" />
kazutomo-nagasawa.com/alt

転職・仕事の悩み

書類不採用が続いて自信なくなる。書類を見つめ直すポイント3選+α。

書類選考の不採用が続いて自信なくなってきた・・・

 

なんで前の会社では実績残したのにこんな落とされるのかな・・・

 

今回はそんなお悩みを解決します。

 

この記事の信頼性

◆当ブログでは、16年にわたるプロ転職エージェント経験から主にその目線で総合的な転職支援サイトや分野に特化し強みを持った支援サービスをご紹介しています。

◆また自身の体験談などから失敗しない仕事・転職・人生のための情報発信もしています。

今後の仕事・転職・人生に役立つ情報をお届けしていますので参考にして頂けたらと思います。

人気ブログランキング&ブログ村「転職」カテゴリ1位を獲得しています。

 

 

今回の記事では、書類選考の不採用が続いて自信を無くしかけているあなたへ。

私自身の経験とエージェント時代の経験から「見直せるポイント」を解説します。

 

 

これを読めば・・・

この記事を読んでいただければ、選考側の考えがわかり書類のブラッシュアップができます。

 

 

この記事の内容

  • 書類不採用が続いて自信なくなる。書類を見つめ直すポイント3選+α。
  • 書類不採用の原因は「書類の中身」でしかない。見つめ直すべき理由。
  • 不採用続きの書類を「魅力的」に変える3つのポイント
  • プロの視点を織り交ぜる。「推薦文」を得て明るい未来を手繰り寄せる。

 

 

書類不採用が続いて自信なくなる。書類を見つめ直すポイント3選+α。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

転職活動で応募から一番最初の難関が「書類選考」ですよね。

これを読んでいるあなたは、中々ここが通らず精神的に参っていませんか❓

 

私も転職エージェントという職を長くしていましたが、自分の転職の時、年齢的なものもあってかなりの数落とされた経験があります。

でもそこには必ず原因がありますから安心してください。

 

先日、Yahoo知恵袋にこんな相談が投稿されていました。

 

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

 

そして同様の内容はTwitter上でも多くみられます。

 

 

 

特に年齢を重ねると現実的にそれ自体が壁になって、面接にたどり着くの確率が下がります。

しかし、中には新卒の方でも通らないという発信もみられますね。

 

前述の通り、物事には必ず原因があります。

それが分からず自信を無くしてしまうんですよね。

でも冷静に考えてみると「書類選考」なわけなので・・・

ポイント

結論は「その書類」にあるわけです。

後で解説する部分を見直してみてください。

企業が求める内容と一致していない、これが原因です。

 

まだ企業とあなたは会っていない。

だからこそ「書類の中身」に原因があることはハッキリしています。

次の項目では、闇雲に応募をするのではなく「書類の中身を見直す」

その重要性について解説しますので是非お目通しくださいね。

 

関連記事>>転職で面倒な書類選考なし。遂に登場!正社員未経験からも転職OK

 

 

書類不採用の原因は「書類の中身」でしかない。見つめ直すべき理由。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

ここで「書類選考」のポイントのおさらいです。

応募書類は「自分をアピールして興味を持たせる」為のものですね。

 

そしてそれに通って行われる面接は、書類で持った興味を深掘りする場ですよね。

 

興味に至らなかった、深掘りしたいと思われなかった。

多くの場合、面接に至らないということは、「自分の実績を誇るだけ」で終わっている傾向がみられます。

 

ポイント

どんなに素晴らしい「実績」があっても、面接官が目にする時点で「過去のもの」なわけです。

面接官が知りたいのは「未来へのイメージ」です。

 

私も何回も自分の書類を見直しました。

そしてエージェントとして数多くの方の書類の添削をしました。

中々通らずエージェントを利用する方の、ほぼ全てと言ってもいいくらいが「言い放ち型」でした。

 

あなたの転職先での未来。

ここがイメージできるかできないかが書類選考を通過するかどうかのポイントなんです。

 

何十社も出していると、あまり内容を企業ごとに修正しないこともあると思います。

それでも受かる人は「未来へのイメージ」をさせています。

「あ、この人直接会って深く聞いてみたいな」。

そう思わせるポイントがあります。

 

次の項目では、それを見つけるためのポイントを解説しますね。

 

関連記事>>【激変】成功する職務経歴書!ポイントは<過去・現在・未来>の3点!

 

 

不採用続きの書類を「魅力的」に変える3つのポイント

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

ここを修正しましょう

  • 書類の内容が「面接官が会ってみたくなる」内容か
  • 過去の実績を「未来へのイメージ」につなげているか
  • ボリュームが多すぎていないか。

 

順に解説しますね。

 

1.書類の内容が「面接官が会ってみたくなる」内容か

まずはあなた自身が面接官になったつもりで自分の書類に目を通しましょう。

 

文字の大きさ、行間、見やすさ、テンプレート化。

この辺りは他人が読んでもわかりやすくなっていますか❓

 

注意

ここがギチギチに詰め込まれた書類は最後まで読まれません。

 

読む相手のことを考慮して、適度なスペースや枠線でテンプレ化しましょう。

会社が違って役職名が違っても一般的には課長級とか係長級など、自分の常識でも相手にも伝わる心遣いは必須です。

 

