コミュニケーション爆上げ!自分の声が嫌いでも「魅力的な声」にしてあげる!

人生
魅力的な声で心を揺さぶれ!
スポンサーリンク
さて、今回はコミュニケーション✖️音楽の内容でお伝えしたいと思います。
コミュニケーションで人と話すときに必ず出すのが「声」ですよね。
なんか想像と大きく違って恥ずかしいと感じた方、結構多いと思います。

 

そんな人によって違う「声」。
これを魅力的に変えていく方法について音楽的視点からお伝えしたいと思います。
カラオケが上手くなりたい方にもオススメの考え方、意識変革ですのでご参照ください!

 

スポンサーリンク

コミュニケーション爆上げ!自分の声が嫌いでも「魅力的な声」にしてあげる!

Kazutomo-nagasawa.com/alt

自分の声の違和感!

自分で聞こえるものとの違いで自信がなくなってしまう

前述の通り、みなさん一度は自分の声を客観的に聞いたことがあると思いますが、自分で普段聞こえてるのとだいぶ違いますよね?あれはなぜなんでしょうね?
私ももちろん聞いたことありますし、やっぱり客観的に聞く自分の声は今でも恥ずかしいです。

 

高校生になるまではカラオケも嫌いでした(そもそも当時はカラオケボックスはまだそんな普及してなかったですがw)。
これが原因で自分の声に自信がないためにコミュニケーションを阻害してしまっている方もいらっしゃるのではないかと思います。
意外にも結構根が深い問題ですよね。

声に自信がないからどんどん小さくなる悪循環

何に対しても言えますが、自信がないと隠したくなるのが心情ですよね。
声も当然自信がなければどんどん小さくなっていってしまいます。
そうなると相手に聞いとづらくなり「えっ?」と聞き返されることに。
声には顕著に自信が形として表れます。

 

急に大きい声出せと言われても、自信がついてなければ大きくなろうはずもなく、どんどんコミュニケーションの場から離れようとしてしまうでしょう。
カラオケは特にマイクとスピーカーを通してダイレクトに聞こえてしまうので、人前では絶対歌いたくない、苦手という人も多いと思います。
自信がないから話したくない。
こうなってしまうとどんどん声を発する機会が減りコミュニケーション力は上がることもなくなってしまう悪循環に陥ります。

 

声を出すことへの意識変革。自分の身体は楽器だということを知る

Kazutomo-nagasawa.com/alt

身体は万能な楽器!

この記事内容を実践していただければあなたの声に力が宿り、喉だけで発していた今までの声に劇的な変化が表れます!

身体への意識を強化して「もっと深いところ」から発声することで、相手に合わせた声はもちろんのこと

会話以外の場面でもあなたの得意分野を増やすお手伝いになります。

 

ギター演奏の構造をもとに「自分の身体は楽器なんだ」という意識に

この記事で、ギターをアンプにつないで音を出す際のセッティングを人間の身体に置き替えて、
わかりやすく声の出し方への意識を変えてみせます。
胸式呼吸から腹式呼吸へ。いろいろな部分での調節方法をお伝えします。

 

声は「出すもの」ではなく「発する」ものだ
という意識になるだけで、言葉にも魂が宿るようになり、人の心を揺さぶる力を持ちます。
その道を極めて頂くための第一歩を一緒に踏み出しましょう!

カラオケでも応用が効き、苦手が趣味に変わります。

声を出すことが苦手、コミュニケーションが苦手な方は恐らく人前でカラオケを歌うことも苦手なのではないでしょうか?

話すことも苦手なのに歌うなんてとんでもない!という思いがあると思いますが、カラオケは本当に楽しいですよー!

好きな歌を歌って皆が盛り上がってくれて、何よりストレス発散になります。

 

 

この記事でご紹介する発声の方法はカラオケでの応用に最適です。意識したらまずは一人カラオケでで実践してその変化を体感して欲しいなと思います。

びっくりするくらいのボリュームと力のある声が出ますので是非お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました