あなたが主役の人生。そのステージの輝かせ方。シンプルな3ポイント!

対話
スポンサーリンク

こんにちは! Kazutomoです。 

楽しんで読んでいただき、悩みを解決してもらえたら幸いです。

今回はあなたの人生を『舞台・ステージ』と捉えた視点でお伝えできればと思います。

人生のステージはあなたのもの

今の人生であなたの求める事。それは何ですか?

生まれた時からあなたは人生の主役です。その主役である人生を舞台・ステージと捉えた時、そのステージで日々を生きているわけですが、

あなたが思うハッピーな展開、それは一体どんなものでしょうか?

ミュージカルで例えるならば、どんなショウにしたいですか?

誰もがハッピーで楽しくて皆んなが笑顔になるようなステージにしたいと願うでしょう。

しかし演目の中では、その道のりに困難があったり、時には出会いと別れがあり、

と色々なことを経験して成長していき最終的にハッピーエンドを迎えるといったように実際の人生を投影しているように思います。

いろんなドラマがあるのが人生ですね

仕事の場ですらステージにしてしまおう!自然と自分に自信がついてくる!

私はアパレル業界でのアウトソーシング会社にいた時、請負店舗や派遣で勤務しているスタッフたちにいっつも言っていたことがありました。

あなたたちは仕事中は女優さんで、売場はステージです。』

常に見られている意識を持って、身だしなみには気をつけてお客様に憧れられる、ファンがつく存在になってくださいと。

普通のところでは人の目を気にする必要はないと思いますが、アパレルで店頭に立つということは「動くマネキン」でなければならず、真逆の世界観でしたね。

そんな特殊な環境であるからなのか、採用した時と比べてみんなどんどんメイクやヘアメイクが上手になって綺麗になっていくんですね。

そうすると自分にも自信がついて恋愛もうまくいく人がたくさんいました。

このケースは売場という空間が舞台だったわけですが、一般企業においてはいろんな職種があります。

でも過剰に演じる必要はないですが「ファンを作る」部分は共通していることかなと思います。

ただし実生活での「ファン」とはキャーキャー言われるものではなく「あなたに好感を持ってくれる人」をたくさん作りましょうという事です。

ファンが増えていけば自分に自信がついて・・・やっぱり同じくプライベートもうまく運んでいくんですね。不思議です。

仕事とプライベートのバランス、どちらに傾きすぎることなく均衡を取っていく。

これが人生のステージにおいてとても重要なことだと思います。

時には落ち込んだって構わない!

そうは言っても人間誰しも落ち込んだり悩んだりすることもあります。それですらステージ上のあなたの人生の大切な一部。

1人の時はため息ついたっていいんです。イライラしてもいいんです。

自分らしさを保つにはネガティブな感情を発散させる場は絶対に必要ですから。

私も外では明るい振る舞いを心がけますが、どうしたって気分が沈むこともあります。

そんな時はため息つきますし、イライラだってします。それが人間の自然な感情です。

それを抑え込んでしまうといつか爆発しちゃいますから定期的に吐き出すようにしています。

ひとしきり落ち込んでイライラして吐き出したらまた歩き出しましょう。あなたのペースで、あなたの好きな方向へ。

人生に正解はありませんから、一つ一つの出逢いを大切に育んでいけばいつか大きな1本の樹にたくさんの枝や葉がついて実りあるものになりますよ!

友達

友達との楽しい時間も大事!

自信がつくとステージが輝きだす=あなたが輝きだす=人生が輝く!

どっちかで良いことがあると、もう片方にも良い影響を及ぼす。その連続が人生を豊かにする方法の一つなのかもしれません。

人によって「豊かな人生の定義」は違うと思うので一概には言えませんが、人が自然と集まってくるようなコミュニケーション。極めていきたいですね。

朝の挨拶を気持ちよくする

困っている人がいたら声をかけてあげる

性別・年代問わず話しかける

ファンを作ることって特別なことをする必要はないんです。

当たり前のことを当たり前にする

それが一番シンプルで有効な方法なんです。明日からもう一度この部分から見直して意識してみてください。きっと世界が変わっていく音が聞こえるはずです。

こうして文字にしてみると、特別に難しい事ではないですよね?

恥ずかしくても続けて行って「それが自然で普通のこと」になれば周囲にも変化が現れるはずです。

ですので笑顔を忘れずに上の3つのポイントを実践して見てくださいね。

私も常に意識して目指していきたいと思います。

あなたも一緒に頑張りましょうね!

Kazutomo

コメント

タイトルとURLをコピーしました