【絶対チェック】転職活動、在職中と退職後の各メリット&デメリット

kazutomo-nagasawa.com/alt人生
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「在職中」に転職活動をするメリットデメリット

kazutomo-nagasawa.com/alt

在職中に転職活動をすることのメリット

在職中に仕事をしながら転職活動をするメリットには以下のようなものがありますね。
  • 収入を途切れさせる事なく続けられる
  • 自分のペースで活動ができて精神的に安定
  • 途中で諦めても仕事や生活に影響しない
  • 面接なども有給休暇を利用して調整できる
  • すぐに入社できないことで候補先の本気度が知れる

 

1番の要素は「収入が安定」していることですね。

ここが安定していることで精神的な余裕が生まれ、期限に追われることなく活動できるのがメリットと言えます。

在職中に転職活動をすることの「デメリット」

一方で在職中の転職には下記のようなデメリットもあります。
  • 仕事との両立で体調を崩しがち
  • 急な面接など設定のスケジュール調整が難しいことも
  • 妥協をして決めてしまいがち or いつまでも決められない
  • 会社にバレないかと不安、バレて転職辞めたときに対応が変わる可能性
  • 引継等のスケジュール計算をして入社日を決めないと両社に迷惑をかける

 

やっぱり働きながらですから、どうしても転職活動に使える時間は限られてしまいます。

そして、本業の仕事と転職活動の「オンオフの切り替え」をしっかりすることが求められますね。

 

 

次の項目では「退職後に転職活動をした場合」のメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

「退職後」に転職活動をするメリット・デメリット

kazutomo-nagasawa.com/alt

退職後に転職活動をすることの「メリット」

退職後に転職活動を行うことでのメリット、主な要素は下記に挙げられます。

 

  • 時間的な余裕を持って活動に専念できる
  • 企業研究の時間をじっくりと取ることができる
  • 同日面接など複数社を同時に進行できる
  • 転職が決まったらすぐ入社できる
  • 内定に対し吟味して希望通りの転職成功の確率が高い

 

在職中のデメリットを払拭するのがこの項目に当てはまるのだと思います。
やはり時間的に思いっきり転職活動に割くことができるのが大きなメリットです。

 

また決まったらすぐに入社できるなど、気持ちが熱いうちに新環境に飛び込めることは勢いづきますね。

 

退職後に転職活動をすることの「デメリット」

逆に退職後に転職活動を行うデメリットは下記が主なものとして挙げられます。

 

  • セルフコントロールをしないとブランクが長くなる
  • ブランク期間のことに対する面接時の質問が増える
  • 焦りから妥協して転職スパイラルに陥る恐れがある
  • 早く決めないと経済的に困ってしまうという不安が伴う
  • 収入が絶たれるため電車代など出費だけがかさんでいく

 

これも在職中の転職活動のメリットの対角をなすものですね。

収入面での不安、焦りから「早く決めなきゃ」という強迫観念となって、希望とずれていても決めてしまう。

そしてまた退職して焦って次を決めると「負の先細り転職」という事態に陥りがちです。

 

 

 

このように双方にメリット・デメリットが存在するがために皆さんもどちらが良いのか悩まれていると思います。

 

最後の項目では、私の実体験とエージェントとしての経験から優先順位と「失敗しない転職」を実現するための方法を想いを込めてお伝えします。

失敗しない転職:「無料のエージェント」をうま活用すること

kazutomo-nagasawa.com/alt

あなたが転職を絶対にしたい!と強く思っているのであれば、
まずはアクションを起こすことから始めましょう。

 

上記の通り、転職活動は在職中でも退職後でもそれぞれにメリット・デメリットがありますが、あなたがどう感じ、何を選択するか?

 

しかし、元転職エージェントであり自らも在職中・退職後の両方の転職を経験した身からお伝えするならばリスク回避も踏まえた優先順位として・・・
  1. 在職中に転職活動を始める(エージェント登録)
  2. 時間が取れなければ転職日の目安を決めて退職を伝える(期限を定める)
  3. エージェント登録、書類作成は在職中に終わらせて退職後にすぐ面接に臨める準備
この順序をお勧めします。
特に一人暮らしされている方で実家が遠方だと、「家賃」「生活費」などといった月々発生する決まった支払いがありますので、その辺りを計算する必要があります。

 

転職をしても最初の給料が発生する日を確認しないと無収入の期間が長引いてしまう危険性がありますので注意も必要です。

 

ですので、内定が出そうな段階で
✅ 給与の締日と支払日の確認をしましょう。
最近は見かけないですが「毎月末締め・翌々月5日振込」など、支給までのスパンが長いケースもあります。

 

これだと月初1日入社だと最初の給料まで65日開くことになるので要注意ですし、資金繰りがうまくいっていない会社だと思われるので入社すること自体考え直した方がいいと思います。

 

また、単独での活動では「焦り」が正常な判断を妨げる場合がよくあります。
「無料で利用できるプロの転職エージェント」の存在をフル活用することで、自分一人では掴めない情報、エージェント企業が持っている非公開の求人案件を発掘することができます。

 

「タッグを組む」という感覚を持って一緒に希望条件を満たす転職を実現させましょう。

 

私も仕事柄、転職サイトの研究を常に行っていますが、下記の記事で登録すべき転職サイトについてご紹介していますので、ぜひ登録してエージェントと面談を行ってください。

 

面倒な書類作成からサポートしてくれるので、あなたが自分では見えない角度からアピールポイントを教えてくれるでしょう。

 

✅ エージェントを使うメリット
  • 人気で殺到するような非公開求人を教えてくれる
  • 書類作成や面接対策を企業担当に合わせて教えてくれる
  • 候補先企業の内情について熟知している
  • 聞きづらいことを代わりに交渉してくれる
  • 転職後もサポートしてくれる

 

1人では見切れない、これだけのメリットがあってしかも無料なので使わない方がもったいないですね。
ぜひエージェントを頼って欲しいなと思います。

 

下記の記事で登録しておくべき転職サイト(エージェント)を紹介しています。
転職を考え始めた今が吉日です。

 

是非すぐに登録をして準備を始めましょう。そしてエージェントのアドバイスをよく聞いて退職するタイミングも「一人で決めず一緒に」決めていきましょう。

 

 

Kazutomo
Kazutomo

あなたの転職成功を心から祈っています♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました