" />
【たった1つの真実】転職先企業の調べ方とは?正しい企業研究の方法

悩み 転職活動

【たった1つの真実】転職先企業の調べ方とは?正しい企業研究の方法

転職活動での企業分析が苦手・・・
転職先の会社の調べ方がわからない・・・
今回はそんなお悩みを解決します。

 

<この記事を書いている人>

◆ 転職エージェント歴16年&自身も5回の転職を経験。

◆ 転職、うつ、エージェント経験から読む方の転職・人生を豊かにします。

◆ 転職系の企業メディアへのコラム寄稿依頼も頂いています。

ブログ村「転職」カテゴリ1位、当サイトから転職エージェント登録多数あり。

 

今回の記事では、転職活動で行う「企業研究」のやり方に悩むあなたへ。

たった1つの「真実」を知るための「非公開情報」の掴み方をお伝えします。

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、表面上の情報は企業分析にあまり意味がないことがわかります。

そして惑わされることなく「本当に知りたい情報」で無駄な応募を減らし時短活動にも繋がります。

 

こんな方にオススメ

  • 今の会社が人間関係が悪い
  • 今回の転職活動は失敗したくない
  • 転職先の会社のリアルな情報を知りたい

 

 

【たった1つの真実】転職先企業の調べ方とは?正しい企業研究の方法

【たった1つの真実】転職先企業の調べ方とは?正しい企業研究の方法

 

今の会社で

  • 人間関係に悩まされている。
  • 労働環境が過酷で心身疲れている。

そんな状況から今回の転職活動は失敗したくないと思っていませんか❓

 

 

私も26歳の時の最初の転職で企業分析をロクにせずに大失敗した経験があります。

 

転職活動でみんなが必ずする「企業分析」

実はここに「大きな落とし穴」が潜んでいるんです。

 

結論から言うと・・・

ポイント

あなたが調べる企業情報。

そこには「企業側に有利な情報」しか載っていません。

 

これは私が転職エージェントという職業をして痛感しました。

いかに自分で行う企業分析が転職後の環境に影響しないかが分かりました。

 

 

この記事では

  • 転職して成功だった。
  • リアルな情報を得られてよかった。

そう思っていただけるよう「真実」の掴み方を私なりにお伝えします。

 

この転職であなたが叶えたい項目を書き出して100点満点の中で点数を振り分けるのも効果的です。

 

 

ポイントは企業研究をするなら・・・

ポイント

いかに公式HPや求人内容に書いてない「非公開な部分」を知るか❓

ここが「入社後の成功」を実感するために超重要となるポイントです。

 

しかし「非公開」なわけですから普通にはわからないですよね❓

でも知ることができる方法があるんです。

 

まず、普通の企業分析の方法を振り返ってみましょう。

次の項目で解説していきますね。

 

 

関連記事

求人に応募するか迷う【情報は鮮度が命】書類通過してから調べる
求人に応募するか迷う【情報は鮮度が命】書類通過してから調べる

 

 

転職先の企業の調べ方の基本と間違いを知る

転職先の企業の調べ方の基本と間違いを知る

まずはオーソドックスな企業分析の方法を確認しましょう。

 

<企業分析といえば❓>

  1. 企業の公式HP
  2. 転職サイトの求人内容
  3. 口コミサイトへの書き込み

 

1.企業の公式HP

1.企業の公式HP

 

まず最初に調べるのは転職先の候補になる企業のHPですよね。

 

ここは企業が自社を知って欲しくて力と想いを込めて作ったものです。

リアルな内情は別として、絶対に全て目を通すべき場所です。

 

しかしここで間違えてはいけないこと・・・

ポイント

ここで得る情報は「基本情報」だということです。

 

創業から成長

本社と支社の存在

資本金と売上高の推移

従業員数と福利厚生制度

こうした企業の「輪郭」がわかるとても大事なものですね。

 

IR情報やプレスリリース、会社四季報なども同じ種類の情報が得られます。

 

ただ、ここにはあなたが長く働いていけるかどうかの「社内のリアル」はありません。

その情報の掴み方は次の章で解説しますのでこのまま読み進めてくださいね。

 

 

2.転職サイトの求人内容

2.転職サイトの求人内容

 

あなたが最初に企業に興味を持つのは転職サイトの求人内容でしょう。

 

ここにはあなたが入社した場合の「雇用条件」が載っています。

多くの人はここに書いてある

  • 給与額
  • 勤務地
  • 仕事内容
  • 休日日数
  • 福利厚生

こうした「待遇面」で応募するかどうかを決めると思います。

 

