30代半ばからの転職!経営的視点が持てる就職先を狙い人生力を養う!

経営者目線 転職
30代の転職は「経営者目線」が養える環境を選ぼう。
スポンサーリンク

今年も残すところわずかになり、ここから転職市場は活性化してきます。

年内転職者がだいぶ落ち着き、新卒採用も終わっているので

まだ不足している部分を積極募集しています。

そんな中、転職を考えている若しくは既に活動をしている方へ

元エージェントの視点からお伝えしたいと思います。

特にキャリアをある程度積んできた30代半ば以降の方には

知って欲しいポイントを章立てて書いていきますので最後までお付き合いくださいね。

この年代での転職活動。あなたが重視するのはどこ?

転職活動をする際に様々な転職サイトを利用すると思います。

その中であなたが重視するのはどこでしょうか?

企業規模、勤務地、給与、インセンティブの有無、福利厚生など、

人それぞれにポイントは違うと思います。

しかし上記は「自分の希望する部分」であって、

もう一方では『自分がなりたい姿』を想像する事が大切です。

・システマチックな環境でチームで成績をあげたいのか?

・自由な裁量を持って経験を活かして個人で動いていきたいのか?

・その他、例えば役職や役員になりたい!とか、年収いくらにしたい!などを求めるのか?

そこを外してしまうとミスマッチが起こりやすくなります。

自分のこれまでのストーリーを見返して、これから先のストーリーを

どうしたいかをできる限り具体的に持っておくと決める際のポイントになると思います。

イメージ

具体的なイメージを持って

何が不満で転職を考えているかを忘れてはいけない!

そもそも転職を考えている、若しくは活動中のあなたは少なからず

今の職場に何かしらの『改善したい不満』があるはずです。

そしてそれが現職では難しいと判断して転職活動をされているはずです。

その根本を忘れない事が重要です。できればその不満や目指す

姿を何かに書き出しておくと良いと思います。

私も30代を過ぎてからの転職の際には、

  • 現在の職場での不満
  • それが現職では解決できないものか?
  • 不満が無くなったらどんな姿になりたいか?
  • 譲れない年収額や勤務地

を紙やメモツールに書き出して、忘れないように根本に持っておく事を習慣づけていました。

目先の給与例やインセンティブの大きさなどに目を奪われて、キャリアをまた0から積んでいく転職は元エージェントの立場からオススメしません。

特に30代からの転職は、まだ独身であれば家族を持った時のこと、

子供ができた時のことなどライフプランも考えておくべきです。

その為にも経験してきた事との整合性ある転職を目指しましょう。

現職でのクライアントとの関係を続けられる環境であればベターですね。

実績が出しやすい環境を自分で作る事ができますし面接で

アピールもしやすくなると思います。

それを前提として30代からの転職で重視していただきたい

ポイントを次にお伝えしていきます。

30代からの転職は『個人事業主観点』を持つと経営的視点が掴める!

20代の転職であれば指示を受けながらじっくりとスキルを積む段階でも、30代以降は自由な裁量を持って自分の考えで動ける環境で花開く事が多いのも事実です。

私も20代後半で入った会社で自由な裁量を持ち必要なければ

会社に行かなくても良い環境に身をおきました。

そしてちょうど30歳の時に実績を認められて大阪に新しく

支社を開設するに当たって責任者として指名してもらいました。

常駐は私1人という状況。

この経験が自分に『経営者目線』を持たせてくれました。

30代からは会社に属するというよりは

「個人事業主」のような考え方で自由に躍動して、自分が出した成果が直接会社の業績に反映されるのが目に見える環境が経営者視点を養います。

特に小規模の企業ほどその可能性は大きくなりますので、

転職サイトを見る時も以前の記事

元エージェントが警鐘を鳴らす「求人募集広告」から読み解く注意すべき点!

で書いた逆順サーチを活用してみてください。

原石のような会社に出会えることもあります!

私が医療業界のエージェント時代に製薬会社の営業、

いわゆるMR(医薬品情報提供者)のサポートをしていた時、

MRは基本的に個人に任せた裁量制をとっている為、

業務に集中しやすく早期にエリアを任せられるマネージャーに昇進していく人も多くいました。

これからの時代この「個人事業主的な動き方」と「経営層的視点」が求められていくと思います。

起業

起業精神を常に描いていこう

30代からの転職は何かあった時に自分で事業ができる知識と技術を身に付けよう!

人間いつ怪我をしたり病気になたりするかわかりませんよね?

私ももし怪我をしたりして仕事が続けていけなくなった!

なんて事があった際に家族を養えるだけの仕事を

自分一人でできるようにならなきゃといつも思ってきました。

そうなってから考えてからでは遅いからです。

いや、厳密には遅くはないんですが収入があるうちに基礎を作っておけば、

いざとなったら脱サラだってできますし、

何かあった時にもすぐに行動ができます。

その為には

日頃から会社への帰属意識よりも、自分の力で稼いでいくという「人生力」を意識していく必要があります。

それは仕事にも波及して加速度的成長、経験活用と蓄積、

出世にも良い影響を及ぼしてくれるはずです。

会社員なら経営層(役員)が、個人なら人生力がついた自分が見える!

ここまでの内容をご覧になってあなたの気持ちは動いたでしょうか?

エージェント的立場で言えば、やはり目指していただきたいのは、

誰にも阻害されず自分の裁量で行動し、実績が企業成長に直結する

それが目に見える環境で経験を発揮していただきたいです。

それができれば仕事にも勢いがつき、より大きな仕事を任せてもらえるようになるはずです。

そして自信のついているあなたはきっとその仕事を成功させ、より大きな業績向上を会社にもたらす事ができるでしょう。

そうなれば課長とか部長なんて目じゃない役員という経営層での活躍も夢なんかではありません。

まとめのポイント整理

  • 0からの未経験転職より整合性のある転職を
  • 自由裁量を持って活躍できるフィールドを選ぼう
  • 経営者視点が持てる未来を描こう
  • いざとなったら自分のスキルで生きていける人生力を意識しよう

何年もかけて一つずつ役職を上がっていくよりも、もっと上の自分がそこには立っています。

今からそんな姿を想像しながら転職活動を進めていって欲しいと思います。

企業も次世代のリーダーを求めています。

何年も続いていく為には「任せられる人材」が必要です。

冒頭でもお話しした「なりたい自分の姿」の書き出しに参考にしていただければ幸いです。

私の経験からも、既に上場企業での勤務経験がある方ならば

その経験を活かして小規模企業を大きくしていく。

目に見える成長を実感できる環境があなたのあらゆる面での

成長を促してくれることと思います。

私も小規模企業で大阪支社開設を任されたことがかなり

大きなターニングポイントとなり、

その後の転職でもその企業で新たな分野への進出などの

フェーズに興味を持つようになりました。

あなたの経験もそんな「これからの企業」に活かしてみてはいかがでしょうか?

お互い頑張っていきましょう!

Kazutomo

コメント

タイトルとURLをコピーしました