" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

転職・仕事の悩み

転職活動でハローワーク使う?【根本が違う】エージェントとの違い。

転職サイトとハローワークだとどっちがいいの・・・❓

 

ハローワークで転職活動が王道じゃないの・・・❓

 

今回はそんなお悩みを解決します。

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届けしていますので参考にして頂けたらと思います。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

今回の記事では、転職活動でハローワークは使うべきかについて。

転職サイトやエージェントとのそもそもの違いをお伝えします。

 

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、あなたの転職に必要なものが分かります。

転職活動というものに必要なものを得て「理想の転職」を実現します。

 

 

この記事の内容

  • 転職活動でハローワーク使う?【根本が違う】エージェントとの違い。
  • 本気の転職活動で使うべきはハローワークではない理由。
  • ハローワークと転職エージェントサポートで大きく異なるポイント。
  • ハローワークとエージェントの違い。この理解が成功転職の道を拓く。

 

 

転職活動でハローワーク使う?【根本が違う】エージェントとの違い。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

転職活動をしようと思うけど、

  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • ハローワーク

などがあって、どれがいいのかわからない。

ハローワークを使うべきか迷う方もいるでしょう。

 

しかしハローワークは転職をする上で決定的に違うところがあります。

 

それは・・・

ハローワークは「職業紹介所」であり「サポート機関」ではありません。

 

ハローワークは「内定」を目的とした「求人紹介」をするところです。

 

対して転職エージェントのサポートは「転職先の環境が長く働ける」ことを目的としたサポートです。

そこに向けた情報の量・質、サポート内容は大きく異なります。

 

ポイント

このことを見ても転職エージェントを使うのが「転職した向こう側」まで整った環境で働ける転職を叶える方法です。

 

2つをわかりやすく言い換えると・・・

ハローワーク:内定を目的として仕事を探す

転職エージェント:転職を手段として一緒に進む

といった感じです。

 

ただし、ハローワークの1番の強みは全国に544箇所もの窓口があります。

【 全国のハローワーク検索サイト 】

 

 

職業安定法で「できるだけ居住地を変えない転職先の斡旋」を目的としています。

【 職業安定法 第二節 十七条 】

 

そのため

  • 地元での就・転職
  • Uターン、Iターン転職
  • その他予算的に求人サイトで募集かけない優良企業と出会う

 

そういった意味で地元企業との繋がりの強さは時に強いものになります。

また、エージェントのように求人企業は成功報酬を支払わなくて良いので、採用までのハードルは低くなることもメリットですね。

 

 

次の項目では、本気で良い環境を探したい際に使うのがハローワークではない理由を解説します。

 

関連記事>>転職エージェント利用のメリット・デメリット。元プロの徹底比較!

 

 

本気の転職活動で使うべきはハローワークではない理由。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

ハローワークは厚生労働省の労働局が管轄する下部組織です。

そしてそこで転職をサポートする支援員の方ですが、ほとんどが「非正規の職員」です。

 

注意

非正規職員の割合は「期間雇用の非正規職員」も含め全体の3割、実に3人に1人です。

 

新型コロナウイルスの流行により職を失った方への失業保険対応や求職サポートで激務になり、その残業代が非正規の職員へ支払われないというニュースが大きな話題になりました。

 

 

後の項目で詳しく解説しますが・・・

注意

あくまで「職員」であり転職エージェントのような「営業職」ではなく「事務職員」の意味合いが強いこと。

 

これも実際に転職エージェントをしてきた私からしても「サポート」という水準には遠いでしょう。

 

自分で求人を閲覧・検索して気になったものを支援員に繋いでもらうというのがハローワークの使い方です。

今はハローワークもインターネットで検索もできて、昔は直接いって現地の機械で探さなきゃならなかったことを考えると便利になりましたね。

 

【ハローワークの求人票】

 

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

これがハローワークの求人票フォーマットです。

 

情報量・情報内容も転職サイトと比較しても

  • 画像がない
  • フォーマット外の情報がない
  • 社内がわかる情報がない

など「転職を決断するための正確な情報」とは言えません。

 

本当に必要なのは「公開されていない情報」です。

ここが「長く働けるか」に関わってくる部分ですね。

 

エージェントではそういった「非公開情報」と「企業の内部情報」が得られます。

それを踏まえて次の項目では、ハローワークと転職エージェントとの大きく違う点を解説します。

 

関連記事>>転職サイトに登録だけしてもダメ。転職サイトとエージェントの違い。

 

 

ハローワークと転職エージェントサポートで大きく異なるポイント。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

根本的に違う内容

  1. 企業の掲載求人の内容
  2. 企業の求人掲載の費用
  3. 求人に対する職員の知識
  4. 求人獲得の為の営業活動
  5. 転職後のサポート体制

 

順に解説しますね。

 

1.企業の掲載求人の内容

前項での見本通り、ハローワークの求人票は少々堅苦しくて見づらいのが難点です。

しかも画像がないのでイメージも湧きづらく、昔からここは変わっていません。

 

文字と数字だけでアピールポイントも分からない中で応募を決断するのは厳しいです。

私自身も検索したことありますが、全く分からず応募をお願いしたことはありませんでした。

 

