" />
良い転職エージェントの選び方

転職の悩み 転職エージェント 選び方・使い方

【5ポイント】良い転職エージェントの選び方。あなたの〇〇を見る人

エージェント当たり外れあるって聞くけど・・・
良いエージェントってどうやって見つければいいの・・・❓
今回はそんなお悩みを解決します。

(2021年10月31日 追記・再編)

 

<この記事を書いている人>

◆ 転職エージェント歴16年&自身も5回の転職を経験。

◆ 転職、うつ、エージェント経験から読む方の転職・人生を豊かにします。

◆ 転職系の企業メディアへのコラム寄稿依頼も頂いています。

ブログ村「転職」カテゴリ1位、当サイトから転職エージェント登録多数あり。

 

今回の記事では、転職活動であなたに合った良い転職エージェントの選び方5つのポイントを解説します。

ライフイベントである転職に「転職エージェントは使うべきです」と根拠とともに贈ります。

 

これを読めば・・・

この記事を読んで頂ければ、転職活動が有益な情報にあふれ、成功転職を実現できます。

 

こんな方にオススメ

  • これから転職活動を始めようと思っている
  • 転職エージェントを利用するかを悩んでいる
  • 良い転職エージェントに当たるための方法を知りたい

 

 

【5ポイント】良い転職エージェントの選び方。あなたの〇〇を見る人

kazutomo-nagasawa.com/alt

転職活動でエージェントを利用しようと思っているけど・・・

  • 自分に合うエージェントをどう見極めるのか❓
  • 良いエージェントのポイントって何❓

ここがわからず踏み出せずにいませんか❓

 

 

 

私自身、長年転職エージェントとして多くの方のサポートをさせて頂きました。

そして自社・他社問わず多くのエージェントと交流してきました。

 

エージェントも人間ですので、色々なタイプの人がいます。

そんな中で・・・❓

そもそも「良いエージェント」とはどんな人のことを指すのでしょう❓

 

その定義は人によって微妙な違いはあると思います。

しかし絶対的に必要なのは、転職をただ決めるのではなく・・・

 

ポイント

「あなたの将来」に親身になってくれるエージェントです。

 

自分の営業成績の事ばかりを考えて、

あなたの将来を考えていないような

求人案件をゴリ押ししてくるような

そんなエージェントは即チェンジです。

そこからの時間が無駄になる可能性大です。

 

合わないエージェントの交代の申し出方法は下記の記事で紹介しているので、このステップで即座に交代を要請してくださいね。

転職エージェントが合わない
転職エージェントが合わない【3ステップ】エージェント交代申請方法

 

 

エージェントが

  • 最後までしっかりサポート
  • 入社後も何かの時の窓口に

という存在が、転職希望者にとっては最大の要望です。

せっかく人生を左右する活動をサポートしてもらうなら、上記のような人にお願いしたいですよね。

 

たくさんいる中から、親身になってくれるエージェントかどうか見分けられるのか❓

不安に思う人も多いと思います。

 

安心してください。

ポイント

エージェント経験者として「見分ける重要ポイント」があります。

 

ここを押さえて頂ければ、エージェントの対応から「寄り添ってくれる人か」を見極めることができます。

 

転職活動において

  • 「良いエージェント」と出会うべき理由。
  • そしてそのポイントを知るべき理由。

ここは中途採用ならではの大切な理由があります。

 

次の項目では、その部分を深掘りしてお伝えします。

その重要性をしっかり認識して頂けますのでお目通しください。

 

 

check>>忙しい転職を時短活動で進める「書類選考なし求人」専門サポート

 

 

良いエージェントの選び方で「ポイント」を知ることが大切な理由

kazutomo-nagasawa.com/alt

まず転職活動で成功を掴むのに転職エージェントを使うべき理由。

 

ここには・・・

ポイント

新卒の就活とは全く違う採用の動きにあります。

 

ポイントをまとめると下記の表のようになります。

 

 新卒就活中途採用転職
説明会ありほぼなし
採油枠大量一括1職種わずか
入社後研修充分あり基本即戦力
情報源学校・webweb

 

これをみてお分かりの通り、「中途採用 = 即戦力」を期待しているわけです。

新卒の時のような学校からの情報、入社後の充分な研修期間はありません。

 

大企業ならば新卒を大量採用して育てるだけの環境と資金力があります。

しかし中途採用の転職活動は育てるというより活躍を期待される。

 

ここに難易度が就活よりも格段に高くなる理由があります。

 

ポイント

こういった単独では迷子になってしまいそうなところに「プロ」は存在します。

しかも日本では「無料」で利用できるため海外よりも恵まれています。

 

「良いエージェント」に出会うその前に、まずはエージェントと会うところをおさらいしておきましょう。

 

転職エージェントサポートへの登録

エージェントに出会うにはまず「転職エージェントサービス」に登録します。

エージェントが在籍する企業も大規模なものから小規模なものまで様々です。

 

