" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

悩み 転職の悩み 転職活動

転職で後悔しないために【私の失敗談から】成功の鍵は「手間」の中に

転職したいけど後悔したくない・・・
転職で後悔しないためには何をすれば・・・❓
今回はそんなお悩みを解決します。

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届けしていますので参考にして頂けたらと思います。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

今回の記事では、転職で後悔をしないために「手間」が必要ということ。

その手間が先の人生で「大きな差」になることを私の失敗談とともに贈ります。

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、ちょっとの手間が後悔しない転職に必要なこと。

そして、80%以上の人がスルーしているもので差別化した納得の転職が実現します。

 

 

この記事の内容

  • 転職で後悔しないために【私の失敗談から】成功の鍵は「手間」の中に
  • 転職で後悔しないために伝えたい「私の大失敗談」
  • 転職で後悔しないために避けてはいけない「5つの手間」
  • 転職を後悔しないための「手間」。わずかな差が人生で大きな差になる

 

 

転職で後悔しないために【私の失敗談から】成功の鍵は「手間」の中に

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

  • 転職活動で後悔したくない
  • 転職を失敗したらと思うと怖い

何回転職をしても転職活動に挑むときはこう思うでしょう。

 

私も過去5回の転職を経験しましたが毎回同じように思っていました。

 

  • 自分自身の転職失敗の経験
  • 転職エージェントとしてサポートした経験

この2つからの結論

転職活動では「情報収集の手間」を惜しんではいけません。

 

それが「後悔」に直結するためです。

後で解説しますが私の最初の転職は「情報不足」で失敗、うつ病を発症するほどの大失敗でした。

 

そしてこちらのコラムでも書いた通り、その後ひょんなきっかけで転職エージェントになった私は「事前の情報」の大切さを痛感することになりました。

 

転職の方法と利用実体の調査結果

転職活動の方法にはいくつかあります。

<主要な転職方法>

  • 求人サイト
  • 転職エージェント
  • ハローワーク
  • 知人の紹介(リファラル)
  • その他(SNS、ヘッドハンティングなど)

 

FNNプライムオンラインの調査によるとその利用の分布は下図の通りです。

 

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

ハローワーク利用が最も多く30%という結果です。

転職活動=ハローワークというイメージがいまだに強いことを示していますね。

 

しかしハローワークは「職業紹介所」でそれ以外のサポート機関とは根本的に違います。

その違いについては下記の記事で解説していますので、ぜひ合わせてお目通しください。

参考記事

ハローワークとエージェントの違い
【違い】ハローワークとエージェント。転職ではどっちを使うべきか?

 

利用機関のうち「求人サイト」「転職エージェント」

この2つを利用した人の「雇用条件の変化」を示したのが下記の図です。

 

まず「求人サイト」を利用した人の分布です。

 

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

「転職サイト」で以前より条件がよくなった+同等だった=79%という結果です。

 

 

それに対して「転職エージェント」を利用した人の分布が下記の図です。

 

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

「転職エージェント」で以前より条件がよくなった+同等だった=83%という結果でした。

 

出典:FNNプライムオンライン『22~39歳の男女460人(内訳:男性239名、女性221名)に対する調査』

 

 

 

一見すると大きな差はないように見えますが・・・

実際は大差があります

「かかった労力」には大きな違いがあります。

 

 

転職エージェント利用への拒否感が問題

私も現役時代に多く耳にしたのが「エージェントに拒否感がある」

そういった声でした。

 

それでも転職で後悔したくない、失敗をしたくないのなら・・・

絶対に!

転職エージェントの利用を強くオススメします。

 

利用に拒否感がある人の理由は・・・

エージェントの質にムラがある

エージェントに強引に誘導される

的外れな提案やイヤな思いをしそう

といったものです。

 

この理由を逆手に取る、解消する記事を下記に贈ります。

良いエージェントと絶対必須な事前の情報を得て成功させましょう。

合わせて読みたい

転職エージェントが合わない
転職エージェントが合わない【3ステップ】エージェント交代申請方法
転職エージェントがうざい
転職エージェントがうざい!【操り方教えます】3つの言葉だけで激変
ダメなエージェント
【TOP3】ダメな転職エージェント特徴。使えない担当の見極め方

 

次の項目では、転職に必須な「事前の情報」を得なかったために大失敗した私のエピソードをお伝えします。

これは誰にでも起こりうることなので自分ごととして感じていただければ幸いです。

 

 

転職で後悔しないために伝えたい「私の大失敗談」

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

私の初めての転職は新卒4年目、26歳の時でした。

2003年当時、私はエージェントサービスの存在を知りませんでした。

 

 

転職方法を後悔した実体験

新卒で全国展開のスーツ販売チェーンで勤務していた私は、営業に転職したくて、なおかつ激務な不定休の仕事だったので

  • 給料は多少下がってもいい
  • 土日祝日に休める
  • 年間休日120日以上

という条件狙って活動しました。

 

