もう一度会えたら。伝えたい想いや後悔。「感謝」に変えて歩き出せ!

対話
もう一度会いたい・・・
スポンサーリンク
連休の真ん中いかがお過ごしでしょうか?ぜひ最後までお読み頂けたら嬉しいです。

以前の下記記事でも書いた通り、

今私は水曜日に発売されるマガジンに掲載されている、漫画にダダハマりしております。
そのタイトルが「東京卍リベンジャーズ」と言います。映画化もされた「新宿スワン」の作者の最新作です。
ざっくり言いますと「ヤンキーもの+タイムリープ」なんですが、私、この「タイムリープ」ものの映画などが大好きなんです。
気になった方はこちらから「東京卍リベンジャーズ」で検索して是非読んでみてくださいね。

1冊80円のDMMコミックレンタル!

でも、見るたびに同じことを思い、同じことに気づかされます。それが
「今」をどう生きるべきなのかを考えさせられる
ことだなと。
今回の記事ではそれについてお伝えしたく記事にしようと思いました。
最後までお読みいただければ幸いです。

「もう一度会えるなら伝えたい想い」ありませんか?

もう一度

もう一度会えたら、その時は・・・

もう会うことのできない人、会う機会がない人。もう一度会えるとしたら伝えたいことあなたにはありますか?

あの頃に戻ることができるなら・・・。イメージするのは自由ですが、現実は残酷です。

「想い」は時空を飛び越えることはできない

冒頭に書いたように、私は時空を飛び越えるいわゆる「タイムリープ」ものが大好きです。
タイムスリップは何かの装置で意図的に過去や未来へ行きますが、
タイムリープは何かがトリガー(引き金)になって時空を飛び越えます。
ちょっと前にやっていたTVドラマ「トドメの接吻」もキスがトリガー
になって1週間遡るというもので大好きでした。
タイムリープもので共通しているのが、
現実世界でよくない状況になっているのを過去で修正する
というものです。
しかし現実には時空を飛び越えることはもちろん物理的に不可能です。
でももし!戻れるとしたらあなたは戻りたい地点はありますか?
会いたい人はいますか?伝えたいことはありますか?

伝えられず後悔し続けていませんか?

そういったタイムリープへのイメージをするごとに、私の場合は亡くなった
父にもっと感謝を伝えればよかったとか、
傷つけるようなことを言ってしまって今会わなくなってしまった人に後悔の念を抱きます。
戻れたらあんなこと言わなかったのに・・・と。
あなたは過去の言葉や行動などに後悔の念を抱いていませんか?
誰しも一つや二つそう言った思い出があるんじゃないかなと思います。
でも繰り返しになりますが現実的には過去に戻ることは
不可能なわけで、後ろを向いて後悔し続けるしかない状態に胸を痛めます。

今あなたの周りにいる人、これから出会う人を大事に思える

スペシャル

周囲の人はみんな特別

過去に戻れない以上はそこに拘るのはプラスにならない

前項でもお伝えした通り、物理的に過去に戻ることは不可能です。
その想いは「今」あなたの周りにいる人たち、そしてこれから出会うであろう人たちに向けなければいけませんね。
あなたが背負う過去への想いを今現実に、目の前にいる人へ向けることができるようになれば、
あなたは周囲にとって人間的にとても魅力的な存在になることでしょう。

前だけをみて目に映る人たちへの感謝を忘れない心を持つ

しっかり前だけをみて人生を歩けるようになったあなたは、
人の痛みが理解できて後悔してきた分だけ人に感謝を持つ人になることができます。
他の人たちよりもクリアで透き通った心の持ち主になれるはず。
その透き通った心はきっと人の心を思いやり、癒すことができるはずです。
あなたに癒された人は、また他の人を癒すでしょう。そんな優しさのリレーションが続いていく。とても素晴らしいことですね。

痛みを知る人は強い。人の痛み、想いがわかるから

ハグ

経験でハグしてあげよう

生きる中での多くの経験。それをどう人に与えていけるか

私も43年の人生で数知れないほど悔しい思いしてきました。
以前の記事でも書いたうつとの出会い。
これは今でも1番の苦しい思い出です。
でもあの絶望があったからこそ、同じ状況の人への接し方がわかるし、解放に向けた働きかけをしてあげることもできる。
すべては自分が経験したからこそ。
人間という生き物は、痛みや苦しみを多く経験するほど、本来他人に優しくなれる社会性の高い生き物です。

過去への想いを現在への原動力にできる

過去にふけることをやめて前を向くことができたら、後悔は「思いやり」に向けた原動力になります。
もう同じことを繰り返さないように心がけるだけ。
悔しかったことや苦しかったことには原因があったはずです。
それを知ることができたのはあなたの人生にとって、かけがえのない財産です。
次の項目で具体的な解決方法を提示してみたいと思います。

変えられるのは未来に続く「今」だけ

未来

未来への「今」

これまでの項目で「過去という後方」を見ても変えられるものがないということがはっきりしました。

 

そうすると残る答えは1つ「前を向くこと」だけですね。

 

そうは言っても心が前を向かない、そんなこともあると思います。

無理をして力技でやる必要はないです。

 

 

ただ、自分の中で「意識」を持つことで徐々に、でも確実にやるべきことが明確になります。

そして何においても「行動する」ことをしないと何も変わらないのは同じなので、ぜひ1歩目を踏み出して欲しいと思います。

 

1.今と同じ時間は2度とやってこないことを意識

明日やろう。そう思うこともあるかも知れません。
でも「時間」という概念は人間が勝手に決めたもの。
真実は「今」という瞬間の連続なんですよね。そうすると「明日も今」ということになります。
あなたが諦めた今は2度と取り戻すことはできません。
限られた人生の「今」という瞬間をできる限り無駄にせず、できる時にやっていきましょう。
https://kazutomo-nagasawa.com/?p=308

2.タイムスリップやタイムリープは漫画や映画だけ

私もそうですがもしもこれができたら・・・と思いを馳せてもファンタジーの域を出ません。

現実とファンタジーを混同せず、現実では前だけを向いて未来を変えられる「今」を精一杯生きてください。

繰り返しになりますが未来を変えるのは、そこに続いている「今」の行動だけです。

私も原動力に変えていきます!

 

3.後悔の数を上回るほどの感謝を送ろう

もしもあなたがこれまでの過去のことで後悔の念があるなら、

 

その数を超えるほどの感謝を、今あなたの周囲にいる人に、そしてこれから出会うであろう人たちに示してあげてください。

 

そして感謝される行動を心がけて「今」を過ごして欲しいと思います。

 

過去を悔いるのはやめて、これからの感謝をたくさんたくさん伝えていきましょう。

過去を振り返らず、未来に期待せず、今を輝かせる

未来への虹

今を輝かせて未来を変えよう

 

さて、ここまで過去を悔いても変えられる過去はなく、変えられるのは未来で、それは「今」のアクション次第だとお伝えしてきました。

 

今を輝かせられるかどうかで未来は大きく影響を受けます

 

人間に平等に、そして確実にやってくる終わりの刻に後悔を残さないためにも、

あなたがやりたいことを精一杯やって、縁あって出会った人たちに多くの愛と感謝を与えていくことを願っています。

 

そして、そのリレーションが世代を超えて伝わっていくためのあなたの1歩をいつも応援しています。

感謝を与え、得られる人になりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました