" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

仕事・転職

【優柔不断】あなたは大丈夫?意思決定力を高めるには「〇〇」が重要

優柔不断でなかなか決められない・・・

 

決断力がないって周りからも言われる・・・

 

 

今回はそんなお悩みを解決します。

 

 

 

この記事の信頼性

当ブログでは、16年にわたりプロ転職エージェントだった私が主にその目線から

総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届けしていますので参考にして頂けたらと思います。

 

 

今回の記事では、優柔不断でなかなか意思決定ができない方へ。

投資の世界での検証結果を基に意思決定力を高める方法を解説します。

 

 

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、意思決定までの流れが理解できるので

取るべき方法が分かりやすくなります。

 

 

 

この記事の内容

  • 【優柔不断】あなたは大丈夫?意思決定力を高めるには「〇〇」が重要
  • 他者より30%良い決定を導く意思決定プロセス
  • スイート・チェンバーの意思決定5つの流れ
  • 効率的な意思決定ができれば人生の成功も早く訪れる!

 

 

【優柔不断】あなたは大丈夫?意思決定力を高めるには「〇〇」が重要

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

優柔不断でなかなか意思決定ができない。

かつての私もそうでした。

 

元々ネガティブ思考だったと言うのもありますが

思い立ってからが長い。。。

 

 

そんな中、投資の世界で実際に検証して出された

意思決定で30%も良い結果をうむと言う方法を目にして

転職の場面に活用して解説します。

 

 

結論を先に言うと

ポイント

より多くの意見に触れ、それをぶつけて、反応を得て、自分の意見を織り交ぜる

と言う方法です。

 

 

詳しいプロセスは後の項目で詳しく解説しますが、

次の項目ではなぜこの方法が他の意思決定より

3割も良い結果が出るのか?

 

その根拠について解説します。

 

 

他者より30%良い決定を導く意思決定プロセス

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

前項の結論で示した方法を使う投資方法は

ポイント

スイート・チェンバーと呼ばれています。

チェンバーは「部屋」とか「会議場」などを指す言葉です。

 

一人で全ての意思決定を行うことを「アイソレーション・チェンバー」、

※アイソレーションは「分離」「独立」の意味

 

また、一定のグループ・集団で情報交換して意思決定することを

「エコー・チェンバー」と呼びます。

※エコーは「こだま」「やまびこ」ですね。

 

これに対して、それらのいいとこ取りをする意思決定

「スイート・チェンバー」と呼ばれています。

 

 

 

一人で情報を出さず&受けずに決めるより、

クローズド(閉ざされた)集団で意思決定するより、

その両方のいいところを取っているので自ずといい結果が

得られるのはなんとなく想像ができますよね。

 

 

これが投資の世界では他よりも30%も高いリターン

得ている最も有効な方法だと検証されています。

 

ポイント

「社会的探索」

と言って、色々な人から「自分と違った意見」を集めて

それをまた別の人にぶつけてみる。

 

 

その反応をまた材料にして「多様性を深める」わけです。

プラス自分の考えもそこに織り交ぜてより良い方法を

決定すると言うのが簡潔な説明です。

 

 

これが転職活動でも有効活用ができるので、

次の項目では実際の場面に置き換えて解説していきます。

 

 

スイートチェンバーの意思決定5つの流れ

kazutomo-nagasawa.com

 

スイート・チェンバーと呼ばれる意思決定は

下記の流れで行われていきます。

 

5段階プロセス

  1. まずは複数のエージェントとコンタクト
  2. エージェントAの意見を他のエージェントB、Cにぶつける
  3. B、Cの反応から有益な部分、無駄な部分を見極める
  4. 自分の考えを織り交ぜて最終の意思を導く
  5. その答えが最適でなくて良い

 

 

順に解説しますね。

 

 

1.まずは複数のエージェントとコンタクト

より多くの「自分と違う意見」を得るために

ポイント

複数の転職エージェントサポートに登録して

それぞれコンタクトをとっていきましょう。

 