ここでは下記の記事でもご紹介している通り「使い分け」が有効です。

  • 大手エージェントを「軸」に(豊富な求人数)
  • 特定の分野に特化したサポート企業で「深掘り」(大手にない深い情報)
転職エージェントの賢い使い方
転職エージェントの賢い使い方【総合型+特化型】特徴を最大限に活用

 

エージェントは一人に絞らない方が良いので、3社〜5社に登録して、それぞれの対応を比較しましょう。

 

その中でこの後の項目で解説するポイントに該当する「良いエージェント」を中心に情報を集めながら進めます。

ここがスタートです。

 

<軸にする推奨大手>

リクルートエージェント:求人案件数・非公開求人数No.1

doda             :中小エージェントとも提携、カバー度No.1

JACリクルートメント    :サポート内容はNo.1、若年〜ハイクラスまで網羅

 

 

エージェントとの「ヒアリング」

エージェントサポートに登録をするとあなたへのアプローチがきます。

まずはあなたの

  • これまでの職歴
  • 転職理由
  • 希望の条件

これらを「ヒアリング」の場で正直に伝えましょう。

 

メモ

登録してもヒアリングを行わなければエージェントも案件の提案ができないので、必ず各エージェントと行ってください。

 

ーー

 

そうして実際に転職先候補となる企業の提案を受けて、

  • 応募するか否かを判断
  • 応募書類の添削
  • 「推薦状」を添えて応募〜書類選考

このように進んでいくわけですが・・・

ポイント

このプロセスもエージェントによって「違い」が出ます。

 

そういった重要なポイントは5つあります。

 

これさえ念頭に置いておけばOKです。

雑な対応をするエージェントに無駄に時間を割いてしまうなんて事はなくなりますので、ぜひ頭に入れておいてください。

 

次の項目で、担当になった人が「良いエージェントかどうか」

ここを、見極めるポイントを同じエージェントだった私の経験からお伝えします。

ここは絶対に見逃さないでください。

 

 

良いエージェントか見極めるチェック必須な5つのポイント

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

1.コンタクトメールに目を通して「対応の仕方」を見る

登録を完了すると一斉に色々な連絡がくることと思います。

 

びっくりするかもしれませんが、各社対応はとても早いです。

面倒臭いと思わずにまずは全てのコンタクトに目を通して見てください。

 

ポイント

何故ならこのファーストコンタクトから既に違いが出るからです

 

  • とにかくメールで案件を山ほど送ってくるケース
  • 挨拶メールとともに希望を聞きたいので面談しませんかというケース

などなど。

 

ここでどのエージェントのコンタクトに応じるかが見極めの第1ポイントです。

次で解説しますが「面談を希望するエージェント」を優先して動いてください。

 

 

2.直接対話を希望するエージェントの選定

ここでポイントになるのは、

  • 実際に会う
  • 遠方であれば電話
  • webでのリモート

で話して「希望を聞きたい」と言ってくるエージェントを選ぶことです。

 

ポイント

あなたに「時間を取ってくれるエージェント」は見込みありです

 

今はリモートなど手段は増えていますよね。

ここをしっかり対応してくれることで「ミスマッチ」を防止できます。

 

メールだけで案件をたくさん送ってきて、ここから選んで返信くださいというやりとりを希望してくるエージェント。

ここで切ってしまっても良いと私は思います。

注意ポイント

このタイプは、こちらの質問にタイムリーに答えてくれない可能性が高いです。

 

逆にあなたのために時間をとってくれるエージェント。

このタイプは、お互いの信頼関係を高められる人である可能性も高いです。

 

そしていざ面接に進んだ時、アテンド(同行)してくれるエージェントは、かなりあなたのことを考えてくれています。

 

その辺りもチェックポイントとして見ておいてくださいね。

 

 

3.あなたのキャリアビジョンを共有してくれるかを見る

そうして実際に会って、または電話やリモートで最初の面談をします。

 

この時に・・・

注意

あなたのキャリアについて軽く聞いただけで、たくさんの案件を押しまくってくるエージェントも要注意です。

 

 

ここでのポイントは見出しの通り・・・

ポイント

あなたの「キャリアビジョンを共有」してくれるかが重要です

 

  • あなたのこれまで(過去)をしっかり聞いて
  • 転職したい理由(現在)がどこにあるのか
  • 転職して実現したいこと(未来)は何なのか

これをしっかりと聞いてくれるエージェントであれば合格です。

 

なぜなら、当たり前ではありますが面接は「あなたの過去・現在・未来」のことしか聞かれないからです。

ですのでそこをしっかり共有してくれるエージェントを選びましょう。

 

 

4.提案される求人案件の「提案理由」を確認

 しっかりと面談(ヒアリング)で過去から未来まで話したら。

そこから具体的な求人案件の提示があります。

 

ここで・・・

ポイント

なぜこの求人を提案してくれたのか❓を確認してください。

 

これにしっかり答えられて、なおかつその企業でのキャリアプランまで考えてくれていたら最高です。

 

そして忘れてはいけないのがエージェントサポート企業が持つ「非公開求人」です。

転職サイトには全体の3割しか掲載されていません。

 

