" />
転職エージェントの賢い使い方

転職の悩み 転職エージェント 選び方・使い方

転職エージェントの賢い使い方【総合型+特化型】特徴を最大限に活用

転職エージェントはやっぱり大手がいいの・・・❓
いくつかを併用もどこ使えばいいやら・・・
今回はそんなお悩みを解決します。

(2021年11月12日 追記・再編)

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

今回の記事では、知ってはいるけど実は多くが知らない「エージェントの使い方」。

正しく、賢い使い方を元エージェント目線から裏側も含めてお伝えします。

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、エージェント選びから心理操作が理解できます。

そしてその結果、あなたが望む以上の未来を引き寄せることができます。

 

こんな方にオススメ

  • これから転職活動をする予定
  • 転職エージェントを使うか迷っている
  • 転職エージェントをどう選べばいいか分からない
  • エージェントを複数利用する時の使い方を知りたい

 

 

転職エージェントの賢い使い方【総合型+特化型】特徴を最大限に活用

kazutomo-nagasawa.com/alt

この記事を読んでいただいているあなたは、

  • 今まさに転職活動中
  • 又はこれから活動をしようとお考え

の方だと思います。

 

当サイトでは転職を人生を左右する「ライフイベント」の1つと捉えています。

そのため、結婚式や住まい探しと同じように「その道のプロ」を利用を推奨しています。

 

そして何より私自身が16年に渡って転職エージェントとして仕事をしていました。

なので、その裏側の情報も含めて「正しく賢い使い方」をお伝えしていきます。

 

 

まず転職活動で、転職エージェントサポートに登録するとき

  • 「大手がいいのか❓」
  • 「中小規模がいいのか❓」

ここで悩んでいませんか❓

 

実際のところは・・・

一般的には、漠然と「大手は対応が雑」「大手じゃないところは丁寧」と言うイメージが根付いてます。

でも現実は担当エージェントにより異なる、と言うのが本当のところです。

なので「雑なエージェント」と思ったらどんどん交代を要請しましょう。

関連記事

転職エージェントが合わない
転職エージェントが合わない【3ステップ】エージェント交代申請方法

 

 

そして一番賢い使い方は・・・

ポイント

「総合型」と「専門特化型」の「いいとこ取り」という使い方です。

 

ある意味、無料エージェント同士の【2刀流】ですね。

 

 

大手転職サイトリクナビNEXTが約200人を対象に行った調査では下記の図のような結果が出ました。

 

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

 

この図からお分かりの通り・・・

ポイント

多くの人が2社もしくは3社を使っていることがわかります。

出典リクナビNEXT

 

 

これまでも下記の記事で、

  • 自主応募とエージェント利用の【2刀流】
  • 有料サポートと無料サポートの【2刀流】

の解説をしてきました。

 

参考記事

転職エージェントと直接応募
【二刀流時代】転職エージェントと直接応募。多くの〇〇を利用しよう
転職エージェント有料
【利用法の変化】転職エージェント有料化へ。無料から欧米スタイルへ

 

 

転職エージェントも1社だけとやりとりするのではなく・・・

ポイント

複数社を使ってより多くの「情報」を仕入れて「検討」することが大切です。

 

スタイルの違うエージェントを使い分けるのが、これからのスタンダードになると思ってください。

 

 

それでは利用するのに、一体なぜこのスタイルの【2刀流】が「正しく賢い」使い方なのか❓

その理由を次の項目で解説していきますね。

 

 

check>>今は選考もスキップできる時代【書類選考なし求人】専門サポート 

 

 

エージェントを賢く使うには「大手&それ以外」のいいとこ取りが良い理由

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

まずはそれぞれのメリットを考えてみましょう。

 

「総合型エージェント」のメリットは

ポイント

あらゆる業界・職種を扱っているからこその「膨大な求人の案件数」です。

 

小規模エージェント企業の持っている案件数と同じだけの「非公開案件」があったりもします。

非公開だけで12万件と言うところもあります。

 

