SNSと現実の距離感をイコールにする3つのポイントを公開!

kazutomo-nagasawa.com/alt人生
スポンサーリンク

今回は様々なツールが発達しているSNS場でのコミュニケーション、そして現実でのコミュニケーションの話題です。

 

この2つにはどうしても物理的な距離感の違い、温度感の違いがあります。

 

それらをイコールにして伝えたいことが違って伝わってしまう事を避けるための方法をご紹介します。

リアルとネット、切り替えが難しいですよね

 

スポンサーリンク

コミュニケーションツールの発展と弊害

ここ最近はLINEがメールに代わってメインのコミュニケーションの方法になってきています。

 

仲の良い人たちグループを作って複数でコミュニケーションをとることができて、私も活用してますが便利になりましたよね。

 

 

便利になったからこその悩みだと思うのですが、LINEではさりげなく話せて良い感じなのに、リアルなシーンではなんだか上手くコミュニケーションが取れないという人が増加しているのです。

 

 

なぜこういったことが起こるのでしょうか?

 

仮想空間と現実空間でのギャップ。あなたも感じる事はありませんか?

BBQ

みんなでワイワイできる場を

SNS上のコミュニケーションは、フランクにやりとりができるのが利点ですが、

 

送った際の感情やテンションが思うように伝わらないデメリットがあります。

 

それが原因で、相手の取り方が送った側もはっきりとわからないな分、実際に会った時にどう話したら良いか分からない。そんな悩みになっているのです。

 

LINEではあんなにスラスラ言えるのに対面すると何も言えない。

 

こんなな悩みあなたにも当てはまらないでしょうか?これはレアではなく、もはやシンドローム(症候群)ともいえるものです。

 

 

ネット空間という測る事ができない距離を実際の対面の時にでどう縮めたら良いのか?そのための3つポイントをお伝えします。

 

1人で無理をせず周囲を動かす

1つはグループのLINE内であれば1人じゃなくグループ全体で見ていくのが有効です。

 

何か集まれる場を企画してみんなで集まるなど全体を動かして、グループの中で自然に距離を縮めていく。

例えばバーベキューやボウリング大会など、みんなでワイワイと楽しめるものを企画していくのがいいですね。

 

LINEと同じ感じで話すのに全く問題がない雰囲気を作ってみましょう。

 

 

企画するのが苦手という人は、無理して1人でやらなくてもいいので仲良しの友人と一緒に計画すれば楽しみながらできるんじゃないかと思います。

これはグループを作るほど気心が知れている仲間内であればそんなに難しくもないと思います。

 

すぐできますので季節に合わせたイベントを定期的にやっていきましょう。

 

対面の前にLINE電話からの段階的な接近

LINEでは話せるのに会っちゃうと難しい、そんな場合はその間をとってそこから始めてみるのも有効な方法です。

 

まずは(LINEや通常の)電話で声での対話をしてみましょう。

 

話題は特に決めなくても他愛もない事でいいんです。

 

 

学校とか職場とか、共通の友達の事とか、ちょっと聞きたいんだけど〜程度の軽い話で最初のうちは時間短く、少しずつ時間を長くして慣れていけばいいのです。

文字で送るよりもよっぽど感情とテンションがバッチリ伝わりますし、文字で送って「どうだったかな?」とモヤモヤする事も実際に相手の顔を見る事もありません。

 

 

一度行動してみてください。きっと今までになかったような自信がつくことでしょう。

ある程度続けていくとたまに間が空いた時に相手が「あれ、そういえば最近連絡ないな」なんて気にしだすこともあるかもしれませんよ!

 

 

知らぬ間に「相手の習慣に入り込む」こともできたりして!何事も内容だけで判断しないで、継続する事が大事ですね。

 

それが「普通のこと」になるまで継続してみる!

これまでも書いてきた通り、あなたが1歩動かないと周りも何も変化しません。

 

 

すごく勇気がいるし労力も使うかもしれませんが、それは最初のうちだけ。2回目、3回目、4回目と回数を重ねていくうちに

それが自然なことになることで、その時には実際に会っても最初に悩んでいた時のようなものはきっと消えて失なくなているはずです。

 

そうなるまで焦らず時を重ねていってください。

 

 

じっくりコトコト煮込んで熟成!

 

温度差をなくすのは簡単でシンプル!円滑なコミュニケーションが待っている!

歓喜

達成感の積み重ねが自信に繋がる

解決法は至って簡単でシンプル、誰にでもできちゃう内容です。

 

1人で全てを変えようとしなくていいんです。周囲にいる人たちを巻き込んで一緒に動かしていけば一人当たりの労力は微々たるもので澄んでしまいますね。

 

とにかく最初の一歩を思い切って踏み出すこと。これがあなたに見える景色を一変させてくれる唯一で最強の方法です。

 

 

最初はなーんだそんな話?と相手が思っちゃうくらいの軽い内容でいいんです。話す事ができた!集まる場所を作る事ができた!

その「やったー!」という達成感の積み重ねが見える景色を変えてくれます。

 

 

そしてそれを自然とできるようになるまで続けていき、対面でのコミュニケーションをとっていく。

 

「文字→声→対面」の流れでコミュニケーションを辿っていけば登り着いた先には素敵な景色と素敵な人生があなたを待っています!

 

 

すぐに結果を求めようとせず、気楽に今日できる事をやっていけば自ずとステキな景色があなたの前に広がって、

動いて良かった!と思えると断言できます。

 

 

私も1人でやろうとしてしまう事がありましたが、周囲と連携すればこんなに簡単だったんだ。

今までなんでこんなに難しく考えていたんだろうと思いました。

 

 

あなたの小さくても大きな一歩。心から応援しています。たった一度の人生思い切り輝かせてくださいね。

それでは今日はこの辺で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました