モノトーンから始める!コミュニケーションとファッションの深〜い関係

モノトーンから始める! コミュニケーションとファッションの深〜い関係-2人生
スポンサーリンク

さて、今日はクリスマスイブ。

そんな聖夜の今回は恋愛におけるコミュニケーションの話題を書いていきたいと思います。

私は新卒から通算して11年アパレル業界に身を置いていました。

その中で得た

コミュニケーションとファッションの意外で深い関係性

についてお伝えしたいと思います。

また、最後には一通り決まったファッションにプラスアルファで魅力を引き出すものもご紹介します♪

 

これ、ほんとに結構意外ですよ!

 

スポンサーリンク

あなたは今、恋をしていますか?恋愛したいと思っていますか?

恋していますか?恋したくないですか?

恋していますか?恋したくないですか?

はい、いきなりド直球な質問です(笑)

これは今シングルかどうかだけではなくて、既にパートナーがいる方にもそのパートナーに対して、と言う視点で参考にしていただきたいと思います。

 

アパレル業界で働いているとどうしても外見には気を使わなくてはなりません。

そして女性の多い職場ですから、女性の気持ちを理解する努力をしなくてはいけない業界でした。

 

そのせいか友人や後輩から恋愛相談を受けることは数知れず。

 

その多くは

  • うまく異性と話せない
  • 何を話していいか分からない

と言ったことが多かったのですが、

 

以前のブログにも書いた通り

『話がうまい』ことや『話題が豊富』なことがコミュニケーション上手ではありません。

 

今回は特に『ファッション面』で問題があったケースを絡めてみたいのですが、コミュニケーションとファッションには関連性があるんだなぁと思うことが多々あります。

 

意外に思われるでしょうか?まずは自分を客観的に見ることもファッションにはとても大切。

 

同じようにコミュニケーションも一度自分自身を客観視して、独りよがりになっていないか?きちんと話が聞けているか?

 

 

そういった部分を認識することは非常に大事なんです。そんな共通点を感じながら読んでいただければと思います。

 

街ゆくカップルで、たまに2人の服装が全然あってないカップルっていますよね?

すれ違うだけだと分からないのですが、ショップに立っていると来店した時に、その関係性が顕著になる事が多かったのです。

 

 

その実例については後半の方でまたお話ししますので、その前に前述の「客観視」の部分をお伝えします。

 

恋愛がしたい!あなたは自分を客観視できていますか?

自分を客観視してみましょう。

自分を客観視してみましょう。

 

恋愛をするって本当に素晴らしい!恋すると仕事も頑張れるし、会えると思うと心が弾みますよね?

人生でこんな素晴らしいことってないなぁと思います。

 

 

でも恋愛をするには出逢う、コミュニケーションを取ると言うことが必須になります。

出逢いがないと嘆いている方には是非!下記の記事を参考にして頂けたらと思います!

 

出逢いがないと嘆かないで!ナチュラルに出逢えるオススメの場!
出逢い=お酒の場、と思考が固まってしまっていませんか?この記事では男女がナチュラルに出会えるオススメスポットをご紹介します。ここで異性と仲良くなれたら共通の趣味が一つ付いてくるオプションまであります。さぁ、あなたもダーツの魅力を知って自分の魅力を高めましょう。

 

 

いざ異性と初対面の時、コミュニケーションを取る前に既にあなたのファーストインプレッション(第一印象)が形作られている『何か』があること強く念頭に置いてください。

その何かとは『あなたのファッション』です。

 

あなたは普段から自分自身を客観視できていますか?

出かける前に姿見で自分の姿をチェックしますか?

 

 

していないのであれば、まずは玄関に姿見の鏡を置いてチェックする習慣をつけましょう。

俺って今日もカッコいい!でもいいですw。

しっかりと自分を客観視してからお出かけしましょう。

 

  • 自分自身を客観視してみる
  • 姿見を玄関にセッテイング
  • お出かけ前に今一度チェック

コメント

  1. いつも記事を拝見しています。ひどいことをしてしまって、あやまりたい人がいます。参考にさせていただきます。ありがとうございました。

  2. いつも記事を拝見しています。ひどいことをしてしまって、あやまりたい人がいます。参考にさせていただきます。ありがとうございました。

    • Aiさん
      コメントいただきありがとうございます。
      内容は分かりませんが参考になりましたら幸いです。
      良い方向に向かうことを願っております。

タイトルとURLをコピーしました