ポイント

それだけ「検索では見つけられない案件が豊富」なところ。

ここは絶対に利用すべきです。

 

大手も1人のエージェントが全て担当するのではありません。

業界ごとに部門を分けて「精通したエージェント」が配置されています。

なので、知識量も今はそんなに差は無くなってきていまるんですね。

 

情報量の豊富さでは下記3エージェントが「軸とする大手」としては最適です。

<情報量トップクラス>

リクルートエージェント:保有求人・非公開求人ともに業界No.1

JACリクルートメント:対応力No.1、若年からハイクラスまで充実

doda:中小エージェントとも提携、その求人は無限大

 

 

それに対して「専門特化型エージェント」のメリットは、

ポイント

業界や職種などの分野に特化して「深い情報」「業界での繋がり」を持っていることです。

 

大手ほどの登録数ではないため、基本的には1人1人にゆっくりと時間をかけてくれるのもいいところです。

先ほども書きましたが、そうではない場合は交代を要請しましょう。

 

どちらの場合も、「良い担当のポイント」はあなたのペースで進められて「相談できる味方」であることです。

一方的に勧められゴリ押しされるのは不安だしいやですよね❓

 

 

ではどちらのメリットも確認ができたところで、実際に登録するときはどうすればいいのか

次の項目でその順番を解説します。

プラス、元エージェントだからわかる「心理操作術」も合わせてお伝えしますね。

 

 

check>>満員電車サヨナラ!働く場所は自分で決める【フルリモート求人】専門サポート 

 

 

転職エージェントの賢い使い方。具体的な選び方+α。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

このステップと使い方が最強!

  1. 軸となる「総合型大手」を1つ又は2つ登録
  2. 自分の転職「分野に特化」したところに登録
  3. 「年代に特化」したところに登録
  4. それぞれを「競争」させながら利用する

 

順に解説しますね。

 

1.軸となる「総合型大手」を1つ又は2つ登録

まずは「軸」となる大手エージェントから1つ、又は2つ登録します。

大手でもたくさんありますが、私自身も転職活動で利用して対応、案件提示、キャリア相談の点で良かったのは下記の3つです。

 

<実際に使っておすすめの大手>

リクルートエージェント:保有求人・非公開求人ともに業界No.1

JACリクルートメント:対応力No.1、若年からハイクラスまで充実

doda:中小エージェントとも提携、その求人は無限大

 

どこも一度は聞いたことがあると思います。

 

自分で検索する「転職サイト」をどこも持っていますが、そこに掲載されているのは「3割程度」の情報です。

その他7割〜8割は・・・

ポイント

  • 人気が殺到する恐れがあったり
  • 「広告」に頼らない採用方法
  • 社内・社外にまだオープン前
  • 企業側がマッチする人にだけ提案

といった「非公開案件」です。

 

転職活動では、この「非公開案件」、それとエージェントが集めた「企業の内部情報」

これをいかに多く得られるかで決まると言っても大袈裟ではありません。

 

母数が多いと言うことは、それだけレア求人、お宝求人、あなたの人生を変える求人に出会う確率も上がります。

ポイント

上記の3つのエージェントは「軸として」全て押さえておいても損はありません。

企業によって「非公開情報」の中身も違います。

 

上記のリンクからHPに直接入れますので、最初に必ず登録して「ヒアリング」をしてもらってください。

そうしたら次のステップです。

 

 

2.自分の転職「分野に特化」したところに登録

次は「あなたの目指す分野」に特化したエージェントへの登録です。

 

ここだけでもいいじゃないかと思うかも知れません。

でも、キャリア次第では違う上位職への「縦ステップ転職」がかなうかも知れないので、大手の総合力は必須なんです。

 

業界や職種、そして今は身体的ハンデを持つ方に専門特化したエージェントがたくさんあります。

おすすめはそれぞれ紹介した記事を集めた【まとめ記事集】からHPへ飛べます。

 

