" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

悩み 転職の悩み 転職活動

賞与ある会社に転職したい【下がるぞ危険】賞与をちゃんと理解しよう

ボーナスあるところに転職したいな・・・
賞与○ヶ月分って本当にもらえるの・・・❓

 

今回はそんなお悩みを解決します。

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届けしていますので参考にして頂けたらと思います。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

今回の記事では、ボーナス(賞与)がないので有る会社へ転職を希望する方へ。

ボーナスあり=年収アップではないこと、転職で気をつける点を解説します。

 

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、冷静に収入への判断ができるようになります。

そしてそれがあなたの選択肢、働き方へ好影響を与えます。

 

 

この記事の内容

  • 賞与ある会社に転職したい【下がるぞ危険】賞与をちゃんと理解しよう
  • 賞与の意味とちゃんと理解しておくべき理由
  • 賞与のある会社への転職時に注意すべきこと
  • 賞与という「手当」か定期的な「賃金」か。見極めれば満足いく未来が見える

 

 

賞与ある会社に転職したい【下がるぞ危険】賞与をちゃんと理解しよう

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

  • 今の会社はボーナスがない、
  • ボーナスがきちんともらえる会社に転職したい。

そんな風にお考えではありませんか❓

 

Twitter上でも同じ考えを持つ方を多く見かけます。

 

 

 

今の収入をキープしつつボーナスがもらえて年収アップできたら嬉しいですよね❓

 

しかし結論から言うと・・・

注意

ボーナス(賞与)あり=収入アップとは限りません。

下手をしたら月々の収入が激減する可能性があります。

 

労働基準法で賞与の支払いは「義務とされていない」んです。

そのため、会社の経営状況によっては支給しないこともあります。

 

メモ

私が新卒で在籍したスーツの会社では過去に業績が悪く、「現物支給」として商品のスーツ好きなものを賞与としたことがあったと聞いたことがありました。

 

せっかく頑張ってきて支給されないなんてことは法的に許されるんでしょうか❓

次の項目では、賞与の意味と知らないと損をするかもしれない理由について解説します。

 

関連記事>>仕事と給与が見合わない!転職しようか迷う時のチェックポイント

 

 

賞与の意味とちゃんと理解しておくべき理由

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

まず賞与がどんなものか❓ここをおさらいします。

 

賞与とは・・・

賞与の定義

  • 定期または臨時に支払われるもの
  • 原則として労働者の勤務成績に応じて支給されるもの
  • 支給額があらかじめ決まっていないもの

この3つが当てはまるものとされています。

参考:弁護士による労働相談SOS

 

つまり、支給金額が最初から決まっているものは「賃金」で「賞与」はここには含まれないんですね。

支給方法については労働基準法には記載がなく、税法上でも扱いが違います。

 

ポイント

賞与は「評価」によって「金額が変わる」もの。

「必ず支払われるものではない」と理解しておくことが失敗しないためのポイントです。

 

 

企業ごとに就業規則や就業条件明示書などで記載をしていますが、賞与に関しては記載の義務はないのでここでトラブルの原因となることがあります。

内定した段階でしっかりと確認が必要ですね。

 

 

最近は年俸制の会社も増えており、年俸の総額を分割して賞与分もそこに入れて夏と冬に上乗せして支給するところも多くなっています。

 

注意

この場合は年収は増えても「月々が減る」という逆転現象もあり得ます。

 

せっかくボーナスがもらえる会社に入ったのに、通常の月収が下がってしまったら取り返しがつきません。

これがボーナス(賞与)の有無だけで転職先を決めることが危ないという最大の理由です。

 

次の項目では、賞与の有る会社に転職を目指す場合に必ず確認するべき内容をお伝えします。

 

関連記事>>月給制と年俸制の各メリット・デメリット。結論:これからは年俸制

 

 

賞与のある会社への転職時に注意すべきこと

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

間違いのない転職のために

  1. 昨年度の支給実績を確認する
  2. 月々の収入額をしっかり確認する
  3. ボーナス無しから有りへ転職+年収アップは難しい

 