そして、実績あるのに通らないならば・・・

ポイント

実績がしっかりフォーカスされるようプロに見てもらうべきです。

もしかしたら通るはずのところが通っていない可能性があります。

 

その実績がその会社、業界でどのくらい凄いものなのかが伝わっていない可能性が高いです。

全社平均と自分の達成率を並べるなど実績の信頼度を上げて「そのコツ」を聞きたい。

面接官にそう思わせる内容にブラッシュアップしましょう。

 

 

2.過去の実績を「未来へのイメージ」につなげているか

これは前項でお伝えした内容にリンクします。

 

ポイント

書類を見た人が、あなたを採用したときに活躍している姿をイメージできるか❓

 

ここが最大のハイライト部分です。

いくらいい実績でも、転職先で活きなければ意味がありませんよね。

 

その実績を出すのにどう努力して、どれだけ素晴らしいものか。

 

ポイント

書類上で「過去の部分」をどういう風に「未来」に活かせるのかが示せているか。

 

ここが重要なポイントです。

前項の最後に「関連記事」として貼ってある記事は、それを「過去・現在・未来」でカテゴリー分けして、わかりやすく伝える構成内容を解説していますので、合わせてお目通しくださいね。

 

過去を語りつつ、未来をイメージさせましょう。

 

 

3.ボリュームが多すぎていないか。

これも私がエージェントとして添削をしていたときに多く見られました。

職歴が多い場合は全て同じボリュームで書くと枚数がいってしまいがちです。

中には軽いレポートぐらいの量を提出してくる方もいらっしゃいました。

 

全てを伝えたい気持ちは十分伝わるのですが、選考する側も多くの方の書類を見ます。

あなたが特に示したい実績を出した会社の部分。

ここのボリュームを多くして他はサラッと、バランスを考えた構成にしましょう。

そうしないと選考する側も見る気が失せてしまいます。

 

 

ポイント

PRも含めて「3枚」に収めるのがベストです。

私自身の面接官の経験から、それ以上は頭に入っていないと思った方が良いです。

 

エージェント時代、ボリュームが多い方の書類は私の方で3枚に収めて、ご本人に逆提案をしていました。

それくらい「伝えたい部分をフォーカスする」という作業は重要です。

 

枚数が多くなっている方は、最後の1枚は「保有資格」と「自己PR」に、

後2枚の中に収まるようにバランスを見直してみましょう。

 

関連記事>>エージェントに求人数以外のメリットはあるのか?書類面が凄いです!

 

 

プロの視点を織り交ぜる。「推薦文」を得て明るい未来を手繰り寄せる。

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

ここまで3つのポイントをお伝えしましたが最後に「プラスアルファ」です。

 

この方法として、あなたがもしエージェント経由で応募しているなら、エージェントが企業にエントリーするときに書く「推薦文」

これをエージェントに依頼して見せてもらいましょう。

 

なぜならエージェントは・・・

ポイント

どの努力を打ち出して、どの実績をどう活かせる人かを「限られた文字数」で表現しているからです。

これは通常、応募者の方が目にすることはありませんが、お願いすれば見せてくれます。

 

ここに書いてある内容をブラッシュアップに取り入れるべきで、もしエージェントを使っていないのであれば、そう意味でもプロの目線を借りるのがベストです。

 

そしてまだエージェントを使っていないという方。

保険に入るときは保険屋さんに、家探しは不動産屋さんに。

ライフイベント関係は必ず「その道のプロ」に頼むと思います。

 

ポイント

転職もその後の人生を左右する「ライフイベント」です。

これを一人でするのはリスキーでもありますよね。

 

元エージェントの立場としても、是非プロの力を借りてください。

求人の案内だけでなく必要なのはエージェントが持っている

  • 非公開案件(全体の約7割が非公開です)
  • 企業の内部情報(風土や人間関係、定着率など)

これを利用するのとしないのとでは未来に大きな差が出ます。

 

下記に「総合力」「専門特化型」の推奨エージェント記事を贈ります。

全て無料なので是非いくつかに登録して「ヒアリング」を済ませましょう。

>>総合力で強い推奨エージェント

>>業界・職種・ハンデなどに専門特化したエージェント

 

 

不採用が続いていた原因を突き止めて、面白いように面接に進むあなたを心から応援しています❗️

明るい未来を掴みにいきましょう。

 

 

当サイトでは希望が叶ってイキイキ働けるような転職先に出会えたことを【成功転職】と勝手に呼んでいます。

あなたの【成功転職】を心から応援しています❗️

 

 

【 追記:転職をお考えの方へ 】

転職は「情報戦」です。

一人では知り得ない情報をエージェントはたくさん持っています。

 

非公開求人や企業の内部情報などたくさんの「情報」を判断材料に加えて成功するて転職を実現しましょうね❗️

 

元プロエージェントが研究したおすすめをした

比較記事を下記に贈ります。

 

あなたの未来が輝くためにも「今」を思いっきり有効活用してくださいね❗️

 

おすすめ記事>>登録必須エージェント紹介・比較記事

おすすめ記事>>【まとめ記事集】職種別・業界別・その他。おすすめエージェント

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

3つクリック投票いただけたら嬉しいです。

サイドバーのトップにも設置しています。

 

 

「仕事・転職」記事一覧へ

 

 

 

-転職・仕事の悩み
-,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.