メジャー?マイナー?音楽的コミュニケーション!苦手克服の話し方

kazutomo-nagasawa.com/alt人生
スポンサーリンク

新しい1年も始まり気持ちも新たに取り組もうと思っていることと思います。

しかし、コミュニケーションが苦手な方にとっては、また苦しい仕事や学校生活が始まります。

 

今年こそこの苦手を克服して、自由自在に使いこなせるようになってみましょう。

 

コミュニケーションテラー×ギタリストとしての音楽的視点から応用できる方法をご紹介します。

苦手の克服にとどまらず、リズミカルなコミュニケーションが取れるようになる一助になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

言葉にもある音楽的要素

まずタイトルにある「メジャー・マイナー」についてですが、メジャーリーグやマイナーリーグのことではありません(笑)

ギターのコードにはメジャーコードとマイナーコードがあります。

 

 

例えばピアノでいう「ド・ミ・ソ」はギターでは「Cコード」と言います。

このCコードにもメジャーCとマイナーCというコードが存在します。わかりやすくいうと

  • メジャーコード:長調→明るい感じ
  • マイナーコード:短調→物悲しい感じ

といった感じです。

 

 

音楽の中にはこのメジャーとマイナーが入り混じって曲を構成しています。明るい曲にも必ずマイナーコードが入っています。

あなたの話し方はメジャーですか?マイナーですか?

 

メジャー&マイナーをうまく織り交ぜられればベストですよね。意外とそんなに難しくないので是非続きをご覧ください。

話し方に抑揚がつき耳障りの良い印象が与えられる

これを読んで頂ければ、あなたの話し方にも抑揚がついて相手にとってとても聞きやすいものになります。

 

キー(基準)はメジャーでありながら盛り上がりに向けてマイナーもうまく使えるようになります。

それらを表現するのは「あなたの感情」なんです。

曲だって通して全く同じ調子では聞いてて楽しくもなんともありませんよね?

 

 

聞かせたいサビ(一番伝えたいこと)に向けてうまくマイナーコードを絡ませて話にリズムがつけられるようになるわけです。

そんな姿にあなたを変化させていきます!

リズム

抑揚はリズミカルな会話に繋がる

コメント

タイトルとURLをコピーしました