" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

転職・仕事の悩み

履歴書で差別化はできる【知らなきゃ損】な転職活動の履歴書作成方法

履歴書って全部PC作成でいいの・・・❓
他と違う履歴書ってどうすれば作れるんだろ・・・

 

今回はそんなお悩みを解決します。

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から、主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届けしていますので参考にして頂けたらと思います。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

今回の記事は、転職時に必ず提出する「履歴書」

雛形もネットからダウンロードできて、記載項目も決まっているので簡単に終わらせてしまっている方が多いです。

実はこれはとてももったいない❗️

 

この記事ではテンプレが決まっているからこその「履歴書での差別化の方法」をお伝えします。

 

この記事の内容

  • 履歴書で差別化はできる【知らなきゃ損】な転職活動の履歴書作成方法
  • 履歴書で差別化することでライバルに勝てる理由
  • 履歴書で差別化=ライバルに差をつける。人事を惹きつける履歴書作成方法
  • 「履歴書の差別化テクニック」誰も教えてくれない技があなたの未来を大きく変える

 

 

 

履歴書で差別化はできる。【知らなきゃ損】な転職活動の履歴書作成。

kazutomo-nagasawa.com/alt

これまでの仕事での実績や応募業務との関連性などは「職務経歴書」でアピールする人がほとんどです。

あなたも履歴書よりも職務経歴書の作成に多くの時間を割いてきていませんか?

 

当サイトでも以前の記事で、転職活動時の「職務経歴書」作成のポイントについて書きました。

kazutomo-nagasawa.com/alt
職務経歴書で差別化!ポイントは<過去・現在・未来>3点の整理。

 

しかし・・・

ポイント

多くの人が簡単に作成してしまっている「履歴書」。

こちらでライバルに差別化することができるのをご存知でしょうか❓

 

今回は職務経歴書とセットで転職活動で必ず作成・提出する「履歴書」でライバルと差をつけるテクニックについてお伝えします。

 

履歴書なんてテンプレあるから楽勝じゃん❓

 

そうですね、しかしそれは他の人も全く同じように考えてると思います。

 

 

誰もが同じようなテンプレの中でいかに「差別化」を図るか❓

言い換えると人事担当が「おっ?」と目を留める書類にするか❓

 

せっかく提出する書類ならアピールに使わないのはもったいない。

私自身、エージェント時代に多くの書類を添削したり、アパレル時代には採用も担当し、日々多くの面接をしてきた経験からお伝えします。

 

次の項目では、なぜ履歴書が差別化のアピールに使えるのか❓

ここについて解説します。

 

書類添削もお任せ

リクルートエージェント:求人案件数・非公開求人数No.1

doda             :中小エージェントとも提携、カバー度No.1

JACリクルートメント    :サポート内容はNo.1、若年〜ハイクラスまで網羅

 

 

履歴書で差別化することでライバルに勝てる理由

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

あなたは履歴書は「どんな書類」だとイメージして作成していますか❓

多くの人は「職歴を時系列で並べて一覧にする書類」と考えています。

 

履歴書でライバルに差をつけられるのは・・・

ポイント

ここを逆手にとって「職務経歴書と相乗効果を出す」ことに理由があります。

 

多くの人が履歴書にもつイメージを職務経歴書と比べると下記の表のようになるはずです。

 

履歴書職務経歴書
目的職歴の一覧職歴と実績のアピール
作成期間1日〜数日数日〜数週間
枚数1枚3枚程度
書式同じテンプレ人により違う

 

このように履歴書は簡単に作成して、職務経歴書の作成にリソース(力)を割いている状況です。

 

 

あなたが採用担当者だとして、1つの求人にたくさんの応募がきたことを想像してください。

たくさん重ねられた履歴書をパラパラと見て行った時、目を留めるのは「どんな履歴書」でしょうか❓

 

ポイント

ズバリ「他と違う履歴書」のはずです。

言い換えると「良い意味での違和感」を出して強制的に目にさせることです。

 

かといってベタベタにラインマーカーをひいたりする必要はありません。

 

 

特別何かをするのもいいですが、職務経歴書と比べても履歴書の書式はほぼ一緒。

じゃあその中で「他と違う」ことをすればいいわけです。

 

今では手書きの履歴書は「PCスキルがないのかな❓」と思われるのでPCで作成する人がほとんどです。

そこを逆手にとって「おっ❓」と思わせる履歴書作成。

 

次の項目では、実際に私がエージェント時代に実践していた方法をご紹介します。

どれも即効性があるので、ぜひ取り入れてみてください。

 

関連記事>>履歴書を1枚も使わずに適性を見極める方法!【未経験業界への挑戦】

 

 

 

履歴書で差別化=ライバルに差をつける。人事を惹きつける履歴書作成方法

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

ポイント

  • 日付・氏名を自筆する
  • 学歴・職歴を1字開ける
  • 入社・退社を揃える
  • 志望動機は手書き
  • 自由記入欄へ一言添える

 

順に説明します。

 

・・・とその前に、大丈夫だとは思いますが、基本的なところを間違えている方が結構多く見られるので念のため、注意点を先に確認しましょう。

 

 

【基本的な注意箇所】
Kazutomo-nagasawa.com/alt

 

① 西暦と和暦がゴチャ混ぜになっていないか?

