" />
【転職】会社への裏切り行為なのか?応援される転職への3つの原則

悩み 転職活動

【転職】会社への裏切り行為なのか?応援される転職への3つの原則

転職って会社に裏切りと思われるかな・・・
忙しいのに転職するの申し訳ない気がする・・・
今回はそんなお悩みを解決します。

 

<この記事を書いている人>

◆ 転職エージェント歴16年&自身も5回の転職を経験。

◆ 転職、うつ、エージェント経験から読む方の転職・人生を豊かにします。

◆ 転職系の企業メディアの監修・コラム寄稿も実績あり。

ブログ村、FC2ブログランク「転職」カテゴリ1位継続中。

Twitterアカウントはこちら

 

今回の記事では、転職を「裏切り」と言われた、「裏切りかな」と感じる方へ。

会社が「あなたを誇ってくれる転職の考え方」について解説します。

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、転職が「裏切り」と言うのが成長を止めることがわかります。

そして「卒業」と言う考え方であなたの「応援団」ができます。

 

オススメ記事
【2022年最新】総合力オススメ転職エージェント13選+α【迷う時間を無くす】
【2022年最新】総合力オススメ転職エージェント13選+α【迷う時間を無くす】

 

こんな方にオススメ

  • 今の会社から転職を考えている
  • 黙って転職活動するのが何だか申し訳ない
  • 忙しいのに自分だけ転職するのが裏切り行為に感じる

 

【転職】会社への裏切り行為なのか?応援される転職への3つの原則

【転職】会社への裏切り行為なのか?応援される転職への3つの原則

転職を会社への裏切り行為と思えるのは恵まれたこと

会社の状況が・・・

  • 常に人手不足
  • 1人の仕事量が多い

そんな状況から転職したい。

でも良くしてくれた会社に対する「裏切り行為」になるんじゃないか。

 

そんな風に実際に言われたり、言われるんじゃないかと悩んでいませんか?

SNSでも同じような悩みを持つ方が多く見られます。

 

3つ目のツイートはかなり強烈ですね。。。

 

あなたがそんな恩を感じるほど素敵な会社なら。

自社の「卒業生」が他のフィールドで活躍することを喜ばない会社はないです。

 

だから・・・

会社へ恩返しをするつもりで羽ばたいたらいい。というのが結論です。

 

そしていつか仕事の依頼などで恩返しを、と考えを変化させましょう。

 

いつまでも会社に居ることが恩返しではない

転職大手のリクナビNEXTが転職経験者314名にアンケートを取っています。

転職活動をすることに「罪悪感を感じていたか?」というものです。

 

転職活動の罪悪感アンケート図

出典リクナビNEXT「転職は悪いこと?罪悪感を感じるのは当然?」

 

約3割が転職活動をすることに「罪悪感がある」と答えています。

あなたの今の気持ち、決して間違っていません。

 

社会人生活を送る中で注意していただきたいのは・・・

決して・・・

いつまでも1つのところに留まることが恩返しではない。ということです。

 

以前、1つの会社にずっといることの危険性について書いた記事があります。

ぜひ合わせてお目通しください。

参考記事
【転職】転職したことない人が抱えるリスク。すぐ取れる3つの回避策

 

「裏切りだ」と言う人が思っているのは

  • 上司なら「育ててやったのに」
  • 同僚なら「仲間を見捨てるのか」「仕事を放り出すのか」

ということです。

 

その裏では、自分も転職したいのに・・・。

そう思っているかもしれません。

 

でもあなたと違って・・・

< 隠れた羨み >

「怖い」

「不安」

「勇気が出ない」

「行動に移せない」

という「何かしらの理由」をつけて動かない人たちです。

あなたが羨ましいだけなんです。

 

ポイント

人の意見にあなたの人生を左右されることはありません。

 

これは「会社」に対しても同じことが言えます。

 

次の項目で、なぜ転職することは裏切りにはならないと言い切れるのか?