 

<特化型エージェントなら>

英語、海外、ハイクラスなら【 JACリクルートメント 】

未経験でもIT業界なら【こちらのエージェント集を】

コロナでも成長中のゲーム業界なら【 ファミキャリ 】【 シリコンスタジオエージェント 】

職種なら【薬剤師】【看護師】【保育士】【介護士】

うつ病なら【atGPジョブトレ うつ症状コース】

その他こちらの【まとめ記事集】でご覧いただけます。

 

 

これら「専門特化型」のエージェントは・・・

ポイント

担当エージェント自身が「その職を経験している」ことが最大の強みです。

 

働いたら出てくる悩みや不安、やりがいや苦労などリアルな話を聞くことができます。

大手と特化型との使い分けは、あなたの選択肢を増やして、知らない自分を覚醒させてくれるでしょう。

 

そして次にもう1ステップです。

 

 

3.「年代に特化」したところに登録

特化型にはもう1つ「世代に特化」したエージェントがあります。

 

第二新卒や20代、ミドルからシニアなど・・・

ポイント

あなたの年代に合わせたエージェントもプラスしましょう。

 

ここを使うメリットは、欲しい年代層が初めからわかっているので書類選考の通過率が高くなることです。

逆に「書類選考なし」の案件に特化したエージェントもあるので、下記に並べます。

 

ポイント

既卒・第二新卒なら【こちらのエージェント集を】

40代以上なら【 ミドルコーナー 】

書類選考なし案件特化の【 就職shop 】

 

案件の数に違いは出るかも知れません。

大手の案件と被ったりした場合は「マッチ度」が高い可能性があるので、積極的に応募することをオススメします。

 

 

4.それぞれを「競争」させながら利用する

さて、ここまでで「総合型」+「特化型」+「年代」で柱ができました。

 

ここから実際にエージェントとのやりとりが始まるわけです。

ここであなたを最優先に動いてもらうための「心理術」をこっそりお伝えします。

 

ポイントは・・・

エージェントを操る心理術

  • 他にもエージェントを利用していること
  • 他のエージェント案件が少しだけ進んでいること
  • 雑な扱いをしたエージェントを交代してもらったこと

 

これは本当でなくても構いません。

これを「何気なく」チラつかせることで

  • 「競争意識」
  • 「丁寧な対応意識」

が生まれます。

 

結果、あなたを最優先に、かつ丁寧に対応してくれます。

 

そして希望の内定を得たときに「あなたに絞りました」と伝えると、最後の条件交渉まであなたの希望を叶えようと動いてくれます。

 

ポイント

エージェントも営業ですから「顧客」を離したくないんです。

そこを逆手にとる心理術です。

ぜひ活用してくださいね。

 

私自身、これでうまく操られた(本人はそう思ってないかも知れません)ことがあるので、効果は保証します。

 

 

転職エージェントを正しく&賢く使えば、失敗のない転職と人生がある。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

エージェントの存在は知っていても、「正しく賢く」使えば、これだけの選択肢と心理操作で失敗しない転職ができます。

 

そうして【成功転職】を実現できたらどんな未来が待っていると思いますか❓

 

<あなたを待っている未来>

  • 会社の内情まで知った上で入社できる
  • 転職後もエージェントと信頼関係が続く
  • 何かあった時の心の支えになる
  • 知り得なかった方向のキャリアが生まれる
  • 同じ職種でもキャリアアップと収入アップが待っている
  • 心に余裕が生まれプライベートも充実
  • 公私ともに充実して人生が輝き出す

 

 

こうして「転職の向こう側」がハッピーになることがエージェントの仕事なんです。

そのためにも、転職というライフイベントを一緒により良いものにしていきましょう。

 

 

私ももてる限りの情報と、今後の研究であなたを心から応援します。

 

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたことを【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

 

「転職エージェント」記事一覧へ

 

 

-転職の悩み, 転職エージェント, 選び方・使い方
-, ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.