" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

仕事・転職

【輝】嫌悪感は誰にも響かない!転職面接で不満をキラキラに変えろ!

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

今の会社は最悪だ!やめてやる!

 

面接で前の会社のひどい待遇って言わないほうがいい?

 

今回はそんなお悩みを解決します。

 

 

この記事の信頼性

当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から

主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを

持った支援サービスをご紹介しています。

また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生

ための情報発信もしています。

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届け

していますので参考にして頂けたらと思います。

人気ブログランキング&ブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

 

今回の記事では、現職に不満があって転職活動をいている方へ。

面接のシーンで不満感を抑えてどう退職理由や志望動機を表現

したら相手に響くかを解説します。

 

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、不満や嫌悪感を出すデメリット

がわかり採用側が求めていることが手にとるようにわかります。

 

 

この記事の内容

  • 【輝】嫌悪感は誰にも響かない!転職面接で不満をキラキラに変えろ!
  • 「面接」がどう言う場なのかを再認識
  • 自分がキラキラし相手にワクワクを持たせるには
  • 嫌悪感をキラキラ感に変換すれは【成功転職】が待っている!

 

 

【輝】嫌悪感は誰にも響かない!転職面接で不満をキラキラに変えろ!

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

現職(前職)の上司や勤務環境が悪くて転職活動を

されている方は多いと思います。

 

その転職理由をそのまま正直に言ってもいいのか?

そんな風に悩んだことはありませんか?

 

注意

結論、自分の嫌悪感は他人には響きません。

 

それを面接で話しても愚痴としか

取られないので自分はスッキリしても

相手に取ってなんの得にもなりません。

 

むしろ面接では印象を悪くするだけです。

 

 

正直に話すのは悪いことではないです。

場所と相手の立場や気持ちを考えなければ

自分が損をして終わるという結果になります。

 

ではどんな風に伝えるべきなのか?

次の項目で一緒に見ていきましょう。

 

関連記事>>>【脳科学の応用】転職面接での答え方に有効な「4つの要素」を解説

 

 

「面接」がどう言う場なのかを再認識

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

まず基本に戻って「面接試験」とは

一体何をする場なのか?

ここから見ていきましょう。

 

ポイント

面接は「あなたの志望本気度」を見る場です。

プラス業務にあったスキルを持っているか?

会社の社風になじめる人かを見る場でもあります。

 

そこで現職(前職)の文句ばかり

言う人をどう思うでしょう?

 

相手に理解させるには全ての背景から

話さなければいけません。

 

面接官は友達ではないので

そこを聞く義理はないんです。

 

 

注意

自分が持つ嫌悪感というのは相手に取って

「マイナスの評価」にしかならないことを

理解しましょう

 

ポイント

フォーカスするのは過去ではなく

お互い(自分と面接先の会社)の未来の姿です

 

あなたの「本気度」に前のめりに

させるにはどうすればいいのか?

そこにフォーカスするのが面接です。

 

決して嫌悪感を出して相手の時間を

無駄にしてはいけません。

 

 

未来に期待したキラキラ感とそこに

過去の実績を乗せて相手にワクワク感

持たせることに意識を集中しましょう

 

 

次の項目であなたの年齢に関係なく

キラキラ感を出しワクワク感を持たせる

戦術について解説します。

 

関連記事>>>働きたくない!理由は職場環境。転職か?自立化?両方やるべき理由!

 

 

自分がキラキラし相手にワクワクを持たせるには

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

 

キラキラ感を出す戦術

  1. 話す軸は自分という「個」
  2. キラキラしてない人は取らない
  3. 相手の心に響く経験

 

順に解説しますね。

 

1.話す軸は自分という「個」

退職理由を会社のせいにすることは

注意

「他責の人」つまりなんでも

周りのせいにする人ととられます。

 

これは100%そうだと言い切れます。

相手は途中からうんざりした気分になるでしょう

 

そこで面接結果は出てしまいます。

 

 

あなたが語る過去は「自分のこと」

つまり

ポイント

  • どんな仕事をして
  • どんなスキルが身について
  • それが面接先の事業にどう活かせるのか?

この3つの流れです。

 

 

2.キラキラしてない人は取らない

面接は不満を発散する場ではありません。

それは友達との集まりなどで話しましょう。

 

面接では面接官も「どんな人だろう?」と

期待感を持っています。

 

再度、そこに不満ばかり言う人が来たら、

あなたが面接官だったらどう思いますか?

 

知らないところでの話で登場人物も知らない

そんな映画の話などを延々とされるようなものです。

 

 

あなたがすべきことは

「未来に期待してワクワクした自分」を発信することです

ポイント

  • ここではこんなことができると確信してる
  • そこには自分のこのスキルが絶対活きる
  • 将来的にはこんなことまで考えています

この3つが「キラキラ感」をだす流れです。

 

あなたが何歳であろうとこの「キラキラ感」

出し続けることができます。

 

過去に執着せず未来に期待感を持ちつつ

「今」を懸命に行きましょう。

 

 

3.相手の心に響く経験

あなたが個人で出した成果。

これはあなた個人を評価するには有効ですよね?

 

個人成果を「ミクロ」な視点とするなら、

あなたは自分がだけではなく「会社にこんな

ことをもたらした」と言う

ポイント

出すべきは「マクロな視点」です。

 

 

自分の成果を話しつつ、会社のためになった

と言う点を強調することが相手には強烈に響きます。

ポイント

  • こんな案件の時に
  • 周りの人を巻き込んで
  • チームで会社にこう言うことをもたらした

 

この3つで

発想力」「協調性」「利他的

と捉えてもらうことができます。

 

 

嫌悪感をキラキラ感に変換すれは【成功転職】が待っている!

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

現職(前職)の不満を出すことが

いかに自分の評価を下げてしまうか。

 

転職サイトでも「不満は出さない」とは

言うもののどうすればいいかまでは言及してません。

 

あなたも常にワクワクしていられたら

人生楽しいですよね?

 

会社だって同じです。

 

あなたと同じ「人」が集まって

成り立っているからです。

 

その一人一人が「ワクワク感」を

持って働ける環境は理想ですよね!

 

それが叶うと通勤も会議も日々の業務も

「何かあるんじゃないか」とワクワクしながら

毎日が過ごせます。

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ

働けるような転職先に出会えたことを

【成功転職】と勝手に呼んでいます。

 

あなたの【成功転職】を心から応援しています!

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト・ランキング村

「転職」カテゴリ1位!

 


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

【 追記:転職をお考えの方へ 】

転職は「情報戦」です。

一人では知り得ない情報をエージェントはたくさん持っています。

 

非公開求人や企業の内部情報などたくさんの「情報」

判断材料に加えて成功するて転職を実現しましょうね!

 

元プロエージェントが研究したおすすめをした

比較記事を下記に贈ります。

 

あなたの未来が輝くためにも「今」を思いっきり

有効活用してくださいね!

 

おすすめ記事>>>登録必須エージェント紹介・比較記事

 

 

「仕事・転職」記事一覧へ

 

 

-仕事・転職
-, , , , , , , ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.