未経験職種への転職。成功の鍵は「研究」!最適な職種図鑑をご紹介!

疑問 転職
分からないまま突っ走ると危険です!
スポンサーリンク

みなさん日々お仕事に忙しく頑張ってらっしゃっると思います。

その中で自分の仕事にふと疑問を感じたり、もしくは日々の中で

人間関係や対話で小さな不満が蓄積したりして環境を変えたいと

思った経験おありではないですか?

今回は自分に合う仕事とは?そもそも合う仕事なんてあるのか?

そんな葛藤に対して、様々な職種を研究して事前情報を得る事が

できる解決法のご紹介をしていきたいと思いますので、

是非最後までお目通しいただけたら幸いです。

解決

悩んだら研究しよう!

未経験の職種ってよく見えますもんね?

あなたは今の仕事に不満や疑問はありますか?

フラストレーション

疑問・不満誰しもありますよね?

企業研究はするが職種の研究までは中々しないのが現状

みなさん就職活動や転職活動の時に会社を色々と調べて入社し、
今の職種についたことと思います。
そして日々頑張って働いてきて、ある時ふと
「あれ?この仕事って自分にあってないんじゃないかな?」
なんて思った時期もあったのではないでしょうか?
また、会社への不満が日々蓄積してきて同様に思っている方も
いらっしゃると思います。
きっと入社して一度もそういった事を感じたことのない人の方が
少ないんじゃないでしょうか?
そう思えば・・・
皆誰しも一度は今の仕事に不満や適性への疑問を持つ
と言えると思います。
しかし多くは継続する事で壁を乗り越えたり、日々の忙しさで
忘れていったりして今の仕事を続けているわけですが、
燻ったモヤモヤが残っていると転職への方向へ舵を回し始めます。
あなたは今の仕事、職種に疑問ややりづらさを感じていますか?
また、それが原因で転職しようと悩んでいますか?
そんな方にこの後の項目で、理由を実体化して方向性が
正しいのかを一緒に確かめていきましょう。

社内コミュニケーションが未経験転職へのきっかけになる事も

社内異動も検討して転職で全てを0ベースにしない選択肢も持って

あなたが働いている会社にも、あなたの職種以外にも
たくさんの職種の人たちで会社は成り立っていますよね?
そんな環境の中で、他職種の人とコミュニケーションを取る中で
自分以外の職種に興味を持つことがきっかけになることがあるんです。
実際にエージェントとして他職種への転身を希望されている方に
理由を聞いた際に
「会社の中で話していてその人の職種に興味を持った」
と答えた方もいらっしゃいました。
つまり・・・
同じ会社内で他職種に興味を持つことがきっかけになることも
けっこう稀なケースではありますが、他職種に興味を持つ
ということはどこかでその職種に関する情報を得たからだと思います。
しかしながら、外から見たり話を聞いたりするのと実際に
やってみるというのは全く違うものです。
薄い情報だけで突っ走ってしまうと理想と現実のギャップに苦しむことになりかねません。
そうならないためにも、また転職活動をするのであれば
新たな可能性を見出すためにも次の項目では私の失敗談をお伝えしたいと思います。
空振り

失敗は恥ずかしくない!

未経験職種への理想。それだけで突っ走ると・・・

理想と現実のギャップを事前研究で埋めておく事が重要

以前も書きましたが、私は新卒で販売職をしていましたが、

異動をきっかけに営業職に対する憧れを持つようになりました。

漠然と囲われた空間の職場から飛び立ちたい、外へ飛び出したい。

そんな思いが根底にあっただけだったと振り返っています。

何も調べずに理想だけで突っ走った結果、理想と現実の間で

ギャップを感じ、大きな挫折を味わい心を病んでしまうことになってしまったんです。

このことからも言えるのは・・・

職種に対する理解。在職中からその手間を惜しまず研究することの大切さ

もし今、他職種に憧れを抱いているのであれば、行動までの間に

徹底的に研究して良い部分だけでなく、大変な部分まで理解する事を

忘れないでもらえたらと思います。

次の項目ではそのための私からの注意点をお伝えさせてください。

先細り転職の危険性「自分に合わない」という理由

誰にも可能性がある「負の循環」に陥らないために

今あなたが他職種への転身を考えていて、その理由が漠然と

「今の職種が合わないから」であるならば、

これからお伝えするところで研究してから決めてからでも遅くはありません。

なぜなら

同じ理由で転職を繰り返し、その度に在籍期間が短くなっていく負の転職「先細り転職スパイラル」につながるからです。
何か嫌なことがあったり壁にぶつかるたび乗り越えずに
「自分にはあっていない」という理由での転職は要注意です。
まずは現職での成功体験をキャリアに刻む事を先決しましょう。
爪痕

何かの爪痕を残そう

希望する職種の「特徴や大変さ」を研究しよう!

事前研究ができる職種図鑑サイト5選

今の時代は私の時代とは違って(笑)たくさんの情報を

ネットから得ることができます。

その中でも様々な職種の研究に適したサイトを下記にご紹介します。

これらは転職サイトが作成している「職種図鑑」のようなもので、

実際の職務内容からやり甲斐や大変な面、そして収入面など

様々な角度から研究することができます。

収入面は特に生活に直結しますから、ここも含めてトータルで

進んでいくべきかの判断材料にしてもらえたらミスマッチはなくなり、

定着率も高まり、結果としてサービスを受けるユーザー様(お客様)の

幸せにつながると思いますよ。

  1. はたらこネット: よく解る!職種図鑑事務系や人事・総務系などに強い。
  2. dodadoda職種図鑑特に営業系と企画系が種類豊富。
  3. マイナビエージェントわかりやすい!職種図鑑IT・エンジニア系やクリエイティブ系に強み。
  4. type私に向いているかも!」を見つける職種図鑑IT・エンジニア系に強い。
  5. とらばーゆ仕事内容まるわかり職種図鑑女性向け。医療系、受付、幼稚園教諭など強い。

こういった親切なサイトを参考に、気になる職種について

徹底的に研究して本当に自分に適性を感じるか?を見極めてみましょう。

未経験職種は慣れるのにも時間がかかりますし、

スタートの収入も現職より下がることも念頭に入れておいた方が

良いと思います。

メリット・デメリットを把握→未経験職種への転職は成功する!

準備は万端!仕事への意欲は向上し続ける

前項までの内容を参考に本当に自分がやりたい仕事に迷いなく挑戦できて、
面接での志望動機も意欲がこもるものが作れるでしょう。
そうしてメリット・デメリットを事前に理解し覚悟を持った上で臨めば
転身後のギャップを感じることなく、目標を明確にして働けることと思います。
なりたい目標があるのとないのとでは仕事への取り組み方も全然違ってくる
また、職種研究のサイトで知らなかった職種を見つけ、思いがけず適性が見つかる可能性も高いです。
得られる情報は多すぎると迷いがちでもありますが、
その多さの中から新たな道を見つけることができることも考えられますね。
前項のサイトを参考に、あなたが自分らしく働けて能力を発揮できる。
そしてその結果、それを享受する人が幸せになれる転身ができれば私も嬉しいです。
今後もあなたの能力開花と発展・成長を応援するべく様々な角度から情報をお伝えしていけたらと思います。

あなたには無限の可能性が宿っています!

 

※転職活動でモチベーションを高め続けるために書いた記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました