コミュニケーションでの『心の疲れ』。あなたは解放されたくないですか?

疲れビジネス
心が疲れたら。癒しをお届けします。
スポンサーリンク

こんにちは!以前の記事を少しリライトしてお贈りいたします。

私は長いこと派遣や転職エージェントとして、多くの方とお話をしてきました。

その中で色々な現職での悩み、転職に至った理由を聞きました。

中でも一番多かったのは『職場でのコミュニケーション』です。

避けられない状況なだけに悩みどころですよね

スポンサーリンク

言いたいことが言えない=あなたの優しさ

言わせてー!!

言わせてー!!

言いたいこと、言わなければならないことが上手く伝えられず

内にためてしまい精神を擦り減らす日々。

これは精神衛生上よろしくない状況ですね。あなたはそんな悩み

お持ちではないでしょうか?

その方達の話をよくよく聞いてみると、下記の3つに大別されていました。

  • 相手が怒らないか
  • 怒らないまでも嫌な気分にさせてしまわないか
  • 相手に嫌われてしまうのではないか

これは別に特別なことではなく、社会生活の中でむしろ

失ってはいけない相手の気持ちを慮ることができる

『あなたの優しさ』なんです。

ですからその悩みを持つこと自体おかしいことではないことを忘れないでください。

優しいからこそ悩んでしまう→心が疲れてしまう

歯に絹着せぬ発言、なんてよく言いますが、それができるのは

ほんの一握りであって、大半の方が上記のような感情を抱いた事があるはずです。

これって

感情のベクトル」が相手に向かっている証拠。

つまり、相手の事を重んじる事ができる人の特徴です。

誤解を避けるために言えば、よく「矢印が内向き、外向き」というのとは違います。この場合の矢印は「責任」に対して用いるので、矢印が外を向くというのは「責任を周囲のせいにする」という意味合いなので、感情のベクトルと混同なさらないでくださいね。

 

どこまで踏み込んで発言して良いのか?

冗談を言っても怒らせてしまわないか?

そんな事を考えてしまってコミュニケーションそのものに疲れてしまう。

悩みを持つ人のほとんどがこの傾向にありました。

コミュニケーションは積み重ねていってラインが

わかっていくものであって、最初からわかる方が不可能に近いものがあります。

ですからあなたの悩みは改善・解決が可能です!安心して読み進めてくださいね。

コミュニケーションで心が疲弊する優しいあなたへの解決策

この相手に向かう「コミュニケーション感情のベクトル」は

プライベートであなたが多くの人に好かれているんだなぁと

思わされるポイントでもあります。

でも仕事では、取引先や顧客、社内の情報共有のために

しっかり伝えなければいけないのも現実ですよね?

そんな時にあなたの悩みを解決する方法をお伝えします。

あなたの中の『基準』を一瞬だけ切り替えてみる

これを伝えたら、、、という

普段のあなたから会社のあなた』に変身して演じるつもりになってみて下さい。

有効なのは冒頭に「とてもお伝えしにくいお話をしなければいけません」

相手に受け止める準備時間を与える事です。

これによって、相手の感情を「あなたではなく会社に向ける」ことができます。

この例は顧客や取引先向けでもあるので、社内の人が相手の時は、

その関係性に応じて噛み砕いてみて下さい。

例えば上司なら「大変申し上げにくいのですが」や「誤解を恐れずに言うと」など

クッションワードを冒頭に持ってきてみて下さい。

クッション

クッションで柔らかく伝えて

『シーン別のあなた』の使い分けで心が軽くなる!

同じことを言うにしても、言い方1つで相手の捉え方もまちまちです。

その瞬間だけスイッチを切り替えて演じる事をオススメします。

普段の自分では言いにくいなぁと思うことを

「演者となっているもう一人の自分がセリフとして言っている感覚」

で話してみる。

そうすることで周囲には気づかれることなく、

あなたの気持ちが軽くなる解決法となることでしょう。

役者

一瞬だけあなたの中の俳優さんを出して

私自身もこれまでの社会人生活で、これでもか!

というほど悩んで、その中で編み出した?方法でもあります。

なので実例が存在しますので結果が伴う方法として自信を持ってオススメできる解決法です。

恋愛シーンでの応用:伝えた上で「あなただけじゃない」を付け加える

じゃあ、恋愛の場面ではどうでしょう?

食事や外出に出かけた異性の何か気になる部分があった時。

あなたなら伝えますか?スルーしますか?

言ってしまえば「その度合いにもよる」というのが答えになっちゃうんですが、

もし見るに耐えないとかのレベルでなければ、

ここは仕事のシーンとは違い、

伝えた上で「自分の知り合いにもいるんだよね」と付け加える

これだけで、相手に不快な思いを与えず認識してもらう事ができます。

これも実体験を元に今も使っている方法ですので解決法としてオススメします。

唯一ビジネスシーンと違うのは、恋愛シーンでは恋愛の自分を演じてはいけない、ということですね。

ここで演じちゃうと、ずっーと演じることになっちゃいますから(笑)

ここはあなたらしく、あなたの笑顔で相手を笑顔にしてあげてくださいね。

解決法おさらい!これを自分にインストールしてください!

  • いつものあなたから「会社のあなた」に変身して演じる
  • クッションワードを冒頭に持ってくる
  • さらっと伝え「あなた以外にもいる」と伝えることで不快を感じない

この3つのポイントを押さえて話すことで、矛先はあなたではなく確実に会社に向きます。

それによってあなたの心の疲労感は劇的に軽減されるはずです。

常に心穏やかに笑顔で過ごしたいあなたへこの解決法をお伝えします。

今からすぐに活用できますので実践していきましょう。

どうしても疲れが取れない時は無理をせずに少し休暇をとりましょう。

自然に触れるなど喧騒から離れると、自然と人と話したいな。そう思えると思います。

気持ちがコミュニケーションに向くまでは無理をしないことも肝心です。

どうしても心が疲れ切って病んでしまったとしても任せてください!

そんな状態を専門にサポートしてくれる機関を紹介した記事

仕事でうつを発症。辛いあなたに専門のパートナー機関を紹介します。

も合わせてお読みください。

コミュニケーションはとっても楽しいものに変化します。

あなたが心からコミュニケーションを楽しむことができるよう今後も応援しています!

kazutomo

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました