職者の方を基本的に信頼して

全力でサポートしています。

 

しかし前述のようなことがあると

注意

第三者に迷惑をかけてしまいます。

これが信頼関係を一気に崩す原因です。

 

 

エージェント自身で済む問題なら修復は可能ですが

他者に迷惑が及んでしまったら厳しくなります。

 

 

転職活動では

ポイント

「そこに関わる人への気遣い」ができれば

信頼関係は強くなる一方です。

 

そこが抜けてしまわないように注意しながら

コンタクトを取ってエージェントと相談しながら

歩いていけば必ず素敵な景色が待っています。

 

 

ポイント

仕事もプライベートも自分以外の人との信頼関係

 

これで成り立っています。

 

信頼し、信頼される人になって素晴らしい

未来を掴みに行きましょう❗️

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ

働けるような転職先に出会えたことを

【成功転職】と勝手に呼んでいます。

 

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️👍

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

3つクリック投票いただけたら嬉しいです🎶

サイドバーのトップにも設置しています😃

 

 

【 追記:転職をお考えの方へ 】

転職は「情報戦」です。

一人では知り得ない情報をエージェントは

たくさん持っています。

 

非公開求人や企業の内部情報などたくさんの「情報」

判断材料に加えて成功するて転職を実現しましょうね!

 

元プロエージェントが研究したおすすめをした

比較記事を下記に贈ります。

 

あなたの未来が輝くためにも「今」を思いっきり

有効活用してくださいね!

 

 

おすすめ記事>>>【まとめ記事集】職種別・業界別・その他。おすすめエージェント

 

 

「仕事・転職」記事一覧へ

 

 

-転職・仕事の悩み
-

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.