" />

恋愛

願望も理想も取っ払え!人生が「美しくハモる」ための結婚とは?

今回は久々に恋愛というか「結婚」をテーマに、

そこにまた音楽的な要素を絡めてお伝えしたいと思います。

 

近年、結婚願望がない若い世代が増えていると言いますね。

あなたはどうですか?結婚したいなぁ〜って思いますか?

 

一人暮らし歴が長くなったりすると、家族になるとは言え他人との

生活に不安を持つ人も多いのではないでしょうか?

 

でも結婚願望がない場合でも、昔の私のように突然結婚に

向かうことになるケースも十分にあり得ます。

 

 

むしろ、結婚なんて興味がないと言っている人ほど

あっという間にゴールイン!なんてことも経験しました。

 

興味ないって言ってたじゃーん!って(笑)

 

 

 

そんな、いつあなたにも訪れるかわからない結婚のメリット、

結婚がもたらすその先の人生の輝きについてお伝えして行きたいと思います。

 

結婚のメリットがわかんねー!というあなた特に必見です!

 

 

 

結婚よりの離婚の方が多くメディアで報道されることが問題!?

報道

メディアの離婚報道が結婚願望を阻害?

結婚よりも離婚の方が背景が見えてしまう!?

私は結婚願望のない人が多くなってきた要因の1つに、

メディアで報道される離婚報道にあるのではないかと分析しています。

 

結婚報道に比べると、そこに至るまでの2人の生活が垣間見える部分があり、

リアルな状況が見えてしまいますよね。

 

 

そういうのを見ると「大変だなぁ・・・」と思うと同時に、

「結婚って面倒臭そうだな」という感覚にさせてしまってませんか?

 

メディアで報道されるのって芸能人とかその他著名人ですよね?

 

やっぱり仕事自体が特殊で一般的な仕事と比べて時間も不規則だったり、

家を長期で開けたりとすれ違ってしまう要素が普通よりも多いことがあると思います。

 

そうかと思えば、芸能人でもおしどり夫婦と言われる夫婦もいたりと一概に仕事内容が原因とは言い難いです。

しかし我々がメディアから受ける印象は思っているよりも強く心に残りますよね?

 

それが結婚への理想を萎えさせてしまっていると思うんですよ。

 

 

他人と生活を共にすることへの不安→結婚のメリットを感じない

今の時代、直接でなくてもSNSや各種コミュニティなど色々なつながりがあって、

1人でも寂しくなくない環境があることも原因があるように思いますね。

 

ポイント

1人の空間が心地良くて、他人と一緒に生活するメリットを感じなくなっちゃうんですね。

 

私も長く付き合った彼女と別れた後、SNSがあってそれが

心を満たしてくれたので何年も恋愛すらしない時期がありました。

 

それだけならまだしも、自分の空間に他の人が立ち入るのを拒んでしまったりと、

結婚以前の問題になってしまってました。

これは今考えるとかなりの状態ですね。。。

 

それでも今こうして結婚して、もうすぐ10年が経とうとしています。

それならば今は願望がなくても結婚というものがデメリットとも

言えないと感じてもらえるんじゃないでしょうか?

 

今回も音楽的な要素を絡めながらお伝えしたいと思います。

 

 

 

人生がハモる。結婚て「一緒に暮らすこと」じゃない。

さて、ここで音楽的要素「ハーモニー」を使って解説して行きたいと思います。

ハーモニー

結婚=ハーモニー

価値観違って当たり前。他人が家族になるわけだから。

よく離婚する理由が「価値観の違い」っていうのを聞きますけど、

逆に価値観が全く同じ人間が世の中にいるでしょうか?

 

趣味があってもその他は違うとか、完璧に重なることはないと思っていますがあなたはどうですか?

 

転職じゃないけど、本当にそれが理由で別れていたら何度結婚したって

同じ結果を辿るんじゃないかなーと思ってしまいます。

 

どうしても大好きだ!って部分が1つあれば結婚する理由としては十分だと思っています。

私は奥さんのめっちゃ楽しそうに笑う笑顔にズキューンときました(照)

 

だからできるだけ泣いてる顔とか怒ってる顔をさせたくなくて、笑かそうとするんですけど、

それが結果として私なりの円満の秘訣になっているなと思ってます。

 

 

奥さんの実家行けば自分と育ってきた背景の違いもわかりますし、

でも私たちは晩婚の類だったのでお互いがその歳まで色々な経験をしてきて

精神的に大人だったのかもしれません。

 

お互いがある程度人生経験を積んだ状態の方が落ち着いた生活ができると思います。

もちろん早く結婚して早く子供ができればその楽しさ、独立してからの

第2の人生も充実しますから一概に晩婚が良いとも言えません。

 

元々別々の環境で育った2人なわけですから「価値観が合う人」という条件は早いうちに取っ払いましょう。

 

他人がその先の人生を一緒に過ごすということってそういうことなのです。

 

 

楽しいことも辛いことも分かち合えるって凄いこと!

