また会いたくなる!思惑を悟られずに腹八分目感を残すトーク術って?

ビジネス
スポンサーリンク

こんにちは! Kazutomoです。

今日も当ブログを訪問いただきありがとうございます。

今日は仕事にも恋愛にも共通する内容でお伝えしたいと思います。ぜひ最後まで読んでいただけたら嬉しいです♪

こちらの腹の中を悟られない方法です!

質問は意図がわかってしまわないようさりげなくしてみよう

ビジネスや恋愛における場で、中々思うような結果(契約をとる、異性と仲良くなる等)を獲得できない人の多くに共通することで

「思惑が読み取られて警戒される」というものがあります。

これは例えば

・ビジネスシーンでは商売っ気や売り気が知らずのうちに出てしまっている

・恋愛シーンではガッツキ心や下心が悟られてしまっている

いずれも警戒心を抱かれて話が先に進まないという現象です。

あたふた

思惑悟られると慌てますよね

自分で気付いていればいいのですが気付いていない場合は繰り返しやっちゃってる場合があるので要注意です。

結果を求めるあまり、いきなり核心に迫る質問をしてしまうと「あ、こいつとにかく売りたいんだな」「この人彼女探しにきてるんだな」と意図を読み取られ、

信頼関係の構築をすっ飛ばし、目的だけを達成しようとしていることが相手にバレてしまいます。

まだそこまであなたのことを知らない状態で、こちらの要求を飲んでくれるお人好しさんはそうそういるもんじゃありません。

どうしても結果出したい気持ちはわかりますが、そこはグッと抑えて相手を理解する自分を知ってもらうことに回帰してください。

相手を理解する→それから自分を理解してもらう

この順番が大切です。

そうして「自分という人間のブランド」を理解してもらって信頼関係を築いていき、

そこから初めて「結果を求めて大丈夫か?」の判断に至るのがセオリーです。

セオリーなんて関係ないぜ!という方もいらっしゃるかと思いますが、相手のあること、特にお金が絡んだり人生に影響することとなればセオリー無視はとってもリスキーです。

まずは当たり前のことを言うようで恐縮ですが、お互いを知る、そして信頼関係を築いていく

地道ですがこの土台をしっかり固めることに専念してください。

相手の情報をどれだけ得られるかが大切ですね

1回で結果を求めないこと、もちろん1回でハマる時もあるかもしれません。それはラッキーと言う偶発的なもの、別物として捉えてください。

相手に腹八分目の物足りなさを残して

前項では、とにかく1回目に関しては売り込みたい気持ちをグッと抑えて、相手を理解することが大切と書きました。

初回で全て自分のことを話してしまったらそこで相手は判断することができてしまいます。それは避けたいところ。

大事にしたいのは?

メインはヒアリング、こちらの話は小出しでいいんです

ヒアリングの中で「そちら(〇〇さん)はどうですか?」と相手からの逆質問を引き出せたならいい流れになっていると思ってください。

このブログで何度か出ている「主張と傾聴のバランス」です。

人は自分の話をするのは好きですし気持ち良いと感じる人が多いものです。

「この人にはたくさん話せて楽しかったな、気持ち良い時間だったな。」

「でも向こうの話、もっと聞けばよかったな。て言うか聞きたいな。」

そんな「腹八分目感」を相手に残すことを目的に持っておいてください。

それがまだ商談・飲み会が終わっていなければ相手はどんどんあなたに質問してくるでしょうし、

恋愛面なら「じゃあその話は2軒目で話すよ」なんて次につなげることもできてしまいます。

自分が自分が!になってはいけないですね

大切なのは初回ではなく次回への送りバント

商品を仕入れるのには大きな金額が動きます。

恋人を作るにはその先の人生に思いを巡らせます。

つまりはそんな重大な意思決定をたった1度の出会いで決定させるなんて相当なテクニックでしょうし、例えが悪いですが可能なのは詐欺師レベルかもしれません。

恋愛で「出会いがない」と言う人の中には、こうして貴重な出会いを潰してしまっているケースもあります。

1回目で結果を求め、結果が出なかったからその場はもうなし

と言う内容です。これ、めちゃくちゃもったいないと思います。

そこで自分アピールをしすぎず小出しにして、次回への送りバントができていたなら、ひょっとするとメンツを変えた2回目、3回目があって枝葉が広がるように出会いが広がる可能性だってあったのに。

1回目は連絡先の交換を最大の目的にするくらいがちょうどいいと思います。

  • 思惑を悟られないような質問を心がける
  • ヒアリングが先、自分の話は小出し
  • 相手に物足りなさ「腹八分目感」を残す

ぜひ仕事においても恋愛においても共通で使える内容ですのでこの3点のポイントを念頭に置きながら話を進めてみてください。

結果はいずれ出るとして、まずは相手からの連絡がこれまでと違ったペースでくると思います。

知らずのうちにファンができている、そんな状況を作り出すことができればあなたはすでにコミュニケーション巧者です。

頑張っていきましょう!いつも応援しています。

今日もあなたらしく過ごしてくださいね

Kazutomo

コメント

タイトルとURLをコピーしました