これが大失敗の原因です。

 

見るべき部分の間違い

求人サイトの「待遇面」ばかり見て大切な「仕事面の情報収集」をおろそかにしたのです。

 

初めての転職で20代。

内定はすぐに獲得できました。

それは一部上場企業だった前職なのに「自分の評価」と勘違いしたんです。

 

 

転職を後悔した先に待っていたのは・・・

しかしルート営業に応募したはずが、新設される新規開拓専門の部署に採用。

営業未経験なのに毎日「飛び込み営業」をし続けて1年後に心が折れて挫折

うつを発症するという結果的に大失敗の転職になりました。

 

もしこの時にエージェントサポートを知っていて利用し・・・

  • 「この会社は新規開拓の部署を作ろうとしている」
  • 「ルートと一緒に新規開拓の採用もしている」

など・・・

これを知ってれば・・・

「仕事面の事前情報」が得られて応募前の「検討と判断」で方向は違ったでしょう。

 

また、事前に「その会社の風土」がわかっていれば自分に合うかどうかを考えることもできたはずです。

 

この転職失敗を機に「事前の情報」がいかに大切かを痛感しました。

その後、前述のコラム記事に書いた経緯でエージェントになった私は「転職に必要な5大ポイント」をはっきりと掴みました。

 

 

次の項目で、転職を後悔しないために絶対避けてはいけない「手間」について解説します。

 

 

転職で後悔しないために避けてはいけない「5つの手間」

kazutomo-nagasawa.com/alt

この「手間」が人生を変える

  1. 有益な情報をくれるエージェント選び
  2. 自分で気づいてない可能性を見つける
  3. 求人サイトやHPに書かれていない内部情報
  4. 求人サイトにない非公開な求人を教えてもらう
  5. 転職を果たした後の社外の相談窓口としての存在

 

順に解説しますね。

 

1.有益な情報をくれるエージェント選び

まずは3社から5社のエージェントサポートサービスに登録します。

日本のエージェントサポートは全て無料なのでいくら登録して使い倒してもあなたが金銭を払うことはありません。

 

ちなみに・・・

転職を推奨している海外では「全て有料」なのが当たり前です。

 

複数のサポートに登録する理由は「競争意識をあおる」「他よりも良い求人を出させる」ことです。

参考記事

転職エージェントは複数使う
転職エージェントは複数使う!【3〜5社】競合させて良い情報を得る

 

 

1つだけだとエージェントの意見が正しいのかわかりません。

必ず・・・

「セカンドオピニオン(第2の意見)」的にたくさんの情報を得て「比較検討」する手間を惜しまないでください。

 

表面上の情報だけで飛びつくことが一番後悔につながる原因になります。

 

下記に情報量・対応の質・書類添削・面接対策からファーストエージェントに相応しい3つを紹介します。

 

<最初のエージェントはココ>

リクルートエージェント:保有求人・非公開求人ともに業界No.1

パソナキャリア:ユーザーが選ぶ『満足度調査』直近3年連続No.1

doda:中小エージェントとも提携、その求人は無限大

 

その他多くのエージェントを特集した記事を贈ります。

合わせて読みたい

オススメ 転職エージェント
総合力でオススメ転職エージェント12選+α【人生を激変させる】
業界別・職種別・その他おすすめ転職エージェント
業界別・職種別・その他おすすめ転職エージェント!【まとめ記事集】

 

 

2.自分で気づいてない可能性を見つける

転職する人の多くが同業界または同職種での転職です。

このサイトではその形の転職を「横スライド転職」と呼んでいます。

 

多くは結局・・・

横スライド転職は今と同じ不満が出やすく、人間関係を1から始めることになります。

 

自分では気づかないところに「新しい可能性」があるかもしれません。

多くの求職者の方をサポートしてきてそれが見えるのが転職エージェントです。

 

 

経験や資格を活かした「上位職」「別業界での可能性」

これを・・・

このサイトでは「縦ステップ転職」と呼び、給与ベースも跳ね上がる可能性を持っています。

 

そんな「縦ステップ転職」の可能性がないか確認することも転職エージェントの利用では忘れないでください。

数年先に自分で気付くかもしれませんが、その「数年の差」で門が狭くなるので1つでも若いうちに知っておくことが大切です。

 

 

3.求人サイトやHPに書かれていない内部情報

求人サイトや企業のHPは企業がお金をかけて掲載しているものです。

そこにわざわざ自社の悪いところは書きませんよね❓

 

ここに転職で後悔する原因が潜んでいて、私が失敗してしまった大きなポイントです。

 

いかに・・・

公開されていない「社内の情報」を得られるか。

その「手間」を決して惜しまないでください。

 

転職エージェントは「営業職」です。

頻繁に企業に訪問して採用担当からフランクに社内の風土や人間関係の情報を得ています。

 