このパターン意外と多いんです。嘘みたいですが本当なんですね。

こう言うところで適当に作ってると思われたらもったいないです。

 

ポイント

基本は西暦に合わせるのが無難です。

 

和暦は「令和」に入って2つ以上になってしまうので。

 

 

②最終学歴と「職歴」の記載は1行開ける

これも意外と知らないのか❓

詰め詰めで書いている人が非常に多かった箇所です。

人事の方がある程度ベテランの年齢だとしたら、印象は変わりますので要注意です。

 

 

それでは改めて差別化ポイントについて説明します。

 

 

Kazutomo-nagasawa.com/alt

 

1.日付・氏名を自筆する

上記画像の①

ポイント

「提出日付」と「自分の氏名」を手書きで丁寧に書きます。

 

今は全てPC作成でもOKですが、皆が同じように作成する中だからこその「自筆・手書き」はとても目を惹きます

字に自信がない方もここはゆっくりと丁寧に書いてみてください。

 

採用担当者がたくさんの書類をパラパラ見ることをイメージしても、名前が自筆で丁寧に書いてあったら必ず一瞬手をとめるはずです。

 

 

2.学歴・職歴を1字開ける

上記画像②

PCで作成できる分、ぴったりと枠にくっついて入力されますよね。

 

ポイント

あえてここを「全角で1文字分開ける」だけで見え方が明るくなります。

 

左に空間ができることによる「ハイライト効果」ですね。

これもわずかの手間ですが大変目を惹くポイントです。

 

丁寧な作業は必ず全体に良い効果をもたらします。

 

 

3.入社・退社を揃える

上記画像③

会社名の長さなどにもよりますが、会社名に1文字分スペースで入社・退社を書いても良いのですが

ポイント

全ての入社・退社を揃えるとめちゃくちゃ綺麗に見えます❗️

 

PCだからこその逆手にとったテクニックですね。

 

この部分を揃えてあげることで、見せるべき部分が際立ってきます。

 

 

4.志望動機は手書き

上記画像④

 

なぜここを手書きにするのか❓

ポイント

答えは「本気度を示すため」です。

 

他の企業にも同じ内容で出してるんでしょ❓

と言う企業側の捻くれた考えをひっくり返す効果があります。

 

オススメはPC上で打ち込んだものを画面に表示しておいて、そのレイアウトにならって手書きすると文字間がハマります。

 

おそらくここを手書きしている人は中々いないです。

私も過去に数人くらいしか見ませんでした。

①と合わせることでの効果が一番大きいのはここです。

 

やっている人がいないからこそオンリーワンの書類にすることができます。

 

 

5.自由記入欄へ一言添える

上記画像⑤

職務経歴書は最後に「是非面接の機会を頂けましたら幸いです。何卒宜しくお願い申し上げます。」と締めくくりますが、履歴書もこの自由記入欄を活用してください。

 

書ききれない志望動機の追記でもOK、自身の強みや応募業務に活かせる点など、自己PRを補完する内容を書いてもいいんです❗️

自由欄ですから。

 

テンプレによっては「希望記入欄」になっているものもあります。

ここに本当に自分の希望を書くのは、せっかくのスペースを無駄にする行為です。

希望は面接に辿り着いてから伝えればいいんです。

 

ポイント

本当に希望だけを書くより思いを書いた方が良いです。

 

最後に「何卒宜しくお願い申し上げます」と自筆で一言添えたらライバルを引き離す履歴書の完成です。

 

 

関連記事>>履歴書を1枚も使わずに適性を見極める方法!【未経験業界への挑戦】

 

 

「履歴書の差別化テクニック」誰も教えてくれない技があなたの未来を大きく変える

kazutomo-nagasawa.com/alt

履歴書は自分の歴史を簡潔に列記する書類なので、職務経歴書に比べてみなさん軽視しがちです。

 

人事側に立って、数十人の履歴書を見ることになったらどうでしょう❓

見るだけでも一苦労です。

 

 

ポイント

似たようなテンプレ履歴書の中で、自筆が混じっていたらどうでしょう❓

絶対に印象に残ります❗️

 

 

職務経歴書は自ずと個人で差が出ますが、履歴書は簡単に作成できるからこそ「一手間」加えることで簡単に差別化することができます。

書類選考で中々通らないと言う方にはオススメの差別化法ですので、是非駆使してみてください。

 

 

これが自然とできるようになれば書類だけでなく、仕事上でも「誰でも出来る事」に一工夫して他の人と差別化することができるようになりますよ❗️

 

あなたがどんどん書類選考を通過して、面接でその履歴書が話題の種になることを応援しています❗️

今後もあなたの転職がキャリアアップにつながるものになるよう有益な情報をお届けしていきます。

 

 

【 追記:転職をお考えの方へ 】

転職は「情報戦」です。

一人では知り得ない情報をエージェントはたくさん持っています。

 

非公開求人や企業の内部情報などたくさんの「情報」を判断材料に加えて成功するて転職を実現しましょうね❗️

 

元プロエージェントが研究したおすすめをした

比較記事を下記に贈ります。

 

あなたの未来が輝くためにも「今」を思いっきり有効活用してくださいね❗️

 

おすすめ記事>>登録必須エージェント紹介・比較記事

おすすめ記事>>【まとめ記事集】職種別・業界別・その他。おすすめエージェント

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

「仕事・転職」記事一覧へ

 

 

-転職・仕事の悩み
-,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.