順に解説しますね。

 

1.昨年度の支給実績を確認する

募集要項で「賞与○ヶ月分」とあった時、それが昨年の実績なのか確認しておくと良いでしょう。

中には数年前の実績として掲載している場合もあります。

 

注意

賞与は「支給金額が決まっていない」という定義なので、大体の目安でしかありません。

 

エージェントサポートを使って転職した場合、エージェントはあなたの初年度の「想定年収」の30%を相場として報酬を企業から頂きます。

 

その際、報酬額を決定するのに「賞与は月給何か月分か」で明確に通知書として出してもらいます。

この時に有る程度の現状が見えたりしますので、利用している方はエージェントに確認してもらいましょう。

 

 

2.月々の収入額をしっかり確認する

企業によっては賞与を含めた年収総額を14分割、16分割して

14分割:12か月+(1か月分✖️2回)で支給

16分割:12か月+(2か月分✖️2回)で支給

こういった支払方法を定めているところもあります。

 

 

ここで注意なのが・・・

注意

こうすると年収は上がったように見えても毎月の給与額が下がることもあります。

 

これではせっかくボーナスがある会社に転職できても、半期に1度しか嬉しさはなくなってしまいます。

賞与だけに目を向けず、今の生活との変化に目を向けることが大切です。

 

 

3.ボーナス無しから有りへ転職+年収アップは難しい

業界や職種による給与額は「大体の相場」があって大きな差は有りません。

 

年収が変わらずボーナスがついたら、前項のように月収が変わるかもしれません。

 

ポイント

あなた自身が

  • 定期的に大きく受け取りたいのか❓
  • 毎月安定して受け取りたいのか❓

ここを判断基準にするのがベストです。

 

相場がある以上、ボーナスがついて年収アップの転職には「それなりのアピール」が必要です。

ここはプロである転職エージェントにアピール方法を考えてもらうことをお勧めします。

 

等身大のあなたで評価が得られるよう対策をしていきましょう。

 

 

関連記事>>給料上げる転職をしたい【ミスマッチ注意】上げられる環境の方が大事

 

 

賞与という「手当」か定期的な「賃金」か。見極めれば満足いく未来が見える

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

一口に「賞与」と言っても賃金とは別の「一時金」であることがお分かり頂けたと思います。

 

あなた自身が「転職に何を求めるのか❓」がとっても重要です。

募集要項の表面だけを見ないで、より具体的な内容を確認することは転職活動をする上で絶対に抜けてはいけないポイントです。

 

今一度「賞与(ボーナス)」を求めて転職するのが良い選択かを見直す機会になれば幸いです。

 

ポイント

「賞与」と「賃金」をしっかり理解して選ぶことが成功転職への近道です。

 

仕事は生活のための「手段」。

転職は人生を豊かにするための「手段」です。

 

その中で1つの項目を「目的」とすると高い確率で失敗する可能性が有ります。

長い目で見て、あなたの生活が安定したものになる選択をしてくださいね。

 

あなたの悩みが解消されて、理想の人生を手に入れることを心から応援しています。

 

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたことを【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

 

【 追記:転職をお考えの方へ 】

転職は「情報戦」です。

一人では知り得ない情報をエージェントはたくさん持っています。

 

非公開求人や企業の内部情報などたくさんの「情報」を判断材料に加えて成功するて転職を実現しましょうね❗️

 

元プロエージェントが研究したおすすめをした

比較記事を下記に贈ります。

 

あなたの未来が輝くためにも「今」を思いっきり有効活用してくださいね❗️

 

おすすめ記事>>登録必須エージェント紹介・比較記事

おすすめ記事>>【まとめ記事集】職種別・業界別・その他。おすすめエージェント

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

3つクリック投票いただけたら嬉しいです。

サイドバーのトップにも設置しています。

 

 

「転職活動」記事一覧へ

 

 

-悩み, 転職の悩み, 転職活動
-,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.