できれば同時期に登録をして進行するのが比較しやすいですが

特に必須ではないので「複数」のエージェントとやりとりが

できる状況を作ってください。

 

 

まだ登録していなければ下記記事で元プロ目線での

オススメエージェントを紹介していますので複数登録して

スタートラインに立ってみてください。

 

必読>>>オススメエージェント紹介記事

 

 

 

2.エージェントAの意見を他のエージェントB、Cにぶつける

仮にAと言う会社のエージェントから求人の提案があったとします。

ポイント

それを他のBのエージェント、Cのエージェントなどに

どう思うかをぶつけてみましょう。

 

 

同様にBのエージェントからの情報をAやCにぶつけて反応をみるわけですが

この時に注意したいのは、

注意

各エージェントには他に登録しているのは

もう1つだけと思わせる方が良いです。

 

 

あまりにも多く比較検討をしていることを察知されると

途端に意見や情報を出さなくなる可能性があるので

あくまで「第三者意見」を引き出すためにうまく伝えましょう。

 

 

3.B、Cの反応から有益な部分、無駄な部分を見極める

他のエージェントからの反応、意見を得たところで一旦精査してみて

有益そうな部分と無駄な部分を切り分けて有益な部分を参考にします。

 

こうして

ポイント

1つの求人案件に対して多様な意見を集めることで

自分の中での「判断材料」が蓄積されていきますね。

 

毎度出しているのですが転職は「情報戦」でもあるので

いかに多くの情報・意見を得られるかで正しい判断に

近づくことができます。

 

 

4.自分の考えを織り交ぜて最終の意思を導く

こうして集めた情報や意見にただ従うのではなく

ポイント

自分の考えを持っておいて、それを織り交ぜる

そしてその結果、どの選択が最良かを判断します。

 

 

全く情報がないのと、これだけの情報・客観的な意見が

あるのとでは意思決定のしやすさは格段に違いますよね?

 

エージェントは転職のプロなわけですから

そのプロの情報はスルーできませんね!

 

流されないためにも自分はどの選択がいいのかも

持っておいて「答え合わせ」的な作業を行いましょう。

 

 

5.その答えが最適でなくて良い

こうした流れで意思決定をしていくわけですが

注意ポイントは

注意

最初から最高の答えを求めなくていいと言うことです。

 

例えば応募するかどうかの意思決定はあくまで

選考のスタートラインに立つだけです

なので、面接に進むところからが本番だと思ってください。

 

実際に面接で企業担当と面接すれば、また判断材料が増えるので

より最適な決定ができるようになっているわけです。

 

 

 

同じ時期に転職活動をしている知人などがいたとしても

同業種とも限らないですし、同時に数人活動なんてことも

なかなかないので

ポイント

専門的なプロのエージェントの意見は有料級の情報です。

それが全て無料で利用できるので使い倒してくださいね。

関連記事>>>【おすすめ転職サイト】わかると怖い「3年神話」に潜む落とし穴

 

 

効率的な意思決定ができれば人生の成功も早く訪れる!

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

この「スイート・チェンバー」の論理は転職活動はもちろん

人生の様々な場面で活用できる方法ですね。

 

 

大きな買い物をする時なども、より多くの意見が得られれば

間違いのない買い物ができるように

転職活動は今後の人生にも影響する大切なイベントです。

 

 

ここまで情報が集められたあなたは優柔不断などどこ吹く風!

スピーディーな判断ができるでしょう。

 

正確でスピーディーな判断はあなたのその後の人生の

様々な場面で役に立つでしょう。

 

その結果、豊かな人生が訪れることを

心から願っています。

 

もうあなたは優柔不断なんかじゃない!

情報収集力のある有能な人物です。

 

まず一歩踏み出しましょう!

おすすめ記事>>>登録必須エージェント紹介記事

 

参考:メンタリストDaIGo YouTubeチャンネルより

 


転職活動ランキング

 

「仕事・転職」記事一覧へ

 

 

 

 

-仕事・転職
-, , , , ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.