ポイント

つまり「全体の7割」が非公開求人です。

 

これを提案してもらうことが

  • あなたが厳選された人である
  • ライバルが少ない状態
  • 自分では気づけない可能性を見つける

こういったメリットをもたらしてくれます。

 

さらに・・・

ポイント

エージェントは営業職なので、企業に訪問して「内部のリアルな情報」を常に仕入れています。

 

給与や休日などの表面的な待遇より、長く働くための

  • 「社風」
  • 「人間関係」
  • 「直近の離職率」

など、どこにも公開されていない情報を得ることができます。

 

転職エージェントの利用を私が強く推奨する理由は、これらの「非公開情報」をできるだけ多くつかんで欲しいためです。

ここが転職の成功を分けると言っても大袈裟ではないです。

 

5.書類添削や面接対策を丁寧に行ってくれるかを確認する

性格の合う、それでいてあなたのキャリアビジョンまで共有してくれる人と出会えたら。

この項目は恐らく大丈夫だと思いますが念のために。

 

応募用に作成する履歴書職務経歴書は主観で見ても、中々修正点はわからないものです。

 

そんな時に客観的にプロの視点から修正や加筆や添削をしてくれるか❓

ポイント

「応募時点からその後の流れ」まで面談時に確認しましょう。

 

 

エージェント選びに悩んでいるあなたは、これから実際に応募する段階に進んでいくわけです。

この書類作成は避けて通れないもので、きっと主観だけでは出来栄えにも悩まれるかもしれません。

 

  • あらかじめこういった手厚いサポートをしてくれるか❓
  • またその先の面接に進んだ時に事前対策をしてくれるか❓

ここはとっても大切なポイントになります。

 

向こうはプロなわけですから、逆に相談すべきところですよね。

 

 

合わせて読みたい

業界別・職種別・その他おすすめ転職エージェント
業界別・職種別・その他おすすめ転職エージェント!【まとめ記事集】

 

 

良いエージェントの選び方を知ってストレスフリーな環境を!

kazutomo-nagasawa.com/alt

 

ここまで書いたようなエージェントに出会うことができたら、あなたの転職の半分は成功といえます。

 

なぜなら・・・

ポイント

「あなたの希望」や「なりたい姿」まで見据えて一緒に考えてくれる人柄なら、転職後もあなたのことを気にかけてくれるはずだからです。

 

あなたは心強いパートナーを手に入れました❗️

ですのでもう半分をパートナーとたくさん相談して、あなたが良いと思える企業に挑んでいきましょう。

 

 

エージェントは企業に求職者を推薦する際、書類と一緒にエージェントから企業への「推薦文」を添えます。

ここにあなたのアピールポイントを凝縮して書くんです。

なので、コミュニケーションをとる中であなたのアピールポイントをしっかりと伝えてあげてください。

 

※この「推薦文」は頼めばもらえますので下記記事を参考に書類のブラッシュアップなどにどんどん使ってくださいね。

合わせて読みたい

エージェントの推薦文
【具体例4選】エージェントの推薦文を入手。プロのPR法を取り入れる

 

 

きっとそのエージェントはもっと良い表現を使ってあなたの魅力を企業に伝えてくれるはずです。

 

ポイント

このコミュニケーションこそがお互いを理解して「最良の選択」をするための重要なプロセスなんです。

 

人対人なので「コミュニケーション」は大切です。

「聞きたいことが聞きやすい関係」は転職活動の結果に大きな好影響を与えるはずです。

 

 

エージェントも違う人生を歩んできた人間です。

最初から全てがわかるわけではありません。

 

なのであなたも

  • 心をオープンにして
  • 遠慮せず希望を伝えて
  • 求めている条件を伝えて

候補となる案件について色々聞いてみましょう。

 

ポイント

そんな関係性ができたら、あなた自身もきっと変わります。

 

そのエージェントに頑張っていることを伝えたくなりますよ。

そして転職先の会社のリアルなことを伝えてあげると、また次に受ける人にとても有益な情報になります。

 

この幸せの循環がエージェント選びに悩む人のあなたからの手助けにもなるんです。

 

 

世の中にエージェントはたくさんいますが・・・

ポイント

  • エージェント自身が自分の仕事に誇りを持っている
  • あなたのために時間をとってくれる
  • あなたと一緒に考え、あなたの未来の姿を共有してくれる

 

そんなエージェントに必ず出会うことができます。

 

あなたの悩みが解決されて素敵なパートナーと素敵な職場がきっと見つかります。

そんな出会いと成功転職を掴むことを心から応援しています。

 

 

【 当サイトはランキングに参加しています 】

よろしければクリックいただけたら嬉しいです。

人気ランキングサイト&にほんブログ村

「転職」カテゴリ1位を獲得しています❗️

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

 

「転職エージェント」記事一覧へ

 

 

 

-転職の悩み, 転職エージェント, 選び方・使い方
-, , , ,

Copyright© GOOD JOBLOG Kazutomo Nagasawa Official Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.