つまり・・・

ポイント

そこには「あなた以外の人」の存在が見えていない状態です。

 

入社後に一番ギャップを感じる部分。

会社のカルチャー

離職率(定着率)

社員のやりがい

などといったリアルな部分は分かりません。

 

ここも次の章で掴み方をお伝えします。

 

 

3.口コミサイトへの書き込み

3.口コミサイトへの書き込み

 

今では多くの「掲示板」がネット上にありますよね。

その中でも転職時に見るものとしては

  • 「転職会議」
  • 「キャリコネ」
  • 「VORKERS」

などが有名です。

 

ここでは在籍している人、過去に在籍していた人の声を見ることができます。

しかし、ここには大きな注意が必要です。

 

私の実体験から・・・

注意

「良い情報」は企業ぐるみで書いていることがあること。

「悪い情報」は一部の恨みを持つ人しか書かないということ。

 

実際に私が知っている企業で良い情報を事務の女性に書かせているところがありました。

そして悪い情報の削除依頼もしていました。

 

冷静に考えると問題なく働いていたら口コミサイトに書こうとは思わないはずです。

そして書いた人が感じたことをあなたも同じように感じるとは限りません。

これは情報の良し悪しに関わらずです。

 

つまり口コミサイトの情報は「あてにならない」というのが私の経験上の意見です。

 

ーー

 

ここまで企業分析のオーソドックスな方法を深掘りしてきました。

 

今では「Meety」のようなカジュアル面談のマッチングサイトもあります。

カジュアル面談は「選考」ではなく「応募するかどうか」を確認するための面談です。

 

詳しくは下記の記事で解説していますので活用してみてください。

関連記事

カジュアル面談でお見送り
カジュアル面談でお見送り?【あり得ない】面接との違いを解説します

 

次の章では、これらオーソドックスな方法では得られない「非公開な情報」。

これを掴んで「転職後の良い環境」を得る唯一の方法をお伝えします。

 

 

check>>非公開情報+選考スキップ【書類選考なし求人】専門サポート 

 

 

転職先企業の正しい調べ方。貴重な「非公開情報」を得る手順

転職先企業の正しい調べ方。貴重な「非公開情報」を得る手順

 

非公開情報を持っているのはその企業と転職エージェントだけです。

企業はわざわざ自社の良くないところは出しません。

しかし転職エージェントは「転職を成功させる」ために惜しみなくあなたに合う会社かの答え合わせをしてくれます。

 

私の16年の転職エージェント経験からここで解説する「唯一の正しい掴み方」を実践してください。

 

効率よく非公開情報を得る手順

  1. エージェントサービスの登録+ヒアリング
  2. 自分にあった領域のエージェントを選ぶ
  3. 転職エージェントから「情報」を得る

 

順に説明しますね。

 

1.エージェントサービスの登録+ヒアリング

1.エージェントサービスの登録+ヒアリング

 

まずはエージェントサポートに「無料登録」します。

メモ

※海外ではエージェントサービスは有料です。

 

日本のエージェントサポートは報酬は「採用した企業」からいただくシステムです。

日本の転職サポートは登録から入社後も一切費用がかかりません。

 

 

このありがたいサービスを使わない手はありません。

転職エージェント利用の最大のメリットは・・・

ポイント

比較検討・決断するときもセカンドオピニオンとして背中を押してくれる力強い存在になってくれます。

 

 

サポートは登録+ヒアリングを済ませてください。

ここであなたの「過去・現在・未来」をエージェントと共有しましょう。

 

<過去・現在・未来とは❓>

  • 過去:これまでの仕事の経験
  • 現在:今できること、持っている資格
  • 未来:それを持って将来何がしたいのか

 

転職エージェントは職業紹介所であるハローワークとは根本的に違います。

積極的に企業に通って「リアルな内部の情報」を得ています。

 

驚くべきなのは・・・

ポイント

転職活動でエージェントを利用する人は全体の「18%」しかいないこと。

 

残りの82%はこうした「非公開情報」を知らないまま転職をしています。

情報弱者にならない、ブラック企業に捕まらないためにも絶対に活用をオススメします。

 

まずは「総合的に業界を扱うエージェント」です。

 

check>>求人数と広く業界を扱うパートナーを軸に【厳選エージェント13+α】

 

 

2.自分にあった領域のエージェントを選ぶ

2.自分にあった領域のエージェントを選ぶ

 

