" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

転職・仕事の悩み

【警告】最終面接は確認程度?準備不要と余裕を持つのは危険度MAX

最終面接は確認程度と聞くけど本当・・・❓

 

1次面接盛り上がったから最終面接は余裕もっていい・・・❓

 

今回はそんなお悩みを解決します。

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から

主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを

持った支援サービスをご紹介しています😉

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生

ための情報発信もしています👍

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届け

していますので参考にして頂けたらと思います😃

人気ブログランキング&ブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています👍

 

 

今回の記事では、1次面接の手応えが良かったからと

最終面接に余裕を持っている方へ。

最終面接に進むパターンと対処法を解説します。

 

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、最終面接の位置付けが

わかるので気持ちをリセットして臨み良い結果が得られます。

 

 

この記事の内容

  • 【警告】最終面接は確認程度?準備不要と余裕を持つのは危険度MAX
  • 最終面接こそ準備をしなければいけないワケ
  • 最終面接に臨む上での注意点と具体的対策
  • しっかりと準備をして納得転職を叶えたら人生は拓けていく!

 

 

【警告】最終面接は確認程度?準備不要と余裕を持つのは危険度MAX

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

注意

この記事は最終面接を通過することを目的とした

ものではなく、あなたにとっても「会社を見極める

貴重な場」であるという視点で読んでください。

 

 

これまでに転職エージェントとして私がサポートを

してきた方も最終面接でお見送りになったケースは

たくさんあります。

 

結論として

ポイント

最終面接=内々定ではないということです。

最終面接は双方にとって「キーとなる大切な場」です。

 

 

1次面接で雑談ぽく盛り上がったからと言って

最終もそうなるとは限りません。

 

もう1度最初から面接を受けるくらいの

緊張感としっかりとした準備をしましょう。

 

なぜ最終面接が「キーとなる場」なのか❓

 

その理由を次の項目で解説しますので

一緒に見ていきましょう。

 

関連記事>>>【執念】手抜きは100%バレる!面接準備は絶対に徹底するべき理由

 

 

最終面接こそ準備をしなければいけないワケ

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

日本では1次面接は人事が行うことが多いですよね❓

 

ここでの評価は2パターンがあり

パターン1

良さそうですよという「相対評価」で最終面接者へ伝達

 

この場合はフラットに戻っている場合が多いです。

もう1度1次面接として考えて臨まないとここが

「1.5次面接兼最終」という意味合いになり

再度ふるいにかける可能性が高い面接となります。

 

 

パターン2

1次面接者がキャリアの整合性を

認めて最終面接者へ伝達

 

直接の上司も同席する場合もあります。

企業規模によっては社長は面接に関与しないことも。

 

再度貢献できるポイントを「より具体的にブラッシュアップ」する

必要があるそのためにもエージェント経由なら「推薦文」

絶対に活用すべきです。

 

「推薦文」入手方法は下記の記事をぜひご参照くださいね。

 

関連記事>>>【GET】知りたい情報の宝庫!プロがあなたをアピールする「〇〇」

 

 

最終面接に臨む上での注意点と具体的対策

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

1次・2次面接が「あなた対人事」だったとしたら

ポイント

最終面接は「あなた対会社」です。

 

内定を得ることも大切ですがその内容から

あなたの判断もはっきりさせるものにしましょう。

 

 

 

最終面接の注意点

  1. 最終面接こそ安心せず100%の準備
  2. 最終面接者の年代に合わせた話し方を心がける
  3. 最終面接者の態度=会社の社風の場合がある

 

順に解説しますね。

 

 

1.最終面接こそ安心せず100%の準備

1次面接で伝えられた部分、うまく伝えられなかった

部分を見直して過去・現在・未来を語れるよう

ブラッシュアップしましょう。

 

関連記事>>>【激変】成功する職務経歴書!ポイントは<過去・現在・未来>の3点

 

 

同じことを聞くにしても役職が上がれば聞き方も

違えば求める答えが違うこともあります。

 