私自身の転職体験、エージェントとしてのサポート体験からお伝えします。

 

関連記事
【転職】転職する決断ができない。活動で養う5つの力が人生を救う。
【転職】転職する決断ができない。活動で養う5つの力が人生を救う。

check>>前向きなサポート+月25万円以上の厳選求人【キャリアスタート】 

 

転職は裏切り行為ではなく会社も推奨すべき理由

転職は裏切り行為ではなく会社も推奨すべき理由

転職を止めても会社は人生を保証してくれない

上司や同僚だけでなく会社に対しても「裏切り行為」だと一切思わなくて良い理由。

それは、私の実体験にも理由の一端があります。

 

例え会社が裏切り行為だと止めても・・・

残酷ですが・・・

いざ会社の業績が悪くなったら、会社は定年までの生活を保証はしてくれません。

 

私も過去、突然給料支払いが滞った挙句、会社が解散状態になることを経験しました。

やりがいを感じながら、それこそ休みも返上して文字通り身を粉にして頑張りました。

 

しかし会社はそんな私に状況説明もしないなど、気にかけさえしませんでした。

 

社員は家族だというところもあるでしょう。

しかし・・・

家族と会社の決定的に違うところは「縁は切れる」ということ。

 

給与未払いや突然の倒産。

決してテレビの向こうの話ではなく、いつどこでも起こり得ることだと知った出来事でした。

 

常にそれに備える必要はないと思いますが、このことで転職に対する考え方は変えなきゃいけないとわかったんです。

それがその後のエージェント人生での自分の軸にもなりました。

 

それは・・・

会社ではなく「自分が最高の状態」で次のフィールドへ羽ばたく。

 

このことがあなたの人生を常に新鮮で成長させる手段です。

 

グローバルに見ると転職は成長の手段

実際、欧米ではそんな転職は「当たり前」になっています。

 

実際に・・・

アメリカでの1人の「平均経験社数」は11社という調査結果が出ています。

出典Morebiz

 

日本だったら「ジョブホッパー」って言われそうですよね。

 

でも今より上の仕事、役職などのポジションを掴むのは「転職」でしか得られないと言う「常識」

これがあるから当然のことなんですね。

 

この参考コラムではアメリカやドイツ他の「外国の転職事情」が書かれています。

日本で生活している私たちにとっては驚きの就職・転職事情が書かれていますので参考にしてみてください。

 

当サイトでも過去に下記の記事で解説していますので、合わせてお目通しくださいね。

参考記事
【転職】日本の転職事情はおかしい!世界との比較で見る間違いと本質
【転職】日本の転職事情はおかしい!世界との比較で見る間違いと本質

 

今の自分が最高の状態で次のフィールドにいくこと。

そしてそこで活躍することを今の会社はきっと応援してくれます。

 

そのために・・・

今の会社が「うちの卒業生」と誇ってくれるような転職と活躍をしましょう。

当初反対した人もきっと拍手と声援を送ってくれるはずです。

 

次の項目では、会社があなたを誇ってくれるための転職への考え方

ここについて徹底解説していきます。

 

あなたの転職への考え方を変えていきましょう。

 

関連記事
【仕事】休みも頭から離れない。ずっと続く不安から離れる3つの方法
【仕事】休みも頭から離れない!ずっと続く不安から離れる3つの方法

check>>時間短縮で卒業して活躍の場を【書類選考なし求人】専門サポート  

 

転職を裏切り行為と思わず応援されるための3つの思考

転職を裏切り行為と思わず応援されるための3つの思考

会社に誇ってもらえるように

  1. 同じ仕事には転職しない
  2. 転職先で現職の看板はおろす
  3. 過去の経験と未来の経験の掛け算

 

順に解説しますね。

 

1.同じ仕事には転職しない

同じ仕事には転職しない

まず今の会社と同じ業務をしている同業他社への転職は避けましょう。

 

「競業避止義務」と言って、就業規則によって自社の情報や技術が他社に漏れるのを防ぐために記載していることがほとんどです。

これに違反すると賠償問題に発展しかねません。

 

それともう1つ。

同じ業務内容の転職は「横スライド転職」であなたの成長にもなりません。

 

それよりも・・・

今までの経験が活きて「新たな経験」が積める業界・職種が何なのか?

