" />
Kazutomo-nagasawa.com/alt

生き方

うつ病は「負け組」ではない!受け入れて理解すれば道はありますよ

・うつ病は負け組ななのか!?
・うつ病になったら人生終わりなのか!?

 

今回はそんなお悩みを解決します。

この記事の信頼性

当ブログでは、16年にわたりプロ転職エージェントだった私が、

その目線から総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

また自身の体験談などから失敗しない転職・人生のための情報発信もしています、

今後の転職に役立つ情報をお届けしていますので参考にして頂けたらと思います。

 

今回の記事では、社会問題と言ってもおかしくないこの問題。

 

今まさにうつ病と闘っている方、うつかな?と思うような心の状態の方へ

「うつ病は負け組なんかじゃないよ!」というエールとともに解決法を贈ります。

 

この記事の内容

  • うつ病は「負け組」ではない!受け入れて理解すれば道はある
  • うつ病を「負け組」と切り捨てる社会に問題あり
  • うつの原因から離れること
  • むしろ「勝ち組」になれるチャンスを大いに秘めている

 

 

うつ病は「負け組」ではない!受け入れて理解すれば道はあるんです!

Kazutomo-nagasawa.com/alt

病気を理由に解雇するのは違法!

Yahooニュースでうつ病になった39歳の男性が

会社から退職勧奨を受けたと言うニュースを目にしました。

 

現代社会を象徴するような内容ですが単に「状況を伝えてる」だけで

何も改善策は書いてありません。

 

ニュースなので仕方のないことですが、

これではあまりにも頑張ってる人が報われません。

 

 

会社のために働いて、それが原因でうつ病を発症したのに

いざうつ病とわかったら腫れ物に触るような対応は何の解決にもなりませんよね。

 

しかもそれが原因で本人が「自分は負け組なのか・・・」

と思ってしまうのは負のスパイラルへと陥ってしまいます。

 

 

決してうつ病は負け組ではない!人生終わりでもない!

むしろ経験できた事で勝ち組にだってなれるんだと、

第2の誕生日を迎えることができた!と、

 

私の体験も含めて力を込めてお伝えしたいと思います。

 

 

うつ病は正当な「心の病」。その原因を企業側が探るべき

うつ病にかかってしまった社員の方が解雇を恐れたり、

周囲の目を気にしたり、そんな状況はおかしいです。

 

ポイント

あなたは自分を責める必要は全くありません。

 

うつ病になった原因は仕事内容にあるのだから、本来は企業の方から積極的に

その理由に耳を傾けて改善をしていくべき所です。

 

「社員は家族だ」ってよく聞きますけど、家族が病気になったからって

看病せずに見捨てますか?見捨てないですよね?

 

 

前述の記事では遠回しに退職を勧めてくるなんて書かれています。

労働契約法第16条で「解雇濫用権」が定められており、

そもそも「正当な理由なく」社員を簡単に解雇することはできません。

 

このことからも企業が未然に防ぐ体制を取らなければ、

働き手はどんどん同じ状況になっていなくなってしまいます。

 

 

同時に働き手も仕事を失うことになって生活に影響が出て、

家族を守っていくこともできなくなってしまいます。

こんな状況でいったい誰が得するんでしょう?

 

 

悲鳴をあげてる心に逆らわない。有給や休職で心身を安らげることが大事

家族がいるから、子供がまだ小さいから、と頑張ってしまって

完全なうつ状態になってしまい動けなくなっては本末転倒です。

 

その仕事でなければいけない理由があるんでしょうか?

 

おそらく頑張り屋さんなあなたは、

どんな仕事でも一定の成果を上げることができる人だと思います。

 

あなたにあった働き方が必ずある。

 

うつ病になるには必ず心が抵抗している「原因となるもの」があったはずです。

それを我慢してでも続けたい仕事でしょうか?

 

 

注意

そして最大の要因は「症状を隠す」ことにあります。

 

うつやHSPに関して、隠すことなくオープンに受け入れてサポートする

専門機関について、下記関連記事にまとめましたので合わせてご参照くださいね。

 

関連記事>>>【安心して】うつ・HSP症状の仕事の探し方。もう人生迷わせません!

 

 

うつ病を「負け組」と切り捨てる社会に問題あり

Kazutomo-nagasawa.com/alt

社会が受け入れる寛容な環境整備を!