しかしあなたの答えを変える必要はありません。

むしろ一貫性のために変えてはいけません。

 

ポイント

まだこの企業で働いていないこの時点で

あなたが勝てるのは「意欲」です。

 

そこを前面に絡ませながらアピールしていきましょう。

100%の準備、前回からのアップデートに前述の

エージェントが企業に応募した際に添えた「推薦文」

これをもらっておきましょう。

 

 

2.最終面接者の年代に合わせた話し方を心がける

ポイント

1次面接の通過連絡があった時点で、持参物とともに

面接官となる人の役職、年齢を必ず聞いいておきましょう。

 

部長以上クラスは昭和世代から働いている人である可能性が

高いので、気持ちの部分にも比重を置いているケースが多いです。

 

ポイント

「どうしてもここで働きたい理由」、他ではない

その企業のよさ、採用した場合の双方のメリットを

語れるよう準備しましょう。

 

人間は得をすることよりも「損をすること」に敏感に

反応する心理学の「損失回避の法則」を利用します。

 

 

3.最終面接者の態度=会社の社風の場合がある

ここまでいい雰囲気で来てあなたも気持ちが傾いていても

最終面接で全く逆の雰囲気になることは多々あります。

 

1次面接者はとてもいい感じの人だったのに最終面接者が

横柄だったり、答えを深掘りして「それはどうして❓」と

詰めてくるような場合は

 

注意

会社そのものがそういう風潮であることが多いです。

 

その相性が合わないと思ったらこっちにも辞退する

権利があると自信を持って怯まずに対応しましょう。

 

 

 

総じて言えることは最終面接とそれ以外は完全に別物

考えておいて構えすぎなことはありません。

 

また、役職者は「ストレス耐性」を見るためにあえて

意地悪な聞き方をする場合もあるので面接が終わった後で

在籍者、元在籍者の企業口コミが無料で見られる

「転職会議」で確認すると良いでしょう。

 

関連記事>>>【〇〇マインド】面接で良い印象を?その心理がミスマッチ起こす衝撃

 

 

しっかりと準備をして納得転職を叶えたら人生は拓けていく!

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

こちらが全力を出し切ったときに見える相手の対応。

これは転職先選びにとても大切です。

 

ポイント

社員を大切にしている会社だと感じたら

猛アピールをして「ここでなければダメなんだ」

 と熱くキャリアとビジョンを伝えましょう。

 

そこに共鳴してくれる会社こそが

「あなたがこれからを託す場所」です。

 

ポイント

最終面接こそ、そこが見える場です。

 

 

内定を得たい気持ちはわかりますし、

最終までたどり着くのに時間も労力もかかったでしょう。

 

でも転職活動はあなたの人生を左右する大切な場です。

 

あなたも企業を見る「面接官」となって入るべきか

どうかを見極める意識で臨みましょう。

 

注意

大切なのは「求職者=弱者」ではありません。

 

そのために1回の転職活動を1社だけで判断せず

できるだけ多くの面接を受けて最終面接を見ましょう。

おすすめエージェント比較記事を下記に記載しています。

 

 

あなたがスイスイと面接を通過して多くの経営層と

話せる最終面接の場が増えることを心から応援しています!

 

これからも転職サイトでは語られることのない角度から

あなたに有益な情報発信をしていきます❗️

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ

働けるような転職先に出会えたことを

【成功転職】と勝手に呼んでいます。

 

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️👍

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

【 追記:転職をお考えの方へ 】

転職は「情報戦」です。

一人では知り得ない情報をエージェントは

たくさん持っています。

 

非公開求人や企業の内部情報などたくさんの「情報」

判断材料に加えて成功するて転職を実現しましょうね!

 

元プロエージェントが研究したおすすめをした

比較記事を下記に贈ります。

 

あなたの未来が輝くためにも「今」を思いっきり

有効活用してくださいね!

 

おすすめ記事>>>【まとめ記事集】職種別・業界別・その他。おすすめエージェント

 

 

「仕事・転職」記事一覧へ

 

 

-転職・仕事の悩み
-

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.