" />
転勤の多い会社

仕事の悩み 環境

転勤の多い会社から転職【3つのポイント】悩みを解決する見極め術

転勤が多いし将来考えて転職しようかな・・・
転勤ない会社ってどうやって見分ければいいの・・・❓
今回はそんなお悩みを解決します。

(2021年10月21日 追記・再編)

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

今回の記事では、今いる会社は転勤が多いと悩む方へ。

転職の際に「転勤がない」ことを知るポイントを解説します。

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、求人を見て可能性を推測できます。

エージェントが持つ情報と合わせて「確信」に変えてくださいね。

 

こんな方にオススメ

  • 今の会社には転勤の制度がある
  • できれば転勤はしたくないと思っている
  • 転勤のない会社を転職で見分けるポイントを知りたい

 

 

転勤の多い会社から転職【3つのポイント】悩みを解決する見極め術

kazutomo-nagasawa.com/alt

  • 仕事上、転勤が当たり前にある
  • 将来、家が欲しいけど転勤があるから考えられない
  • お子さんがまだ小さくてできれば一緒の時間をもちたい

そんな状況から転職をお考えではありませんか❓

 

SNSでもそういった悩みを持つ方が見られます。

 

 

 

転勤は住むところからの「引っ越し」を伴うので、

  • 同じ会社でも精神的に負担がかかって、
  • なおかつ一緒に働くメンバーも変わります。

これでは違う会社に入るのと似た感覚ですよね。

 

そんな未来に不安を抱えながら仕事をするのって辛いと思います。

 

最近ではNTTが「転勤」「単身赴任」を廃止してリモート対応を打ち出して話題になりました。

出典ダイアモンドonline(2021年10月1日)

 

 

そうは言っても、転職活動の面接で「転職理由は転勤が多いから」と言うのは通用しませんよね。

 

最初から転勤があるかどうかも面接で聞いたらマイナス評価になりそう。。。

そう思ってなかなか聞くこともできない。

 

でも安心してください。

私のエージェント経験で結論から言うと・・・

ポイント

転勤のない会社を「求人詳細」で見分ける「ポイント」がいくつかあります。

 

その「ポイント」さえ押さえておけば、面接で「転勤の有無」を聞くようなマイナス印象になる質問をしなくても済みます。

求人詳細だけで分かるなら企業選びもスムーズになりますよね。

 

 

次の項目では、なぜ求人詳細で「転勤の有無」がわかるのか❓

その理由について解説しますね。

 

 

check>>すぐに面接で転勤について確認ができる「書類選考なし求人」専門のサポート

 

 

転勤の多い会社かどうかが「求人の内容」から見分けられる理由

kazutomo-nagasawa.com/alt

求人にはあらかじめ「転勤なし」と書いているところも多いですよね。

 

しかし、実際の仕事に入ってみると・・・

注意

「支店の運営上」で発生することがあるのも現実です。

日本の企業は「会社に人事権がある」ため断りづらいのが特徴です。

 

また、役員になるにはいくつかの支店で経験を積ませる。

その中で責任者を歴任して就任する、という流れもあったりするので必ずしも悪いことではないということも付け加えておきます。

 

これは私の体験談ですが、私が新卒で働いていた郊外型の大手紳士服企業は、役員は日本全国の店舗を異動で経験し、店長として色々な規模の店舗を経験していました。

 

そうして本社に異動し、そこでも商品本部や店舗開発(新規出店)などを経験して、数十年かけて役員になります。

なりますと言っても、もちろん全員がなれるわけではなく、途中で退職する人も多かったことも事実です。

 

つまり転勤は・・・

ポイント

「将来の幹部候補への試練」と取ることもできます。

 

あなたが今の会社でどこを目指すのか❓

転職の前に一度じっくり考え、後悔のない行動をとってください。

 

 

話が少し逸れましたが、転勤の多い会社かどうかを見分けるコツは・・・

ポイント

「求人詳細の内容」にポイントが隠れています。

 

次の項目で解説する「見るべきポイント」を押さえれば大丈夫です。

しかし、「完全な方法でなない」ため、完全にするにはやはり「転職エージェントの情報」を利用することをお勧めします。

 

下記にこれまでこのサイトで紹介した【総合型】と業界・職種別の【専門特化型】のエージェントまとめ記事を贈ります

>>【総合力】で登録推奨のエージェント

>>【専門特化型】の登録推奨エージェントまとめ

次の項目では、求人詳細で見ておくべきポイントを解説します。

 

 

転勤の多い会社か転職の際に求人内容で「見るべきポイント」

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

ここは絶対に確認必須です

  1. 募集場所以外の「営業所」の存在
  2. 「本社」の所在地の確認
  3. 募集エリアの「稼働範囲」の確認

 

順に解説しますね。

 