 

私がうつ病を発症した2003年時点では、まだ周囲に打ち明けづらい社会環境でした。

でも今はかなり認知度も高まってきて、心療内科へかかる人も増えてきているようですが

それでも企業単位でみるとまだまだ受けれ入れる体制ができていない現状が見えます。

 

気軽に相談できる体制が整っていない

企業内でのストレスチェックやその他健康に関する観察を行う「産業医」は

労働安全衛生規則によって以下のように従業員数によって設置が定められています。

 

  • 50人未満→規定なし
  • 50人〜999人→1人(嘱託可)
  • 1000人〜3000人→1人(専属)
  • 3001人以上→2人(専属)

あなたの企業は上記の内容をしっかり満たしていますか?

そもそも産業医の存在を知らないなんていう人も多いはずです。

 

 

企業はこの体制を整えて、全員に周知する義務があります。

産業医の存在を知らないということは、

そもそも企業側が周知義務を怠っている可能性がありますよね。

 

 

まずは、心に負担がかかった時にどこに相談すればいいのか?

まだうつ病になっていないのであれば、今のうちに相談場所を確認してくださいね。

 

 

「予防」や「予測」をすることを企業が行なっていない

前項の産業医の規定で50名未満が規定なしなのは、恐らく規模が大きくないので

社員間の距離が近く、状況が見渡しやすいことがあると思います。

 

事実、企業規模が大きくなればなるほど1人1人の状況が把握しづらくなって、

ちょっとした変化に気づけないことも多いと思います。

 

しかし産業医がいるいないに関わらず、

企業には「予防」「予測」を徹底し、無理のない

勤務環境を維持向上することが求められます。

 

しかしながら、全てに気づくのも不可能に近いのが現状です。

ではどうすれば予防・予測ができるのか?

 

注意

それはあなたが「声を上げること」です。

 

 

うつ病の原因から離れること。自分に合う働き方のできる所へ羽ばたくこと

Kazutomo-nagasawa.com/alt

うつ病の原因となるものから離れ飛び立とう!

1.うつ病を発症した原因から離れる

まず、あなたがうつ病を発症したのはどこなのでしょうか?

これを確認することから始めましょう。

 

ポイント

  • 現在の部署なのか?
  • 異動した先の部署なのか?
  • 転職した先なのか?
  • 仕事場以外の所なのか?

 

 

まずはうつ病を発症したと思われる場所から離れることが大切です。

すぐにできなくても職場なら担当者にその旨を申し出ること。

その際どう見られるかとか、評価が、とか余計なことは考えない。

 

 

症状を和らげることが何よりも先決で

あなたの心身が健康であることが大前提であるべきです。

 

健康ではない精神が「自分はダメだ」「負け組だ」と

かつての私のようにどんどんと負の方向へと考えを

巡らせてしまいます。

 

 

2.うつ病を受け入れて理解して付き合ってみよう

以前のブログでも書いたとおり日本のうつ病罹患者は604万人。絶対にならないと思っている人でもなりうるもの。

関連記事>>>仕事でうつを発症した辛いあなたに!専門のパートナー機関を紹介します。

 

 

自分はうつ病じゃない!自分がなるはずがない!

そう言った考えを違う方向に向けて、

自分の今の心情を素直に受け入れてみてください。

 

そこで泣きたくなったら一度思いっきり涙を流してください。

 

ポイント

  • 感情を思いっきり解放すること
  • 辛い心境を隠さず話すこと 

 

この2点を行うことがうつ病、抑うつ状態と付き合う第1歩なんです。

 

私もパニック障害を起こして母に連れられ心療内科で

そこまでの経緯を全て話し、知らずのうちに大号泣しました。

とてもスッキリしたのを覚えています。

 

 

ここで初めて自分の甘えではなく「病気なんだ」と受け入れることができたんです。

ですから一度、これまで押さえていた感情を思いっきり解放させてあげてください。

 

 

3.働き方を変えることで症状が改善することだってある!

心が悲鳴をあげているのを無視して心に鞭を打っても症状は悪化するだけです。

 

結果的に家族のことを考えて頑張りすぎて燃え尽きる前に、

家族のために無理なく働き続けられる方に目を向けてみましょう。

 

うつ病と長く付き合ってきた私からしたら

 

メモ

うつ病って人生を見つめ直すためのブレーキ

そう思えるようになりました。

 

そう思えたら、うつ病を発症した部署、

会社が今後長く働いて行ける場所なのか?

 

 

冷静に見つめ直してみましょう。

そのために有給休暇や休職期間を活用したらいいんです。

 

 

長い間あなたの常識となっている「サラリーマン脳」が多数が歩いている

レールから外れることを「悪」と捉えてしまうのです。

 

 

もしも、見つめ直した結果、現職が合わないのであれば

転職したっていいじゃないですか。

 

 

焦って原因となった職場へ戻ることで悪化させてしまうより全然!