私も32歳の時に結婚は40歳までいい!と決めました。

結婚寸前までいった人と別れて恋愛すらする気が失せたんです。

 

それからというもの、一人生活を満喫して気づけば3年近くが経過していました。

そしたら恋愛の仕方をすっかり忘れてしまったんですね。

 

いざ恋愛すっか!と思い立ったもののすーっかりコミュニケーションの取り方すら思い出せない。。。

出会いの場へ積極的にいくも何だかよくわからず、これは困った!と思いました。

 

でも当時まだ34歳。まぁ40歳までいいって決めたから気長に行こうと

肩肘張らなくなった瞬間に今の奥さんと出会いました。

 

お互いその場にいく気がなかったのですが行くことになり結果出会ったんです。

で、1年の交際を経て結婚をしたわけですが、交際を始めた頃の私は

精神的に鬱に近い状況、仕事も探し中、と何もない状態でした。

 

それでもそんな自分を受け入れて、励ましてくれて明るく接してくれて。

気付いたらゾッコンでした。

 

まさかあんな宣言をした自分がこんなに早く腹を決めるとは!と自分でも驚きました。

それくらい結婚って流れに乗って二人で進んでいくものなんだなと実感しました。

 

それから今日に至るまで、辛い時は支えてくれて私の好きなものを夕食に作ってくれたり、

同じテレビ見て笑って、なんでもないようなことが(虎舞竜じゃない)楽しいんですよね。

 

特別なことはそんなにしてないんですが何もかも分かち合うって

そういうことなんだと思います(伝わりますかね?)

 

きっとそんな瞬間があなたにも自然と訪れます。

 

 

 

理想的な夫婦のスタート、そして結婚生活に「完璧はない」

夫婦の絆

50%ずつで夫婦は100%

夫婦は50%+50%→補い合っての100%であるべき

タレントのヒロミさんが言っていた言葉でもありますが、

夫婦が円満でいるためには片方が完璧な100%である必要はないんです。

 

もし完璧な相手に出会った!と思ってもそこがピークでは

ちょっとしたことが気になっていってしまいます。完璧じゃなくていい。

 

お互いが補い合って2人で家族になってくものなんだなと実感しています。

 

もちろん理想はあっていいと思いますし、新婚時代はラブラブだと思います。

時間を重ねるごとに夫婦の形、愛の形は変わって行きます。

 

その流れに二人がしっかりと乗っていくことができればおじいちゃんおばあちゃんになっても

きっと手を繋いでお出かけできる関係性でいられるはずです。

 

一緒にいて鼻が高い相手よりも、一緒にいて安心できる相手と出会って育んでいただきたいなーと思います。

 

 

プロポーズをピークにしてはいけない

これは独身時代から絶対にしないと決めていましたが、

よくロマンティクなシーンで膝をついて指輪をパカッというプロポーズ。

 

すごくいいんです。これは否定はしません。

 

ただ!私はそれをしてしまうとそこが二人のピークになってしまいそうでやらないと決めていました。

 

だからプロポーズは奥さんがそれだと気づかないくらいサラッとしました。

ピークはこれからの人生で作って行こうと思っていたからです。

 

人に自慢するためにするものでもないし、気づかなかったということが

エピソードとして笑い話にもなっています。それはそれでよし!

 

特に男性の皆さん。女性はロマンティックなプロポーズを期待しているかもしれませんが、

過度な演出は後々自分へのプレッシャーとなる可能性があるので、十分練ってみてくださいね(笑)

 

 

 

人生に新たな旋律が加わる。違う人生のハーモニーが夫婦をより鮮やかに彩る

ハーモニー

夫婦で奏でるハーモニー=LOVE

ここまで私の実体験を交えて書かせていただきました。あなたはどう感じましたか?

 

結婚相手は最初からわかるものじゃありません。

 

ビビビ婚なんてのも言われますが、それは結婚後に振り返ってみて

「あれはそうだったなぁ」と思うものなんですよ。

 

2人での時間を過ごして相手を知って、自分を知ってもらって、そうして育んでいくものですよね。

 

そうして相手に安心感を抱き、この人を他の人に取られたくない!と思えたら

あなたの人生に新たな旋律(メロディー)が加わります。

 

1つのメロディーで奏でる音楽も良いですが、もう1つのメロディーが加わってハーモニーになったなら。

夫婦になった時にはメロディーの魅力は「2人の個性の相乗効果」で素晴らしい人生になるでしょう。

 

世界に何十億人といる中から出会った相手。

 

確率で言えば「奇跡」です。そして新たに生まれる命もまた「この世に2つとない奇跡」です。

そうして人生のたくさんの節目を分かち合うって本当に素晴らしいんです。

 

今、結婚願望がない方もいつか不意に突然恋に落ちるでしょう。

探している時ってなかなか見つからないもんです。私もそうでした。がっついていたんですかね(笑)

 

心をフラットに、いつその場面に出くわしてもいいように自分の内面を磨いて行きましょう。

人生の伴侶。パートナー。表し方は色々ありますけど、

 

何十億人の中から出会った「奇跡の人」。

私はこの表現がピタッときます。

 

あなたにも素敵な「奇跡の人」が現れて、人生に新たなメロディーが加わることを応援しています。

 

 

「恋愛」記事一覧へ

 

 

 

-恋愛
-, , , , , , ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.