転職サイトの情報には画像やアピールポイント、求める人物像など会社の雰囲気が分かる情報が詰め込まれています。

それに加えて転職エージェントは、掲載されていない社風や社内の人間関係、直近1年間の離職率など「精度の高いリアル」の情報が得られます。

 

 

2.企業の求人掲載の費用

ハローワークの企業が求人を掲載するのに費用はかかりません。

また、入社が決まった際にも企業が報酬を支払うこともありません。

 

それはハローワークが国が運営する「公共の機関」である為です。

ブラック企業の排除に努めていますが、それは求人票上で判断をするのみなので、

  • 実際に入社したら話が違った
  • 入ってみたらブラックだった

ということが起きやすいのが難点です。

 

 

一方、転職エージェントは報酬をもらっている反面で、短期で退職した場合に期間に応じて返金する契約をしています。

つまり、すぐに退職する人が多い会社には求職者の方を紹介しません。

それがエージェントの評価にも繋がってしまうので各エージェントも慎重に情報集めをしています。

 

 

3.求人に対する職員の知識

前述の通り、ハローワークは「職業紹介所」で、支援員の方も「事務職」であるため求人内容には精通していません。

あくまでも求職者の方の自己責任の判断で応募をすることになります。

 

転職エージェントは、求人案件を探すところからヒアリングをして希望条件に沿っていて、なおかつ経験が活きる求人を提案します。

 

提案する求人の内容も熟知しており、前述の内部情報も教えてくれます。

応募するのに熱意を持って応募ができるよう持てる情報、活かせる点を最大限提示してくれます。

 

 

4.求人獲得の為の営業活動

ハローワークでは求人は企業が先程の見本の求人票に所定項目を記入して「新規求人申し込み」をおこないます。

ハローワークではそれを受理して求人として掲載するという流れで、積極的に案件獲得をおこないません。

 

一方「営業職」である転職エージェントは、担当案件をたくさん持っているほど成約率が高くなるので、常に新規案件の獲得のために営業活動を行っています。

同時に取引先企業にも新規の募集やクローズがないかなどを確認しているので「鮮度の高い情報」が得られるのがポイントです。

 

応募の際も求職者の職歴を「アピール」するエージェントに対して、ハローワークは事務的に連絡をする「窓口」というのが現状です。

 

 

5.転職後のサポート体制

ハローワークでは書類の添削や面接の練習、その他職業相談も行っています。

その内容と質は、SNSなどの声を見ると場所によってかなりばらつきがあるようです。

 

しかしハローワークでは基本的に応募後は求職者の方と企業の直接のやり取りです。

そして入社した後はフォローアップなどは特にありません。

 

転職エージェントは面接対策も企業に足繁く通い、担当の性格や過去に受けた方への質問を記録しています。

なのでかなり精度の高い面接対策を行ってもらえるのが特徴です。

 

また、入社後も入社前日・当日の確認や激励はもちろん、定期的に働きやすさや困りごとがないかのフォロー確認をします。

前述の「返金制度」もありますが、それがあっての「責任」としてアフターフォローは大事な仕事なんです。

 

 

関連記事>>転職エージェントの賢い使い方。大手&それ以外のいいとこ取りを。

 

 

ハローワークとエージェントの違い。この理解が成功転職の道を拓く。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

公共の職業紹介所であるハローワークと、民間の転職エージェントサポート。

その違いがお分かりいただけたと思います。

 

転職を成功させるために、あなたは何を選びますか❓

 

ポイント

それぞれのサービスの理解を深めることができれば、あなたに合った転職活動ができて、理想の環境に近づくことができます。

 

今後は「有料の転職エージェントサポート」もどんどん増えてくるでしょう。

そうなると無料で受けられるエージェントサポートも差別化されていきます。

 

無料で内容が充実しているうちに、どんどん活用して「転職の向こう側」を輝かせてください。

元エージェントとして自信と責任を持ってお勧めしたいと思います。

 

記事の最後に当サイトで紹介してきた「おすすめエージェント」を【総合型】【専門特化型】でまとめたものを贈ります。

 

あなたが良きパートナーを得て、一人では知り得なかった情報を成功転職に活用されることを心から応援しています。

 

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたことを【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

 

【 追記:転職をお考えの方へ 】

転職は「情報戦」です。

一人では知り得ない情報をエージェントはたくさん持っています。

 

非公開求人や企業の内部情報などたくさんの「情報」を判断材料に加えて成功するて転職を実現しましょうね❗️

 

元プロエージェントが研究したおすすめをした

比較記事を下記に贈ります。

 

あなたの未来が輝くためにも「今」を思いっきり有効活用してくださいね❗️

 

おすすめ記事>>登録必須エージェント紹介・比較記事

おすすめ記事>>【まとめ記事集】職種別・業界別・その他。おすすめエージェント

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

3つクリック投票いただけたら嬉しいです。

サイドバーのトップにも設置しています。

 

 

「転職・仕事」記事一覧へ

 

 

-転職・仕事の悩み
-,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.