転職のプロのサポートを受けて知ってください。

 

自分の視野というのは思っているよりもずっと狭いです。

 

客観的にみてくれる存在に、今後あなたが「経験を成長に繋げられる可能性のある場所」を見つけてもらってください。

それが私も長く勤めた転職エージェントの仕事です。

 

情報量の豊富さとサポートの歴史の深さから「軸」となるサポート相手を選んでください。

 

< 隠れた情報と冷静な判断 >

マイナビエージェント :対応スピード・求人カスタマイズともに業界No.1

パソナキャリア:ユーザーが選ぶ『満足度調査』直近3年連続No.1

doda:中小エージェントとも提携、その求人は無限大

 

2.転職先で現職の看板はおろす

転職先で現職の看板はおろす

今の会社によくしてもらって恩を返したい。

その気持ちはぜひ持ち続けてください。

 

でも・・・

そのために・・・

転職活動から入社後は一旦「その前職の看板はおろしてください」

 

今の会社が

  • 有名であるほど
  • 長く在籍したほど

転職先で「前職の看板がおろせない人」を多く見てきました。

 

そうなると新しい会社での常識に馴染めず・・・

経験が邪魔するパターン

「前はこうだったのに」とギャップから不信感だったり絶望に繋がりかねません。

 

転職活動を始めたら「卒業して新しい環境へ行く」ことを念頭に置いておくこと。

これで転職先でのギャップは最小限になるでしょう。

 

前の会社の良いところも「提案」という正式な方法を持って会社に提言できるはずです。

新しいやり方に馴染むことも「柔軟性」を養うために楽しんじゃうくらいだとベストですね。

 

3.過去の経験と未来の経験の掛け算

過去の経験と未来の経験の掛け算

前述のように、転職大国アメリカでは転職はカジュアルにできる文化です。

その分、その選択が「自分の層」を決めてしまうものでもあります。

 

役職などのポジションも転職で掴むことが普通だからです。

 

その中で自分のステージをあげていく転職

これを続けるには・・・

過去 + 未来 = 目標

「これまでの経験」と「これからの経験」で得られることをイメージ。

その状態へ「これまでの(過去の)経験」と掛け算できる仕事は何か?

 

この思考を持っていれば転職に対して「裏切り」なんて後ろ向きではなく、むしろ「卒業」という前向きな印象を持てるでしょう。

 

それを噛み締めて、会社もそれを喜んでくれる転職。

これが最高の転職だと私は感じています。

 

これら3つのポイントを転職の際にはぜひ持って欲しいと思います。

社会人としての「質(クオリティ)」で周囲とハッキリ差が出ます。

 

check>>自分の未来を決める重要な情報を持つ存在【厳選エージェント13選+α】

check>>新卒時の情報不足を取り返す【第二新卒専門エージェント14選+α】

< 隠れた情報と冷静な判断 >

マイナビエージェント :対応スピード・求人カスタマイズともに業界No.1

パソナキャリア:ユーザーが選ぶ『満足度調査』直近3年連続No.1

doda:中小エージェントとも提携、その求人は無限大

 

転職は裏切り行為ではなく卒業。会社も仲間も「応援者」になる!

転職は裏切り行為ではなく卒業。会社も仲間も「応援者」になる!

先述の通り、「視野」って自分で思っている以上に「狭い」んですよ。

 

それを広げるには第三者である「プロ」の存在は不可欠だと長いエージェント経験で痛感しました。

せっかく経験を積んだのに「横スライド転職」を希望する人が多かったという現実があるからです。

 

経験の掛け合わせでもっと上の仕事をする・・・

加速度的な成長

「縦ステップ転職」がスタンダードな転職だと知ることで、転職はとてもポジティブなものになります。

 

まずは自分を客観視することで「自分では気づいてない可能性」を探すことから着手しましょう。

 

「裏切り行為」というネガティブさが消えて、自分の成長のためという「強い軸」。

これができれば、優しいあなたですから会社も同僚も応援してくれて、卒業するたびに「あなたの応援隊」の人数が増えていくでしょう。

 

もうお気づきかもしれませんが、それが「人脈」です。

人脈とは・・・

新しく作る人脈もあれば、これまでと「関係が変わって人脈になる」ものもあるんです。

 

転職にポジティブなイメージを掴んだあなたが、新たなステージに旅立ち、その度に素敵な人脈を作っていくことを心から応援しています。

 

 

ランキング
【2022年最新】総合力オススメ転職エージェント13選+α【迷う時間を無くす】
【2022年最新】総合力オススメ転職エージェント13選+α【迷う時間を無くす】
ランキング
【2022年最新】第二新卒・早期離職専門転職エージェント14選+α
【2022年最新】第二新卒・早期離職専門転職エージェント14選+α

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています!

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

「転職活動」記事一覧へ

 

 

 

 

-悩み, 転職活動
-,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.