それは相手から直接聞く情報だけでなく

  • 社内の清潔感
  • 受付する人の対応
  • すれ違う社員の表情
  • 聞こえてくる社内の声
  • 社員同士の話している雰囲気

こんなところからも情報を仕入れるんです。

 

エージェントが「手間」をかけて仕入れた社内情報には、どこにも書かれていない「入手する価値」があるものです。

 

冒頭のグラフで利用率が18%だったことから・・・

実に・・・

82%の人がこの情報を得ないまま転職していることになります。

 

もはやギャンブルに近いですね。

ここでしか得られない情報、必ず検討の材料にしてください。

 

 

4.求人サイトにない非公開な求人を教えてもらう

ここが転職エージェントの利用価値の一番大きなポイントです。

求人サイトにはたくさんの求人が乗っていますよね❓

 

でも、それはエージェント企業が持っている「2割から3割程度」しかありません。

 

その他は?

それ以外の7割から8割は「非公開求人」と呼ばれ公開されていません。

 

その理由は・・・

  • 人気で応募殺到が予想される
  • まだ社内、社外に募集を伏せたい
  • 新規の事業などでプレスリリース前

そのほかにも個々の事情がありますが・・・

隠れたところで・・・

こういったレア案件が非公開になっています。

 

表面上の情報だけに惑わされず、非公開の求人を得る「手間」

前項の企業の情報とともに転職活動では忘れずに触れてください。

 

 

5.転職を果たした後の社外の相談窓口としての存在

転職エージェントの仕事は内定して入社まで行って終わりではありません。

エージェントと採用企業の契約には「返金規定」というのがあって・・・

  • 1ヶ月以内の退職なら100%
  • 3ヶ月以内なら80%
  • 6ヶ月以内で50%

企業によって内容は変わりますがこういった内容で契約しています。

 

入社したらもう連絡したら迷惑かなと思うかもしれませんが・・・

転職後こそ・・・

転職後も何かあれば相談してください。

エージェントは時に解決に企業に掛け合ってくれます。

 

転職直後ってなかなか社内の人に相談しづらかったりもするでしょう。

そんな時に「社外の相談窓口」的な存在としてどんどん相談してください。

 

あなたの心にも安心感が生まれるはずです。

 

それがお互いの情報交換にもなり信頼関係がより深まる「手間」になります。

 

 

ここまでの「5つの手間」は、転職を後悔したくないと願うならば決して時間を惜しまないでください。

過去に大失敗した人生の先輩からのアドバイスです。

 

 

転職を後悔しないための「手間」。わずかな差が人生で大きな差になる

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

冒頭の調査で18%しか利用していないということは・・・

逆を言えば・・・

「ライバルに差をつける情報」を得る大きなチャンスがあるということです。

 

転職活動では自分のアピールばかりに気がいってしまいがちです。

それと同じくらい「情報を得る」「情報を比較する」ことも重要です。

 

この記事を呼んでいただく前、あなたが一人で活動しようとしていたなら・・・

差別化の一歩

まずエージェントサポートへの登録を元エージェントから強くお勧めします。

 

スタートから差別化した上に、82%が得ていない情報を得ることになります。

登録のための数分でその先で大きな差となる「バタフライエフェクト」が起こります。

バタフライエフェクトとは?

蝶の羽ばたきが数キロ先では大きな嵐になりうるという力学系用語です。

 

転職活動はとても労力がかかります。

時間をかけて後悔はしてほしくない。

 

 

転職エージェント利用はむしろ「時間短縮の活動」に貢献します。

 

<任せられることがたくさん>

企業との連絡を任せられる

書類での魅力を最大限に引き出す添削

あなたのアピールポイントを「推薦文」でプッシュ

採用担当の性格と企業のニーズに合わせた面接対策

表面ではわからない登録者だけに伝える非公開情報

 

上記の「推薦文」は依頼すればテキストでもらえます。

下記で詳しく解説していますのでぜひゲットして書類のブラッシュアップに役立ててください。

参考記事

エージェントの推薦文
【具体例4選】エージェントの推薦文を入手。プロのPR法を取り入れる

 

あなたが「手間」を惜しまず、必須な「情報」を得て、その情報を「比較検討」した上で納得の決断をすることを心から応援しています。

 

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたことを【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています!

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

3つクリック投票いただけたら嬉しいです。

サイドバーのトップにも設置しています。

 

 

 

【 追記:転職をお考えの方へ 】

転職は「情報戦」です。

一人では知り得ない情報をエージェントはたくさん持っています。

 

非公開求人や企業の内部情報などたくさんの「情報」を判断材料に加えて成功するて転職を実現しましょうね!

あなたの未来が輝くためにも「今」を思いっきり有効活用してくださいね!

 

 

「転職活動」記事一覧へ

 

 

-悩み, 転職の悩み, 転職活動
-, ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.