" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

仕事・転職

転職で実績を上げるのに「焦りは禁物」。心を初心に戻す5つの視点

学校を卒業後、就職して定年まで同じ会社で働き続けるという方は

時代が進むにつれ少なくなってきているように思います。

 

それだけ選択肢が増え、情報が増え、考え方が多様化しているから

なんでしょうね。

 

そんな誰もが経験するであろう「転職」でみるべき方向を間違えないために

この記事を贈ります。

特にこれから初転職をされる方は必見です!

 

 

転職は実績よりも先に「原点」に返る事からスタート

千里の道も一歩から。ゆっくりスタートしよう

千里の道も一歩から。ゆっくりスタートしよう

転職での実績は武器を揃えることで自然と上がる

転職をするとまずは社内のことから覚えていきますよね。

同僚となる方の顔と名前を覚えるのも規模が大きい会社だと大変ですね(汗)

 

前職で実績をあげてステップアップの為に転職する方も多いでしょう。

注意

でもすぐに実績を求める行動は、装備なしでモンスターに挑むようなものです。

 

はやる気持ちはわかりますが、使用期間というものが設けられていますから

その期間を目一杯インプットに当てましょう。

 

これが求められる以上の実績を上げる為の第1のポイントです。

 

 

自社のことを誇りを持って語れれば実績は上がる

あなたは転職をして新しい組織の一員となったわけです。

まずは自社のことをよく知りましょう。

 

自分の入った会社がどれだけ魅力的か語れることで、あなたが勧める製品やサービスにも説得力が増します。

 

会社に反抗心を持って営業していても魅力的な提案はできませんし、

その気持ちは相手に伝わってしまいます。

ですのでまずは会社のを知って、良いところをたくさんインプットしましょう。

 

 

転職=前職の延長ではなく新たな実績を積む場

焦らずゆーっくり登りましょ♪

焦らずゆーっくり登りましょ♪

自信は持ったままでいい。一度まっさらにできるかが成功する転職

前職であげた実績には自信を持っていいと思います。

それまで捨てろとは誰もいう権利はありません。

 

でもその実績だって一生懸命に研修を受けたり、ロールプレイングをしたりと

努力を続けてきたと思います。つまりは

 

転職は前職の延長ではなく、もう一度新たにインプットからスタート

 

することなんです。

なのでプライドだけが先に出て、すぐに実績を求めると100%空回りし、

最悪の場合、周囲から総スカンを食らうこともあるので要注意ですね。

 

 

やったことがないのは当たり前。転職した目的を忘れない。

同じ職種、業種に転職したとしても、会社が変われば人も変わりやり方も変わります。

その時に「前の会社では〜」といった発言はNGです。

 

これ連発しちゃうと「じゃあなんでそこ辞めたの?」って思われてしまいます。

さらにスキルアップしたくて転職をしたと思うので、謙虚に学ぶ姿勢を

持って真摯に勉強して武器を身につけましょう。

 

新しい会社のルールがわからないのは当たり前です。

こういうやり方もあるんだ!という素直な気持ちで吸収しましょう。

 

この時、自分がスポンジになったつもりで一旦全て吸収してぎゅーっと絞ったらオリジナリティが出るものです。

 

転職した目的を忘れず、実績に目を向けるのは今は押さえておきましょう。

 

 

転職ですぐに実績を求めない。知識をつければ自ずと上がる。

知識を身につければ道は拓ける!

知識を身につければ道は拓ける!

1.転職3ヶ月は「基本勉強の期間」と思うこと

転職をすると大体3ヶ月の「試用期間」があると思います。

 

この期間は外での実績は無視して、いざ行動を開始した時のための

「知識というなの武器」をたくさん身につけましょう。

 

その期間はお給料をもらいながら勉強をさせてもらえてラッキー!

 

そのくらいの気持ちでOKです。

この期間のインプット次第で実戦に出た時のスタートダッシュが変わります!

 

 

同時に、生活リズムを新しい会社に馴染ませて体調管理がしやすいリズムを

作り出してください。

 

 

2.他人と自分を比べない。比べるのはいつも自分。

もし同期入社がいた場合、ライバル心を燃やしてしまう場合があります。

はい、かつての私です(笑)

 

ライバルは他人ではなく、常に昨日の自分です。

 

昨日よりも今日、1つでも多くのことを覚えられたと思えるよう意欲を持って

インプットに集中しましょう。そして同期とは苦楽を分かち合いましょう。

 

 

3.できたことを褒めて自己肯定感を上げる。

人間どうしても最初のところに無意識に基本を見てしまいます。

なので転職には必ず大小あれど「ギャップ」を感じるものです。

 

これは誰もが感じるものなので、あなたが特別感じているわけではありません。

なので安心してそのギャップを楽しんじゃってください。

 

そして1日の中での事を何か1つ以上、自分を褒める事を習慣づけてください。

 

そうして自己肯定感を高める事で、少しのことでは動じない軸が出来上がります。

ブレない自分を作り上げていきましょう。

 

4.長く貢献し続ける為の1年は挑戦である

転職はあまり回数重ねていくと、年齢も重ねていきどんどん条件が悪くなります。

年齢は単純に市場価値を下げてしまいますので、できれば1社で長く勤め上げていきたいですよね。

 

そんな長い目で見た時、数日単位、数ヶ月単位は短いものです。

 

数年単位で物事を見て、最初の1年は挑戦だ!

 

そう意識して失敗を恐れず、何事にもチャレンジしていきましょう。

最初にしてしまう失敗は「成功への経験」です。どんどんしましょう。

その方が同じ事を繰り返さずに、最短経路で実績に返ることができるようになるでしょう。

 

 

転職で実績上げるには「地道な積み重ねの継続」

輝かしいみたいに向けて積み重ねよう!

輝かしいみたいに向けて積み重ねよう!

転職に限らず、私が書いているこのブログもそうですが地道な積み重ねの

向こうに実績が待っています。

 

すぐに出る実績はその場限りのもの。長期的な実績はコツコツと積み重ねた先にあるものです。

もしあなたが転職先ですぐに実績が出ずに悩んでいても「合ってないのかも」と思うのは早計です。

 

すぐに出ないのは当然で、

 

地道なインプットができていなければ、相手の心を動かすアウトプットはできません。

 

相手に製品やサービスを売るのが仕事ではありません。

 

相手のニーズがあって、そこに寺社の製品やサービスがあるんです。

 

この事をないがしろにしてしまうと押し売りっぽくなったり、一方的な一人喋りになりかねません。

 

こちらを理解してもらうのは、相手を理解してから

 

しっかりとニーズのヒアリングをして、何に困っているのか?

そこに自社のサービスの何が役に立てるのか?そう言った視点を持って

日々の仕事に取り組んでいけば必ずあなたの「ファン」が付きます。

 

そのファンの数を増やしていけば、そのうち売り込みに行かずとも先方から

あなたへ連絡や相談が入るでしょう。

仕事もプライベートも信頼関係なくして成立しません。

 

お金を払って購入するんですから尚更ですね。

どうか相手の気持ちを汲み取ることのできる素敵な人になってくださいね。

 

 

「仕事・転職」記事一覧へ

 

 

 

-仕事・転職
-, , ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.