前項では「総合力」で紹介記事を贈りました。

今では様々な業界・職種、そして身体的なハンデに専門的に特化したサービスもあります。

 

ポイント

あなたの領域に合ったサービスがあれば、プラスして登録するのがベストです。

 

なぜなら「その領域の知識と求人の深さ」が他を圧倒するほどのものだからです。

 

人材紹介会社といえば思い浮かぶ大手の企業がいくつかあると思います。

そういった大手に差別化したサービスを業界内での経験を持って「専門的に」行っているサポートはパートナーに置くべきです。

メモ

私も経験の多くがアパレルだったり、医療福祉などに特化したエージェントでした。

 

これまでそんな「専門特化型」のサポートを紹介した記事を個別に書いてきました。

それらをまとめた記事を書きましたのでそちらを下記に贈ります。

 

あなたの専門分野がないか見てみてくださいね。

おすすめ記事

業界別・職種別・その他おすすめ転職エージェント
業界別・職種別・その他おすすめ転職エージェント!【まとめ記事集】

 

 

3.転職エージェントから「非公開情報」を得る

3.エージェントとタッグを組み「情報」を得る

 

あなたの分野にあったエージェントはありましたか❓

 

総合的に力のあるエージェントも業界を広く扱っているので、できれば合計で3社〜5社に登録しておくことをお勧めします。

 

そんなにたくさん登録する理由は・・・

ポイント

  • 1つのエージェントだけで情報を偏らせない
  • 「競合」していることをエージェントに知らせる
  • 競い合わせて「いい案件と情報」を出し合わせる

そのためなんです。

 

そして実際に応募しようかと思う案件の企業の「非公開情報」について聞きましょう。

主に下記の内容は「長く働けるかどうか」に大きく影響します。

  • その会社の社風(カルチャー)
  • ここ1年の離職率
  • 自由裁量か or システム的か
  • リアルな残業時間と人間関係

などなど、その他確認しておきたい事があれば、エージェントに聞いて知らなければ直接企業に確認してもらいましょう。

 

エージェントは何度も企業の担当と話しているのでざっくばらんに聞きだすテクニックを持っています。

 

ここで不安を払拭しておきましょう。

もちろん選考が進んでいく中で出てきた不安にも対応してくれるので、遠慮なく聞いて視界をクリアにしていきましょう。

 

新卒から5年以内、初めての転職なら「第二新卒」扱いとして専門のサポートもあります。

こうしたところもパートナー候補に入れてください。

 

関連記事

【2022年最新】第二新卒の転職!専門転職エージェント13選
【2022年最新】第二新卒の転職!専門転職エージェント13選

 

 

転職先企業の調べ方は「ほんの一手間」。それが未来を大きく変える。

転職先企業の調べ方は「ほんの一手間」。それが未来を大きく変える。

 

これまでエージェントを利用した事がないと言う方も多いかも知れません。

エージェントに良い印象を持っていない方もいるかもしれません。

 

それを払拭するために・・・

ポイント

担当エージェントをあなた最優先にする「操作術」さえ知ってしまえば楽勝です。

 

私自身が転職エージェントだったのでその心理はよく分かります。

その経験から「さりげない操り方」を下記の記事に書いているので是非活用してくださいね。

オススメ記事

転職エージェントがうざい
転職エージェントがうざい!【操り方教えます】3つの言葉だけで激変
転職エージェントは複数使う
転職エージェントは複数使う!【3〜5社】競合させて良い情報を得る

 

 

転職エージェントを利用して転職を成功させると、自分一人で転職した時と何が変わるか❓

具体的にどういう事があなたに待っているかと言うと・・・

エージェント利用の成功転職とは

会社の内情まで知った上で入社できる

転職後もエージェントと信頼関係が続く

転職先で何かあった時の心の支えになる

同じ職種でもキャリアアップと収入アップ

心に余裕が生まれてプライベートも充実

公私ともに充実して人生を楽しめる

 

転職は単に職場を変えることではありません。

 

あなたのその後の人生を大きく左右するライフイベントです。

結婚や転居、家の購入や子育てと同じなんです。

ですので、失敗しない「成功する転職」を実現しましょう。

 

そのためにも無料の転職エージェントの有効活用で使い倒してくださいね❗️

エージェントもそれを待っていますよ❗️

 

私も元転職エージェントとしてあなたが転職エージェントを上手に活用して、明るい未来を掴むことを心から応援しています。

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたことを【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

「転職活動」記事一覧へ

 

 

 

 

-悩み, 転職活動
-, , ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.