1.募集場所以外の「営業所」の存在

目にした求人の「募集場所」

ここは直接通勤するところでもあるので、距離や時間を計算すると思います。

 

ポイント

ここで大事なのは「募集エリア以外」の「営業所の存在」を確認することです。

 

もし募集エリアが北海道から九州・沖縄まで各営業所、のような募集の仕方だと、営業所間の異動=転勤が多い可能性が大きいです。

全国各地にあるなら全国転勤あり、と言っているようなものなのでHPなどで「営業所」の全国分布を見ておきましょう。

 

ベストなのは東京と大阪だけ、とか東京のみなど「一極集中」で運営していること。

これだと出張対応で済んだり、リモートを活用している可能性が高くなります。

 

最近では本社を持たず「サテライトオフィス」で仕事をする企業も登場しています。

 

 

2.「本社」の所在地の確認

求人の募集があなたの居住エリアでも「本店所在地」、つまり本社の場所が地方のケースがあります。

 

この場合・・・

ポイント

経験を積んで出世していくほどに、本社への異動の確率が高くなります。

 

年齢を重ねて家族がいる状態での「転居」があると言うことです。

 

ベストなのは・・・

ポイント

  • あなたの居住地
  • 本社の所在地
  • 募集場所

全てがイコールで繋がっていることです。

 

もしも違う営業所に異動をするにしても

  • すでに地方に営業所を持っている
  • 今はまだ本社だけの規模だけど新たに開設する

この2つでは大きく意味合いが違ってきます。

 

私の経験です

私も30歳になる年に、当時は東京本社だけだった会社が「関西に進出」するので、立ち上げに指名頂いて大阪に引っ越して「常駐は私一人」で軌道に乗せるまでを経験したことがありました。

自分のやり方で自由にできたので、とても大きな経験となり、1年で軌道に乗せ引き継いだ後、東京に戻ることもできました。

 

 

3.募集エリアの「稼働範囲」の確認

居住地にある本社だけの運営で転勤がなさそうなのは安心ですが、事業が長く続くのか不安も出ます。

 

営業所が複数あっても・・・

ポイント

「それぞれが独立して稼働」していると、現地採用で転勤を伴わない可能性が大きくなります。

 

営業所ベースで採用を任せている会社であれば、他の営業所への転勤をせずに働き続けることができますね。

ここまではさすがに求人にも載せてはいないので、転職エージェントに確認をしてもらったり、面接で直接聞いてもいい部分です。

 

ポイント

面接で「転勤があるか」ではなく「営業所ごとで採用しているのか」と聞く。

 

これだけでも、相手に与える印象は全く変わります。

 

 

私自身も、転職経験の中で転勤をするのは嫌だったので、必ずここを確認していました。

エージェント時代も同じ考えの方がいると思い、あらかじめ求人をいただいた時に転勤の有無、営業所ごとの採用かどうか、については深く確認をしていました。

 

転職エージェントのサポートは完全無料で受けることができます。

「非公開求人」「企業の内部情報」の2つは知るか知らないかで、結果とその先に大きな違いが出ます。

どうかうまく活用してもらえれば嬉しいです。

 

check

<リアルな情報がカギ>

リクルートエージェント:保有求人・非公開求人ともに業界No.1

パソナキャリア:ユーザーが選ぶ『満足度調査』直近3年連続No.1

doda:中小エージェントとも提携、その求人は無限大

オススメ 転職エージェント
総合力でオススメ転職エージェント12選+α【人生を激変させる】

 

 

転勤が多い会社かを事前に知る目を養えば明るい未来を掴める

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

給与や残業時間、手当て、転勤の有無など「生活に直結すること」は事前に把握しておく。

これは転職活動での「ミスマッチ」をなくすために重要な作業です。

 

ポイント

転職エージェントはこういった「面倒で聞きづらいこと」をあなたに代わって確認してくれます。

 

転職した後に違うことがわかっても、再度転職活動をしなければならなくなります。

できれば「どんな手を使っても」事前にしっかり確認しておいてください。

 

そうして正確な情報をつかんだ上で転職することができれば、あなたの将来は明るく楽しいものになるでしょう。

転職エージェントを使って転職するメリットを元エージェントから下記に贈りますね。

 

【 無料でエージェントを使うメリット 】

  • 人気で殺到するような非公開求人を教えてくれる
  • 書類作成や面接対策を企業担当に合わせて教えてくれる
  • 候補先企業の内情について熟知している
  • 聞きづらいことを代わりに交渉してくれる
  • 転職後もサポートしてくれる
  • すべてのサービスが無料(報酬は企業からもらう)

 

あなたの未来が不安のない、笑顔に満ちたものになることを心から応援しています。

 

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたことを【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

「仕事の悩み」記事一覧へ

 

 

 

-仕事の悩み, 環境
-, ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.