 

 

私も好きになれない仕事を続けていける自信もなかったので、

副業でブログでの情報発信を始めました。

それが収益になることも知りました。

 

 

元々好奇心だけは旺盛だったので、わからないことは都度調べて

今では110記事を超える記事数になりました。

 

 

あなたが培ってきたスキル、経験、知識、それを欲しがっている人に

発信することだって立派な仕事になる時代です。

反応があるととても勇気づけられると同時に「自分の存在価値」を

感じることができます。

 

会社で働けなそうなら今すぐブログを立ち上げて、

その状態を隠すことなくまずは副業として発信してみませんか?

 

 

一通り発信したら今度はあなたが培ってきた財産(スキル・経験・知識)を

コンテンツ(文章や動画などでの商品)にしてみましょう。

 

お金を払ってでも欲しい!と思う人が必ずいるはずです!

それだけあなたが経験してきたことは他人にとっては「財産」となりうるんですよ。

 

初期投資は専用サーバーのレンタル(月額1,200円)と専用のアドレス取得

(.comで年額800円)ですが、3ヶ月〜半年くらいで収益化させて回収できます。

考えを文章にすることは症状改善にも繋がって一石二鳥です。

 

また同じことをただ続けるよりも、こう言ったことが楽しくなってくれば

専業にしている人もたくさんいます。

 

私もnoteというコンテンツでブログの立ち上げと

Twitterを使った拡散について書いていますのでご参照ください。

 

 

また、ブログをやってみたい!そう思ったら

私も利用していて企業のサイトも使っている下記サイトから

サーバーレンタル〜ワードプレス(ブログ)の

インストールまで一括で行うことができます。

 

あなたの症状改善にも、そしてこれからの令和の働き方を体得するにも、

今始めないと損するかもしれません。

ブログ仲間が増えたら幸いです。

 

でもくれぐれも無理はしないでくださいね。

仕事が辛くて副業を始めたら「辛いことが増えた」

となってしまっては本末転倒ですから。

 

 

IT知識ゼロの私でもできた!最速でブログ始めたい方はこちらからどうぞ

(サーバーレンタル・ドメイン取得・ワードプレス(ブログ)インストールまで一括でできます)

 

check>>>エックスサーバー公式HP

 

関連記事>>>【完全版】IT素人の私がブロガーになれた話。ワードプレスブログの作り方

 

まとめ:うつ病は負け組ではなくむしろ勝ち組になれるチャンスをくれる

うつ病との出会いはマイナスではなく「豊かな人生」への転換点!

うつ病との出会いはマイナスではなく「豊かな人生」への転換点!

 

少し力が入り長くなってしまいましたが、総じて言いたいことは1つ。

 

ポイント

うつ病は決して負け組なんかではなく「豊かな人生」への転換点なんです。

 

今は辛い状況かもしれません。

でも前述の通り、受け入れて、理解して、付き合うことができたら。

 

頑張りすぎた時に心がブレーキランプを灯してくれます。

そんな時はちょっとくらい手を休めても世界は回ります。

 

私たちって「幸せになるため」に生まれてきたんですからその権利があります。

あなたの人生が実りある美しい笑顔に溢れたものになるよう私も応援し続けます。

 

【うつ症状改善についての関連記事】

下記の記事で、睡眠によってうつ症状の原因の1つとも言われる現代病

「ストレートネック」について、そして改善について書いていますので

よろしかったら合わせて読んでみてくださいね。

関連記事>>>【レビュー】肩こり・めまいは現代病!?「スローコアピロー」を使う!

 

 

【 うつかな?と思う心の状態の方へ 】
心療内科にかかっている方はお医者様の処方にしたがって正しくお薬を服用してくださいね。

また、心療内科に通うのはなんだか抵抗があるという方は、

精神科医と共同開発されたサプリを試してみてください。

 

単に睡眠不足解消のサプリを飲み続けるのは危険ですので、精神科医が監修しているものを選んでください。

おすすめのサプリを下記に紹介します。興味のある方は公式サイトを覗いてみてください。

\\Check//

>>>専門医と共同開発!心のサプリ「ヌーススピリッツ」<<<

 

 

あなたの人生、永遠にあなたが主役です💖

 

 

【この記事を読んだあなたへおすすめの1冊】

『心を癒すということ』

著者:安 克昌

価格:2,400円

阪神・淡路大震災を自らも経験し、被災者のPTSD、イライラする子供、災害マニー(躁状態)などをケアすることに身を捧げた精神科医の著者の視点から書かれたエッセイ。

「心を癒すこととは」 という本質に迫った内容は、病んでしまった心に深く、そして強く響くはずです。

 

 

「生き方」記事一覧へ

 

 

-生き方
-, , , , , , ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.